由乃 さん プロフィール

  •  
由乃さん: 自由気ままに・・・
ハンドル名由乃 さん
ブログタイトル自由気ままに・・・
ブログURLhttp://yuno2008.blog87.fc2.com/
サイト紹介文自然と動物が好きな主婦です いろんな場所に行って 見た景色出会った動物を紹介していきたいです
自由文パート主婦です
休みの日には、好きなドライブを楽しんでます
動物と触れ合う事が生きがいみたいな動物馬鹿ですw
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2008/08/01 22:25

由乃 さんのブログ記事

  • 桃源郷で見かけたワンコたち
  • 桃源郷を散策していると満開の立派なピンクのモクレンを発見すごーーい、大きい〜〜嬉しくて、写真を撮っていたらワンコの視線を感じました柵の中、自由に放し飼いされてるワンコでしたおいで〜〜呼んだら、ノソノソ近づいてきましたが怪しい奴・・・尻尾たら〜〜ん不審者を見る目で、管理人を見ていました怪しくないよ!!おいで、おいで〜〜必死に声を掛けてると最初は、ワンワン鳴いてましたがだんだん気持ちが通じたのかな?少 [続きを読む]
  • 小さな桃源郷へ・・・
  • 管理人の地元隠れた名所宇気郷(うきさと)村へ行ってきました(松阪市柚原町にあります)市街地から30分ほどの所にある山間の”うきさとむら”です自然を十二分に満喫できる所なんです花桃の名所でもあり町(村)のあちこちには色とりどりの花桃が咲いていています桃源郷とは・・・世俗を離れた仙郷、別天地理想郷、ユートピアと同じ意味で、武陵桃源という宇気郷村は何処まで走ったら到着するの?って思うほど、山道をのぼって [続きを読む]
  • 近江大凧会館と、甲賀餅ふるさと会館へ
  • 話が前後して申し訳ありません不完全燃焼だった、馬見岡綿向神社参拝続きがあるので、先に紹介させてください神社で雨に降られて、がっかりしていた管理人でしたが相方が雨でも楽しめる場所にと連れて行ってくれたのが東近江市にある「世界凧博物館 東近江大凧会館」でしたこちらは日本伝統的な凧や、海外の凧などが展示されてる小さな博物館なんです(1)館内に入って、まず目に飛び込んできたのが↑この畳100畳分の超大凧で [続きを読む]
  • 宇治川沿いを散策してきました
  • 平等院を出て、宇治川沿いを散策してきました川沿いの桜並木では満開の桜の下、思い思いの場所でお花見する人の姿も見受けられました宇治川遊覧船が停泊していました 遊覧船からお花見したら風流だったでしょうね〜宇治川鵜飼の鵜京都府宇治市の宇治川の鵜飼いで飼育されている鵜の人口繁殖が3年連続で成功しているそうです鴨のシンクロ〜〜w桜の木の下には、ハナニラの花が・・・情緒溢れる宇治川の東側の観光名所の朝霧橋の前 [続きを読む]
  • 京都宇治平等院へ(2) 鳳凰堂散策
  • 平等院へ行った日は、ちょうど桜が満開で青空の下、美しく咲く桜を思う存分楽しんでから鳳凰堂へ向かいました桜の木の下、優雅に泳ぐ錦鯉素敵な光景、絵になる光景に思わずシャッターを切りました浄土式庭園と平等院鳳凰堂修学旅行でこちらに来られた方もいらっしゃいましたが管理人が行った日も、多くの修学旅行生がいました管理人は小学校の修学旅行でこちらに来ましたが当時は寺院など興味も無いから、ガイドさんの話もろくに聞 [続きを読む]
  • 京都宇治平等院へ(1)
  • 京都宇治平等院までドライブしてきました高速を走って自宅から2時間弱なんです青空が広がって、絶好のお出かけ日和でたくさんの人がいらっしゃいましたこの時期に、平等院へ来たのは初めてでしたが暑くもなく、寒くもなく快適でした養林庵書院(重要文化財、奥の檜皮葺の建物)平成26年3月まで屋根葺き替え及び塗装事業を行っている国宝平等院鳳凰堂の斜め後ろにひっそりと建つ養林庵書院で約450年前の建造物です救世船乗り観音様 [続きを読む]
  • 不完全燃焼だった、馬見岡綿向神社参拝
  • 馬見岡綿向神社(うまみおかわたむきじんじゃ)にやってきました日野まちなか通りから少し入った場所木々に囲まれた神聖な雰囲気の場所に建っています立派な鳥居の両側には満開の桜が咲いていました鳥居の下には太鼓橋が・・・こちらの太鼓橋は渡れませんが橋に掛かる桜が、いい感じで咲いていました拝殿御本殿 (滋賀県指定有形文化財)御本殿の屋根は、昭和58年までは檜皮葺きでしたが銅板葺きに張り替えられたそうです絵馬殿金 [続きを読む]
  • 小雨に降られて日野町散策
  • ブロ友さんが紹介されてていいなぁ〜って思ってた滋賀県蒲生郡日野町へ行ってきましたまちかど感応館江戸時代、日野椀に代わって行商の有力商品となり日野商人を発展に導くものに合薬がありましたその創始者が正野法眼玄三です 玄三は18才の時日野椀や茶・布を持ち行商に出ましたが母の病気で帰郷当時京都の名医の診療で母の病気をなおすことができたことから医師を志し医師になりました後は医薬に恵まれない山間辺地の人や日野 [続きを読む]
  • ダムマニアご用達、桜スポット
  • お花見、次にやって来たのは・・・君ヶ野ダムですダムと桜今の時期にしか見られない最高のシチュエーションを楽しめるダム好きにはたまらない三重の桜スポットです君ヶ野ダム湖周辺には1500本の桜が植えられていますこちらも、桜は満開でたくさんの人が花見を楽しんでいらっしゃいました風が吹いてなかったら湖面に桜が映って美しさも2倍楽しめたでしょうね(残念でした)スケッチする人の姿も多く見受けられました思い思いの [続きを読む]
  • お花見しながら、鉄子さん♪
  • 先週末の日曜日雨が上がったので管理人お気に入りのお花見スポットへ行ってきましたここは、毎年ブログでもアップしている管理人の思い出の地なんです長女が、生まれて初めてお花見した場所で足元がおぼつかない、1歳になったばかりの頃に真新しい靴を履いて、お花見デビューした場所ですよちよち歩きの娘と手をつないでゆっくりこの桜のトンネルの中を歩きました桜吹雪が舞うと、ニコニコ顔で嬉しそうに見上げてた娘ここに来ると [続きを読む]
  • 女子3人の伊勢神宮 内宮詣
  • 内宮さんは、平日にもかかわらずいつも通りの人出人の居ないシーンの写真を撮りたかったのですが次々人が入っくるので諦めましたこれでも少し途切れた時を狙って撮りました鳥居が傾いてます他の人が鳥居の中心前で撮られていたので横から撮ったので、見苦しくてすみません人の流れに沿って歩きます参拝の時、神宮の係りの方がそばにいて立ち止まらないで!神殿の真ん中だけでなく左右分かれてお参りしてください!って言われてまし [続きを読む]
  • パワースポットでお花見をしました♪
  • 可愛いリンちゃんとお別れし次に向かったのは管理人のお気に入りスポット女人高野・ 丹生山「神宮寺」です地元では、丹生の大師さんと呼ばれ親しまれています姿見の池 御大師様が自画像を自らが刻むため御姿を映したとされる姿見の池です回遊する鯉、そして6月下旬から7月下旬にかけて水面を埋め尽くす睡蓮の花は美しく来る人の心を魅了します弘法大師の師匠である勤操大徳(ごんぞうだいとく)が宝亀五(774)年に開山後に、弘仁四 [続きを読む]
  • 花咲き乱れる参道には、(幸せの?)青い鳥がいました
  • 先週の週半ばの事、娘達とお休みが合ったので久しぶり女子3人、お伊勢さん参りをしてきました管理人は先日、多度大社にお参りしたので今回お伊勢さんにお参りして、両参りとなりましたユキヤナギ真っ白な花がびっしり咲いて名前の通り、雪が舞ってるみたいで美しかったです〜♪ヒマラヤユキノシタ可愛いピンクの可憐なお花ですが寒さに強くとても丈夫な花で我が家の庭で、放置状態でも毎年咲いてくれていますハナモモ今の時期、あ [続きを読む]
  • 雨で桜は残念でしたが、可愛いあの子の笑顔が咲き乱れてました
  • しっとり雨に濡れた樹齢150年の枝垂れ桜を見終えてから大紀町の町の中を走り抜けました(とても小さな町なので、あっと言う間ですが)山間のひっそりした町の中は何処から見ても桜が見られるようあちこちに植えられててピンク色に染まってました花の町って感じ♪で素敵でしたがますます雨脚が強くなってきたので大紀町を後にすることにしました晴れた日だったら、もっとゆっくりと桜を楽しめただろうに・・・残念でした帰り道、 [続きを読む]
  • 椿神社詣(神社巡りのドライブでした)
  • 多度大社からの帰り道とても綺麗な場所を発見したので車を止めてパチリ道路脇の花壇に、色とりどりのパンジーが植えられてて遠くからでも、ぱっと華やかな色がわかるほどでした地元の方が植えられたのでしょうか・・・道行く人の目を楽しませてくれる、素晴らしい演出でした三重県鈴鹿市山本町字御旅1871 椿大神社(つばきおおかみやしろ)にやってきました神社のハシゴですね三重県は南を伊勢神宮北を椿大神社で守られているとも [続きを読む]
  • 樹齢150年、枝垂れ桜を見に行きました
  • 昨日は朝から、どんよりしてましたが桜の花探しのドライブに行きました今回も相方情報です新聞で、太紀町(自宅から1時間20分くらいです)で樹齢150年の枝垂れ桜が、丁度見頃と言うものでした直径/60cm、根廻/2.08m、樹高/11m、樹齢/約150年とても立派な枝垂れ桜がありましたライトが設置されてて夜はライトアップされるそうです生憎の雨でしたが、新聞で紹介されたので結構見に来てらっしゃる方が居ました雨が降っていなか [続きを読む]
  • 多度大社詣
  • ご神馬に挨拶を終えてから手水舎(てみずしゃ)で手を清めて参拝に向かいます筆塚伊勢の国(三重県)北部の古来神が坐す神体山と仰ぐ多度山(標高四〇三メートル)の麓に御鎮座する多度大社山中に遺された数多の磐座・御神石から神代の古に遡ることが出来ます多度大社は伊勢神宮とも関わりが深く伊勢参拝の入り口として押さえる神社のひとつ”お伊勢参らば お多度もかけよお多度かけねば 片参り”古くからこのように歌われ伊勢神 [続きを読む]
  • 千本松原から、白馬の居る多度大社へ
  • 九華公園から、岐阜に向かって揖斐川、長良川の間を走る中洲道路を走っていると国道1号線の伊勢大橋と、長良川河口堰が見えました手前では、ボートに乗った釣り人が。。。何が釣れるのかしらさらに車を走らせていくと近鉄名古屋線の鉄橋が見え急行電車が走ってる所でした電車が走ってると、ついシャッターを切っちゃう管理人です三重県から岐阜県海津市海津町油島に入ると松が植えられた堤防が見えて来ました揖斐川と長良川の背割 [続きを読む]
  • 桜・・・まだ少し早かった、九華公園でした
  • 当ての無いドライブふらっと走ってやってきたのは三重県桑名市の九華公園です管理人のお気に入りの場所ですちょうど行った日からさくら祭りが開催されていました暖かな小春日和の日でしたので思い思いの桜の花の下でお花見を楽しむ人達で賑わってましたあちこちに、この竹筒が設置されてるのでなんだろう?と中を覗いて見たらろうそくが入っていました夜になったら、この筒に灯が灯るのでしょう池にも、提灯が浮かんでいましたここ [続きを読む]
  • 吉野神宮詣
  • 金峯山寺蔵王堂で参拝を終え気になってたケーブルにも乗れたので帰途に着くことにしたのですが 吉野山の北西麓付近に鎮座する近鉄吉野神宮駅の近くの参道から1Kmほど登った所に建つ吉野神宮の前を通ったのでこちらにも参拝していく事にしましたこちらの鳥居は神宮の裏手にあたります今の時期、参拝者の姿も無くひっそり静まった境内には馬酔木(あせび)の花が、満開に咲いていました神門をくぐると正面に外拝殿が建ってます 創 [続きを読む]
  • ケーブルカーに乗って、吉野駅に行きました♪
  • ネメシアブルーと白が好きですがたまに浮気して、ピンクの花も買っていますw金峯山寺 神楽殿脳天大神龍王院から無事本堂に戻って来てもう一度境内をぐるりと散策して元来た参道を帰ります土産物屋さんの前に展示されてた木彫りの郵便ポスト愛嬌があって可愛く実用的ですよね地図の赤い○の部分吉野大峯ケーブルがあります管理人達は、車で吉野に来たのでケーブルには乗らなくてもいいのですが好奇心旺盛の相方&管理人ケーブルに [続きを読む]
  • 脳天大神龍王院
  • 太鼓橋終戦後、当時の金峯山寺管長であった五條覚澄大僧上猊下は増え続ける女性の信徒の為に良い行場が必要であるとお考えになられましたなぜなら男性には大峰山(山上ケ岳)という1300年に亘る女人禁制の行場があるのですが女性には良い行場がなかったからです手水舎蔵王堂の西側の谷はその昔「暗り谷」「地獄谷」と称せられ人のめったには入り込まない不気味な場所でありました南朝の昔、護良親王がこの谷から川に足を取られ [続きを読む]
  • 苦難の石段を下りて行きました
  •   吉野山金峯山寺の続きです金峯山寺境内案内図地図① 蔵王堂から石段を下りてやってきたのは⑰ 仏舎利宝殿です昭和42年、金峯山修験本宗初代管長故五條覚澄大僧正がインドに渡りガンジー首相より釈尊の御真骨を拝載しこの仏舎利宝殿を建立して御奉安しました⑱ 役行者銅像役行者(えんのぎょうじゃ)は続日本紀によると634年に生まれ名前は小角おづぬといいます山林で修行し、金峯山で仏樣の出現を強く祈ったとき金剛蔵王 [続きを読む]
  • April 花盛りの君たち・・・
  • 今日から4月ですがまだ寒くて桜のお花見予定が立てられないので庭の花盛りの花達を見て楽しんでいます一昨年末に買ったシクラメン昨年の夏を乗り越えて昨年末には蕾ができましたそして今年1月には、ポツポツ花が咲き始め今は満開に咲いています来年も咲かす事が出来るといいなぁ〜パンジー、ビオラみんな元気に、こんもりと咲いてます朝の水やりの時、みんなが一斉にこっちを見ておはよう〜って言ってくれて(そんな妄想ですが)笑 [続きを読む]
  • 吉野山総本山 金峯山寺 
  • 金峯山寺 仁王門  (国宝)(きんぷせんじにおうもん)銅の鳥居から200m余りの場所に建つ三間一戸、人母屋造り、本瓦葺の楼門で門前町本通りのつきあたり、右段の上に建っています1456(康正2)年に再建されました南向きの本堂が山上ヶ岳からの巡礼を迎えるのに対しこの門は北を向いているのは大阪や京都から逆峯入りする信者を迎えるためだそうです(現在改修工事のため、ネットが掛けられてました)金峯山寺の本堂大和の国 、 [続きを読む]