Erbaf さん プロフィール

  •  
Erbafさん: 虫と鉄
ハンドル名Erbaf さん
ブログタイトル虫と鉄
ブログURLhttp://erbaf.blog95.fc2.com/
サイト紹介文昆虫写真や鉄道旅行、本の感想 etc.
自由文HPを2つ運営しています。
Erbaf昆虫館http://erbaf1.mitarashidango.com/
Erbaf鉄道館http://erbaf2.warabimochi.net/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2008/08/06 10:06

Erbaf さんのブログ記事

  • 姫神「海道を行く」TV OP Ver.〜懐かしのNHKテーマミュージック集
  • 気になっていたCDを入手。『懐かしのNHKテーマミュージック集』というもの(※同名の別物があるので注意)で、「ぐるっと海道3万キロ」のテーマ曲である姫神の「海道を行く」のTVバージョンが収録されているのではないか・・・との情報がHIMEKAMI Stationにあった。これはぜひ確かめてみねば。しかし、これがなかなかに入手が難しい。廃盤な上に、発売時もNHK(ネットと放送局?)でしか販売されなかったようで、天下のAmazonにも [続きを読む]
  • 越冬明けの蝶など
  • 今日は午前中に地元のギフチョウ生息地へ。ポカポカ陽気だったが、さすがにまだ早いようでギフチョウは現れなかった。加えて他の虫の姿も少ない。蝶はもちろんビロードツリアブもいない。ヒメハナバチ(?)の仲間がチラッと現れたのと、ハエとユスリカぐらい。昨年は21日に同じ場所でアゲハ、キアゲハ、モンシロチョウ、キタキチョウ、コツバメ、ルリシジミ、テングチョウ、キタテハを目撃しているのに、この2日の差が大きいの [続きを読む]
  • Erbaf昆虫館を更新
  • Erbaf昆虫館を更新。内容は以下の通り。●「風の頁」のデザインを修正。背景の色がどぎつい感じがしたので思い切ってモノクロに。本体部分の背景が映えるようになった一方、雰囲気が暗くなったような気がしないでもない。また、スマホ(Android) で表示した際の不具合を何とかするためにHTMLとCSSを修正。今回は上手くいって、懸案の事象が解消された(こちらのページが参考になった)。もっとも、パソコンの横長画面でかつマウス [続きを読む]
  • Erbaf昆虫館を更新
  • Erbaf昆虫館を更新。内容は以下の通り。●「風の頁」のデザインとディスコグラフィーの文章を微修正。ほとんど見た目は変わらない修正。スマホ(Android) で表示した際の不具合を何とかするためにHTMLとCSSをいじったが、効果のほどは微妙。そもそもページデザイン自体も微妙に思えてきたので、再リニューアルを考え始めている(汗)。 [続きを読む]
  • 冬の葉裏のヨコバイ
  • この冬は葉裏のヨコバイを撮影する機会が結構あった。そのまとめ。すべて2017年、OLYMPUS STYLUS TG-4 Toughで撮影。▼スズキヒメヨコバイ/1月5日/樹種不明▼チマダラヒメヨコバイ/1月12日/ヤツデの葉裏▼ヒメヨコバイの一種(Alebroides flavifrons ?)/1月11日/ヤツデの葉裏▼オビヒメヨコバイ/1月19日/ヤツデの葉裏▼ヒトツメヒメヨコバイ?/1月30日/ヤツデの葉裏額に黒斑がありヒトツメヒメヨコ [続きを読む]
  • 阪急・十三駅の昔の案内表示
  • 一昨日辺りからツイッターで十三駅の改装工事によって露わになった昔の案内表示が話題になっていた。一昨年見たJRの寺田町駅の駅名板に通じる状況と趣き。見てみたくなって今日の午後行ってきた。ホームから地下通路へと続く階段を降りきるとそこにあった。筆文字で曲面の壁に書かれた行先案内表示。左上の手の形の矢印といい、味わい深い。右から「宝塚 みのお 京都 大阪 中津」と書かれているが、少しずれて「宝塚 みのお  [続きを読む]
  • Erbaf昆虫館を更新
  • Erbaf昆虫館を更新。内容は以下の通り。●「風の頁」のデザインとディスコグラフィーの文章を修正。本日、姫神のアルバム『東日流』『マヨヒガ』『風の縄文』『風の縄文II 久遠の空』『縄文海流 −風の縄文III−』のUHQCDが発売されたのに合わせてディスコグラフィーの文章を修正。また、サーバーの広告の表示持部分のデザインを変更。 [続きを読む]
  • 鬼追い2017
  • 先月15日、地元の伝統行事“鬼追い”へ。前夜の雪が融け残り薄ら白い境内で、鬼が松明や花飾りを手に舞い、町の災厄を祓った。昨年と同じく午前中に行き、松明を買ってサッと撮影して帰宅。※2017年1月15日、OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6(1・2枚目はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough)。 [続きを読む]
  • えべっさん2017
  • 毎年恒例、地元の“えべっさん”。今年は1月9日の“宵えびす”に行った。骨董市の海外の硬貨目当て。昨年行った際にいつもの店の主が海外の硬貨を仕入れるのをやめたようなことを言っていたが、その言葉通り、今年は品ぞろえは全くだった。他にも目ぼしいものは無く、何も買わずに帰宅。来年からは日程が3連休に合わせて開催されるらしいが、人出を見込んで骨董市が充実することはあるだろうか。※2017年1月9日、OLYMPUS [続きを読む]
  • Erbaf昆虫館を更新
  • Erbaf昆虫館を更新。内容は以下の通り。●「風の頁」をリニューアル。ディスコグラフィーを追加。姫神の紹介ページをリニューアル。JavaScriptやら色々使ってみた(スマホではどうも上手く表示できないようなのでパソコン推奨)。また、新たにディスコグラフィーを追加。ただしゲスト参加作品が掲載できてなかったりベスト盤が手薄だったりするので暫定版。なお、ジャケット画像はアマゾンのアソシエイト提供のものを使用(『遠野 [続きを読む]
  • ノートパソコンのキーボードの挙動が変→放電で解消
  • ここ1週間ほどノートパソコン(東芝 dynabook T554/67KBS(OSはWindows8.1))のキーボードの挙動がおかしくて困っていた。キーを長押した時に、同じ文字が連続して入力できない。それも1文字入力されて終わりではなく、そのキーの文字が1つ入力された後に、かっこや記号が1つ入力される。具体例は以下の通り。入力モード【長押しするキー】 → 入力結果半角英数【 A 】 → a]ひらがな【 A 】 → あ」半角英数【 ] 】  [続きを読む]
  • 書楼弔堂 炎昼/京極夏彦
  • 京極夏彦さんの小説「書楼弔堂 炎昼」を読了。明治時代の東京。まるで灯台のような、櫓のような3階建ての書店「弔堂(とむらいどう)」。蝋燭と天窓から差すわずかな外光のみの薄暗い空間に並ぶ数多のありとあらゆる古書や錦絵が、必要とする人の手に渡ることで弔われる日を待っている。そんな本屋を訪れる客たちの物語「書楼弔堂」の第2作。前作“破暁”では元・旗本の男、高遠の視点で語られていたが、今作では元・薩摩藩の武 [続きを読む]
  • 謹賀新年2017
  • 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。▼初詣へ行ってきた▼今年最初の昆虫写真は神社のヤツデの葉裏にいたニッポンオナガコバチ※2017年1月1日、OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough。 [続きを読む]
  • 大晦日2016
  • 大晦日の記事といえば例年その年のベストフォトを載せるのが恒例だったが、今年は完全にウェートがツイッターの方へ移った。ツイッターのモーメントという機能で今年の昆虫写真をまとめたので、今年はそれを貼り付けることにする。昆虫写真2016記事数が激減したにもかかわらず、今年も多くの皆様に当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございました。これからも細々と続けて参りますので、よろしくお願いします。それで [続きを読む]
  • 竹原散策〜広島旅行2016<4・終>
  • 先月3〜5日に広島県へ家族旅行で行ってきた。その模様を写真をメインに紹介する。最終回は3日目に行った竹原。忠海から呉線で竹原へ。竹原といえば6年前の旅でうっかり不通区間があるのを知らずに呉線をプランに組み込んでしまい、代行バスに乗るため降りた場所(記事はこちらとこちら)。室町時代からの製塩で栄え財を成した豪商の屋敷が今も残る重要伝統的建造物群保存地区とはいえ、当時は観光地という認識は無かったが、そ [続きを読む]
  • 大久野島〜広島旅行2016<3>
  • 先月3〜5日に広島県へ家族旅行で行ってきた。その模様を写真をメインに紹介する。今回は2〜3日目に行った大久野島。尾道駅から山陽本線に乗車。三原から呉線へ乗り換え、忠海から今宵の宿がある大久野島へ。▼三原駅にて。乗ってきた湘南色の115系(左)が新型の227系と並んだ▼呉線・忠海駅にて▼忠海港から乗船忠海港から15分ほどで大久野島へ到着。早速足下にウサギがわらわらとやって来た。忠海港で餌が販売されて [続きを読む]
  • 組曲白山(姫神)〜YouTubeで公開
  • 来年の白山開山1300年を記念し、石川県の白山比咩神社の依頼により姫神がテーマ曲「組曲白山」を製作(ニュース記事)。全4曲からなり、その内「白嶺天照(はくれいてんしょう)」「御阿礼(みあれ)」「神厳の杜(しんげんのもり)」の3曲がYouTubeで公開されている。▼白嶺天照組曲のメイン曲。主旋律を尺八とバイオリンが奏でる。白山を照らす陽光や月光のイメージで作られたらしい。非常にシンプルなメロディーラインで [続きを読む]
  • 帝釈峡〜広島旅行2016<1>
  • 今月3〜5日に広島県へ家族旅行で行ってきた。その模様を写真をメインに紹介する。まずは初日に行った帝釈峡。岡山県の新見駅からレンタカーで向かったが、雄橋(おんばし)のある上帝釈へ行くはずがナビに神龍湖に連れていかれたりで迷いながらようよう到着。駐車場から徒歩で雄橋へ向かう。紅葉にはまだ少し早かったが、そびえ立つ岩肌と川の流れの渓谷美を楽しめた。雄橋は川を跨ぐような巨大な岩の天然の橋で、かつては実際に [続きを読む]
  • 映画「遠野物語」DVD(音楽:姫神せんせいしょん)
  • 1982年に公開された映画「遠野物語」。音楽を担当しているのが姫神せんせいしょん(星吉昭さんのソロユニットになる前の姫神)であり、そのサントラはCD化されておらず(レコードは持っているがプレーヤーが無く聴けていない(泣))、姫神ファンの私にとって必見だ。しかも2013年にDVD版が発売されている。これは買うしかない!と言いたいところだが、Amazonのレビューを見ると画質に関して酷評されており、ブルーレ [続きを読む]
  • オーロラの調べ@姫路科学館プラネタリウム
  • 一昨日、姫神によるサントラが配信リリースされたKAGAYAスタジオ製作のプラネタリウム番組「ネイチャーリウム オーロラの調べ 神秘の光を探る」。サントラ配信を祝して(?)、姫路科学館のプラネタリウムへ一昨日見に行ってきた。現在唯一の近畿での上映場所であり、かつ地元兵庫県というのが嬉しい。わざわざ京都府の城陽市まで見に行ったことを思えばなんと楽な事か。ところが、さにあらず。「姫路科学館」という名前の響きか [続きを読む]
  • とりぱん 19・20/とりのなん子
  • 買い逃していた漫画『とりぱん』の19巻と、最新20巻を読了。 18巻から引き続きの傾向だが、やはり鳥成分が以前と比べて多くなっている。元々が鳥をメインに扱っているのだから当たり前と言えばそれまで。ただ、10〜17巻辺りは結構昆虫も取り上げていて虫好きとしては嬉しかったものだ。昨今の世情からして虫成分を減らしてくれというような理不尽なクレームでもあったのかと勘ぐってしまうが、さすがにそれはないか?と [続きを読む]
  • 「週刊ビジュアル江戸三百藩」に写真を提供〜秀林寺の猫塚
  • 11月1日発売の「週刊ビジュアル江戸三百藩」57号に、佐賀県にある秀林寺の猫塚(猫大明神祠)の写真を提供。父が購読している雑誌なので、依頼があった時は驚いた。▼17ページ、佐賀藩の鍋島の化け猫騒動解説部分▼2007年10月8日撮影の写真を提供猫塚の写真を提供するのはこれが2度目(前回)。書店等でお手に取って頂ければ幸いです。 [続きを読む]