ロッカリア さん プロフィール

  •  
ロッカリアさん: ラジオ・ヒッチコックR
ハンドル名ロッカリア さん
ブログタイトルラジオ・ヒッチコックR
ブログURLhttp://rockaria1960.blog.fc2.com/
サイト紹介文コンセプトは読むラジオ。映画や音楽について楽しんでます。
自由文その昔、本気で海賊放送(FM)局を開設しようとしましたが、トランスミッターでは100メーターしか電波が届かないと気付き、あえなく断念。
この恨み晴らさでおくべきか、とブログを開設しました。映画と洋楽大好きな、今はオッサンです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 53日(平均5.4回/週) - 参加 2008/08/06 20:37

ロッカリア さんのブログ記事

  • 特撮秘宝「平成ゴジラ30年」という本を買いました
  • どーも、ロッカリアです。特撮秘宝の第6弾となるムックを買いました。『ゴジラvsビオランテ」から『シン・ゴジラ』までのシリーズを特集していますが、それだけじゃなくて、ガキの頃によく見た「ウルトラ・ファイト」や、「流星人間ゾーン」「帰ってきたウルトラマン」から、今年後半に公開されるゴジラの初アニメメーション、『GODZILLA:怪獣惑星』の最新情報まで網羅されています。↓この表紙のモゲラのかっこいい事!特筆する [続きを読む]
  • うう〜…
  • どーも、ロッカリアです。本日仕事中に、頭をケガしちゃいました。大した事ないんですが、ちょっとだけ出血しているんで、しばし休憩です。 [続きを読む]
  • 楽天マガジンを申し込んで見た
  • どーも、ロッカリアです。以前、dマガジンに入っていましたが、この楽天マガジンは月額¥380。一年単位で申し込むと、さらに¥960お得になると言うことなので、とりあえず申し込んで、早速使って見ました。全部で約200種類の雑誌を読むことができます。その中でも、本日発売の「DVD&ブルーレイで〜た」を読んで見ました。表紙もちゃんと表示されます。中でも特集されていたのが「ここがヘンだよ迷場面」と題したコーナー [続きを読む]
  • 「サザエさん症候群」に効く薬!?
  • どーも、ロッカリアです。さて、今日は父の日の日曜日。ゆっくりテレビで野球観戦、あるいはお買い物に出かけ理、若い人はデートと、色々過ごしておられる事でしょう。今日は提案があります。皆さんは「サザエさん症候群」あるいは「サザエさんシンドローム」という言葉を知っていますか?土曜、日曜と充実した休みを過ごし、夕方6時半から始まる国民的アニメ、「サザエさん」が始まる頃。「ああ、もう明日は月曜日(ブルーマンデ [続きを読む]
  • 【日曜シネマテーク】と言うFM番組を知っていますか?
  • どーも、ロッカリアです。TOKYO-FM系で、毎週日曜の午後3時、映画ファンに向けたラジオ・プログラムがあるのを知っていますか?時間帯が時間帯なので、外出していたり、映画を見ていたりして、意外と知らないリスナーも多いようなので、今日はこのFM番組を紹介。スカパーがスポンサーのこの番組のユニークなところ。何と言っても、「あなたの映画ベスト3は何ですか?」と言う問いかけでしょ。毎週ゲストを呼んで、この質問投げか [続きを読む]
  • 「ウルトラ怪獣幻画館」という本を買いました
  • どーも、ロッカリアです。ささ、特撮ファンはこの指とまれ!と言うことで、前々から気になっていた本を買って来ました。実相寺昭雄氏の名前は、「ウルトラQ」「ウルトラマン」「ウルトラセブン」等々の監督て知られていますが、黒澤明監督もそうでしたが、天は二物を与えた、ということがこの本を見ればわかります。 みうらじゅん氏が推薦文で、「全部掛け軸にして床の間に飾りたい」と言っているように、透明水彩に近い色使いで [続きを読む]
  • NHK少年ドラマシリーズ「なぞの転校生」泣ける……
  • どーも、ロッカリアです。去年の3月になりますが、日本映画専門チャンネルで、もはや伝説に近い「NHK少年ドラマシリーズ」で、唯一、完全に残されている名作ドラマ、「なぞの転校生」がオンエアされたので、録画して毎日見ていました。東京郊外。ここに住む高校生の岩田くんのマンションに、同じ年頃の青年が引っ越してくるが、とても変わっている。彼が岩田広一を演じる高野浩幸。当時、同世代の女子に絶大な人気があった。彼が [続きを読む]
  • 『ローマの休日』過去記事リミックス
  • これは以前のブログで書いた記事です。イラストだけを差し替えて当時のまま掲載します。こんばんは、ロッカリアです。僕の生涯ベスト10の作品。ついに、この映画を劇場で観る事ができた!  感無量だ……。僕がまだ中学生だった頃、もう35年も前になるが、初めてTVの洋画劇場でこの映画を見てから、幾度と無くこの作品を見続けて来た。この映画の凄い所は、何回見ようが、初めて見た時と全く印象が変わらない映画、と言う所 [続きを読む]
  • 『ビッグ』この映画には、確かに魔法があります
  • どーも、ロッカリアです。移動遊園地の片隅に、忘れられたように置かれてる一台のマシン。ゾルターと言って、25セントを口の中に入れると、願い事が叶うと言う遊具だ。そのマシンに、子供のジョシュは「早く大きくなりたい」と願う。するとマシンから“願いは叶えられた”と言うカードが出てくる。翌朝、ジョシュが目覚めると大人の体(トム・ハンクス)になっていて、ここから騒動が始まります。劇場公開版よりも約20分長い、 [続きを読む]
  • 一口メモ:『ワタシが私を見つけるまで』(2016)
  • タイトル通り、巷に溢れている自分探しの物語。同棲中の恋人と距離を置くため一人でニューヨークで新い生活を始めるが、友人や新しい男に振り回される日々。おまけに、元彼の良さを再認識した時には、その元彼に新しい恋人ができて……。自分自身の心、考え方を見つめ直さないと、本当の自分の姿が見えない、と言うよくある話。 [続きを読む]
  • 20世紀FOXのブルーレイ6枚が到着しました
  • どーも、ロッカリアです。6枚で¥3090のバーゲン・ブルーレイが我が家に着いたのでご紹介。私がチョイスしたのは以下の6枚です。選んだ基準は、きっと何回も見るだろう、です。ちょっと、いやかなりキワモノ的な作品かな。『ビッグ』の方は25周年記念版と言うことで、劇場公開版よりも20分も長いエクステンデッド・バージョンが収録。こちらを見たいと思います。『未来世紀ブラジル』我がフェイバリット作品。冒頭がUS公 [続きを読む]
  • アマゾンのブルーレイ・バーゲンがすごいぞ!
  • 【開催中】20世紀FOX Blu-rayどれでも6枚3,090円どーも、ロッカリアです。今日、5/24 00:00〜5/26 23:59の3日間限定で、20世紀FOXのブルーレイ、99作品の中から6枚選ぶと、¥3090で買えるキャンペーンをアマゾンで実施中!わたしゃもう買いましたよ!何を買ったかは、到着したらこのブログでご報告。お小遣いに余裕がある人は急いで! →キャンペーンはこちらから! [続きを読む]
  • 「もぎりよ今夜も有難う」という映画本、面白い!
  • 原田マハさんの本、「キネマの神様」の解説を、片桐はいりさんが書かれていて、彼女自身も映画の本を執筆されていたことを知って、この本を買いました。どーも、ロッカリアです。もぎりなる言葉、現代では死語だろうが、私の青春時代には、映画館の入り口に、ちっちゃなブースがあって、前売り券や鑑賞券を切り離す、もぎってくれる人がいた。(もぎり嬢と言って女性が多かった)え? 今でも入場する時には、発券を切り離す人がい [続きを読む]
  • 『ビッグ・マグナム77』全てがマカロニ仕様なんだね
  • どーも、ロッカリアです。1960年代に、ハリウッドの西部劇をイタリア仕様にして作られたのが、あのマカロニ・ウエスタンだ。特徴としては、残虐性、ガン・アクション、そして耳に(心に)残る音楽。もう一つは映画自体が結構「雑」に作られている、と言うこと。イタリアとカナダの合作で作られたこの映画、マカロニ版『ダーティハリー』+『ブリット』と言えるんじゃないでしょうか。ただし、あくまでもマカロニ仕様というのが問 [続きを読む]
  • 一口メモ:『フィフス・ウェイブ』
  • ティーンエイジャー向けの映画、しかもできが悪い。大金をつぎ込んで、ヒットしそうにもない映画を作る今のハリウッド。脚本に金を出さないが、口を出すと言う、一番ダメなことを平気でやっている。例えば、「この小説には結末がありません」と言うミステリー本を誰が買う?そんな映画です。クロエ・グレース・モレッツのファンだけにオススメ。 [続きを読む]