小久保 達 さん プロフィール

  •  
小久保 達さん: 飯能どうする研究所
ハンドル名小久保 達 さん
ブログタイトル飯能どうする研究所
ブログURLhttp://5line.jp/blog/itsudoko/
サイト紹介文「住んでいることを誇れる街・飯能」を目指して、取り組みたい挑戦、試みたい実験、アイデアなどを・・・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供277回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2008/08/08 17:03

小久保 達 さんのブログ記事

  • ★飯能ムーミンパーク騒動記★ ⇒【あけぼの公園の行方】No.02   
  •  「いままでの経緯」とは、あけぼの公園が市職員の発案で「ムーミン公園」として造営され、ムーミン原作者から「ムーミンの公園」として承諾されたにも関わらず諸般の理由で、対外的に「ムーミン公園」と名乗れなくなって、期待通りの来園者が得られないながらもなんとか市営の無料公園として維持されてきたが、2015年6月30日の「突然の記者会見」で急に注目を浴び、ついには「宮沢湖のメッツとの統合的な運営」までもが検討され [続きを読む]
  • ★『飯能アルプス物語』の世界★ ⇒【芝居公演の意図と意義】No.03 
  •     地元を舞台にした創作台本は誰に依頼すればいいのでしょうか?地域を舞台にした芝居は、観た人から必ずと言っていいほど下記のようなことを言われます。「もっと地域のことを取り上げて欲しかった!」と。でも「地域のことを取り上げた」としても、「もっと歴史的な背景を勉強してから書いて欲しかった!」と言われてしまいます。どの地域にもマイナス面も有れば、プラス面も有ります。明るい展望もあれば、暗い見通しもあ [続きを読む]
  • ★『飯能アルプス物語』の世界★ ⇒【芝居公演の意図と意義】No.02 
  •     私自身は役者ではないし、役者願望もないので「自分が芝居に出たい!」という願望は全くありません。但し、先日(9/1)述べた、「芝居公演を主催する」二つの目的の一つである「都内で観た面白い芝居を飯能に招いて公演したい」という願望だけは、有望若手応援寄席を始める(2000年)前から抱いていました。なぜなら、私は高校生の時に、ある有名な劇団の芝居を都内の大劇場で観て興奮し、芝居の世界に入りたいと思い、受 [続きを読む]
  • ★『飯能アルプス物語』の世界★ ⇒【『飯能アルプス物語』未来記】No.0
  • 文化新聞に<『飯能アルプス物語』未来記>の投稿原稿をとりあえず①②③を送信していましたが、きょう(8/19)の2面に③が掲載されていました。下記はその全文です。********************************   『飯能アルプス物語』未来記③      「飯能アルプスの日」は、いつが最適なのか?                     小久保 達飯能市外の人たちに「飯能アルプス」のことを [続きを読む]
  • ★『飯能アルプス物語』の世界★ ⇒【『飯能アルプス物語』未来記】No.0
  •     文化新聞に<『飯能アルプス物語』未来記>を1ケ前に投稿してみました。10回ほどの連続物なので、とりあえず①②③を一度に送信しました。それがきょう(8/17)やっと掲載されました。下記はその全文です。******************************** 『飯能アルプス物語』未来記①   「飯能アルプス」を知っていますか?                   小久保 達みなさんは「飯能アル [続きを読む]
  • ★飯能ムーミンパーク騒動記★ ⇒【何が「騒動」なのか?】No.05  
  •    この『飯能ムーミンパーク騒動記』では、「騒動」の内容を、時期と項目によって幾つかに区分しています。その五番目は下記の顛末です。⑤「市長派」「反市長派」のレッテル張り2015年6月30日の「突然の発表」直後は、市民も「ムーミンへの大いなる期待」で湧き上がっていましたが、FGIの株価が7月上旬を最高値としてから後は、意外にも下がり続けた要因をすぐには理解できませんでした。しかも、メッツア計画についての内容 [続きを読む]
  • ★飯能ムーミンパーク騒動記★ ⇒【何が「騒動」?その「要因」は?】N
  • この『飯能ムーミンパーク騒動記』では、「騒動」の内容を、時期と項目によって幾つかに区分しています。その二番目が下記の顛末です。②FGI株の急騰とその後の低迷2015年6月30日夕方のニュースが発表される前、FGIの株価は130円前後を推移しているだけでしたが、その翌日からは「いまFGIの株を買っておけば儲かる」と思った「買い注文」が殺到しました。しかし、「まだまだ上がる!」と思う株を手放す人はいません。〈買いたい人 [続きを読む]
  • ★飯能ムーミンパーク騒動記★ ⇒【何が騒動?/その要因は?】No.01
  •    この『飯能ムーミンパーク騒動記』では、「騒動」の内容を、時期と項目によって幾つかに区分しています。その一番目が下記の顛末です。①突然の開園ニュース&誘致プロセスの真相2015年6月30日夕方のニュースで、飯能市民は突然、「宮沢湖畔にムーミンのテーマパークが造られる」「しかも2017年開園予定」ということを知らされました。勿論、このニュースは殆どの市民に大きな驚きと喜びをもたらしました。そしてすぐに、「 [続きを読む]
  • ★「飯能アルプス」で観光推進★ ⇒【飯能アルプス2dayマーチ】No.04 第1
  • 当blogでは2016-12-04に「2017年11月18・19日に<飯能アルプス紅葉ツーデーマーチ>第1回の開催を!」と書き込みました。小さな規模でも確実に始めるには、「できること」の中から「やるべきこと」と「本当にやりたいこと」に絞り込むことです。その第1号として「飯能アルプスTシャツ」を製造販売してみました。最初から、飯能市の体育協会や観光協会が参加してくることをアテにはしないほうがいいとは思っていました。打診はして [続きを読む]
  • ★『飯能アルプス物語』の世界★⇒【喜劇『飯能アルプス物語』公演2017
  • 『飯能アルプス物語』は、今年(2017年)だけの上演ではなく、来年(2018年)も、再来年(2019年)も、上演していくことを目指しています。今回は「5話のオムニバスコメディ」ですが、毎回4、5話のオムニバスコメディのような群像劇にしていきたいと考えています。飯能の面白い所、意外な場所、注目して欲しい場所を舞台に、飯能ならではの話題や問題、課題を題材にしていこうと思っています。今回の「舞台」となる場所は下記のチラ [続きを読む]
  • ★『飯能アルプス物語』の世界★⇒【喜劇『飯能アルプス物語』公演2017
  • 『飯能アルプス物語』という芝居を公演することにしました。「この人に書いてもらいたい!」という若い劇作家を見つけたからです。残念ながら飯能の人ではありません。川越の人です。名前は畑雅文さん。31歳です。最初は、その人の、森の中を舞台にした『フォレスト』という4話のオムニバスコメディを観て、「この作品なら飯能で上演したもいい!」と思ったからです。畑さんにあって、「飯能での上演」を打診したら、「『フォレス [続きを読む]