かすみ さん プロフィール

  •  
かすみさん: ステップパパと年上女房と娘二人の珍道中日記
ハンドル名かすみ さん
ブログタイトルステップパパと年上女房と娘二人の珍道中日記
ブログURLhttp://kasumi7777.blog96.fc2.com/
サイト紹介文旧題『ステップファミリー実現のためにできること』 今、家族4人がそれぞれの人生を模索中です。
自由文この人と一生を共に歩きたいと一大決心のもとに再婚を果たし、ステファになってもうすぐ2年。心配していた思春期の子供たちとの生活はそれなりに順調も、夫婦としてはまだまだこれからだな、と実感する毎日です。←結婚5年がたとうとしている今もまだまだだと毎日感じています。と言うより深刻な危機も何度か!さてさてこの先どうなることやら。。。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供142回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2008/08/09 10:09

かすみ さんのブログ記事

  • 懐かしい名馬
  • リビングのテレビ台下の引き出しから懐かしくも珍しい切り抜きが出てきた。大学時代、部室のテレビで観てた。菊花賞だった。居並ぶ馬たちをごぼう抜き。すごい勝ち方に目を見張った。馬のことは良く知っているつもりだった。でも競馬のことは自分はまったく知らないんだということを思い知った日だった。部室の匂い。乱雑だけど懐かしい部室の光景。あの頃の自分。あの頃の仲間たちと大切だった人。ふわっと包まれる気がした。ラン [続きを読む]
  • 最善を尽くす
  • かの松下幸之助は言いました。曰く、『どんなに悔いても過去は変わらない。どれほど心配したところで未来もどうなるものでもない。いま、現在に最善を尽くすことである。』いま、現在に最善を尽くすことが未来に繋がっていく。未来は自分で作ることができる。きっといくつになっても。50を過ぎたこのあたしでも。かな ^^;ランキングに参加しています。  ↑どれか一つポチっとしていただけると大変喜びます♪ [続きを読む]
  • 真冬のコートを脱いで
  • 風はまだ冷たくて愛チャリで走るときは手袋がなかなか手放せないけれど。刺すような冷たい空気はいつの間にか少しまろやかになって陽射しがあるときは背中に感じるぬくもりが春を教えてくれる。真冬のコートから一つ、薄手の上着に着替えました。毎日の通勤。馬酔木。これも春に咲くんですねぇ。先日の一人散歩で見つけました。毒があるとか言われますがかわいらしい花です。仕事場で、営業さんがお得意さまと電話で商談の日程を相 [続きを読む]
  • 次女が卒業します
  • 次女が専門学校の卒業式を迎えました。2年間とはいえ、きちんと通学してくれて無事に卒業してくれました。やれやれです。高校から培ったスキルを伸ばすために入った学校だったのに残念ながら決まった進路は学校で教わったことを生かせる分野ではなさそうです。聞いてみれば学校の友達の何人かは専門を生かせる分野への進路が決まっているけれど娘のようにそうでない人もそこそこいるようです。娘は望んで専門分野とは違うところを [続きを読む]
  • 職場の検診でした
  • 最後の診察でお医者様から。”何か気になることありますか?”うーーーーーん。気になること。あるよ。あるよー。あんなことやこんなこと。でもサ。。。毎度のことなんだけど職場の検診でお医者さまに心許して話しができたことないんだよね。”特に、何もありません ^^”にこにことそう応じていつものことながらあっさりと検診を終えたkasumiサンでした。チャンチャン。ランキングに参加しています。  ↑どれか一つポチっとしていた [続きを読む]
  • チーズもネ
  • 大豆製品にヨーグルト、牛乳に生姜にココアに。。。最近、チーズが加わりました。kasumiのにわか健康オタク(笑)カルシウムが摂れて血圧を下げる働きもあっていいんじゃない?にわか健康オタクっぷりが功を奏しているのかどうかは不明ですが食生活は確かに以前より気遣うようになりまして。少し前に書いていた、手のしびれ。最近は気がつくとほとんど気にならないくらいで。食生活を改善した効果だとしたらすごい。気を付けるった [続きを読む]
  • 花粉症、今年もやっぱりやってきちゃいました
  • 今年はほとんど症状らしい症状もなく、ラッキー♪と思っていたのに。甘かったようです(泣)きのうあたりから鼻水ずるずる。。。くしゃみ連発。鼻ん中、ずっとつんつんしっぱなし。あの、くしゃみが出そうで出ないで、いやいや、出る、出る〜みたいな ^^;そんな感覚がずっと続いています。そしてときに鼻づまり。ときに前触れなしのふいな鼻水落下(爆)今年はスルーできるかと思ったのにな〜。ランキングに参加しています。  [続きを読む]
  • なんだかんだ言って自分時間楽しんでるかも
  • 若い頃からドラマは好きでした。なんやかやと妄想膨らませながら(爆)いろいろと想像しながらそしてドラマの登場人物になったつもりで結構入り込んで観る方かも。ただ、結婚して、子供が生まれて、んで離婚して(爆)シンママ時代があって再婚してその間に子どもたちも自分もそして夫もいろいろあって好きだからってそんなにどっぷりとドラマを、特に連ドラなんて通してまともに観れることなんてなくて。それが最近は結構気がつく [続きを読む]
  • やりたいことはやりたいときにやっておきたい
  • ただし、お金があれば の話だよね。確かに。今は50代。あちこち不調があるとは言え、まだまだ今なら身体は動く。これから年齢は進む一方で(いや、年齢はいつでも進む一方なんだけど ^^;)やりたいと思っても身体が言うことをきかない時期はきっとくる。やりたいと思うことは先延ばしにしないでやりたいと思うときにやっておきたい。ああ、だけど。お金がありません。これはいかんともしがたい事実。お金が無いから働かなけれ [続きを読む]
  • 自分の感性を信じたら
  • 自分の感性を信じたらやっぱり見えてしまった気がする。いつもにこにこ笑顔でいられたら素敵だけどいつもいつもにこにこしていることなんてやっぱりあたしにはできなくて。そうできないのならあたしはやっぱりポーカーフェイスでいこう。結論。あたしはあたしでしかなくてそれ以外の何ものでもない。真夜中のひとりごとデシタ。真夜中?明け方?ま。いっか ^^;ランキングに参加しています。  ↑どれか一つポチっとしていただ [続きを読む]
  • 人生を堂々と生きる
  • 四月から社会人になる次女。ようやっと子育ての終盤。(先日書いたように一見子育ては終わっても親の悩みは尽きないことはさておき)春からの通勤に使う洋服(当分はスーツが必須らしい)とバッグを買いに二人で出掛けました。某ショッピングモールの婦人服屋さん。時期が時期だけにいかにも”入学式のママ”なスーツ群をかいくぐりようやっと見つけたビジネススーツ売り場にて。小学校の卒業式で数少ないパンツスーツ組だった娘は [続きを読む]
  • まだまだ寒いね
  • 当地にも春一番が吹き。日、一日と暮れる時間が遅くなり。ひと雨、ひと雨、季節が進む。でも、まだまだ寒いです。きのうは真冬とおんなじ格好で、真冬に使ってた耳あてしてチャリンコで帰宅。それでもちっとも着過ぎて暑い感はなく。季節の歩みは行きつ戻りつ。。。です。日頃から自分の目と感性を一番信じようと何につけても思っているけれど。そしてそれでたいていのことは乗り切れるけれど。アノ人はどうもわからない ^^;て [続きを読む]
  • 今年もオオワシに会ってきた
  • ほぼ十日ぶりの更新です。夫と二人。雪の積もる湖北へ。今年もオオワシに会いに行ってきました。先日の列島が冷え込んで西日本に広く雪が降った日。。。の次の日。北へ。北へ。行けば行くほど残雪の量は増え。とうとう残雪どころか吹雪に。野生が相手ゆえ会えるかどうかわからないままでも確実にその山にいることはわかっていて。飛び立ってくれなければどこにいるかもわからないまま数時間。ときどき吹雪。↓車の中に避難してふと [続きを読む]
  • あなたへ。。。
  • いつも覗いてくださってありがとうございます。しばらくつらい時期が続いていたのですね。。。少しなりともキーボードに向かう元気が出ていらしてよかったです。肉親とそりが合わないことって誰にでもあること。。。かく言うあたしも兄とはそりが合いません。どうぞお気になさらずに。ご自分がラクでいられる距離をとっていいのではないでしょうか。ご自分が楽に息ができる距離感を肉親、他人さま、家族に関わらず、取って日々過さ [続きを読む]
  • 寒いと肩もこる
  • 専ら我が家では夫だけが使っていたサロンパス。こう寒いと肩凝りにはあまり縁のないkasumiサンもさすがにどうも肩の血液循環がよろしくないような気がします。更年期ってのもあるかもしれない。てことで最近使ってます。これがなかなかよい具合で。昔は貼った部分が”かっかかっか”してくる感覚があまり好きではなかったんだけど。年を取ったのかしらねぇ。あ、でも夫は昔から好きだったな。年は関係ないか ^^;今月はもうすぐ [続きを読む]
  • 幸せになって欲しいんだよ
  • 何が本当に良いのだろう。何も言わずに見守っていていいのか。あなたが幸せになることが一番大事。挫折の無い無難な人生を歩んで欲しいと思っているわけではないよ。あなたが自分で決めた道ならたとえその先に挫折が待っているとしても進めばよい。お母さんは見守っていく。だけど。。。取り返しのつかない傷だけは負ってほしくないんだ。心配が過ぎるかな。決してあなたの人生力を信用していないわけじゃない。だけど。。。いかん [続きを読む]
  • 通勤の途上にカワセミと遭遇
  • kasumiが住んでいるところはそこそこごちゃごちゃとした街中で大都会ではないけれど大都会のベッドタウン?ってやつで緑はそこそこあるけれどまぁ、中途半端っちゃ中途半端。そんなところ。この街で生まれて育って小・中・高と母校もあるし勿論愛着がないわけではないけれど今は実家もないし執着というほどの執着はない。これまた中途半端っちゃ中途半端(笑)住みやすいか住みやすくないかと言えば住みやすい街だけど野鳥好きなka [続きを読む]
  • 言いたいことがないわけじゃないけれど
  • 長女がちょっとした転機。今は充電のとき。専門学校を中退してからなんとか軌道修正をするべく頑張ってきたこの数年。よく頑張ったよ。ここらでちょっとひといき。いいよいいよ。少し深呼吸をして次のステップアップへ向けて大きく息を吸って。そんな 今。言いたいことが ないわけじゃない。でも言わないよ。専門学校を中退したときは軌道修正へ向けてあまり時間があいてしまうことが母としてはこわくてやいのやいの言ったよね。 [続きを読む]
  • 目標は常に高く。。。
  • ヒトの幸せの基準はヒトそれぞれで何に満足するか何を幸せと思うかはヒトによって違う。今が決して不幸とは思わないけれど現状に満足してしまったらそれ以上の上はないよね。目標は常に現状より上に持っていたい。常に上昇志向でありたい。それが仮に、たとえ、ほかの誰かよりも客観的に見て低い水準であったとしても。くさってはいけない。諦めてはいけない。でも頑張り過ぎてもいけない。そしてそれでもなおあと一歩前へ進める自 [続きを読む]
  • 2月の予定
  • 12月はお互い仕事が忙しくてあたしも2連休が取れなくて夫のところへ行くことができなかった。お正月に夫は帰ってきてくれたけどあたしはお正月早々仕事で一日しか一緒におれなかった。来月は行くゾと夫に連絡したらあたしが連休を取れそうな日に合わせてこっちに帰ってきてくれるんだって。ヤッター!こないだ久しぶりに一人で行ったいつもの森に行くもよし。遠出してオオワシ狙いもよし。いつかミサゴを撮りに行った場所もよし [続きを読む]
  • いつもニコニコしている人は素敵です
  • わけあって事務所に入ってこられた某お方。いつもにこにこされています。ちょっと話しかけてこちらに顔を向けてくれた顔もにこにこ。朝のコーヒーを淹れてくださってお礼を言うとにこにこ。FAXが入って手渡してあげるとお礼と共ににこにこ。”おはようございます”から”お先に失礼します”までずっとにこにこ。きっと素直にまっすぐに育ってこられたんだろうな。ポーカーフェイスを気取るのもいいけれど見習わなきゃナ。あたし。 [続きを読む]
  • うちって再婚家庭なのよね
  • >2015年の結婚全体のうち、夫妻の両方または一方が再婚だった割合は26.8%と、>約3割に上ることが18日、厚生労働省がまとめた云々。。。数日前にネットで読んだ記事。3割かぁ。既婚者の三人強のうち一人は再婚夫婦っていうことだね。自分がそうか、相手がそうか、両方がそうか、の違いはあっても。日頃の忙しさにすっかり埋もれているけれどそう言えばあたしってこれにあてはまるんだったナ ^^;日常の中では今で [続きを読む]
  • 昔の彼にもしもばったり出会ったら
  • 数日前、民放のBSでたまたま森山良子さんのステージを観た。そこで森山さんが歌っておられたのは『30年を2時間半で』すんごい楽しくて、でも切なくて、そしてまるで一人の女の人生を凝縮したような、なんだろ。ミュージカルでも観ているようなそんな素敵な歌だった。今のあたしの年代にどんぴしゃな歌やん。すんごい素敵な歌だった。それを素敵な森山さんが素敵な歌声で歌ってた。少し前に大好きな高橋真梨子さんの歌をテレビで [続きを読む]
  • あたしの転機より娘の転機の方が早く訪れそう。。。な話。
  • 深夜にハタチの娘と膝を突き合わせて深いハナシ。。。専門学校をもうすぐ卒業で就職の内定もなんとかかんとか取れて。。。春になれば社会人。。。こう書けば転機らしい転機はないけれど。同時進行で思ってもいなかった事態も。娘の人生は娘のもの。悔いの無いように生きればよい。ただ、とてもとてもとても大切なことだからじっくり考えてから。そしてそれは相手のあることゆえ。考え尽くして考え尽くして。二人で考え尽くして。そ [続きを読む]
  • 少しでも協力になれば
  • kasumiが勤めている会社で利用している宅配業者さんが昨年の暮れ、まだ押し迫るには少々早いんじゃない?こんな時期になぜ?てな時期に突然数日の間遅配を発生させたことがあって。ニュースにもなったりしたのでたまたま自分が仕事で利用したところだけなのではなく、それはその宅配会社さんで広範囲で発生したことなんだなと理解したことがありました。ちょうどそれと同じ時期に別の宅配業者さんのぼやき的愚痴的記事をネットで見 [続きを読む]