TMC さん プロフィール

  •  
TMCさん: 株式会社TMCに所属の田舎の会計士
ハンドル名TMC さん
ブログタイトル株式会社TMCに所属の田舎の会計士
ブログURLhttp://mogutake.blog5.fc2.com/
サイト紹介文1952年から企業のCF経営をサポートする株式会社TMCに所属する会計士のとりとめもない話
自由文栃木県足利市と東京で公認会計士・税理士として、一般企業のCF経営を指南するとともに、M&Aや事業再生を手がけています。
業務範囲が多岐にわたるため、その中で疑問に感じたことなどをとりとめもなく書いています。
また、栃木県足利市を中心とした地域情報にも触れていきたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2008/08/10 11:00

TMC さんのブログ記事

  • 交際費と費途不明・使途秘匿
  • さてさて梅雨が明けましたね。正直そんなに私の地元は雨が降っていないのですが、日本では様々なところで豪雨の被害があります。お見舞い申し上げます。昨今の雨はしとしとと降り続くような日本の梅雨の雨ではなく、熱帯気候でのスコールのような振り方をしますね。温暖化の影響でしょうか。さて、交際費課税という言葉をご存じでしょうか?通常、事業に関連して支出した経費は税務上の損金に落ちるはずです。しかし、租税特別措置 [続きを読む]
  • 税法の常識と経営の常識 とか
  • さてさて税理士としての使命は税理士法に規定されています。-----------(税理士の使命)第一条  税理士は、税務に関する専門家として、独立した公正な立場において、申告納税制度の理念にそつて、納税義務者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命とする。-----------一方、我々のような街の会計事務所に求められるのは、税理士としての使命だけではなく、経営・財務に関する相談役 [続きを読む]
  • 人材不足と対応
  • さてさて梅雨に入ったのにあまり雨が降りませんね。水不足にならないか心配です。今年は猛暑との予報もあるので(我が足利市は館林に隣接し(熊谷も近い)ており、やはり暑いところです)どうなることやら・・・さて、クライアントの一員との覚悟をもって経営課題に経営者と一緒に頭を悩ませるのが我々街の会計事務所の役割だと思っていますが、クライアントの最近の経営課題の一つに人材不足というものがあります。そしてこの問題 [続きを読む]
  • 合併と税務判断
  • さてさて梅雨入り前のこの季節はいいですね〜日差しが強いわりには空気は湿気が少なくとても快適です。さて、合併をしたあとの株価評価について。いや、本質的には合併をした前後で株価って変わらないはずなんです。理論的には適正な株価で合併比率を計算して交付株数を決定しているのですから。ところが、制度的な問題があります。それが税務です。特に個人を対象にした相続税法を相手にした場合には悩ましいです。取引所の相場の [続きを読む]
  • H29-雇用関係助成金
  • さてさてGWですね。全部お休みできるヒトもそうでないヒトもいるかと思いますが、うちの事務所は暦通りです。といっても顧客に寄りそう立場ですから、今日も明日もクライアントと打ち合わせの予定が入っています(笑)さて、雇用助成金をご存知でしょうか?昨今はほぼ毎年だされる雇用に関係する助成金です。ハマればもうけものですよ〜うちは社会保険労務士事務所も併設しておりますので、気になるものがあればお声掛け下さい!↓ [続きを読む]
  • 税務調査の春
  • さてさてすっかり桜の季節ですね〜我が足利市は4/2まで刀剣女子が全国から集まり大フィーバーでした!うちの事務所の近くもスタンプラリーの箇所があり多数の通行がありました足利市の市長も頑張ってますねさて春は税務調査の季節ですというとビックリされる方も多いのですが、実は法人の税務調査のハイシーズンは税務署職員の移動のある7月から調査先選定があってお盆明けに通知、9→10月ぐらいの臨場調査が最大のピークですが、 [続きを読む]
  • 顧問税理士を変更するとか、しないとか
  • さてさて確定申告作業まっただ中です。事業所得のように随時触れている項目は良いのですが、医療費控除のようにこの時しかほぼ触れない項目は思い出すのに一苦労だったりします。さて、我々は税務の法人顧問先を二つのパターンで契約することになります。(1) 一つは税理士のついていない法人への営業昨今、法人の設立登記がなされるとダイレクトメッセージなどが大量に届くと思います。弊社はそういう営業をしていないので、実 [続きを読む]
  • 仕入税額控除と証憑
  • さてさて個人が生活するにあっては、消費税ってただ払うだけのものです。ところが事業者にとってはちょっと違います。事業者は、売上-経費=利益で生計を立てます。この場合、全て消費税が課税されていると仮定すると① 売上×消費税率=仮受消費税(消費税を一旦預かる)② 経費×消費税率=仮払消費税(消費税を一旦支払う)この①-② が事業者の消費税の納税額となります。一見シンプルに見えますが、ややこしくなるのが全てが [続きを読む]
  • 2017年始動
  • さてさて新年あけましておめでとうございます。今年は曜日の並びの関係でそれほど休みが長くはなかったですが、ゆっくりお休みできたでしょうか?それともバタバタと過ごされたのでしょうか?小職は1/1だけゆっくりしてあとはバタバタしていた年末年始でした。さて、2017年がスタートしましたので今年の抱負を述べたいと思います。『高付加価値型会計事務所』を目指す!!です。去年の1月に事務所の事業承継を実施し、代表者として [続きを読む]
  • 2017年開始
  • さてさて2017年を迎えましたね!2016年を振り返って皆様どのような年でしたか?私は激動でした。良いことも悪いことも一杯ありました。それが生きるということなのでしょう。2017年はより高みを目指して自己研鑽したいと思います。今年もよろしくお願い申し上げます。↓ぽちっと [続きを読む]
  • 慰謝料って
  • さてさて先日は関東で11月としては珍しく雪が降りましたね〜迂闊にもスタッドレスに履き替えていなかったため、クライアントに謝ってアポをリスケしてもらうことに・・・日頃からリスクマネジメントやBCPの話しをしている立場からはお恥ずかしい限り・・・さて、慰謝料という言葉はよく耳にしますよね。慰謝料の本質については学説がいくつかあります。米国では制裁的性質が話題に上りますが、日本では精神的損害を含む無形の損害 [続きを読む]
  • 税務調査と役員賞与
  • さてさて足元、連続して税務調査を受けています。中小法人の税務調査の場合、□ 対象期間は直近期から3期間□ 税目は法人税、消費税、源泉所得税□ 実際は印紙税もみる□ 臨場人員は1〜2名□ 臨場日数は2〜3日って感じです。赤字法人であっても調査はきます。赤字法人の場合に留意したいのが、消費税と源泉所得税です。1.消費税の課非不区分よくあるのが、課税仕入でないものを課税仕入としているケースです。この場合、消費税実 [続きを読む]
  • H28年度補正予算
  • さてさて平成28年度(2016年度)の補正予算が成立しました1億総活躍社会の実現に向けて、コストをかけていくようですが、地方創生色がどうなったのか不明な印象でした。日本の経済を考えた時に1億総活躍社会の実現は必須なのは当然のことです。その上で一人一人の生み出す付加価値を高めていくこと、生産性を高めることが必須です。ただ、時の経過によって失われていくものもあるのが現世です。そこで新陳代謝が必要な訳ですが、現 [続きを読む]
  • 欠損金利用
  • さてさてたまーに、繰越欠損金を有する会社の利用について相談されます。繰越欠損金は、税金計算上現行法下では9年(もう少しで10年になります)の間、過去の損失と将来の所得を通算(相殺)できる制度で、税理士の立場からは結構重要な項目の一つです。(大法人の場合は利用制限があるので注意ですが)そんな中で、以前は欠損金を保有する休眠会社を買って、自己の事業の課税所得を圧縮するという手法がありました。しかし、現行 [続きを読む]
  • 水害と保険
  • さてさて9月に入りましたがまだ暑いですね〜今年は台風のあたり年なんて言われてますけど、既に水害が発生しており、留意したいところです。さて火災保険のお話し火災保険は日本の損害保険を代表する保険で、基本的に建物を所有するヒトはほぼ加入していると思います。この火災保険は火災はもちろん風災なども補償の対象となっていますが、台風などで発生する水害を補償する『水災』については要検討です。今の火災保険は水災もつ [続きを読む]
  • 事業税と国外所得
  • さてさて関東では梅雨明け宣言が出てから大気の状態が不安定で、我が足利市では連日のように雷雨に襲われています。子供のころ、濡れ縁台に腰かけて親と雷を見物していたことをふと思い出しました。当時の我が家は民家から少し離れた山の裾にあり、夏前には当たり前のように蛍が飛んでいました。今思うと贅沢な環境で育ったなぁと感じます。今も山里住まいで駅まで歩いていこうと思ったら,googleさんだと60分だそうですが、蛍は出 [続きを読む]
  • 外国税額控除
  • さてさて7月に入りましたね〜。七夕は如何お過ごしでしたか?我が足利市では、織姫神社を中心に七夕まつりが開催されています。ぜひ観光に来てください(笑)先日、国際税務専門官の話に触れましたが、ホント国際税務は他人ごとではなくなりつつあります。本日は国際税務の一つ、外国税額控除について。外国税額控除は、外国で課税されている所得については日本において税金計算する際にその外国での課税額を控除して日本の税金を [続きを読む]
  • 親子間贈与
  • さてさて梅雨といいつつ微妙な天気ですね。関東は水不足。西日本は豪雨・・・日本はどうなってしまうのか・・・さて、親子間贈与について資力のある親が子の面倒をみる資力のある子が親の面倒をみる日本人の社会通念だとまぁそうだよな、と思う話です。さらに言えば、1億総活躍社会というある意味恐ろしいお題目の中で、家族の育児をするヒトも家族の介護をするヒトもなるべく働けという施策が次々と出ています。いや、正直ホント [続きを読む]
  • 英国のEU離脱
  • さてさて昨日、大変なニュースが飛び込んできました。国民投票の結果、英国がEUを離脱するというニュースです。市場は敏感に反応し、株価の下落や円高の進行が起こりました。投資家の中には顔を青くされている方もいらっしゃることでしょう。欧州連合(おうしゅうれんごう、英: European Union、略称:EU)は、欧州連合条約により設立されたヨーロッパの地域統合体で、経済面ではヒト・モノ・カネの流通がEU域内では制限が低くなり [続きを読む]
  • 国際税務専門官
  • さてさて良い季節になりましたね。暑すぎず寒くなく、湿気もそれほどでもないので過ごしやすいです。我々会計事務所業界は3月決算法人が比較的多いことから、繁忙期の一つですので遠出したりという訳にはいきませんが、それでもちょっと庭で遊ぶだけでも気持ちがいいです。さて、国際税務専門官をご存知でしょうか?課税当局で税務調査を担当する部署は特別国税調査官、法人課税部門、個人課税部門、資産課税部門が一般的ですが、 [続きを読む]
  • windows10
  • さてさて皆さんの生活の中でもパソコンは非常に便利なツールとして活躍していると思います。一方で、スマートフォンやタブレットの普及で若者のパソコン離れ(若者の〜離れは面白いですよね・・・車とか色々)が進んでいるようですが、ビジネスの現場、特に事務方においてはパソコンは最早欠かせないツールの一つかと思います。そのパソコンは通常OS(オペレーションシステム)と呼ばれるアプリケーションを効率的かつ分かりやすく [続きを読む]
  • 事業性評価
  • さてさてマイナス金利という言葉が飛び交ってますね。マイナス金利は、国策として資金の供給量を増やすための施策の一つです。デフォルメすれば、銀行は日銀含めた行政にカネを預けると手数料が取られるので、市場で運用せざるを得ない状況をつくることが目的なのでしょうか。さて、我々の仕事の領域の一つに、事業性評価という論点があります。これは事業が生み出す①正味CFをどのように予測し②評価するかという論点です。前者は [続きを読む]
  • 2015年度確定申告終了
  • さてさて大して偉そうなことも言えませんが、3/15に無事に弊社お客様の個人の確定申告関係(所得・贈与など)は提出完了いたしました。皆様のご協力の御蔭です。ありがとうございました。総論としては、皆様有価証券の運用成績は中々だったな、というのが所見です。そして、2016年に入っての株価下落でダメージを受けた方も多いのでしょうね。上場株式等は分離課税という、例えば給与や事業などの所得とは別に税金計算される仕組み [続きを読む]
  • 財産債務調書
  • さてさてマイナンバーが実質運用開始されて1か月が過ぎましたが、皆様どのように対応されてますかね。弊社は社会保険労務士事務所も兼ねているのでマイナンバーの取扱には慎重になっております。マイナンバーの目的は、「行政の効率化」、「国民の利便性の向上」、「公平・公正な社会の実現」(出所:政府広報オンライン)ですが、課税の捕捉率を上げることも目的の一つと考えられています。個人的には憲法30条(第三十条  国民は、法律 [続きを読む]
  • H27補正-ものづくり補助金
  • さてさて足元、2015年(平成27年)度補正予算の執行が開始されております。製造業たる中小企業にとって大事な設備投資がらみでは、平成27年度補正「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」が開始されました。2/5から4/13の消印有効での申請となります。補助額はともかく、補助率は2/3と高いです。設備投資を検討されている方は必ず目を通して頂きたいですね。申請方法が分からなければ、一報下さい。補助金申請コンサルは [続きを読む]