田原笠山 さん プロフィール

  •  
田原笠山さん: トヨタ期間従業員に行こう
ハンドル名田原笠山 さん
ブログタイトルトヨタ期間従業員に行こう
ブログURLhttp://t-kikan.jugem.jp/
サイト紹介文期間工の日々を、そしてその後の人生なんかをぼちぼち話したいと思っています。
自由文トヨタ期間工のこと、非正規雇用の問題や、トヨタ自動車のことなども、書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2008/08/13 23:28

田原笠山 さんのブログ記事

  • マーラの死
  • 豊橋総合動植物園(のんほいパーク)で生まれ、骨折しリハビリ中だったアフリカゾウのマーラが死んだ。フルサト遠く連れてこられた象をわざわざ閉じ込めて飼育することにどれほどの意味や意義や価値なんてものがあるのだろうかと、また思った。母親の愛情も家族の温もりも故郷の柔らかさも知らずに死んで、幸せだったのだろうか、そうまた考えた。子ゾウマーラ・・・それでも群れ飼育を中止しませんか? | トヨタ期間従業員に行こ [続きを読む]
  • JIS規格サービス分野に拡大
  • 改正タクシー業務適正化特別措置法が施行され、運転手登録制度が始まってから一年超。なにが適正化され、なにが改善されたか分からない。相変わらず利己の洞窟の闇の中で蠢いている、というのが業界の姿、のように思える。「良質の運転者を確保するとともに、サービス改善等の諸施策を総合的に推進することによってタクシーの社会的評価の向上を図り、もって利用者の利便を確保しようとする」目的だったはずだが、その萌芽さえ感じ [続きを読む]
  • サービス品質の日米比較で考えたタクシー業界のこと
  • Made in Japanは、自動車や電化製品などの工業製品だけではなくて、サービスの品質でも優秀だということは、海外旅行をしなくても多くの日本人が分かっているはずだ。「スマイル0円」なんてのは当たり前のことになっているて、トイレを使ったとしても、立ち読みをしたとしても、「いらっしゃいませ」で「ありがとうございます」なんて言ってくれるのだから、それは驚きでもある(時には不気味だったりもするけれど)。それにレジ [続きを読む]
  • 夏だ、トリスだ、ハイボール。へ〜。
  • ボクたちが夏と呼んでいた夏はもうどこにもないのかと思っていたら、朝、ゴミ集積場へ向かう道に、セミの抜け殻のような生活の澱の上に、なにもかもを熔かして依然貪欲な夏が光っていた。血の滴るようなスイカ、なんて思ったところで、スイカを買うのをあきらめたのは昨日のスーパーでのことなのだけれど、16分の1ほどの大きさで398円は高いのか安いのか・・・。スイカをあきらめたボクはキュウリをたくさん買い込んで一本は [続きを読む]
  • 改正労働契約法とタクシー運転手について考えたこと
  • 60歳を超えてから入職する人も多いタクシー業界、労働者の平均年齢は59歳。高齢者の働く意欲を支え、この国の雇用を支える、奇跡の業界なのだ。いろいろな人がいる。そのことはすなわち雇用のセイフティネットとしての業界の存在意義を証明している。公共交通機関、だけではなくて、公共雇用機関、ということ、それだけでも社会的貢献度は高い。もう少し業界の評価が高くても良い、そう思う。そんな高齢者集団の最大の悩みは、「い [続きを読む]
  • 海の日三連休かあ
  • ゲリラ豪雨のニュースを除けば、空梅雨だったのか?休日に机に置きっぱなしになっている本を読もうと思っていたのだけれど、結局は「豊橋市都市交通計画」しか読めなかったってのは、もう病気としか言いようがない:)豊橋市役所が早く「自転車等の貸付及び購入補助」を普通自転車購入にも適応してくれたら自転車を買い替えるのに・・・。電動自転車購入補助は、すでに行っているのだけれど、「電動」だけというのに、役所の闇を感 [続きを読む]
  • 変なホテル と 変なタクシー
  • ラグーナテンボスに変なホテルが8月1日にオープンするらしい。なにが「変」かというと、ロボットによるチェックインとか、・・・あとなんなんだろう?ロボットによるチェックインだけならそれほど「変」でもないと思うのだけれど、きっと変な食べ物を提供されたり、変な音楽が流れたり、変なオジサンがいたり、なんてことではないのだろうけれど・・・。あの埋立地にラグーナが出来て、そうして海陽学園やトヨタ自動車の研修施設、 [続きを読む]
  • 九州豪雨と江藤愛さんの気丈
  • 福岡県東峰村は小石原焼と高取焼、大分県日田市は小鹿田焼などの多くの窯元がある地域で、今回の九州豪雨で大きな被害を受けたのだろうと心配しています。九州には有田焼や伊万里焼、波佐見焼、唐津焼という有名な窯元も多く、小石原や小鹿田を知らない人もいるのではないかと思っています。磁器と陶器という違いはあるにしても、素朴な味わいや工業化されていない温もりなんてものは、小石原や小鹿田のほうが圧倒的にあって、ボク [続きを読む]
  • Amazon PrimeDay で考えたこと
  • きっと2、3年後には、ボクたちタクシー運転手がAmazonの商品を配達している。ボクのプランはこうだ。「配車を受ける」→「行き先を聞く」→「その行き先の荷物を積む」→「旅客運送」+「貨物運送」→空車後「貨物配達」。このサイクルを繰り返す。配車後の目的地にこだわる時代が来る。ボクが「行き先」にこだわる理由だ。それに加えて、送迎先での貨物集荷、生産性は極限まで向上する。途中、配車があれば旅客を優先しながら、 [続きを読む]
  • 七夕
  • どうか雨が降りやみますように。少し前に九州から母と姉が名古屋にやって来たときのこと。ボクたちは夕ご飯を、たしか高島屋の13階だかのレストラン街でいただいて、そうしてミッドランドスクエアの展望階に、その日に名古屋観光を出来なかったかわりに、夜景を見に行った。母は、長旅の疲れからか、少し元気がなくて、それに老人特有の遠慮深さからだろう、一生懸命ボクたちについて来ている様子だった。それに田舎だともう寝て [続きを読む]
  • 女性管理職が増えない理由
  • 世の中に女ほどしょうのないものはありません。やさしく言えば図にのぼせる、小言を言えばふくれる、叩けば泣く、殺せば化けて出る。いえ、ボクが思っているのではなくて、落語のまくら。でも、確かに・・・思い当たるふしはあって・・・化けて出るのは女ばかりだし。#というか、女性が化けて出る物語が多いというのも、男尊女卑社会の仕組みかもしれないのですが。最近世間の耳目を集めている女性たちも、この化けて出そうなタイ [続きを読む]
  • 黄金餅
  • わあわあ言いながら下谷の山崎町を出ましてあれから上野の山下へかかってまいりまして三枚橋っていいますから、三橋をどんどんあれから上野の広小路にでまして新黒門町から御成街道をまっすぐに五軒町に出て当時堀丹波守様というお屋敷の前を通って・・・落語「黄金餅」の道行きの言い立てだ。(談志師匠のものを書きとった)いったい貧乏とはどういうことなんだろうか、なんて考えている。談志師匠は「飢えと寒さ、南国だと飢えと [続きを読む]
  • 豊橋カレーうどんで考えたこと。
  • こんな雨の日にも後藤さんはやって来て、「K、ちょっと頼むよ」「いいですけど、またパチンコにでも負けたんですか」「いいや、ちょっと」「ちょっと?」「まあ、飲みに行くか」「良いですよ」「この金でさあ、まあ、オレのおごりでさあ」「ああ、いいですね、後藤さんのおごりで。ぱあ〜っと」10時開店の食堂、そこがボクたちの行きつけの店だった。焼酎は、あふれるから小皿に受けて一合200円。朝から夕方まで一升飲んだところ [続きを読む]
  • 九州男児の美学
  • 「日本三大ブスの産地」に愛知県が入っていることに対して、否定的なのだけれど、実は「日本最大ブ男の産地」に愛知県が入ったとしても、なんとなく納得する今日この頃、空梅雨の午後だったり・・・。というのも、この業界だからなのか、それとも愛知県だからなのか、ボクには信じられない行動をする人が多い。「へ〜、そんなこと平気で出来るんだね」なんて人が多い。羞恥心のない人が多い。そもそも日本人には「恥の文化」という [続きを読む]
  • 生活保護者をタクシー業界へ雇用する
  • タクシー業界は公共交通機関ということで社会貢献や社会的責任を果たしている、ということだけではなくて、雇用創出、高齢者雇用を担っている。いや後者の事実のほうが、その存在価値は大きいのではないかと考えることがある。60歳を超えた人や、就職困窮者(という表現が適切で適当かはわからないのだけれど)の雇用の受け皿として存在する、要するに雇用のセイフティネットという役目もある。非正規雇用が増加するなか、タクシー [続きを読む]
  • シェアリングエコノミー
  • 「K、となりのお婆さんを病院に送ってやって」田舎に帰ると、当たり前のように言われた。バスどころかタクシーだって不便な地域だからだ。近くのタクシー会社の所有台数は、確か3台で、それさえも前日予約で、「相乗り」での運行も行っていた。「相乗り」は違法なことだったのだろうけれど、そこは方便で、というか、カスタマーファーストとか正義の問題で、今思えば、タクシー会社の社長もだけれど、運転手のまこさんやTさんなん [続きを読む]
  • 血煙荒神山
  • なにが面白いのだろうか、なんて思っていた。父は浪曲や講談を聴くのが好きだった。ラジオから流れる「ヘンテコリンな声」を、ボクたちは不思議に感じていたし、なにが面白いのだろうか、なんて言っていた。「吉良の仁吉」なんて名前を聞いて、その浪曲の登場人物だったことが解かったのは、ここに住むようになってからのことで、「平井亀吉」や「形の原の斧八」という人たちの存在を近くに思うようになってから、ボクも浪曲を「面 [続きを読む]
  • 残業規制は迷惑なんですが・・・
  • 「働き方改革」の残業時間規制の計画が決定されて、残業時間を月45時間、年間360時間の上限で基本的な規制を法制化し、2019年4月に施行される見通しになった。その45時間が長いか短いか、なんてことは、労働者それぞれの事情によって違ってくる。タクシー業界は、「改善基準告示」で、労働時間が月322時間(車庫待ち)、残業時間にして焼く150時間も国家によって認めらているのだから、そんな45時間なんて陳腐な時間は、あってな [続きを読む]
  • スガキヤラーメンと熊本黒竜紅ラーメン
  • あの要塞に住んでいたことを思い出していた。もう跡形もなくなってしまった田中和風寮のことだ。昨夜、スガキヤラーメンを食べながら、あの夏のことを思い出していた。たぶん、初めてのスガキヤラーメンだと思うのだけれど、土橋駅近くの、確か精文館書店の、というかアピタの1階にあったスガキヤで、一度だけ食べたかもしれないと、記憶をたどるのだけれど、とうとう思い出せないで、今も思い出せないでいる。愛知に来て10年に [続きを読む]
  • 言葉に乗る
  • タクシーに乗るときは、緊張する。いい人柄のタクシーでありますようにと、あらかじめお祈りする。国民のだれもが、そうだと思うのである。お祈りしなくてはならないのである。荒川洋治さんの「言葉に乗る」の一節だ。きっと国民のだれもが、そうなのだろうと、ボクも思う。その祈りが通じなかった場合にトラブルが起きる。荒川さんのように「災難」だと諦めることの出来る人(諦めることが出来る日)ばかりではない。そうしてきっ [続きを読む]
  • 渡世
  • さて、休日もお昼を回ってしまって、そうして洗濯物の向こうにぶら下がっている喪失感なんてものをうらめしく眺めている。「お誕生日おめでとう」なんて順からの贈り物が届いた。いつものようにメールで「ありがとう」。電話があるとしても、もうそれはその機能を捨ててしまっては、メール機になってしまっている。朝起きて、そうしてお昼になって、お腹が空いて、ご飯を食べる。きっとお酒も少し飲んで、昼寝をして、夕方起きて、 [続きを読む]
  • 祈り
  • いつの間にかこんな時間に・・・。春はやっぱりやってきた・・・。神よ、わたしに、慰められるよりも、慰めることを、理解されることよりも、理解することを、愛されるよりも、愛することを望ませてください。「平和を願う祈り」なんとなくだけれど、うまく解決されないことがボクの身体の周りにずっとまとわりついていた。洗っても洗っても綺麗にならないことのように、ボクはそのことに悩まされていた。いや解決したというわけで [続きを読む]