マの字 さん プロフィール

  •  
マの字さん: 箪笥の引き出し
ハンドル名マの字 さん
ブログタイトル箪笥の引き出し
ブログURLhttp://hikidasi08.blog60.fc2.com/
サイト紹介文大好きなキモノや、ご近所ネタなど、なんでも詰め込みます〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2008/08/14 01:22

マの字 さんのブログ記事

  • GW子連れクルーズ 4日目(台湾2)
  • マリナー・オブ・ザ・シーズの旅。4日目の台湾続きです。基隆から台北へ移動して、台湾新幹線に乗り、台鉄&高鐵グッズのお土産を買ったら、ちょうどお昼になりました。私の基隆在住の友達、阿Kさんが台北駅の2階にオススメの台湾料理の店があるというので、そちらに行くことにしました。台北駅には「微風」というショッピング・レストラン街があって、フードコートや、日本の飲食店も多く入っています。阿Kさんのイチオシ店は改 [続きを読む]
  • GW子連れクルーズ 4日目(台湾1)
  • マリナー・オブ・ザ・シーズの旅。4日目の朝。起きたら、もう基隆港に着いていました。山に「KEELUNG」の文字が!11階のデッキに出ると、ムッとするほど蒸し暑かったです。日本の7月くらいの気温でしょうか。この後、同じフロアのビュッフェで朝食をして、午前9時頃に船を降りました。税関手続きは、とても簡単で時間も掛かりませんでした。というのも、乗船時に、パスポートコピーを渡して、それに台湾入国押印されたものが [続きを読む]
  • GW子連れクルーズ 3日目(着物まわり)
  • マリナー・オブ・ザ・シーズの旅。3日目の夜。今回の旅程では、ドレスコードがフォーマルの夜が2回ありますが、その1回目でした。フォーマルといってもカジュアル船ですので、男性ならスーツ、女性なら結婚式に出席できる程度のワンピースや、着物で大丈夫です。そこも強制ではないので、普段着の方もチラホラ見掛けました。メインダイニングや、レセプションに行かない方なら、それでも良いのかもしれません。着物をお召しの方 [続きを読む]
  • GW子連れクルーズ 3日目(フォーマル夜1)
  • マリナー・オブ・ザ・シーズの旅。3日目の夜。この夜のドレスコードは、フォーマルでした。私は着物、旦那さんはスーツ、ムスコはシャツにネクタイと、それぞれにドレスアップ♪メインダイニングの螺旋階段で、写真を撮って頂きました。ムスコのポーズは、仮面ライダードライブ、泊進之介の決めポーズです(笑)また、やってる↑(笑)この日のムスコは、Sちゃんご家族もいらっしゃって、機嫌良く食事してくれました。キッズメニ [続きを読む]
  • GW子連れクルーズ 3日目(朝から午後)
  • マリナー・オブ・ザ・シーズの旅。3日目の朝。終日航海日です。朝起きてすぐに、午前8時からの、JTBの企画による「ラジオ体操・ようかい体操第二」に参加するために、11階プールデッキに行きました。オレンジ色のベストを着た人たちが、JTBの関係者です。11階にも大勢の人がおられましたが、12階にいた人も、皆がラジオ体操している光景は、なかなか壮観でした。日本発着ならではですよね。まずは、ラジオ体操。そして、よ [続きを読む]
  • GW子連れクルーズ 2日目(夜まで)
  • マリナー・オブ・ザ・シーズの旅。2日目の昼食後のこと。お部屋に戻ったら、ツインベッドがダブルベッドになっていました。昨晩は、ツインベッドに私とムスコが、プルマンベッド(2段ベッド)に旦那さんが寝たのですが、ムスコが母と一緒に寝たいということで、客室係のお兄さんにお願いしておいたのです。荷物の出し入れもあるので「ダブルベッドにして、左に寄せてね」と言った通りにしてくれました。ありがとう〜♪この配置↑ [続きを読む]
  • GW子連れクルーズ 2日目(お昼まで)
  • マリナー・オブ・ザ・シーズの旅。2日目の朝食後のこと。昨晩、アドベンチャー・オーシャン(保育園のようなもの)の登録とオープンハウスがあったのですが、すっかり忘れていたのです。登録だけでも出来ないかと、12階のアドベンチャー・オーシャンへ行くと、まだ受付テーブルが出ており、大丈夫でした。あ〜良かった。というのも、定員になると受付が終了してしまうそうです。受付は外国人スタッフですが、JTBのスタッフがサ [続きを読む]
  • GW子連れクルーズ 2日目(朝食)
  • マリナー・オブ・ザ・シーズの旅。2日目の朝です。夜中の2時から、時計を1時間遅らせて、台湾時間に合わせました。この日も快晴。朝食は、前日に予約しておいた「キャラクター・ブレックファースト」(大人は有料)へ。場所は、メインダイニング4階。私たちは時間より早く到着したので、一番乗りでした。どこでも好きな場所にどうぞということで、ステージの一番前のテーブルに座りました。( で拡大)メニューです。子 [続きを読む]
  • GW子連れクルーズ 1日目(夕食)
  • マリナー・オブ・ザ・シーズの旅。1日目の続きです。出航した後、お部屋に戻り、荷解きをしたり、着替えたりしていたら、あっという間に時間が過ぎました。夕食に遅れそうになって、慌てて部屋を出ました。17:305階のロイヤル・プロムナードを見ると、特別な飾り付けがしてありました。何かあったのかなあ〜 と、その時思ったのですが、なにぶん夕食に遅れそうだったので、スルーしてしまいました。後で確認したら「ドリームワ [続きを読む]
  • GW子連れクルーズ 1日目(乗船)
  • 4月末、マリナー・オブ・ザ・シーズの旅。1日目です。集合場所は、品川インターシティホールで、一番お安い「スタンダード内側」は一番最後の午後2時集合でした。ちなみに、一番お高いスイートのお客様は午前11時前からの乗船で、料金順に乗船します。13:45品川インターシティに着いた時には、すでに長蛇の列でした。手荷物を預ける人の列と、手荷物が無い(または自分で運ぶ)人の列に分かれて並びます。私たちは、事前に宅急 [続きを読む]
  • GW子連れクルーズ どちらを選ぶ?
  • 更新が遅くなった理由に、すっかり怠け癖が付いてしまった(笑)というほかに、ゴールデンウィークの旅行と、その準備で忙しかったということがあります。4月の着物イベントについては後ほど書くことにして、まずは直近のゴールデンウィークの旅行について書きたいと思います。お恥ずかしながら、今年の4月で結婚10周年です。旦那さんから「記念に海外旅行でも行こうか?」という奇跡のような言葉が飛び出しました! 私は結婚 [続きを読む]
  • MacBookに同居するOSいろいろ
  • 久しぶりの更新です。というのも、私のMacBookが、すこぶる調子が悪かったのです〜 少し前に修理したばかりなので、機械的には問題ないのですが、「OS10.7 Lion」という古いシステムを使っているせいで、不具合がいろいろと出てきたのです。そして「Adobe CS6」という画像編集ソフトなどを使っているために、〜OS10.7でなければダメなのです。そこで、OS10.7の中に、「Parallels Desktop 10」という仮想化アプリを入れて、最新の [続きを読む]
  • 「カゴアミドリ」あけび&こぎん刺しの針山
  • 休日の午後、近所の公園へ行った後、ムスコと一緒にお茶をして、そういえば「カゴアミドリ」さんの店舗にまだ行ったことが無かったな〜と、訪れました。着物をきた時に、よく持っているカゴバッグは、カゴアミドリさんがイベントに出店されていた時に購入したものなのです。建物の2階に店舗があります。この小さな看板↑が目印です。ゆったりとした店内に、世界各地のカゴやバッグが並んでいます。着物に合いそうなカゴバッグや、 [続きを読む]
  • 「鳥のうた」コーデ
  • 3月、都機(つき)の会の作品展へ行った日の、着物コーディネートです。今回の作品展テーマは「鳥のうた」。だからという訳ではないのですが、たまたま選んだ帯留が、鳥さんでした〜♪この日は、日中は20度にもなる陽気で、羽織もの無しで出掛けました。着物は、親戚の小母様から譲り受けた紬の着物。帯は、無地の紬八寸帯。畳みシワが微妙〜髪飾りは、緑瑪瑙の玉かんざし。帯留は、京都のミミズクヤさんで頂いた、BISOU*さんの [続きを読む]
  • 第4回 都機の会作品展「鳥のうた」
  • 3月初旬、都機(つき)の会の作品展に行きました。都機の会は、染織家志村ふくみ、洋子両氏が主催する「都機工房」の卒業生による会で、2007年に立ち上げられました。個々に活動されているメンバーが、2年半毎に集まって作品展を開催されています。場所は、築地本願寺に近い「うおがし銘茶」築地新店5階Space「会」で行われました。今回のテーマは「鳥のうた」。自然染料で染上げられ、ふんわりと手織りされた紬の作品が、展示さ [続きを読む]
  • 足袋インナーを試してみた
  • 2月下旬、ボッティチェリ展へ行った日に、足袋インナー「ヒート+ふぃっと」を試し履きしてみました。こちらの商品は、1月「日本のおしゃれ展」へ出掛けた際に、同フロアで行われていた催事で「キモノ仙臺屋」さんより購入したもの。かねてより、試してみたいと思っていたのです。足袋の下に履くヒートテックのようなものです。履いてみました〜それほど厚みは無いですが、ぴったりサイズの足袋だとキツく感じるかも。ストレッチ [続きを読む]
  • ボッティチェリ展 初春の染め帯コーデ
  • 2月の下旬、東京都美術館で行われた「ボッティチェリ展」へ行きました。ボッティチェリは人気があるのですね〜来場者が多く、展示室は混んでいました。着物をきて行ったのですが、帯の側面にぶつかられたり、背中にピッタリとくっつかれると、ちょっと気になります。暑くとも羽織か、コートを着ておく方が良いのでしょうけど、つい身軽な方を選んでしまいます。。。展覧会の内容ですが、ボッティチェリの大作は点数が少なかったよ [続きを読む]
  • 「絞り ー 紺青の宇宙を翔ぶ」展
  • 2月上旬、国分寺の「丘の上APT 兒嶋画廊」で行われた「絞り ー 紺青の宇宙を翔ぶ」展を見に行きました。丘の上APTは、藤森照信さんの設計建築で、以前に「志村ふくみコレクション -光彩陸離- 展」も見に行きました。今回の展示では、有松や豊後、甘木、京都、 浅舞、横手といった各産地で江戸期から昭和までに染められた古い絞り染めと、外国の古い絞り染めが多数展示されていました。昔の人の暮らしを感じられるような古布が多 [続きを読む]
  • 綴織りの名刺入れに、鴨と蒲の穂の前金具を付ける
  • 「女一代のわざ」展の制作体験で作った名刺入れに、以前に修繕した前金具を付けたら良いかも〜と思いつきました♪ボタン付け用の太目の糸を使いました。糸の端は玉止めにして、名刺入れの蓋の裏側から糸を通します。前金具の裏側は平らですので、そのまま針で糸を通せません。一旦、針から糸を抜き、糸通しを使って前金具の穴に糸を通します。そして、また針に糸を通して、名刺入れの蓋の表側から裏に糸を通します。糸を通す時に、 [続きを読む]
  • 「女一代のわざ」展 野元博美先生に教わる千鳥掛け
  • 「女一代のわざ」展の続きです。野元博美先生に教えて頂き、「綴織りの小物入もしくは名刺入れ」制作体験を受講しました。「綴錦織元 安田織重(やすだおりしげ)」代表、野元博美先生。帯はもちろんのこと、バッグや鼻緒などの作品も素敵でした。先生の作品と一緒に。こちらの↑左の2点は制作見本。右の糸の中から1色選びます。残念ながら、縞柄は残っていなかったので、緑色を選びました。ところどころに節があり、趣きのある [続きを読む]
  • 「女一代のわざ」展 京繍 山下憲子先生
  • 1月のこと、青山で行われた「女一代のわざ」展へ行きました。この日は、前日に降った雪がまだ路上に残り、とても寒い一日だったので、会場は人影もまばらな様子でした。京繍(きょうぬい)山下憲子先生の実演を、見せていただきました。山下先生は、手を忙しく動かしながらも、優しい京都弁のマシンガントークで楽しく説明して下さいました。東京の日本刺繍と京繍の違いを尋ねたところ、技術的には同じなのだそうです。糸のしまつ [続きを読む]
  • 「日本のおしゃれ展」へ
  • 1月のこと、「日本のおしゃれ展」を見に、銀座へ出掛けました。入口には、たくさんのお花が。。。「きものは豪華でなくても優雅であればいい。立派でなくても洒落たものであればいい。」昨年10月にお亡くなりになった池田重子さんからの、最後のメッセージ。心して拝見しました。この日の、着物コーディネートです。着物は、絞りの小紋。絞りは、とても暖かいです。帯は、LUNCOさんで頂いた絽刺しの奴(やっこ)さん。写ってない [続きを読む]
  • 洗濯機で羽織を洗う その2
  • 今年の初詣に着た羽織ですが、新古品を購入したので綺麗だったのですが、匂いが酷く、「バイオミックス」で消臭しました。通常であれば半年もすれば気にならないレベルになるのですが、この羽織はいつまでもホコリっぽいような匂いがしていました。1年以上経って、少しはマシになったようなので着てみたのですが、やはりまだ匂いが。。。 この羽織着ていると、ムスコが「臭い」と言って、手を繋いでくれませんでした。初詣の次の [続きを読む]
  • 初詣+ららぽーと
  • 1月のこと、初詣に行きました。その前日に「初詣の後、ららぽーとで食事しようよ。私、着物きるから、ムスコとプレイグラウンドで遊んであげてね」と旦那さんに伝えると、「え〜(聞いた)とたんに鬱になった。着物きないとダメなの?」ですって! ムスコが赤ちゃんの時でさえ、初詣だけは着物をきようと頑張ってきたのです、こんな事で諦める訳にいきません。この言葉で、闘志に火がつきました。それなら着物で遊びますよ。滑り [続きを読む]
  • ゑびす足袋が届いたけれど
  • 昨年の12月上旬、ゑびす足袋本舗から足袋が届きました。10月のきものサローネで、足の指が長く既成の足袋が合わない私の足に合わせて調整していただいたものです。お品物が届くまでに、ちょうど2ヶ月掛かりました。このようなパッケージに入っていました。パッケージの裏には、洗濯の仕方や、履き方などの説明と、サイズを計るための紙のメジャーなどが付いていました。新しい足袋〜♪早速、一回洗濯して、ニキ・ド・サンファ [続きを読む]