ノブリの森 さん プロフィール

  •  
ノブリの森さん: しあわせ親子になるコミュニケーション術
ハンドル名ノブリの森 さん
ブログタイトルしあわせ親子になるコミュニケーション術
ブログURLhttp://ameblo.jp/noburinomori/
サイト紹介文ママ向けに講演や講座をしています。旧「いじめの加害者を作らない子育て」。奈良在住。
自由文しあわせ親子を増やす親子関係アドバイザー、認定子育てハッピーアドバイザー。しあわせ親子が増えたら、いじめもなくなるはず!と信じて、見方・聞き方・話し方スキルなどをお伝えしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供288回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2008/08/22 19:28

ノブリの森 さんのブログ記事

  • 親の失敗を、子どもの成長のチャンスに変える会話術②
  • 親の失敗を、子どもの成長のチャンスに変える会話術①の続きです。ポイントの一つ目。「洗濯しそびれた自分が悪い」 という気持ちはめっちゃあるのですが、あえて罪悪感を出さないようにして、コトの重大性を認めます。 つまり、「あえて」 即座には 謝らないようにして、「これは、困った!」のように言うのです。 えっ?と思いますよね(^^;)確かに、親のミスなので、謝りたい気持ちがぐーっと高まるのですが、申し訳 [続きを読む]
  • 親の失敗を、子どもの成長のチャンスに変える会話術①
  • 思春期の子どもさんのママさん、こんな経験、ありませんか? 登校の朝、 「おかーさん、体操服は?」 と言われた。あなたは、洗濯機の中で回っている体操服に気づき、さーっと血の気がひいた……。 「えっ、今日、体育あるの? おかーさん、昨日洗濯しそびれて、今、洗ってるところだわ、洗い替えの分も!」 「いま、洗ってんの!? 体育あるよ、あるから聞いてるんや!」  「ごめん。昨日は朝から仕事で [続きを読む]
  • 「学力がすべてじゃない、人柄も大事」そうだ、そうだー!
  • 「人間は、学力がすべてじゃない、人柄も大事!」なんてことはよく言われます。けど、子どもの成績は、親の気がかりの一つですよねー。わたしも、気にしないでおこうと思っても、なかなかそうはいきませぬ(^^;) だけど最近は、「人柄が大事!」が科学的に実証されつつあるのです\(^o^)/ 「非認知能力」という言葉、聞いたことありますか? IQや、テストで測れるのは、「認知能力」。それ以外の、社会生活を送っ [続きを読む]
  • 親として、こうありたい。今の思い。
  • 親として、わたしはこうありたい。 子どもを変えようとするのではなく、子どもが生まれ持った特徴を尊重する。マイナスに思えそうなことをプラスから見て、プラスの方向にどんどん伸ばしてやる。 ときどき、「もっとこうしたらいいのに」という思いが邪魔をする。そんなときは、自分の視野を広げるチャンス。そう思って、子どもを見ようと思う。 「ノブリの森」 講座・イベント案内 【3人 [続きを読む]
  • 相手の子の親がいるときの、わが子の叱り方
  • 子育てサークルでの講演の後、こんなご相談を受けました。5歳のお兄ちゃんのことなのですが、息子はすぐに手が出てしまうタイプ。お友達を叩いてしまったときは、すぐ息子を怒っていました。でも今日のお話で、まずは、「叩きたくなるほど嫌だったんだね」と気持ちを認めなければ、と思いました。 ただ、相手の子の親がその場にいるときは、どうしたらいいでしょう。相手の親御さんがいると、『何か嫌なことがあって、叩い [続きを読む]
  • 思春期って、親の器を広げる〇〇なんやな〜。
  • タイトルの〇〇に入る言葉、あなたなら何を入れますか?わたしの頭に浮かんだのは、「修行」と、「チャンス」。「修行」は辛くて苦しいイメージがあるな。「チャンス」のほうが明るく希望があるイメージなので、こっちがいいな。 さて。親として、ぐんと成長できるのは、子どもが思春期に入ってからだなぁと最近思います。 小学生くらいまでは、なんだかんだ言っても、子どもを威圧して従わせることは、たいていの場合、 [続きを読む]
  • 親ばか写真【バスケ連写】
  • ひっさびさの公式戦!1試合目は、ミニバス時代いっしょにがんばったMちゃんと対戦。お互い4番で、走りまくりました。今回は2試合とも勝利\(^o^)/2試合の間、ほぼずっと連写しっぱなしで、撮った写真は約900枚。多すぎやろ(^^;) [続きを読む]
  • 掲載してもらえると、やっぱり嬉しい。
  • 昨年秋、市内の 中学校区少年指導協議会 で、「いじめの加害者を作らない子育て」の講演をさせていただきました。 そのときの様子を、協議会の発行紙に掲載してくださいました(^^)HPへのリンクも貼ってくださっています。  この活動を始めたころは、いつか、いつか、学校関係の方々にもお話する機会があればなぁ、と遠い夢のように思っていたのですが、実現してとても嬉しいです。   来年度もできる限り、講演に伺い [続きを読む]
  • スタバじゃなくて、ホテルラウンジでお茶会する理由。
  • 「3人だけの、しあわせ親子になるお茶会」は、奈良・大阪・京都のホテルのロビーラウンジで開催しています。こんなところ。 素敵でしょう?さすが、コーヒー1杯800円とか、します(^^;)でもあえて、こういうところを選んでいます。 なんでかというと、気分がぐっと上がって、ワクワクするから♪ 実はワタシ、ずっと前にね、ビジネスセッションを個別で受けていた時期がありまして、そのときに、一度ホ [続きを読む]
  • 「PTAに送る企画書」をテーマにティータイム♪
  • 昨日は、子育てとは違うテーマでお話する機会をいただきました。あ、講演じゃなくて、ティータイムです(^^) 何の話かと言うと、PTA向けの企画書作りについて。 わたし、市内や近隣の小学校のPTAに、年1回、企画書(提案書)をお送りしているんですね。 「講演会のテーマを探しておられるなら、『自己肯定感を育む子育て』や『いじめの加害者を作らない子育て』はいかがですか?」ってご案内するために。  [続きを読む]
  • お茶会の、参加費のコト。
  • 「森さんのお茶会、とても興味があるのですが、3000円って、子育て中のママにはちょっと高いです。ホテルカフェのドリンクだって800円くらいするでしょ」 ……そんな、正直なご意見をいただきました。 興味を持ってくださって、ありがとうございます(^^)。 子育て中は、何かと子どもにお金がかかりますから、お財布のひもが固くなりますよね。わたしも、そうです。よく考えずに、「高いし、やめとこ」って。 [続きを読む]
  • 中1息子との会話。晩ご飯メニューについて。
  • 5年前の10月、息子が中1のときの、たわいない会話。------------ キッチンで夕飯の支度をしていると息子がやってきました。今晩のメニューは、鶏肉の味噌マヨ炒め。息子はそれを分かっていてこう言いました。 「このごろ、クリームシチューしないんだね」 「何言ってんの、ついこの前やったじゃん」「え? そうだっけ、あぁグラタンの?」「その前にロールキャベツ入りの、やったでしょ」「あーー、そういえば… [続きを読む]
  • 親のこんな言葉は、葬り去りたい。
  • ご飯を作ったり洗濯をしたり、子どもの世話を焼くことは、愛しているからこそできること。 だけど、子どもにとっては、やってもらって当たり前になってしまっていて、親の愛情としては感じていない場合が多いと思います。 親は毎日、子どものためにがんばってイロイロやってるのに、子どもに愛情として届いていない理由は(愛情が届くのを邪魔しているもの)は、子どもを否定する言葉や態度、だと思うのです。 日々 [続きを読む]
  • 愛情は、伝えないと伝わらない、と思うくらいでちょうどいい。
  • 「愛情は、伝えないと伝わらない。親子だから愛情が伝わっていて当然、というのは、親の思い込み」 そう思っておくくらいが、ちょうどいいのではないかな。 「親のあの厳しさは、わたしを愛してくれているからなんだな」なんて子どもが気づくのは、大人になってからですものね。 子どもが子どものうちは、「子どもに分かるように」「子どもが感じられるように」、つまり具体的に目に見えたり聞こえたり体験したりす [続きを読む]
  • ”3人だけの、しあわせ親子になるお茶会” 数日後の様子。
  • 少し前ですが、京都のホテルラウンジで「3人だけの、しあわせ親子になるお茶会」を開催いたしました。 ご参加くださった「ゆっこさん」(5歳の男の子のママ)が、後日談としてすごく嬉しい記事を書いてくださいました(^^) 自己肯定感、傾聴、共感、ありのままを受け入れる等のキーワードは知っていても、取り組めていなかったんですよね。お兄ちゃんの気持ちに寄り添えてなかった お茶会を通して、ストンっと理解 [続きを読む]
  • 「3人だけの、しあわせ親子になるお茶会」思春期編、開催
  • 「3人だけの、しあわせ親子になるお茶会」開催しました。今日は大阪の素敵なホテルカフェで。 ご参加くださったのは思春期の娘さんをお持ちのママさん。今回はマンツーマンとなりました(^^) どの年齢の子どもの子育てにも、ぜったいに必要な「自己肯定感」のお話をじっくりと。お話をしながら、聞きながら、わたしの経験で学んだこともシェアして、今日も濃〜い90分となりました。 このお茶会は、毎月第1火曜に定 [続きを読む]
  • 第39回 One Step Salon 開催
  • 今日は One Step Salon の日。One Step Salon とは、夢や目標の実現のために、今月1か月の行動予定を、みんなに宣言する場です。  「思ってるだけ」ではなかなか進歩しないので、実際に動くために、行動計画を宣言するのです。 このサロンを主宰するきっかけはね……。 わたしは以前、本の翻訳の仕事をしていたんですね。一冊を翻訳するのって、かなり時間がかかるし、中だるみもひどかったんです。 [続きを読む]
  • 思春期だけど、こんな楽しいことが♪
  • 子どもが、親のマネをするのってかわいいし、うれしいですよね。(そんなことまでマネしないでってこともあるけど) それは、子どもが大きくなっても同じ。いや、高校生ともなると、予想外なだけに、うれしさ倍増かも。 こないだ、わたしが用事をすませてリビングでスマホをさわってたときのこと。遅い夕食を終えた息子が、2階へ上がろうとして、わたしに言いました。「 (リビングに一人になると) 寂しくない?」と。 [続きを読む]
  • PTA役員選出、無事に終わりましたでしょうか?
  • 2月の、このブログの検索ワードランキング。なんと上位10位内の4つに、「PTA」の文字が!やっぱりね。 選考の大変な時期でしたものね。まだ決まっていない学校もあるかもしれませんね……。 わたしは娘が年中のときに幼稚園で、そして息子が小5・小6(娘小2・小3)のときには小学校でPTA会長をやりました。 合計3年。3年間、PTA会長って、ある意味すごいよね(^^;)なんで3年もやったのか、その理 [続きを読む]
  • 「思ってるんだけど〜」から、先へ進む方法。
  • 体を動かして体験する、やってみるって、ほんとに大事やなー。 「〜しないとダメなんやけどね〜」「〜しようと思ってるねんけどね〜」 「〜けどね〜」で、止まる。その先は、ない。これだと、今の状態にとどまっていて進歩がない。 もともと腰が重いわたしが行動を起こすときって、ものっすっごい切羽詰まったときや、あまりに進歩がなくて自分に嫌気がさし、その嫌気のどん底まで落ちたとき。 そこまでいくと [続きを読む]
  • ”久しぶりのふたり。”
  • 先週、奈良市の子育てサークル主催の講演会でお話をさせていただきました。演題は「ハッピー親子になろう!」で、自己肯定感をはぐくむ接し方について。(こちらの記事) そしたら、その講演を聞いてくださったママさんが、後日談としてとても素敵な記事を書いていらっしゃいました。 もうすぐ4歳のお兄ちゃんと、予定を変更してまで、ふたりきりの時間を作られたそうです。 うれしくて、リプログします(^^) [続きを読む]
  • ホテルラウンジでお茶会主催、実は……
  • 去年の4月から、ホテルのロビーラウンジで、子育てミニ講座(現「3人だけの、しあわせ親子になるお茶会」)を開催しています。 当日、ラウンジの写真を撮ってはFBやブログにアップしているのですが、それを見た友人が、 「参加者としてホテルに行くのは普通にできるだろうけど、”ホテルのカフェで開催する”というのは、すごいね」 と言ってくれました。 すごいとの言葉にビックリ。でもうれしかったで [続きを読む]
  • おぉ、写真が売れた\(^o^)/
  • 実は写真が趣味です。ど素人ですが。7年前に初めて一眼レフを買ってから、独学でやってます。そしたら久しぶりに、PIXTAで販売していた写真が売れました\(^o^)/1年に1枚売れるかどうか、の程度なのですけどね。たまにこうやって販売通知が来ると嬉しくなります。 走ってるのは、うちの息子。前の子を追い抜く瞬間です♪ [続きを読む]