いじめの加害者を作らない子育て講師・森かほり さん プロフィール

  •  
いじめの加害者を作らない子育て講師・森かほりさん: 完璧ママより、失敗して成長するママがいい!
ハンドル名いじめの加害者を作らない子育て講師・森かほり さん
ブログタイトル完璧ママより、失敗して成長するママがいい!
ブログURLhttp://ameblo.jp/noburinomori/
サイト紹介文子どもの自己肯定感を上げる接し方・下げない接し方を実体験をもとに書いてます。
自由文いじめの加害者を作らない子育て講師。認定子育てハッピーアドバイザー。いじめをする子は自己肯定感が低いと言われています。ならば、自己肯定感を高めればいじめは減るはず! そんな思いから、子どもの人格と気持ちを尊重する言葉のかけ方・接し方について、書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供301回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2008/08/22 19:28

いじめの加害者を作らない子育て講師・森かほり さんのブログ記事

  • 朝ドラ「ひよっこ」の、母が次女に「ごめんね……」のシーン。
  • 朝ドラ「ひよっこ」見てのつぶやき。今朝はこんな風に思ってしまった……。父を探すため東京に行こうとした娘が、結局行けなくて、押し入れで寝ている。その寝顔に、母が申し訳なさそうに「ごめんね……」。もし、面と向かって言うなら、「ごめんね」じゃなくて「ありがとう」にしてほしいな。探しに行こうとしてくれて、ありがとう、って。 ごめんね、と言えば親は罪悪感が和らぐかもしれないけど、子どもにはあまりプラスに [続きを読む]
  • ”自分の気持ちに気付く”がマイブーム。
  • 人を見て、うらやましいねたましいと感じたとき、どうして自分はそう感じるんだろう? 今までにこんな仕事をやった、こんな結果を出した、という実績があるのに、それでも「まだダメだ」と感じるのはどうしてだろう? 人に責められるばかりで、自分の言い分を言えないのはどうしてだろう? 生まれ持ったDNAがそうだから、という根本的な要因はあるだろうけど、環境で形成される部分もとても大きいと言われていま [続きを読む]
  • 子どもの心が折れそうなとき。
  • 口を挟まず、アドバイスもせず、相槌を打ちながら、じっくり、ゆっくりと聞く。子どもの心が折れそうになっているときは、それがいちばんの栄養になる。ときには一緒に泣くのもいい。 夕食後、中3娘の話をじっくりと聴いて、そのパワーを実感中。 「ノブリの森」 講座・イベント案内 ●子育て本で、お手軽に子育て上手になりたい方→ 子育てBOOKオンライン読書会(参加費無料) ●NEW!&n [続きを読む]
  • PTA、無理ない程度でやっていきまする
  • 新しいPTA役員や委員の選出は、そろそろ終わったころでしょうか。 わたしは今年度、娘の中学校で学級委員をやることになりましたー。 息子が公立中だったときは、それはそれは重苦しい雰囲気のなか、挙手が出るまで沈黙〜〜で、ほんとに大変でした。 今回、娘の私立中では、事前に立候補があったり、足りない部門は最初からくじ引きだったりなので、あっさり決まりました。 ほんと、学校によって全然違うな [続きを読む]
  • 子育てに行き詰っている方に。マンツーマンお茶会へのお誘い。
  • 子育てに行き詰っている方に「森かほりとマンツーマンお茶会」(オンラインOK)のお知らせです。お知らせだけの記事ってどうよ、と思うのだけど、最近、マンツーマンのメリットをひしひしと感じているので、やっぱり、その良さを、受講を迷っている方にはちゃんとお伝えしたくて書いています。 「わたしは子育て楽しめてます」とか「もう子育ては終わりました」という方は、ごめんなさい、スルーしてくださいね。 わ [続きを読む]
  • 気持ちを認めるって…… Σ(゚д゚;) ヌオォ!? ③
  • 「気持ちを認めるって…… Σ(゚д゚;) ヌオォ!? ①」「気持ちを認めるって…… Σ(゚д゚;) ヌオォ!? ②」 の続きです。 子どもの気持ちに寄り添ってばかりだと、甘い言葉になるし、子どもは好き放題やるだけでは?……って思いますよね。 幼い子には、ちゃんと、適切なふるまいを教えます、気持ちを認めた後にね。 いったん気持ちを認めてもらえたら、大人の教えに耳を傾けやすくなるでしょうから。 でもある程度大き [続きを読む]
  • 気持ちを認めるって…… Σ(゚д゚;) ヌオォ!? ②
  • 前の記事の続きです。 虐待や暴力などでなくても、「気持ちにフタをさせる言葉、我慢を強いる言葉」、つまりはACにしてしまいそうな言葉って、そこら中にある!って気づいたわたし。 「あなたはお姉ちゃんなんだから」「それくらい自分でやんなさい、ママ忙しいんだから」「あなたが頑張らないでどうするの。みんなに迷惑かかるでしょ」「お前が、男の子だったらなぁ」「あんたが、お父さんの仕事を継いでくれたらいい [続きを読む]
  • 気持ちを認めるって…… Σ(゚д゚;) ヌオォ!? ①
  • わたしは、この本の翻訳者です。 『やさしいママになりたい! ギノット先生の子育て講座』 はじめて原書を読んだときに、「子どもの気持ちを認める」ことが何度も出てきて、なんでわざわざそんなことを?と不思議に思ったものでした。 親に「あなたはこんな気持ちなんだね」と言われなくったって、子どもは分かってるでしょうに、と。 でも、原書をじっくり読んで、翻訳して、自分で実験的に「子どもの気持 [続きを読む]
  • メルマガ登録……エラー出てたなんて Σ(゚д゚lll)ガーン
  • うぎゃぁぁ!メニューバーからのメルマガ登録、エラー出て登録できへんやん! いつからやろう? 最近、登録率が減ったなぁと思ってたけど、肝心の登録ページがおかしかったんか…… 「あれ、登録できへんやん!」って登録をやめた方、どれくらいいてはったんやろう…… せっかく興味を持ってくださった方、ごめんなさい! リンクを貼り直しましたー。 「ノブリの森」 無料メルマガ ブロ [続きを読む]
  • 【森かほりとマンツーマンお茶会(女性限定)】
  • この記事は、森かほりと話してみたい、と思ってくださる方に向けて書いています。 いつもブログに来てくださり、ありがとうございます(^^) 「森かほりとマンツーマンお茶会」のお知らせです。(自分の名前をタイトルに入れるの、実はめっちゃ、ドキドキしております(^^;)) 今までお茶会は「3人だけの、しあわせ親子になるお茶会」として開催していたのですが、 「いっしょに行けるママさんがいません。一人 [続きを読む]
  • スマイルトレーニングの、ビフォーアフター。
  • わたしのプロフ写真を撮ってくださった、笑顔プロフィール写真家の青山智圭子さんが、すてきな記事を書いてくださいました! 撮影直前に、スマイルトレーニングを受けたのですが、そのビフォー・アフターで、我ながら、こんなに違うんだとビックリ(^^;) 子育ての講師という仕事柄、写真やブログの文章は「よそ行き仕様」にしてますが、リアルでしゃべると、うん、たしかに「アフター」の感じですねん! 智圭子さん [続きを読む]
  • ママさんと個別セッション。これぞ!な瞬間は。
  • 昨日は、個別の子育てフォローセッションでした。 全5回の最終回で、受講されていたママさんから、めちゃくちゃ嬉しいご報告が。「自分の変化を感じ、それが子どもにいい具合に影響しているように思います」と。 細かいことは書きませんが、子どもの言葉や行動に対してこんな風に思うようになった、そしたら私(ママ)の行動がこんな風に変わった、そうしたら子どもも……といろいろ聞いていううちに、目が、じわーーん [続きを読む]
  • 子育て本のオンライン読書会、やります。
  • 明日(4/12)の午前10〜11時、子育てBOOKオンライン読書会をやりまーす。この本↓ をお持ちの方のご参加、お待ちしています(^^) 「やさしいママになりたい!ギノット先生の子育て講座」  アメリカのロングセラーの翻訳書です!(わたしがこの原書にほれ込み、筑摩書房さんに企画書を出し、翻訳させていただきました)。 この本を読みながら、言葉のかけ方やママの気持ちの持ち方について、ちょっと考え [続きを読む]
  • ストレスを感じるとき、どう発散?
  • 人間関係でつまづいたとき、仕事や作業が思うように進まないときってモヤモヤ、イライラしますよね。 それ、あなたはどう発散しますか? わたしはね、書いて吐き出します。 一回でスッキリすることもあれば、何回も書くときもあります。 客観的に、事実だけを書けるときもあれば、感情的に、ぐわーって書きなぐることも。 あ、紙ではなく、パソコンにね。 入力する端から、(当たり前だけど)画面に [続きを読む]
  • 子どもが泣くのが嫌でたまらない、というママ・パパへ
  • 前の記事『「泣くな」と子どもに言ってるママ・パパへ』の続きです。 子どもが泣いたら、受け止めてやればいい、というのは、頭では分かっている。でも、自分にはできない。 子どもの泣き声を聞くだけで、もうイライラして、受け止めなければと思うとよけいにイライラして叫びたくなる…… そんなママさんに向けて、この記事を書いています。 お辛いですね……あの、あなたは、泣くことについて、どんな [続きを読む]
  • 「こうしなくちゃ!」は、しんどい(^^;)
  • 子育てって、「子どもを育てる」ことなんだけど、突き詰めると、「子どもを育てる」ために「自分が変わること」なんやなぁと思います。 そりゃ、目の前の子どもが、全然言うことをきいてくれなかったり、「はぁ?」って、耳を疑うようなことを言ったりすると、 ちゃんと正しいことを教えて、分からせなくちゃ!と思うでしょう。 でもね、最近こんなふうに思うんです。 結局、「子ども」じゃなくて、「子どもの [続きを読む]
  • 「泣くな」と子どもに言ってるママ・パパへ
  • 大人は、子どもに「そんなことくらいで泣くな」とよく言います。 子どもの言い分としては「勝手に涙が出てくるんだから仕方ないやん!」じゃないでしょうか。(実際、泣き虫ちゃんの中3娘は、そう言ってました(^^;)) 泣きたいときに泣けることは、心の安定につながります。 涙が出るのは、 悲しいから、寂しいから、悔しいから、腹が立つから、不安だから、恥ずかしいから、怖いから、その他、涙が出るよう [続きを読む]
  • 夜桜を、スマホと一眼レフで撮り比べ。
  • 近所のフードコートで家族で外食した帰り道、公園の桜が満開になってたので夜桜をパチリ。 スマホで。 スマホだと、やっぱりピンぼけする。一眼レフで撮りたい!と思い、いったん帰宅して、今度は一眼レフもって、チャリで公園へ。30分くらい、夜桜を堪能しました♪ 「ノブリの森」 講座・イベント案内 【子育てBOOKオンライン読書会】無料で子育て本をネタ [続きを読む]
  • 子育て本に関心がある人、要チェック!
  • 毎週水曜日の午前中は、「子育てBOOKオンライン読書会」! と言っても、実は参加者が少なくて(いなくて)、実際に開催できたのは数えるほど。 やり始めたころは「参加者ゼロでも続けていくうちに……」と張り切っていたのですが、さすがに4回もゼロ続きだとモチベーション下がる…… もうやめようかなぁ……と思ってたら。 数日前に「次はいつですか?」とのお問合せをいただきました。しかも2件 [続きを読む]
  • ブラックな自分を出せる場
  • 子育て講座の講師やってますが、もっと理解を深めたくて、マンツーマンで心理学を学んでいます。 教えていただきながら、自分の経験をお話することがあります。 心の奥にいるブラックな自分を、ここでは出してもいい、という安心感あって、学びの場なのですけど、これが、とても心地よくて。 ふだんは講座をする側ですが、受ける側になると、「ブラックな気持ちさえも出してOK」という空間のありがたみが、心に染 [続きを読む]
  • キレイに撮れたよ、独学7年目の一眼レフ。
  • 昨日、大阪城公園にて。満開ではないけれど、場所によっては見ごろを迎えているところがありました。事前に、夫がLINEで場所を教えてくれていたので、そこを目指して。(こういう何気ないコミュニケーションに、最近幸せを感じます。特に深い意味はないですが……トシかねぇ) 花見(宴会)は好きじゃないけど、文字通り、花を見るのは好き??独り気ままに、うららかな散歩時間となりました(^^) ここに来たの [続きを読む]
  • 新小6娘。友達ができません。
  • 高学年ママさんのお悩みに、勝手にお答えしまーす。 ------------- 新小6の娘がいます。幼稚園のころは活発で、男の子とばかり、外で遊びまわる子でした。それが今は、友だちづくりが苦手で一人になっているようで、不憫でたまりません。 (うちの学校は各学年1クラスなので、あたらしいメンバーで、ということも期待できません) 娘は、「何か話さなくちゃと思うのだけど、頭が真っ白になって何も話せなくな [続きを読む]
  • ブログを進化させたい人に、ぜひ。
  • ちょっと恥ずかしいので公表していなかったのですが、実はわたし、秋から冬にかけて3か月間、このブログのコンサルティングを受けました。 森かほりのブログ、なんか、良くなった?と思われた方、きっといらっしゃるはず! (*^▽^*) その先生である戸田美紀さん(Excelwriting代表 / ミラクルマインド出版日本支社代表 )と、月野るなさん(Luna Liberty代表)が、共著で、ブログの本を出されます\(^o^)/&n [続きを読む]