いじめの加害者を作らない子育て講師・森かほり さん プロフィール

  •  
いじめの加害者を作らない子育て講師・森かほりさん: いじめの加害者を作らない子育て「ノブリの森」
ハンドル名いじめの加害者を作らない子育て講師・森かほり さん
ブログタイトルいじめの加害者を作らない子育て「ノブリの森」
ブログURLhttp://ameblo.jp/noburinomori/
サイト紹介文子どもの自己肯定感を上げる接し方・下げない接し方を実体験をもとに書いてます。
自由文いじめの加害者を作らない子育て講師。認定子育てハッピーアドバイザー。いじめをする子は自己肯定感が低いと言われています。ならば、自己肯定感を高めればいじめは減るはず! そんな思いから、子どもの人格と気持ちを尊重する言葉のかけ方・接し方について、書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供308回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2008/08/22 19:28

いじめの加害者を作らない子育て講師・森かほり さんのブログ記事

  • 「子どものため」vs「子どもにそうさせたい」
  • 「子どものため」と言ってるのは、本当は「自分が子どもにそうさせたい」じゃないか? そこの区別をしっかりしないとね。 「子どものために言っている、やっている」というのは、子どもが嫌がっていることについて言うことが多いよね。 子どもが喜んでやっていることについては、「子どものために」ってあまり思わないです。 ということは、子どもが嫌がっていることをやらせるために「あなたのため」と [続きを読む]
  • 今朝のあさイチ「励まし上手でハッピーに」を見て……。
  • 今朝のNHKあさイチのテーマは「励まし上手でハッピーに」でした。わたしは「励まさない」を目標にしているので、興味津々。 冒頭で、「励まし上手」になるための最初のポイントとして、「聞き役に徹する」って言ってました。 やっぱりー! わたしが日々意識しているのは 励まさない↓励ましの言葉やアドバイスを与えない↓聞き役に徹する です。 相手の「わかる、わかる」という(共感のふりした)言葉は、 [続きを読む]
  • 言った言葉は自分に返ってくる
  • 槇原敬之さんの「信じようが信じまいが」を聴いていて、思ったことです。 言葉は人を傷つけるし、言った言葉は自分に返ってくるという内容が、親子の会話にもあてはまるなあ……と。 親子だからこそ遠慮なく、いろんな言葉を言い合います。幸せを生む言葉だけでなく、自信を奪う言葉も。 「そんなこともできないの?」「いつになったら〜できるの」「期待してたのに」 こんなこと言われたら、子どもは自信、な [続きを読む]
  • 自分が言った言葉は、自分に返ってくる…
  • 夫が槇原敬之さんのCD「Believer」を買ってきました。その中にある「信じようが信じまいが」は、はじめて車の中で聞いて、歌詞が頭に刺さって、今も離れません。 SNSなどで、人を傷つけた言葉は自分に返ってくるよ、という内容。 日ごろ子どもへの言葉かけにアンテナをはっている私としては、親が子どもに言う言葉にも、あてはまりそうな気がします……。 親子だからこそ、遠慮なく、出てしまう言葉。 [続きを読む]
  • 中3娘から母の日にコレ。
  • 昨日の夕方、娘は、急に友達に頼まれて買い物に付き合ってくると言って出かけました。本当はこれだったんですね。ふだん週末も部活で本当に暇がないのを知っているので、娘の気持ちがすごく嬉しかったですo(^o^)o 「ノブリの森」講演・講座案内 ①保護者向け講演会(全国出張) 子育て講演会の講師を探している!という方に②ママが元気になれるお茶会 ママ友には話しにくい、でもカウ [続きを読む]
  • 高3息子から母の日にコレ。
  • 「ノブリの森」講演・講座案内 ①保護者向け講演会(全国出張) 子育て講演会の講師を探している!という方に②ママが元気になれるお茶会 ママ友には話しにくい、でもカウンセリングに行くほどでもないという方に③親子の自己肯定感UP講座(マンツーマン) 本気で子育てを学びたい方、自分を変えたい方に [続きを読む]
  • 中3娘のバスケ公式戦。観戦するのも撮影するのも楽しくて。
  • 今のチームになって、少しずつ力がついてきました。1試合目は2点差で勝利\(^o^)/2試合目は大差で負けたけど、中盤は2点差まで追い詰めました。 小学校のミニバス時代から、わたしはルールとかほとんど知らないままきたけれど、子どもががんばる姿ってのは、心が熱くなれる♪ 娘のシュート!小柄ながら、走りまくってます。 「ノブリの森」講演・講座案内 ①保護者向け講演会(全国 [続きを読む]
  • やるべきことをやらせようと頑張ってるママさんへ③
  • やるべきことをやらせようと頑張ってるママさんへ①やるべきことをやらせようと頑張ってるママさんへ②の続きです。息子が直接・間接的に反抗し続けてくれて、よかったと思います。反抗できるということは、「勉強いやだ! 今は〜がしたい!」という自分の気持ちを出せるということですからね。 気持ちが出せる、というのは、そういう気持ちになる自分にOKを出せる、ということです。自己肯定感を作る経験です。 そ [続きを読む]
  • やるべきことをやらせようと頑張ってるママさんへ②
  • やるべきことをやらせようと頑張ってるママさんへ①の続きです。 当時は気づいていなかったけれど、勉強させようとしていたのは「息子のため」より「自分の不安を消すため」だったんですね。ちゃんと勉強させないと成績が低迷する→受験やばい→就職やばい→人生大変……という不安が私にあって、それを払しょくするために、子どもに、目の前で勉強してほしかった。勉強している姿を見て、安心したかったんですね。本当に考え [続きを読む]
  • やるべきことをやらせようと頑張ってるママさんへ①
  • 宿題や家庭学習、おけいこごと……子どものやるべきことってたくさんありますね。小さいうちからの習慣が大事だからと、あの手この手で、子どもにやらせようとしてるママさん、お気持ち、ものすごいよくわかります。わたしもそう思って、息子が小学校低学年のころから、一日にやる勉強量を決めて、やらせようと奮闘していました。 学校の宿題、チャレンジ○年生4ページ、英語教材2ページ、とかね。そのうちスイミングにも行 [続きを読む]
  • 子どもの怒りが強すぎて、聞く耳もたない(低学年)
  • 小学校低学年のママさんから、こんなお悩みをいただきました。 子どもが怒ると、言葉が荒くなったリ、たたいたりしてしまいます。わたしはわりと冷静に、そんな言葉はダメだよ、と言ったりできるのですが、本人の怒りが激しくて、なかなか聞いてくれません。 ママさんがわりと冷静でいられる、というのがすごい!  子どもさんの感情が強いときは、まずは落ち着くまで待ってあげたらいいですね。 気持ち [続きを読む]
  • PTAの手紙作成、けっこう手間がかかりませんか?
  • 今年度PTA役員・委員になった方に向けて書いてます。お役目お疲れ様です!わたしも、PTA経験者です。(幼小で会長3年、学級委員2年、今年も当たって中学で学級委員(^_^;)) 委員や役職によっては、「お手紙」を書かなければいけませんよね。 毎年恒例の行事だと、過去のお手紙に少し手を加える程度でいいですが、突発的なお手紙だと、書く作業に、時間も労力もかなり費やしてしまいます。 (わたし、ビジネ [続きを読む]
  • 「子どもを、親の理想に当てはめない」を実践したら?
  • 「親の理想に、子どもを当てはめてはいけません。ありのまま、すべてを受け入れましょう」のような子育ての助言、よく聞きますよね。 分かってるよ、そんなこと。子どもは親の所有物じゃないんだからね。……と、頭では思っていても! なんとたやすく、そういう方向(理想にはめようとする方向)に行きやすいことか! 「親の理想にあてはめない」 を実際の生活に落とし込むとどうなるでしょう。 宿題をせずに [続きを読む]
  • PTA講演会の講師をお探しの方へ
  • PTAのお役目、お疲れ様です!わたしも、PTA経験者です。(幼小で会長3年、学級委員2年、今年も当たって中学で学級委員(^_^;)) PTAの講演会や講習会を担当される方は、もしかしたらGW中から、ちらほら講師探しを始めていらっしゃるかな? 会費を使っての開催ですから、できるだけ多くの方に還元できる内容がいいですよね。 子育ては、今も昔も変わらず多くのママが関心を寄せるテーマです。 低学年 [続きを読む]
  • 雨の日の藤棚
  • 春日大社の萬葉植物園に行ってきました! 奈良で予定があって、その帰りに。一人でわざわざ、足をのばすなんて、私には珍しことです。 雨降りそうだし、駐車料金も思ってたより高くついたし、いつもなら「やっぱ帰ろ」となるところですが、今日はちょっと意地になって(笑)、行きました。 いつもと違うことを、多少面倒くさくてもやれた後って、なんか気持ちいいですね(^^)。 &nbs [続きを読む]
  • GW、正直ヒマなんで、これにチャレンジしてみた。
  • GW、夫も子どもたちもそれぞれの予定で、わたしはけっこう暇ーー! そうや、メルマガ書こう♪とログインしようとしたら、できない。はぁ?と思ったら、なんてことだ!!  年間利用の更新を忘れてて、ログインできなくなってたーーΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン   更新お知らせのメールに気づいてなかった……すぐに振り込んだけど、連休中だから、まだログインできひん……うぅぅ。  しかし。これを機に、いったん挫折したline@に再 [続きを読む]
  • 気持ちを認めるだけじゃ、問題は解決しないでしょ?
  • ブログで何度も「子どもの気持ちをみとめよう」と言い続けてるわたし。 「気持ちを認めても、問題が改善されなければ意味ないでしょ?」とのご意見をいただきました。 ごもっともなご意見です! これは経験則なのですが、気持ちにしっかりと寄り添って、認めてやれば、あとは自然になんとかなるんです。 ……すみません、こんなゆるっとした説明で。 でも我が家ではほんとに、「心をこめて聞いて、受け止 [続きを読む]
  • あうぇr
  • Aをやらせたいときに、Aをやりなさい!といえば、子どもは全力投球でいやだ!という。 親は忙しいからできるだけ早くそれをさせたいから、子どもの気持ちを認めたり、選択肢を考えて与えたりするのは、面倒だし時間がかかると思うだろう。 でも実は、そのほうが、早いんだよね。だって子どもが、反抗じゃなくて協力してくれるから。https://www.youtube.com/watch?v=Rv0k1U1NfCA [続きを読む]
  • 4月の人気記事1位はコレ。そういう時期だものね。
  • 4月の人気記事はこちら! 第1位 新小6娘。友達ができません。勝手にお悩み相談の記事です。新しい学校生活で親も何かと心配ですものね 第2位 気持ちを認めるって…… Σ(゚д゚;) ヌオォ!? ②3回のシリーズ記事の2つ目。「気持ちを認める」ステップを入れる・入れないで、セリフがこんなに違う!っていう内容。自分でも、書いてて衝撃でした。 第3位 ブラックな自分を出せる場短い記事だったのだけど、タイトル [続きを読む]
  • 子育て講演会の企画書(2017年度版)、お届けします。
  • PTA、教育・子育て支援団体さま向けの、子育て講演会の企画書2017年度版 ができました! 「いじめの加害者を作らない子育て」「自己肯定感を育む子育て」などのテーマでお話させていただきます。 今年度の講演会の講師をお探しでしたら、ぜひご覧くださいませ。(概要はこちらでご覧いただけます)企画書は、データまたは郵送でお届けいたします。ご請求はこちらからどうぞ。 「ノブリの [続きを読む]
  • 涙の数だけ、強くなってるよ(中3娘)。
  • 中3娘と夕食中、なつかしいこの曲がラジオで流れてきた。「なみだの かずだーけ つよくなれーるよ……」曲のあと、「涙の数だけ強くなれるって、ほんまやなぁ」としみじみと言う娘。えぇ、そんな哲学的なことを!とびっくりしたら、「だって私、めっちゃ、たくさん泣いたもん」って。そうやなあ。今もときどき、悩んでは泣いてるもんなあ。がんばってるもんなあ。そうだ、泣いたら強くなれる!おかーさんも、いっしょに泣いたる [続きを読む]