近江原人+ さん プロフィール

  •  
近江原人+さん: 滋賀理科大学
ハンドル名近江原人+ さん
ブログタイトル滋賀理科大学
ブログURLhttp://yakitaco.shiga-saku.net/
サイト紹介文滋賀の片隅で世界に誇れるバラを作出できるように研究に励んでいます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2008/08/24 23:30

近江原人+ さんのブログ記事

  • 原種系のクリスマスローズが開花
  • 交配した花に続いて、ニゲル以外の原種系のクリスマスローズも開花しています。特にリヴィダスは大好きな花です。あずき色のような独特な色合いに丸い花弁がとても気に入っています。昨年はあまり咲かなかったので、今年は出来る限り交配に利用したいと思っています。昨年調子が悪かったアーグチフォリウスも今年は元気に咲いてくれました。こちらも花はグリーンですが、有茎種だけあって、背が伸びた姿は他のクリスマスローズと違 [続きを読む]
  • 私が交配したクリスマスローズが開花 その2
  • このピンクのダブルは私が今まで作出した中でも一番の出来栄えと思っています。花弁数が多いわりにこれだけ整って開いてくれると嬉しいです。こちらは花弁にグリーンが入るタイプです。前回紹介した同じタイプの花よりもグリーンが濃く、花弁のピンクがとても薄いので、グリーンの部分がより強調されています。今年発芽したクリスマスローズも数が増えてきました。順調に育っています。↑ お願いします [続きを読む]
  • 私が交配したクリスマスローズが開花
  • このところ気温も上がってきて、それに伴ってクリスマスローズの開花も進んできました。私が作出した花も徐々に開花していますが、昨年の夏の暑さ対策が不十分だった事もあって、まだまだ開花にほど遠いものもあります。枯れていないだけでも良かったと思いましょう。私が交配した中でも、このピンクのダブルは花弁がウェーブ気味になっていてお気に入りの1株です。色合いも上品なピンクで、ここまでピンク色をいい感じに出せたの [続きを読む]
  • 雲南桜草復活
  • 昨年ジャクリーヌ・デュ・プレの鉢に一緒に植えた雲南桜草。この花は高温多湿に弱いイメージがあるので、昨年の猛暑で成仏してしまったものとばかり思っていたら、何と見事に復活しました。改めて植物の生命力の強さを感じたと同時に、案外自然に放任しておいても、ちゃんと育ったりするんだなぁと思いました。今まで雲南桜草を何回か育てて、夏になると暑さ対策で日陰気味の所に移動させたりしていましたが、いつも枯らせてしまっ [続きを読む]
  • 種蒔きしたバラが発芽しました!!!
  • 昨年の暮れに蒔いた交配したバラの種が発芽しました。!!!写真はスイート・チャリオット×ルイ14世です。出来るだけ寒さに当てて発芽率を高めようという考えで早めに蒔いたのが良かったのかな。でも、結果は最後まで発芽の状況を見てみないとダメです。このまま順調に発芽が進んでくれると嬉しいのですが、果たしてどうかな?↑ お願いします [続きを読む]
  • フェチダス交配が面白い
  • クリスマスローズの開花も順調に進んでいます。特に面白いのはこのフェチダス×パープル・シングルです。花弁が内側に反って星のような感じの花になっています。色合いがどんよりしているのがちょっと残念ですが、うまく交配に使ってみようと思います。こちらは私が交配したピンクのダブルです。ちょっとくすんだ感じの色合いと花弁の重なり具合がとても気に入っています。今の自分の中では上出来の部類に入るかな。昨年開花してい [続きを読む]
  • 春の息吹きを感じる その2
  • ボケの花芽も大きく膨らんできました。もうかれこれ10年ほど盆栽で育てていますが、うまい具合に大きくなり過ぎずにちょうどいい大きさで毎年咲いてくれます。冬にカイガラムシに襲われましたが、すぐに対処したので被害はほとんど無く、今は綺麗になっています。コデマリも緑が増えてきました。今シーズンは思い切ってバッサリと短く剪定したので、花は少ないかもしれませんが、姿がバランス良くなりました。思えばこのコデマリも [続きを読む]
  • 全バラの種蒔き終了
  • いよいよ残る種蒔きはモッコウバラ交配のみになりました。3月に入り、気温も上がってきたので、早く作業をしないといけないと気持ちは少し焦っています。画像は保存している時のローズヒップの様子です。昨春は気合いを入れて交配をしたので、結構な数のローズヒップが収穫できました。そして、種を蒔き終わった時の様子です。200穴のセルトレーが2枚で、合計400粒の種を蒔きました。この中から「これだっ!」と叫びたくなる [続きを読む]
  • 滋賀理科大学研究農場へ
  • 滋賀県某所、田舎の片隅に滋賀理科大学研究農場があります。モッコウバラを使った交配株も数が増えて込み合うと狭い研究所では十分に力を出せないと思うので、研究農場の方へ移すことにしました。交配の組み合わせによっては、大きくならないかもしれませんが、モッコウバラが親なので、きっと大きくなるという前提で考えた方がいいと思います。早く花が見たい気持ちはありますが、ここはじっくりと見ていきましょう。↑ お [続きを読む]
  • 春の息吹きを感じる
  • 3月に入って、今までやっていなかった落葉集めをしました。昨年12月に散ったモミジの葉が積もったままの状態で放任していました。そろそろ気温が高くなって、落葉の間に潜んでいる害虫や悪い菌がが動き出すので、その前に処分するのが理想です。2時間ほど落葉と格闘して、綺麗な地面になると、クロッカスが地上に顔を出しているのを発見しました。落葉の間で気が付かなかったですが、季節は確実に前に進んでいるのですね。花かんざ [続きを読む]
  • アンドレ、アンドレェェェェェッ!
  • アンドレ・グランディエを見ていると、木くずのようなものが見えたので、「これは、もしや!」と思って枝を切ってみると、やっぱりカミキリムシにやられていました。陰になっている所はやられやすいと聞いていたので、日当たりの良い所に鉢を置いていたのですが…。よりによって研究所で一番高価なバラを狙うなんて、踏んだり蹴ったりです。ここは何とか残った枝に頑張ってもらうしかありません。頼むから復活してくれ。↑ [続きを読む]
  • クリスマスローズの開花が進む
  • 日曜日〜火曜日と天気が良かったので、クリスマスローズの開花が一気に進みました。太陽の光を浴びて、気持ち良さそうにしているような感じが伝わってきます。心、ワクワクですね。昨年あまり咲かなかったイエローのダブルも今年は花も大きく、いい感じで咲いています。イエローと言っても、よく見ると薄いグリーンのように見えます。純粋なイエローにはちょっと遠いようですが、十分満足出来る色合いです。こちらは私が交配したピ [続きを読む]
  • 雪割草、ヒュウガオウレン開花
  • クリスマスローズに続いて、山野草も開花が始まりました。まずは雪割草です。ほとんど放任状態で育てていますが、毎年きっちりと咲いてくれます。その名前の如く、この前降った雪を割って花が咲いてくれました。ヒュウガオウレンも同時に開花しました。雪割草よりも更に小さな花なので、気付くのが遅れて、実はもっと早く開花していたかもしれません。この花も強健で育てやすいので、山野草の中でもとてもお勧めですよ。↑ [続きを読む]
  • ピンクピコティが開花
  • 原種以外のクリスマスローズがようやく開花しました。ピンクピコティです。このクリスマスローズは研究所では一番の古株で、株分けで生き延びています。一年ぶりに見る鮮やかなピンク色にしばし時間を忘れて見入っていました。ここから怒涛の開花ラッシュが始まりそうです。ワクワクします。↑ お願いします [続きを読む]
  • 今シーズン初のクリスマスローズの交配 
  • 今シーズン初めてとなるクリスマスローズの交配をしました。リグリクス×ニゲルです。他のクリスマスローズがまだ開花していないので、結局はこの組み合わせになってしまいますが、面白そうな組み合わせなので、花が咲いた時を想像すると楽しみが込み上げてきます。他のクリスマスローズも今週中には開花しそうなので、ニゲルを使った交配が何とかギリギリ出来そうです。忙しくなりそう。↑ お願いします [続きを読む]
  • クリスマスローズ リグリクスが開花
  • ニゲルに続いてリグリクスが開花しました。地味なライトグリーンの花ですが、ほんのりと香りがあります。何とかこの香りを生かした品種を作りたいと思って毎年交配をしていますが、まだ開花するほど大きくなっていません。素晴らしい香りのする品種を思い描きながら、今年も交配を頑張ります。他のガーデンハイブリッド種もいよいよ開花しそうです。今週は楽しみです。↑ お願いします [続きを読む]
  • 全粒100
  • 暖かくなったと思ったら、また雨で肌寒くなりました。体調管理をしっかりとしないといけないのに、風邪を引いてしまいました。(;一_一)……ですが、今日はパン工房まひろさんの販売日なので、久しぶりに行ってきました。おいしそうなパンが色々ありましたが、今回は滋賀県産の全粒粉を使った全粒100パンにロックオンです。手に取った瞬間のずっしりとした感じが期待を膨らませてくれます。5mm程に切って、軽く焼いて食べて [続きを読む]
  • クリスマスローズの開花が待ちきれない
  • まだまだ寒い日が多いせいもあってか、クリスマスローズの開花ものんびりとしています。花弁もはっきりしてきて、いよいよと思っていても、そこからが長いです。今のところ、一番期待が出来るのが、このフェチダス×ガーデンハイブリッド(パープル・シングル)です。フェチダスの血を受け継いでいるかのように小さな花のようです。ひょっとしたら、このまま筒状の花になって、これ以上開かないのだろうかと思ったりもしています。 [続きを読む]
  • モッコウバラ以外の種蒔き終了
  • 以前から少しづつ続けてきたバラの種蒔きもモッコウバラを残して終了しました。種を寒さに当てないといけないので、今シーズンは早くから作業をしていたのですが、結局忙しさもあって今になってしまいました。きっと今が一番寒いと思うので、ギリギリセーフかなぁと個人的には思っています。うまく発芽率が上がってくれるといいのですが…。後はモッコウバラを使った交配の種を蒔くのみです。モッコウバラの発芽は秋になるので、種 [続きを読む]
  • ニゲルが開花
  • 寒い日が続いていますが、ニゲルがようやく開花しました。1年ぶりに見る純白の花はやっぱり心を惹かれますね。かれこれ10年近く育てていますが、毎年こうやって花を咲かせてくれるのは本当に嬉しいです。ただ、ニゲルはこの株以外にストックが無いので、そろそろ種を蒔いて新しい株を作った方がいいかな〜と思っています。後は、交配をさせたいので、他のクリスマスローズが開花してくれるのを待つのみです。間に合ってくれるとい [続きを読む]
  • クリスマスローズ間もなく開花
  • ニゲル以外のクリスマスローズも開花に向けていよいよ本格的に動き出してきました。1月後半は寒くて、雪が多かったので、とても花っていう感じではありませんでしたが、それでもこうやって蕾が少し見えてくると春を感じられます。今後は気温が上がりそうなので、開花も進んでいくかな?…ただ、週末の寒波がちょっと心配だなぁ。↑ お願いします [続きを読む]
  • 秋に発芽したモッコウバラの交配種
  • 昨秋に発芽したモッコウバラを使った交配種(画像はモッコウバラ(白・八重)×ラブリーモア)はここまで大きくなりました。気温が低いので、伸びは緩やかですが、確実に育っています。昨年は保温のためにケースに入れていましたが、今年は戸外で冬を越させています。多少寒さに当てて鍛えてあげた方が良い気がするのです。もう少し大きくなれば鉢に移し替えようと思っています。それまで寒さに耐えて頑張ってほしいです。↑クリッ [続きを読む]
  • クリスマスローズ、開花へ
  • ニゲル以外のクリスマスローズも開花に向けていよいよ本格的に動き出してきました。1月後半は寒くて、雪が多かったので、とても花っていう感じではありませんでしたが、それでもこうやって蕾が少し見えてくると春を感じられます。今後は気温が上がりそうなので、開花も進んでいくかな?↑ お願いします [続きを読む]
  • ニゲル間もなく開花
  • いよいよニゲルの蕾が上がってきました。今年も蕾の数はたくさんあるので、例年並みに楽しむ事が出来そうです。(^^)/このニゲルを使った交配をしたいところですが、今のところ他のクリスマスローズと開花が合いそうにありません。せめてニゲルの花粉だけでもギリギリで採取出来ればと思っていますが、さぁ如何に…。↑ お願いします [続きを読む]