kenbo さん プロフィール

  •  
kenboさん: ハイエンド自作スピーカー.
ハンドル名kenbo さん
ブログタイトルハイエンド自作スピーカー.
ブログURLhttp://kenbe.blog68.fc2.com/
サイト紹介文三島市周辺のオーディオ愛好家の集うブログです。
自由文スピーカーの箱を日曜大工で作っています。
直径8cm足らずの小型スピーカーでサブウーハー並みの重低音を出すのが楽しみです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供195回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2008/08/26 21:14

kenbo さんのブログ記事

  • 市販ダクトの長さ調整と補強
  • 市販ダクトは見た目は綺麗ですが、長さ、サイズがベストフォーカスが出来ないものが多い状況です。写真のダクトは、 JantzenAudio P100-197取付寸法………H:φ138.5mm(Mini),φ139.1mm(Max)ダクト内径大……Z:φ100mm内径小…………Y:φ90.69?全長……………X:197mm(ダクト部)材料……………ポリスチレン重量……………126g形状は、φ90.69?からφ100mmに広がり、最終はショートホーン化のテーパー状の形状をしています。ダ [続きを読む]
  • 2017年度石田家 家族で乾杯
  • 毎年恒例になっている家族でのプチ旅行。毎回同じの西伊豆の雲見温泉のいなばや旅館さんでお世話になりました。子供たちから、少し早い誕生日のお祝いと結婚30年を兼ねてケーキでお祝いをされました。いつもながらの豪華な海の幸網元ならでは新鮮な魚介類の味は格別です。今朝まで、海に居たイセエビが夕方の食膳に並んでいます。美味しくないはずはありませんね。今回は、3人の子供たちとのスケジュールが一致して、家族全員の [続きを読む]
  • 4月29日は、集まれ塩ビ管さんのオフ会【新横浜】です。
  • 今月の29日は、昭和天皇の誕生日でもあり僕の誕生日でもあります。そんなことはどうでも良くて、集まれ塩ビ管【関東】さん主催のオフ会を新横浜で開催されます。昨年は、何を出そうかと迷っている内に枠が無くなり、FE108solの視聴とのことで、特別に枠を頂いた次第でした。今回は、事前にたてちゅうさんに連絡を入れていたので枠は確保できていました。ユニットと箱の選定は済んでいたのですが、音が気に入らくなり急遽、 [続きを読む]
  • FE88sol専用箱のサイズ
  • 口径の小さなユニットは、どうしても箱サイズが大きくなりがちです。低音の量感やローエンドを伸ばすためには仕方がないことだと考えられますが、その辺を改善して比較的小さな箱で量感が出ないかと思い始めています。この考えは、石田式BHBSに繋がる初期の考えに戻っています。この条件に、必須なのはユニットの性能といっても、バスレフ向きの高性能なユニットが必要になります。なぜ、高性能か?低域の制動力が必要で、無理 [続きを読む]
  • FE88solの攻略完了
  • 本日は代休で、工作三昧でした。気になっていた15cmの箱の研磨、塗装は完了していますので、塗料が乾くのを待つだけです。FE88solは、103solの箱でおとの確認をしていますが、素性の確認程度で本来の実力を発揮していない。そこで、一から作ることにしました。このサイズの箱の経験が一番ありますので、素性が分った時点で、箱の攻略は済んだも同然です。それに、性能の良いユニットは失敗は少なく、多少の誤差もす [続きを読む]
  • FE88solの第一印象?
  • 初めて聴いた第一印象は、FEにしては大人しい、これは誉め言葉になります。箱は、10cm用で決して良い条件ではないですが、ドライブ能力は特記するに値する。10cmに負けていない量感、質です。中高域は、このサイズは得意のなので、特に書く必要もないと思います。専用の箱を作ったら、103に勝つかもしれませんね。何れにしても、料理が楽しみになりました。☆先程アップした録音が下手過ぎて、参考になりません。(大 [続きを読む]
  • Pluvia11 vs FE103sol vs FE88sol
  • FE88solが手元に届いたので、早速!試聴することにしましたが、肝心の箱がありません。一番近い箱が、FE103solの石田式BHBSの箱になります。そこで、その箱にFE88solを取り付けて試聴をすることにしました。せっかくなので、FE103solとの音の違いの確認のために、Q3で録音をして聴き比べる。ついでに、Pluvia11も参戦していただいて、Pluvia11 vs FE103sol vs FE88solの対決です。(笑)楽 [続きを読む]
  • FOSTEX FE88-Sol 限定生産ユニット 悩ましい箱のサイズ
  • 気が乗ると行動が速いのが取り柄ですが、箱のサイズで迷いが出ています。50Hzから上のジャズ系に向く低域の量感重視か?それとも、ワイドレンジでバランス重視か?低音は、容積が大きければより多くの空気を動かすことが出来るので、口径以上の能力を出すことが容易です。大型ウーファーなら箱が大きくても致し方ないと諦めもつきますが、小さなユニットに大きな箱は不経済です。最初から、ウーファーを使った方が箱は小さく済 [続きを読む]
  • 15cmの次は85mm?
  • MarkAudioのPluvia Elevenの箱のめどが付き、あとは工作時間の確保となりました。こうなってしまうと、楽しみが他に求めたくなります。(汗)今回は、 FOSTEXさんの FE88-Sol 限定生産ユニットに、興味が全くないと言うと嘘になりますが、Pluvia Elevenとの格闘でそんな余裕が無かったと言うのが本音でした。5月の連休の暇つぶしに料理しようかと画策中です。音は、聴かなくても傾向は分かりますが、低域の再生能力が気になる。E [続きを読む]
  • 雨天のBBQを中止して室内で・・・・・
  • 先週の土曜日は恒例のBBQ大会でしたが、生憎の雨で屋外で出来ずに室内で、ホットプレートでのBBQでした。A5の肉なので、本来は屋外で炭火を使用して食べたかった。きっと!メンバーの中に強烈な雨女?いたようで、前回の某所への1泊2日の旅行も雨だった。いつもは、飲むだけ飲んでこの家に泊まるのですが、流石に臭くて泊まれない。近くの某ホテルにて宿泊、温泉は地域ナンバー1の良質な温泉で、温まるし肌はすべすべに [続きを読む]
  • 4月も公私ともに多忙・・・工作の時間が欲しい
  • 4月に入っても仕事の出張は続いています。2日は、池袋2往復【徹音さん宅の訪問】出張中8日9日は、BBQで1泊旅行出張中15日16日会社の行事出席代休が取れれば工作が進む?22日23日は、雲見温泉のいなばやで家族宴会出張29日は、新横浜にて集まれ塩ビ管さんのオフ会出席・・横浜1泊30日は自宅にてオフ会3号機を29日までに仕上げないと行けないのですが、塗装は夜なべ仕事でも出来ますが、研磨は昼間でないと [続きを読む]
  • 1にユニット、2に箱
  • 個人的な考えですが、長年の自作スピーカーを作る当たって、一番大事なのはスピーカーユニットだと考えるようになっています。ユニットの性能が悪い?か癖が強い?と箱の製作は苦労します。以前は、その苦労が楽しくて仕方がありませんでしたが、最近、楽なユニットに出会ってから考えが変わってきています。どんなユニットも箱屋の意地にかけて鳴らすとの意気込みが優先され、バイタリティーの源になっていました。最近、気が付か [続きを読む]
  • あまり使いたくない吸音材ですが・・・
  • 最近の石田式BHBSは短く単純な音道に、大き目で長いダクトがキャッチフレーズですが、BH同様に多少の中高音がダクトから漏れ出しています。ダクトの口径が小さかった頃は、ダクトがフィルターの役目をしてくれて、吸音材の使用量も少なくて済んでいました。最近は、フロントダクトが多いせいか楽器によっては共鳴で増幅された?中高音が尾を引いて出てくるのが気になることがあります。                   [続きを読む]
  • Pluvia Eleven 3号機目の製作
  • 何事も、やり過ぎは良くないですね。耳が慣れてくると、もう少し欲しいという欲求が湧いてきます。その繰り返しとエージングの進みで、知らず知らずに低域の過多の方向になっていたようです。alpair6の箱の音を聞いてから、認識させられました。と言っても同じ傾向の低音にしてはいません。15cm級の低音を残したまま量感を調整する方向にしました。2号機は1号機に比べ音道幅こそ20mm狭いですが、高さは100mm [続きを読む]
  • ダクトを元に戻す
  • ジャズ向きにダクトを短くして低域を豊かにしていたこと忘れ、ドンパチ系を聴いていました。低域の締まりは、ダクトの長い方が有利ですが、独特の低い帯域のでの相の乱れが気になります。もう少し詰めなければ・・・・・早く音が落ち着いてほしいものです。 [続きを読む]
  • 2号機の低音調整
  • 昨日、徹音さんが訪問した際に、今迄の音より低域が超膨らんだように聴こえました。(大汗)低音が膨らむと音全体の解像度の低下を招きます。本日、聴いても同様な症状だった・・・(汗)これは、まずいですね。 作り直した心境なのですが時間が無い。そこで、低域の量感が減ったために、バックキャビの吸音材をすべて抜いてありました。箱の乾燥が進んだのか?原因はよく分かりませんが、尾を引くような低音になっている。徹音さ [続きを読む]
  • 問題解決…済
  • 本日は早朝より、池袋を2往復560kmほどドライブをしてきました。東名の通行止や渋滞などあり、通常の経路が使用が出来ず、箱根経由でのドライブとなりました。その甲斐があって、PCの音は出るようなるし、PCオーディオの再生音は聞けるし、良いこと続きでした。 [続きを読む]
  • 80%を望まなければ
  • 箱のサイズを小さくする近道は、ユニットの低音再生能力の高いユニットを使用すれば簡単です。しかし、中高音も良くないと音がつまらい音になりますので注意が必要です。MarkAudio  Alpair6Pを使用、現在はAlpair6v2Pになっているユニットです。音の感想は、録音すれば手っ取り早いですが、また、低音が上手に取れないので止めます。今月の30日に秋田から、kaneyaさん一行の襲撃がありますので、その時に感想を聞きます。個人 [続きを読む]
  • 実験中の石田式BHBS
  • 実験中ですが、BHの音道は、コニカルは勿論、直管でも疑似末広がりの形態を取っています。その形態を、短く広がり率を大きくしてホーン開口部にダクトを取り付けたのが石田式BHBSです。【音道以外にも空気室も工夫しています。】石田式BHBSは、ダクトの径と長さで全般的な低音のバランスを取っていました。しかし、どうしても位相反転の影響で、ディップが発生、これは、BH特有の症状でユニットから出ているフロントの [続きを読む]