rainmaker さん プロフィール

  •  
rainmakerさん: Why Does It Always Rain On Me?
ハンドル名rainmaker さん
ブログタイトルWhy Does It Always Rain On Me?
ブログURLhttp://rainmakerstreet.blog61.fc2.com/
サイト紹介文イギリスから来た彼と私、雨女のお話。気になる英語紹介、彼から見た日本、オモロ話など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供116回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2008/08/26 21:40

rainmaker さんのブログ記事

  • センスの塊集団、SOLSO FARM
  • 川崎にあるSOLSO FARMに、連れてってもらったよ。その前に友んちによって素敵ガーデンを見せてもらったんだけど、バッタの数がハンパ無くてうけた。だって、ひとつの20cmくらいの植物に10匹(おんぶ含)くらい貼り付いてお食事中の口がもぐもぐしてるっていう。巨大、カマキリもいたし。都会でもそんなことがあることにちょっと驚き&良いね。さて。何のまえ情報もなく、着いたけど、なんなのココ?!なんなの、ココ!!ここ [続きを読む]
  • 咲くカフェ in 大子 に、おたちより。
  • 疲れまくって、現地調達でみつけた咲くカフェさん。車一台ギリの普通のお家の門を不安な感じで入ると、わ〜、素敵なお家。ゲストハウスもやっていてお泊りできるようだ。大子町も気づかぬうちに、素敵なとこが増えてていいことだ。テラスの4人テーブルに70歳くらいのおじいさんが2人で、斜め横なかたちで、一言も喋らず、珈琲なぞを飲んでいる。相席の他人なのか?と思い始めた頃、Jやんが、『最初、2人で喋ってたとこ見たよ [続きを読む]
  • 県北の丘の上にて。
  • 毎年気が付くと終わっている丘の上のマルシェ。今年はなんと、接骨院での隣の患者さんと先生の会話で「今週末なの?!」と知るという。。。こういうのって秋深まった時が多いきがするんだけど、これは、時期が早いのよね。大子町の秋の訪れは早いからかしら。デコレーションかわいい。しばし、ふらふらしてからランチ。めったに行けない栃木のアンリロさんが出店しているだと!ということで、私は人参フライドッグという変わり種。 [続きを読む]
  • 高円寺でChimPom 〜 道が拓ける
  • 「道が拓ける」展 by ChimPom 一人で行く気だったけど、Jやんに付き合ってもらう。ほぼ廃墟。あがる。24時間OPENのChimPom通り。(ちょうど、マンホールが・・・)この奥に展示の入口あり。SUPER RAT。本物のネズミの剥製のピカチュウ。ここにネズミが本当に住んでたらしい。の時の映像。躍動感!にゃー。キタコレビル(このビル)だね↑ミニ渋谷。いい感じ。風俗嬢みらいちゃん、ここに眠る。新宿での「明日も見て [続きを読む]
  • Mayweather vs McGregor 五月の天気とマクレガー
  • Mayweather vs McGregorメイウェザー VS マクレガー世紀の一戦らしいボクシングを見に、昼間からパブ。ふつう夜しか開いてないお店がこれのためにランチやってまして。(J情報により)もちろん、私は世紀の一戦のことなど、前日まで知らなんだがね。Maywetherて。 五月の天気じゃん。とか。マクレガー? ユアン? と同じスコットランド人?とか。(アイルランド人だった)メイウェザーは、49戦49勝のボクサー。そう言えば、何 [続きを読む]
  • TOKYO ART CITY by 村松亮太郎
  • イケメン村松亮太郎率いるNAKEDのTOKYO ART CITYを見る。入ってすぐ都庁↑ 新宿の街。しょぼい田舎のプロジェクションマッピングを去年から何度か見てきて、一流の見たくなったのだけど。 小さい東京の街。手を近づけると、スプレイのようなの出てきて、壁にラクガキができる。TEAM LABOみたいな。花火キレイ。東京ドームのミニチュア。リアル。車が走ってる道路のリアル感好き。東京タワーでやってたイベントのミニチュア版で [続きを読む]
  • SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR”THIRTY30FIFTY50”
  • この夏、最大のお楽しみ、スピッツの30周年ツアー in 武道館〜SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50”なにしろ、日本のバンドを最後に見たのは誰で、いつかも思い出せない。そういう意味でも新たな体験。主にUKバンドばかり聴いてた長い長い時代、アルバムは3枚(だけ)、ベストはしっかり聴いてて、新曲をメディアで耳にすれば、いつもいい仕事してると感動させられてきた。スピッツとはそういう存在なのね。そし [続きを読む]
  • 日帰り群馬DAY② (ラベンダーパーク)
  • というわけで、途中運転士さんがバスを止め、エンジンかなんかの調子をみたりして(・・;)これから高原に向かうのに、両端崖のくねくね道で、ブレーキ効かなくなって、ド―――(゚д゚)―――ン! とか、妄想・・・・しかし、無事到着。♪あ〜あ〜、あああああ〜あ〜 ん〜ん〜んんんんん〜 (北の国から)ラベンダー畑まで歩いたら20分、リフトで10分っていうから、時間節約・・・って思ったら、リフト遅っ。途中で、ハイテンシ [続きを読む]
  • 日帰り群馬DAY① (吹割の滝)
  • 日帰りツアーで群馬県。群馬でこんなにりんご生産してるって知らなんだ。道路沿い見ると、どこもかしこもりんごの木。これは、ランチバイキングしたお店の裏。まあツアーですから、安い提携店なんでしょう。けど、時間もないのに、次から次へと団体が押し寄せて、食べものまでたどり着くまでの長蛇の列っていうね。Jやん食べたいのそんな無いってちょっとつまんで終わり オイ(゚Д゚)ノそんな食べたくなくても、元を取りたい一心で食べ [続きを読む]
  • エロ男爵(沢村一樹さん)現る、思い出せ実〜
  • 花火しかいつも見ない水戸黄門祭り。今年は前日の花火に続いて、黄門パレードに行ってみた。なぜなら・・・エロ男爵〜!沢村一樹さんをひと目見たくてー (笑)NHK朝の連ドラ、たぶん人生初で見ているのでね。実〜。 奥茨城を思い出せ〜。遠くからこっちに振っているみたいに見える(笑) 妄想。水戸黄門様もそっちのけで。一流俳優のオーラ〜。でも、始終にこにこしていて、親近感?さすがプロとも言える。リラックスムード。た [続きを読む]
  • ラッキーガイに盛り上がるコンビニ
  • ここ何年かのこと。あまり見慣れない(自分たちで日常的には買わない種類の)お酒類だったり、Jやんが買ってくるわけない柿ピーとか急にキッチンにある時期が頻繁にあって。そういう時訊いてみると、『 コンビニの抽選で当たった 』 というのだが。最初は、あっそう、ずいぶん当選者の多い大盤振る舞いな抽選ね、と思って気にしてなかったんだけど。ある時、いろんなもんが冷蔵庫やキッチンに毎日のように増え。赤ワインボトル。 [続きを読む]
  • 真夏の街歩きは無理 (Cafe柚の木)
  • Cafe 柚の木でランチの巻。人気だというんで、予約してって正解。クソがつくほど暑いお外ですでに待っている人が。曲がりくねった小道がなんともフォトジェニック。納屋かなんかを改造いしたんでしょうねっていう外観でしたね。ネコが好きなんでしょうか。ネコグッズがそこかしこに。しょうが焼き、うま〜(人´∀、`)どのランチセットにも、えびフライが付くっていうね。カウンターだと作ってるとこ見えちゃうだが。開店前に外歩 [続きを読む]
  • 岩合さんの、プロフェッショナル〜仕事の流儀
  • 岩合光昭さんの「プロフェッショナル 仕事の流儀」。録っておいたの見終えた。ここ何年かの猫ブームと「ねこ歩き」で、猫ばかり撮ってるおじさんの印象強くなってるのでは?の岩合さん。猫も可愛いけど、他の野性動物の写真のほうがインパクトあって好きで、感動さえするので、なんだか寂しいと思う今日この頃。猫撮影してる岩合さんをずっと追ってる冒頭は、これちょっと最後まで見るの時間かかるかも(飽きて、何度かに分けるパ [続きを読む]
  • エンジョイ野山歩き in ど田舎
  • ひどく暑くもなく、寒くもないこの季節。私がなんの文句もなく外歩きを楽しめる唯一の時期。そして、運動不足解消のために、ネットで適当に選んだ野山歩きコ〜ス!景色最高〜。 子供の頃を思い出す。「神ってる!」(笑) いつ作られたかわかりやすい。小道を歩いていたら、ニワトリさんが賑やかだったんだけど、さらに獣っぽい音・・・と思ったら、檻に巨大なイノシシ」(。Д。」)!!!誰かの土地だし、木の奥で写真撮れなかったけど [続きを読む]
  • キツネと大観音から始まる旅 in 宮城 ⑦
  • というわけで、えんやーとっと、えんやーとっと♪松島編。腹が減ったので、宮城らしく牛タン定食ってことで。しばし、並んで待つ。牛タンって、牛のベロなんでしょって思って割に避けて生きてきた気がする。たぶん、焼肉に連れて行かれて皆が食べてるのを食べてみってちょっともらったことがあるくらいで。あまりの強風と寒さで、船は諦めてたので多少のんびり。松島感を味わうため五大堂や瑞巌寺辺りをうろうろ。モデルさんに群が [続きを読む]
  • 松華堂菓子店カフェ・・・キツネと大観音から始まる旅 in 宮城⑥
  • 松島へ移動〜。については、次回にしまして。松華堂菓子店のカフェのこと。カフェは2階にあって、1階は雑貨店&おせんべい屋さんで、おせんべいつまんでる人がたくさん。雑貨店は他からぐんを抜いて素敵なお品勢ぞろいで、長居しましたねー。ロゴが超かわいい・・・?2階へ。 「カステラのためのピアノ曲集」なんていうトリッキーなCDが置いてあったりもして。お客さんは名前を書いて座って待つシステム。松島らしい景色が窓 [続きを読む]
  • キツネと大観音から始まる旅 in 宮城 ⑤
  • 日本一低い山の前に向かった震災遺構として最近公開された旧荒浜小学校。駅周辺を抜けて住宅地そして、田んぼが広がる。そのうち、見渡す限りの緑色の平野をしばらく走ったら、到着。校庭で、元市職員のおじさんが声をかけてくれて、しばらくお話を聞く。この学校は2階まで浸水。住民の皆さんは、だいたいこういう建物は取り壊してほしいらしいのだが、この学校では誰も亡くなってはいない(私がここ選んだポイントでもある)とい [続きを読む]
  • キツネと大観音から始まる旅 in 宮城 ④
  • ホテルを出て、怖々・・・ 観音様方向へ・・・御御足だけ見えてるぅ・・・・ぎゃ〜。いたーーーーーーーー(((」(。Д。」)ぞくぞくします。見慣れるまで。お参りをして、ここでしばらく撮影会。自分のうしろにいい感じにいるよのセルフィーとか。大爆笑して、ごめんなさい。離れてポイント探して、いろいろ撮影。卵は絶対離さない。こっちに向かってくる感ハンパない(」’ω’)」!!早く逃げて〜〜〜!イオンにちょっとよってく観音 [続きを読む]
  • キツネと大観音から始まる旅 in 宮城 ③
  • 御釜キャンセルの結果、こけし館に行くことに。一生見る分のこけしを見たと思う。こけしが、東北地方にだけ生まれ育ったもので、その地域による系統で、デザインの特徴があるって知らなかった。なかには、間違いなのか?と瞬間思わせるのっぺら(↑どこかにいる)や、ブスやな〜(笑) なコも。なかなか勉強になったし、おもしろかわいかった。スタンプも押せるよ。仙台駅に移動。こけし絵付け体験にずっとひかれている2人であった [続きを読む]
  • キツネと大観音から始まる旅 in 宮城 ②
  • 御釜をめざして、出発。途中にあった遠刈田温泉〜 あんまり寒いので足湯に浸ろうということに。こけし橋がラブリーすぎてひと盛り上がり。そういや子供の頃、オトンが会社か町内会かの旅行に行って。「遠刈田温泉は、遠がった。」と事実とギャグを織り交ぜて報告してくれったっけ。激熱〜ぬるめまでご用意。相変わらずの強風&寒さ。飛ばされそうだった私の靴下をYちゃんに救われセーフ。数分後、目先に見たことあるもの流れてる・ [続きを読む]
  • キツネと大観音から始まる旅 in 宮城 ①
  • 美人さんのショットから。 うふ。何年も気になっている間に最近なんだかテレビでも見るようになった、ここにやっと。 Yちゃんとのおもろ旅。蔵王キツネ村〜 !!しかし、ひくほど寒いていうね。そして、臭い。(キツネさんのせいではないらしいが、豚に自白させるシュールさ)いろいろ注意を聞いてから入るシステム〜。スマホ取られたら終わりらしい。『キツネは持って行って壊して埋めます』 wキツネさんはけっこう仕掛けて [続きを読む]