やまと さん プロフィール

  •  
やまとさん: 琴音の風とともに
ハンドル名やまと さん
ブログタイトル琴音の風とともに
ブログURLhttp://lohas.soreccha.jp/
サイト紹介文里山のログハウスで暮らす日々の出来事の紹介、就農希望者、したくても出来ない人の擬似体験が出来るよう。
自由文ボランティア琴音の風の出来事も合わせて紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供132回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2008/08/28 11:29

やまと さんのブログ記事

  • 藍の里は子供から
  • 藍の定植の続きです。藍の一連の流れを半年かけて理解してもらうため小学生と中学生にプランターに植えてもらいました。品種は赤茎千本播種後2ヶ月の苗です手際よく2本二株をプランターに準備として水はけ用の軽石、栽培用埴土を20鉢に、最初に地域お越し協力隊2名から流れの説明を受けました、午後からは保育園児と介護施設で同じように10プランターづつ植え付けを行い富海ブルーの良き理解者になって頂きます、合計40のプラン [続きを読む]
  • 門前サークル
  • 年4回自治会役員のお世話で自治会の敬老親睦会が行われました、今回は皆さんで手切りの丸餅、餡餅、豆入り餅と色取りも良く又バラエティーなおにぎり、具沢山な豚汁、イカの刺身、若芽の酢もの、秘伝の漬物等々 ビールも出て女子部の手際よい段取りで楽しい時間を共有しました。平均年数70を超えていますが元気に楽しく地域の絆が継続でき長生きできそうです、ちなみに全国では今年で民生委員の組織ができて100年目だそうで    [続きを読む]
  • 香草
  • 我が家には今を盛りにパクチーが大量に育ってます。セリ科の植物ですタイ語でパクチー 英語ではコリアンダー、中国ではシャンッアイ(香草)といってタイ料理には欠かせない香辛料の一つです、トムヤンクンには必ず入ってます、ベトナム料理にはザウムイと言って生春巻きには欠かせません、日本ではエスニック料理に使われるようですが私は大好きで何にでも使って食べています、家内はカメムシの匂いがして食べようともしませんが [続きを読む]
  • 藍の定植終了
  • 2回目になる藍の定植、多くの参加協力して頂き無事終わりました、ありがとうございました、地域お越し協力隊員感謝です。定植後の水やりも昨日の雨で少しだけで済みました、これからは日照りの時の給水と雑草の除草が7月の一番刈りと10月の2番刈りまで続きます、炎天下の作業には朝夕の涼しい時間に、でも梅雨時期の雑草の伸びとの戦いもあります、富海ブルーの創出に皆さんの暖かいご声援をこれからもよろしくお願いします、尚、 [続きを読む]
  • セルポット
  • 藍の定植に定植機を導入しました、この定植機は手ごろな価格 良いのは腰を曲げないでも良いことです、腰に負担がかかりません。苗は路地植の苗もできます、セルポットで植えた苗の方が定植機には向いているようです、しかしセルポットでの栽培には水やりにポイントがありそうです研究の余地ありです。来年度の事を言えば鬼が笑うと言いますが百姓の来年は口癖です。来年の課題が見えてきました。 [続きを読む]
  • ほたる祭り
  • もうこんな季節に ほたる祭り 年々盛大に定着し楽しみにされています。第1回から 積極的に参加盛り上げ隊のボランティア琴音の風 今日は竹灯籠つくりです、70個 何時もの ほたる鑑賞地の新川土手に夕暮れ時にほんのりと灯します。メンバー 竹林ボランティアに早変わりです。夕暮れには焼き鳥串で皆さんに喜んで頂きます、頑張ります、是非のぞいて下さいませ。翌日の14日には藍作研究会で地域おこし協力隊主催で藍の定植 [続きを読む]
  • ありがとう
  • 好天に恵まれ予定どうり藍の定植ができました、起業セミナーのグループの皆さんのお蔭で楽しく2時間半で脇農場の作業が無事完了女性の方7名男性4名遠くは広島、豊田町、山口市からも協力隊藍作研究会メンバー総勢15名で捗りました。終了後の昼からは琴音庵にてバーべキュウ、山菜てんぷら、ピザ、で ビール、で乾杯、6時間みんなで楽しみました。夜半からは待望の雨が降り出し藍の定植に絶好のお湿りとなっています。次回は脇 [続きを読む]
  • 往還松の根っこ
  • 富海史談会の歴史顕彰かって威風堂々として存在していた往時の往還松の根っ子が防府市水道局による下水道工事の掘削中に出てきた根っこ歴史の証人として展示することになりました。写真にも写っている今は昔の往還松 大清水家に展示しました、ぜひ見に来て下さい。この往還松を見た事のある人が今 何人いらっしゃるか、写真は昭和初期と言われています。 [続きを読む]
  • 準備が進んでいます
  • 藍作研究会の作業 5日に向けて定植の準備が着々と進行しています、 最後の耕起と筋引きが終わりました苗も順調に育ってます、品種は赤茎千本です梶野圃場の畦畔に びわの袋掛けがされています隊員の自家用かな?、富海は気候温暖で昔から びわが栽培されています今が袋かけの適期です。晴天に雨待ち顔の御仁が塩ビパイプの中から、脇農場の藍畑には縄張りを主張している御仁がもう一人 10メートル近づいても逃げません、史談 [続きを読む]
  • ジャスミンの咲く季節
  • テラスのジャスミンつぼみが大きくなってきました。藍の定植も近づいてきて 苗も大きくなってます、来月5日の定植予定です。セルポットの方はまだ先になります。雨の今日 琴音の滝へ 霧が立ち込め幻想的で日頃見られない光景でした。 [続きを読む]
  • 内閣総理大臣賞
  • 第56回日本現代工芸美術展(2017)防府市富海在住の 藍 染織家 飴村秀子先生 由緒ある日本現代工芸美術展にて最高の内閣総理大臣賞を受賞されました。題名(ヨハネ黙示録) 本当におめでとうございました、長年の精進のたまものです、これからもご活躍をお祈りいたします。先日東京で授賞式に臨まれ又 安部内閣総理大臣に特別にお目にかかられた由、富海ブルーの誇り 快挙です。 [続きを読む]
  • 経過
  • 先日のダニに咬まれた後の状況 わずか2ミリの昆虫だが蜜蜂に刺された3倍くらいのかゆみと傷跡が 無理やりピンセットで取ったためあごの骨の1部が皮膚に残って炎症を起こしているのかも それにしても水ぶくれになってます、あと数日掛かりそう 皆さんも山に入るときはお気を付けください。 [続きを読む]
  • 気をつけて
  • 暖かくなって山野で遊ぶ良い気候になりました、でも気を付けてください、これ何だかわかります?2ミリ弱の大きさですが藪や荒廃地に入るときは長袖、長ズボン帰宅後は履き替えることです。昨日 水田の放棄地で荒廃してイノシシの隠れ場所にもなっていたところを刈り払機で刈り トラクターで粗お越し今朝になって肘の内側にかゆみを感じよくみると写真のダニが食いついて居ました。俗にいう ツツガムシ つつがなく過ごしたいも [続きを読む]
  • 藍染体験
  • 今年出来上がった蒅の1番染めテストをサポート会の皆さんで体験して頂きました。1年前 3月播種、5月定植、6月中耕除草、7月初夏の暑い時に1番刈り、8月9月真夏の除草中耕、10月2番刈り、11月〜2月の蒅つくりとサポート会の人達に手伝っていただきようやく今日の初染めとなりました。出来上がった作品を広げて2度染の後空気に触れさせ良く洗って干して、一番甕に漬け込んでよく揉み込んで 洗って2番目の甕で2度染色隊員の説明の [続きを読む]
  • 山野草の天麩羅
  • 好天に恵まれ多くの参加者で賑わいました、銀竜草観察会、わらび狩り70名を超す参加者に喜んでいただきました、 参加ありがとうございました。わらび狩り、琴音の滝、見晴らし台、そして古民家の琴音庵へ13種類の山野草の天麩羅堪能して頂いたでしょうか。女性部の協力による天麩羅アカメガシワ、ヨモギ、ワラビ、コゴミ、タケノコ、タラの芽、藤の花、雪ノ下、つぼみ菜、さつま芋、春の七草同様 春の若芽を摂れば健康に良いと言 [続きを読む]
  • 春の芽吹きに集う会
  • ボランティア琴音の風では市広報にもご案内してあります、イベント 銀竜草の観察、わらび狩りと今日採取しました山野草のてんぷらをご接待することになっています、明日10時富海公民館へどうぞおいでませ。余談 私事で熱海で51年前の派米研修1回生の同期会全国 北海道 九州から遠くはカナダ、アメリカから7組の夫婦合わせて37名地域の重鎮経験者がほとんどです みんな齢を重ねました。東京では孫にあってきました、可愛かった [続きを読む]
  • 生育状況
  • 藍作研究会の藍の栽培がこの苗で始まり富海ブルーの重要な藍の6次化の元になります。富海の藍作は徳島の新居製藍所の全面的な指導のもと技術の伝承を継承しています。天候の不順による発芽の遅れでやきもきしておりましたが播種後25日経ちまして写真の状況です。多少不ぞろいですが密植の所は間引きしますから丁度良くなります。1週間ずらして播種したものも良く発芽しています、これから気温が上がってきますから生育も良くなっ [続きを読む]
  • 春の芽吹きに集う と リホーム
  • 築150年の古民家を管理して琴音庵として有効利用させて頂いています、床が老朽化して安定性が無くなったため急遽床を張り替えました、といってもベニヤ板ですけど。今月16日(日)春の芽吹きに集うのイベントで銀竜草鑑賞と山野草のてんぷらを試食してもらうため利用します、天気が良ければ是非ご来場ください、美味しい旬の食材でご接待しますよ。16日10:00時富海公民館集合ですよ。 [続きを読む]
  • ほぼ完成
  • 地域お越しの一環の一つとして藍の6次化を行っています地域おこし協力隊藍作研究会頑張っています。少し歪だがこの道は素人なので大目に見てくださいこれで藍作に必要な農機具は収納できそうです、農機具はこれからそろえなければなりません。後は裏ドアーと横の開閉式カーテンそれに真砂土を床に引けば出来上がりです、後は台風に耐えられれば良いのだが。 [続きを読む]
  • これわかります?
  • 今日は生憎の雨ですが昨日の映像です、なんだかわかりますか?昨日は天気も良くこのような状態でした、前の写真は分蜂時期にしか現れないものです、女王蜂は一度の交尾で一生卵を産み続けます、その種類はオスとメスの卵だけです、これからの分蜂時期の王台(少し大きめな巣の最下部に働き蜂が作るもの)に産み付けた働き蜂と同じ卵から孵ったものがローヤルゼリーを食べて新女王になります、この時期に無精卵を女王が意図的に生み [続きを読む]
  • 隊員頑張ってます
  • 藍作に欠かせない農機具の収納庫が狭いため温室の骨組みを再利用して農具舎を手造りしています。軽四輪6台入る大きさですが予算が少ないためすべて手作りで行っていますので時間がかかっています。なにせ藍作の施設に関してはゼロからのいやはやマイナスからのスタートですからみんなで知恵と汗と自前の手持ち資金で四苦八苦 頑張っています。 [続きを読む]
  • ようやく発芽しました
  • 今月13日播種した藍の種この春は寒さが長引きなかなか発芽しませんでしたが14日目ようやく出てきてくれました、この分では定植は5月に入ってからになりそうですね。1週間後に撒いた種が追いついて出てくるのではないかと感じます。趣味の日本蜂もようやく昼間の間元気に飛び回ってきました。巣も徐々に大きくなってきています。4段目に差し掛かってきましたが王台はまだのようです。 [続きを読む]
  • 藍の種まき第2弾
  • 2回目の播種 今回はセルトレーです、128穴を7トレー(896株)今日は県立大学から今期の学生の地域実習の打ち合わせを兼ねて来て頂きました安野早己教授との種まきです。ナメクジの食害に遭わないよう鉄製の花壇枠におき不織布をかぶせて様子を見ます、藍作研究会メンバーの4名がそれぞれに種まきを担当して時期別と危険分散を行います。 [続きを読む]