やまと さん プロフィール

  •  
やまとさん: 琴音の風とともに
ハンドル名やまと さん
ブログタイトル琴音の風とともに
ブログURLhttp://lohas.soreccha.jp/
サイト紹介文里山のログハウスで暮らす日々の出来事の紹介、就農希望者、したくても出来ない人の擬似体験が出来るよう。
自由文ボランティア琴音の風の出来事も合わせて紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供136回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2008/08/28 11:29

やまと さんのブログ記事

  • 田舎暮らし堪能
  • 田舎暮らし堪能 とてもこの暑さの中では言えません 毎日が草刈りとの戦いです。夕方早くも脱皮中のせみを発見。明日朝には何処かに飛んでいっていなくなるだろう、この暑さ夕涼み でも一日中外に出ているけど、夏あまり蜜の出る植物が少ないためか蜂そのものがいら立っているみたい 30センチ位に近づいてのぞいたら一発お見舞いをもらってしまった。 [続きを読む]
  • 新機種入荷
  • 藍の収穫に強力な協力者今日は6名来場してくださいました。山口県大生他3名です。トップカーと軽四2台収穫。熱いハウスの中で選別作業。新機種導入能率と選別が格段に上がりました。昼食時偶然にもきいさんねーにて飴村秀子先生と昼食をいつしょさせて頂きました。 [続きを読む]
  • 上山満之進
  • 上山満之進に学ぶ会華浦公民館てホーラムが行われました。今回の発表者(講師)は上山満之進と台湾圓通寺住職児玉識、陳澄波が描いた台湾の風景を歩く台湾中央研究員(東大美術学博士)邱函尼?きゅうはんに? 父、小澤太郎と台湾の思い出を語る小澤太郎子息(弁護士小沢克介) ひとあじ違う台湾観光の楽しみ方台湾在住エッセースト 栖来ひかり(すみきひかり) 台湾人から見た山口の魅力山口県観光連盟非常勤職員高雄市生まれ [続きを読む]
  • 木育 勉強会で学びました
  • 防府市地域協働支援センター主催の熊大の田口教授を迎えてルルサス防府にて木育の勉強会に参加させて頂きました。自然環境の中で人は生きている、県内の木育を実戦しておられる方々の話を聞く機会に勉強になり刺激を受けました。なぜ木育なのか行政、企業、各団体のそれぞれの活動をしている人の熱心で熱のこもった講演、質疑応答、又グループ別の円卓会議防府地区の取り組みのパネル展 他、木育とは人が生きていくうえで学ばなけ [続きを読む]
  • 1番刈り
  • 富海ブルー着実に進化しています、晴天に恵まれ朝8時半より富海活性化協議会前身のサポート会の皆さんの応援を頂き12時前無事刈り取る事が出来ました。15人で3時間梶野農園すべて刈り取りできました、ありがとうございました軽トラ4台分(120束) 出来の良いインデゴ成分の多いい良質な藍が収穫できました。午後からはメンバー4名で全量をカッター切断し葉と茎を選別後乾燥作業に。主役の隊員2名頑張ってます、心強く頼もしいです [続きを読む]
  • 海開き
  • 梅雨明け宣言はまだ無いが昨日の大雨が嘘のような天気に海開きが行われました。 海の家浦島で安全祈願祭梅雨の合間の湿度の高い 我慢できません 海の中へ大勢の人恒例の地引網、つかみ取りを待つ人々、富海は海あり 滝ありそして大平山へ登山も、今年の夏燃えています富海海岸、海の家もお待ちしてます。 [続きを読む]
  • 藍準備OK
  • 梅雨のお蔭で藍 順調に育ってます、梶野農園から1番刈りができる状態に育ちました。乾燥場とカッターの準備できました。これから藍の生育管理 刈り取り 蒅つくりの前段階の始まりです。 [続きを読む]
  • 瑞風歓迎に
  • 特別列車 瑞風 富海駅をゆっくり通過して行きました。 これで富海の印象は良くなるのかな?鉄道マニアでもない私がなぜ? これだけ多くの人が富海駅に集合、いつもこれだけの人が改札を利用すれば富海も素晴らしいことなのだがと思ってしまいました。 子供の頃天皇陛下が行幸される列車に先生に引率されて小旗を振って線路側からお見送りしたことが思い出されました。10年先にはこの列車に乗ってゆっくり旅がしたいものですね [続きを読む]
  • ぎりぎりセーフ
  • 佐波川流域水源の森つくり防府市民活動支援センターからのお知らせ、(内容がとてもよさそうです)全員で下刈り、森林組合によるキッズの体験学習、ブリジストンによる環境学習、市民支援センターによる木育に関するお知らせ等盛りだくさんの内容消化の後恒例のカレーライス美味しくいただき終了間際まで雨も降らず間に合いました、皆さんご苦労様でした、次回は11月を予定しています。 [続きを読む]
  • 佐波川流域大平山ふれあいの森づくり
  • 人間の力では作れないもの?明日は年3回行う森の大切さを楽しみながら体感勉強するイベントです。空気、水、土、 何千年、何万年、何億年、太陽系の地球の営みで作られたもの決して人間の作ったものではありません、近年 木育と称して子供たちに自然とのふれあいをテーマに色々なイベントが模様されています、大変うれしいことです、山で育てられた森林から材木として切り出され利用される材木の量は戦後が遠くなるにしたがって [続きを読む]
  • 順調な藍の生育
  • 雨の後順調に育ってます、藍   梶野の農場ではまずまずの生育状況です、この分では7月上旬には1番刈りが始められそうです。脇農場では雨不足による生育にむらがあり散水が不十分と土に有機物が少ないため保水性が劣り土づくりに力を入れなければならないと考えます。 富海藍作研究会ですから経験を積みながら前進していきます。 [続きを読む]
  • 藍作の実習に
  • 県立大の学生3名野外実習に藍作をしている富海を選んでくれて今日で2回目今年度は7月と9月と11月を予定しており藍の良き理解者となってくれそうです、有難いことです。藍作の定植 除草 畝立と単純作業ですが1次産業の農業を理解してもらう藍の1連の事を知ってもらいます、今日午前中は農作業午後は藍染の体験を協力隊の指導のもと体験してもらいました。これを機会に藍の伝道師になってもらえると思います。次回は藍の1番刈りを [続きを読む]
  • ジャガイモの後は
  • ボランティア琴音の風では午前中昨日に引き続き海岸クリーン作戦参加後 午後にはジャガイモ収穫後の畑に再度小学生と幼稚園児の野外実習のサツマイモをメンバー8名で定植しました。マルチで乾燥と雑草防止です。10月には収穫できます、文化祭には焼き芋の提供ができます。定植した後に待望の雨が降りラッキーです、でも天気予報では本格的な梅雨入りでところにより豪雨の被害がありそうで十分気を付けなければと思います。 [続きを読む]
  • 待ちけれない海で
  • 20日に富海海岸線の富海地区挙げてのクリーン作戦が行われます。その前日である明日琴音の風メンバー刈り払機で海岸内側の松林を中心に草刈りを行います、何年も前からの事ですが毎年刈り払機を持って参加する人が増えてきました、うれしいことです。今日は父の日ですが富海の海では日照り続きの暑さに真夏の感じです、海の家は建設中にも関わらず沢山の海で泳ぐ人の姿が見えました。7月1日が海開きですがもうすでに海温も上昇し [続きを読む]
  • 可愛い実習生
  • この時期先生に連れられてやって来ます、ジャガイモ堀の体験です。昨年度の年長さんが3月に植えつけたジャガイモ今度は1年生になった組と新年長さんとであらかじめメンバーが掘り起こしてあるジャガイモさんの収穫です。最後にハイポーズ。品種はきたあかりです 給食で楽しんで食べて下さいね。 [続きを読む]
  • 雨後の成長
  • 毎日の散水から解放された梅雨入りで藍も勢い良く伸びています、安心してはいられません芯くい虫の被害が出てきたので殺虫剤を早急に考えなければと思っています。遊び心も働いて隊員と綿3種と新種のひまわり、それに里芋も植えてみました、うまく育つとよいのだが。綿の苗です 糸紬機で紡いで染色して とても無理無理(遊び心です)新種のひまわり 皆さんに楽しんでいただけたらと思っています。定植翌日にはヨトウムシの食害 [続きを読む]
  • 恒例の田植実習
  • 毎年小中学生の田植を経験してもらっています、自分たちで種もみを撒き水やりをした苗で、10月には稲刈りも経験してもらいます。素足で田んぼん入る時は少し抵抗がしかしすぐ慣れて楽しそうです。中には最後まで泥に触れることのできない子も?。最後の手直しはメンバーで、琴音の風のメンバーと1年を通じて地域の行事に参加することで知識が体験とともに増えることを願っています。 [続きを読む]
  • 藍の研究会訪問
  • NPO 萩まちじゅう博物館の10名の方が富海藍作研究会を視察に来られました、藍の栽培から蒅つくりを脇農場で 藍だて染色に関して協力隊員ともに大清水家で交換会。藍の普及に貢献されることを熱意の中で感じられました。昨日の梅雨入りで琴音の滝へのアジサイロードも開花が早まってきました。間もなく見ごろになります琴音の滝への道すがら鑑賞がてら登って来てください。 [続きを読む]
  • 兵ものどもが夢の後
  • 3〜4日に行われたビーチサッカーsawata杯も終わり 元の砂浜に修復されています。海のスポーツの格好のロケーション 常設の公式コートが望まれます。来年も益々盛んになるようお願いします、澤田建設さんありがとうございました、お疲れ様でした。 [続きを読む]
  • にぎやかに盛大に
  • 富海デーの1日でした、 富海が燃えています。ビーチサッカー澤田杯 県外から多くのチームも参加 明日も盛大に行われます、海岸に出店も多く賑わいました。真夏のような日差しの中をサブのコートでは子供の部が真剣に練習にわか作りの女性部もベテラン男子の指導よろしく練習に余念なく 多分明日は足腰が??明日も天気がよさそうです 優勝戦も見られます 見学応援に出かけてください。JA富海朝市では菖蒲祭りも多くの人に喜 [続きを読む]
  • ビーチサッカーin富海
  • 富海海岸では急ピッチでビーチサッカー大会の準備が進んでいます。澤田建設さん昨年に引き続きありがとうございます、正式コート2面分の広さに整地されました、砂の質は日本一と太鼓判です。さすがに澤田建設さん重機を5台も6台も稼働させて2日間で仕上げられ富海の海岸に賑わいを6月3日〜4日にかけ中国大会で1000名前後の選手と観客が来富され海開き前の賑わいと活気をもたらすでしょう。昨年もビーチサカー関係者と富海地域の活 [続きを読む]
  • 5月30日の記事
  • 今日は古民家デイサービスとのみ の皆さんと藍の定植をしました、共同作業を楽しんでもらい藍 愛 出会に感謝です。みんなでプランターへ丁寧に植え込みしました、成長が楽しみですね。定植完了 ハイポーズ 笑顔がステキです。道路ぞいに並べています 成長を観察してみてください。脇農場5月14日に定植した藍 晴天つづきで成長は遅れ気味 毎日の給水で少しづつですが成長しています。 [続きを読む]
  • 飴村秀子先生
  • 内閣総理大臣賞 第56回日本現代工芸美術展において受賞された記念の祝賀会が防府市グランドホテルで盛大に行われました。富海藍作研究会として花束贈呈させて頂きました。題(禊)広島生まれの女学生だった16歳に呉海軍工廠で人間魚雷の学徒動員での経験のある先生の体験からの禊の心を聖書のヨハネ黙示録22−14(禊)みそぎと題された作品先生の祝賀会に主催者の藍と愛の会が招待された方々国会議員、県会議員、市会議員 [続きを読む]
  • ういきよう
  • 香辛料、香味料、ハーブ、色々な呼び方や、使用方法があるようですが、大きくなったフェンネル(和名ウイキョウ)間もなく花が咲きます。葉も茎も、実も利用できるようですが我が家では料理のバラエティーは多くありませんが なぜか一株だけ重宝してます。小さく刻んで卵焼きにしてます。 [続きを読む]