カズユキ さん プロフィール

  •  
カズユキさん: 住まい・不動産関連情報ニュース
ハンドル名カズユキ さん
ブログタイトル住まい・不動産関連情報ニュース
ブログURLhttp://sumai-fudousan.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文住まい・不動産に関して素人の僕が調べた・収集した情報を掲載
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供360回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2008/09/07 10:27

カズユキ さんのブログ記事

  • 『第7回サステナブル建築賞』
  • 建築環境・省エネルギー機構が主催し、国土交通省の後援する『第7回サステナブル建築賞』の作品募集が7月10日から実施される。(期限は8月10日まで(当日消印有効)。 建築物として優れた作品であると共に、 環境負荷低減や省エネルギーなどに顕著な成果を上げている、 先導的なサステナブル建築物を表彰するもの。)対象は戸建て住宅を除く建築物で、日本国内にある建築関係法令に適合し、3年以内に竣工または改修などの工事が [続きを読む]
  • 文字認識技術『Intelligent OCR』を導入
  • レオパレス21とAIinsideは協業し、法人を対象とした賃貸物件の契約時の入居者情報の入力と退室時の必要書類のデータ入力で、AI(人工知能)を活用する文字認識技術『Intelligent OCR』を導入した。手書き文字であってもAIが認識し、デジタルテキストに変換するこの技術を活用することで、年間約2万900時間の作業時間と約4200万円の事務コストを削減する効果があるという。 [続きを読む]
  • 2017年4月期の『ビル経営動向調査』結果
  • 2017年4月期の『ビル経営動向調査』結果を、東京ビルヂング協会が発表した。会員を対象に四半期ごとに実施し、最新の賃料水準と空室率をアンケートした上で、経営者が肌で感じた景況感をたずねて指数化したもの。回答会社数は141社。それによると、 東京23区の平均新規賃料(坪単価、共益費込)  上限・・・2万6506円  (前回比293円減)  下限・・・1万7966円  (前回比205円減)   上限・下限ともに下落。   特に [続きを読む]
  • 中古マンション価格天気図(2017年4月)
  • 東京カンテイはこのほど、2017年4月の中古マンション価格天気図を発表した。『晴れ』が13から10地域に減少、『雨』は5から9地域に増加、『曇り』は11から13地域に増加、『小雨』は12から5地域に減少、『薄日』は6から10地域に増加した。全国で天候が改善したのは前月の16から8地域に半減し、前月の強含み基調から一転、弱含みとなった。横ばいが25から28地域に増加、悪化は6から11地域に増加。47都道府県のうち前月比価格が下落し [続きを読む]
  • 駐車場の貸し出しサービス
  • 三菱地所と提携し、三菱地所グループが所有または管理している駐車場の貸し出しサービスを、駐車場シェアサービスを行うakippaが開始した。オンラインで簡単に検索・予約ができ、15分単位で利用できる。貸し出しエリアは首都圏・関西圏。東京丸の内のランドマークである丸ビル・新丸ビルの一般駐車場などが対象となる。今回の提携により、『新たなドライバーニーズへの対応』『駐車場利用目的の調査』『駐車場不足による周辺地域の [続きを読む]
  • 『攻めのIT経営銘柄2017』
  • 経済産業省と東京証券取引所が選出する『攻めのIT経営銘柄2017』に、大和ハウス工業が選ばれた。ハウスメーカーとしては今回唯一の選定企業で、同社にとっては2年連続の選出となる。ロボットの開発・製造企業との連携のほか、IoTやビッグデータを活用してエネルギーの最適制御などを行い、環境配慮型工場を構築するなどの取り組みが評価された。また、同銘柄に選出された企業以外でも総合評価が高かった企業や注目度の高い取り組み [続きを読む]
  • 『IT導入補助金』
  • 経済産業省の『IT導入補助金』の対象に、イタンジが提供する不動産賃貸会社向け業務効率化システムが認定された。中小企業が同システムを新規導入する場合、最大100万円の補助金を導入企業が受け取ることができる。補助金対象に認定されてシステムは、AI(人工知能)チャットや無料通信アプリ・ラインを使って自動追客顧客管理ができる『ノマドクラウド』、空室確認電話を自動応答する『ぶっかくん』、内見を自動で予約できる『内 [続きを読む]
  • 大台の1万戸を突破
  • 管理戸数が4月末現在で1万220戸となり、収益不動産の売買・仲介・賃貸管理を行う武蔵コーポレーションが大台の1万戸を突破したと発表した。2016年4月末の7222戸から1年間で41%の増加。高いリノベーションノウハウにより中古物件で98%の高い入居率を維持し、金融機関からの紹介や口コミで管理受託が増え、2年連続で40%以上の成長率を達成している。 [続きを読む]
  • 『攻めのIT経営銘柄2017』
  • 経済産業省と東京証券取引所の『攻めのIT経営銘柄2017』に、レオパレス21が選ばれた。賃貸契約の電子化や賃貸住宅のIoT化の取り組みなどが評価された。同社では、社内外のデータを利活用できる人材確保の中途採用や社内公募の実施、アイデアを募るイノベーター報奨制度、社内アワード制度などを進めている。 [続きを読む]
  • 京町家・古民家を活用した宿泊・物販・サービス事業
  • 京町家・古民家を活用した宿泊・物販・サービス事業へ参入することを、ワコールが発表した。老朽化物件や空き家が増加する一方、観光客の増加で慢性的な宿泊施設不足という現象を抱える京都。同社は京町家を保全・有効利用しながら地域コミュニティ形成に努めるため、行政や地元不動産会社と連携し宿泊事業の運営を進める。2018年4月に2〜3店舗の開業を予定しており、5年後に京都市内で約50の施設展開を目指す。 [続きを読む]
  • 土地オーナーへの提案力を強化
  • ソフトブレーンが提供する営業支援システム『eセールスマネージャーRemixCloud』を採用し、ユーミーホールディングスが土地オーナーへの提案力を強化する。傘下の各事業会社が持つオーナー情報をグループの共有情報とし、一層のサービス向上を狙う。同システムの導入により、パソコンに加えて営業現場でもスマートフォンやタブレット端末で操作でき、スケジュールや履歴の確認、活動報告などが操作しやすく、地図機能の活用で現場 [続きを読む]
  • 木育スペース『木っずすぺ〜す』
  • 平塚店の移転に伴い、店内のキッズスペースを100%国産の木材を使用した木育スペース『木っずすぺ〜す』として、タマホームがリニューアルした。同スペースの設置は、さいたま支店に続き2店舗目。木材が使用されているのは、キッズスペース内の床やベンチなどの基本的な設備のほか、おもちゃ箱やボールプール、ミニキッチンといった遊具。木造軸組在来工法を中心とした家づくりを手掛ける同社が、子供たちが木に親しみ、木の良さや [続きを読む]
  • AIを活用した実証実験
  • 大京グループの大京アステージと穴吹コミュニティ、東京電力グループのファミリーネットジャパンの3社は、AI(人工知能)を活用した実証実験を開始する。マンションの管理員やコンシェルジュをサポートする『AI管理員』『AIコンシェルジュ』のAIサービスを具現化し、今後1年以内の開始を目指す。不動産業界初の試みという。同サービスは居住者や管理組合の問い合わせにAIが音声対話で対応する。モニターを募集して居住者と共にサー [続きを読む]
  • 海外15店舗目
  • 2017年6月1日に中国広州市に海外15店舗目となる『エイブルネットワーク広州店』を、エイブルがオープンした。中・高級マンションを中心とした賃貸仲介のほか、契約時の加入で受けられるオプションサービスとなる、備品交換や代行設置、鍵や水漏れなどの24時間トラブル対応などを提供。運営は『深セン店』の地元企業が行う。 [続きを読む]
  • 省エネに関する意識調査の結果
  • 省エネに関する意識調査の結果を、ガス機器などの住宅設備を手掛けるリンナイが発表した。(同調査は、 4月に全国の20代から40代の男女987人を対象としてインターネットで行われたもの。)同調査によれば、暮らしの中で省エネを『強く意識している』『やや意識している』と答えた人は合計で67.5%と7割近くに上ることがわかった。その動機について、『家計(節約)』と『環境保全』のどちらへの意識がより強いかという設問に対して [続きを読む]
  • 2017年度『建築設備技術遺産』
  • 建築設備技術者協会の定める2017年度『建築設備技術遺産』に、TOTOの運営するTOTOミュージアム所蔵の『光電センサー内蔵自動水栓』が認定された。同製品は1984年から1990年にかけて発売され、小型光電センサーの開発により非接触での小まめな水の出し止めを可能としたもの。公衆トイレの洗面所に求められる節水や衛生性を実現し、その後の光電センサーや駆動部の技術進歩の原点となったほか、現在では公衆洗面所に限らず家庭用への [続きを読む]
  • 空き家と空き地の利活用促進
  • 2017年5月16日に空き家と空き地の利活用促進に関して議論の中間とりまとめを行い、空き家の発生抑制や空き家活用に関して8つの提言を、自民党の中古住宅市場活性化小委員会が行った。今後、政府の成長戦略に盛り込む。8つの提言の中で注目されるのは、仲介手数料の見直しについて。不動産業者のインセンティブを高めることによって、中古市場の活性化につなげたい意向だ。 [続きを読む]
  • 高機能タイプ新製品を同時リリース
  • 住宅用の『情報盤』と『Wi-Fi AP UNIT』の高機能タイプ新製品を、因幡電機産業が同時リリースする。情報盤は新製品ATFタイプで従来よりも上回る収容力と可変形トレイの取り回しやすさが特徴といい、2017年秋に発売。Wi-Fiユニットは最新規格IEEE802.11acタイプで4機種を2017年6月に発売する。2017年5月17日から19日まで東京ビッグサイトで開催される『電設工業展』に出展して披露された。 [続きを読む]
  • 創立100周年
  • 創立100周年を、1917年に『東洋陶器株式会社』として設立されたTOTOが迎えた。同社は節目の年の記念として複数の事業を計画、実施している。2015年8月には本社のある福岡県北九州市の工場敷地内に『TOTOミュージアム』をオープン。1年9カ月で累計15万人の来場者を集めている。また2016年11月には創立100周年記念サイトを開設したほか、市民団体の環境活動を支援する『TOTO水環境基金』の募集総額を前年実績1556万円の6倍以上に当た [続きを読む]