相場阿尊 さん プロフィール

  •  
相場阿尊さん: 週末の風鈴火斬
ハンドル名相場阿尊 さん
ブログタイトル週末の風鈴火斬
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/tomoko915/
サイト紹介文理想(ベスト)を求めて現実(リアル)と取っ組み合う。それが競馬の本質だと思います。
自由文三十代、独身。毎日何とか凌いでます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2008/08/28 23:36

相場阿尊 さんのブログ記事

  • 一番美しい日本語(レパードS、他、今日の買い目)
  •  それでは今日のWIN5を。まずは札幌11R「UHB賞」が3歳以上OPクラスによる芝1200Mハンデ戦。 札幌の芝は結局内が良いのかな?もう少ししたら差しが決まり易くなると思うけど。って状況で時計はまずまずの速さ。まともなら函館SSでも3着した9歳馬⑤エポワス柴山雄一で決まりそう。 ただ、主戦ルメールが新潟に居るとはいえ、自信有りなら四位にでも依頼しそうな雰囲気もある藤沢和雄厩舎。どうとでも受け取れる柴山に依頼したっ [続きを読む]
  • 一番美しい日本語(レパードS、枕)
  •  昨年大ヒットしたアニメ映画「君の名は」が最近ようやくDVDでリリースされた。私もずっと楽しみにしていたので、勇躍レンタル店に行き借りようかと思ったが、全部貸出中。仕方がないから新海誠監督の昔の作品を借りる有りがちなパターン。 実は新海監督の作品は随分昔に人に勧められて「秒速0.5センチメートル」を観た事が有る。桜の花びらが落下するスピードがその速さ。それになぞらえて、同じ登場人物による3つの短編から成 [続きを読む]
  • それは玉座へ続く道(レパードS展望)
  • 「七代目・火影」の半弟は、そんなに強いのか? 世界で最も有名な、日本発の忍者アニメの主人公から名付けた2014年の七夕賞(GⅢ)馬がメイショウナルト。他に調度本日行われる小倉記念を2013年に勝利している重賞2勝馬。その半弟が未来のダート王候補筆頭エピカリスだ。 人気の根拠は解らないでもない。父ゴールドアリュールに似たダートの快速馬。砂の王を目指すにしてはほっそりした馬体や綺麗なフットワークも似ている。やや [続きを読む]
  • 得た教訓は己が為に(アイビスSD、他、今日の買い目)
  •  では本日のWIN5を。今日は薄暮開催からなのか、メインと最終を中心にしたピックアップ。間違えるとこだったよ。 まずは札幌11R「クイーンS」が3歳以上OPクラスによる芝1800Mの別定戦。牝馬限定で行われるGⅢの重賞競走。 函館もそうだったのだが、この札幌でも今年から開催直前の芝の更新作業が行われている。芝丈を短く感じるなどの感想が既に聞こえているが、予想される状況は柔らかく力の要る馬場になった時、例年以上に開 [続きを読む]
  • 得た教訓は己が為に(アイビスSD、枕)
  •  今、ハンガリーで行われてる世界水泳が盛り上がってる。季節は夏で日本で観ている我々にも泳ぐ事がより身近になっていて、おまけに日本代表メンバーには金メダルが期待出来るエース荻野公介を筆頭に(200M個人メドレーは残念ながら銀か)次の東京五輪を期待出来る若い力が伸びている。 少し期待が高過ぎて未だに金メダルは一つも獲得出来ていないけれど、一番力が入る400M個人メドレーは今日の夕方辺りに行われる。男子は世界選 [続きを読む]
  • 風速67キロの攻防(アイビスSD展望)
  •  有触れた言葉で言えば「極限のスピード比べ」とでも名付けるところ。それが間違いなく日本競馬史上最速の速度域で勝ち負けを争う新潟名物「千直競馬」。 その頂点に位置するのが唯一の重賞レースでありサマースプリント連戦の一つでもある新たな夏の風物詩「アイビスサマーダッシュ(以下アイビスSD)」というGⅢ競走。夏競馬の中でも個人的に最も好きなレースだ。 今回はどういう切り口で予想しようか考えていたが、上がり3F [続きを読む]
  • のた打つ様なトライ&エラー(中京記念、他、今日の買い目)
  •  ではWIN5を。初っ端が中京10R「尾頭橋特別」が3歳以上1000万円以下クラスによるダート1200M定量戦。 このレースは一番人気が確実だと思われていたオウケンビリーブが抽選除外された事によって一気に混戦模様になった。 それでも普通に考えれば④タガノヴィッター横山典弘。前走で1000万下を勝ち上がり、再度同条件なのだから狙うのは当たり前。 一筋縄ではいかなそうなのが、それでも取りこぼす可能性があるから。準OPから降 [続きを読む]
  • のた打つ様なトライ&エラー(中京記念、枕)
  •  最近人と話していて、自分、生きてるぜぇ!って感じた瞬間。或いは、自分、幸福だぁって思う瞬間はどんな時?って会話になった。 恥ずかしながら、最近、人様に言えるようなそんな瞬間は有りませんと答えた自分が情けない。せいぜいが、仕事帰りにアイスを食ってる時の何とも言えない幸福感って感じだ。 大体、夏場のこの時期、私は仕事で2ℓから4ℓくらいの水分補給をする。つまりは、その位の汗をかいて仕事している。私が [続きを読む]
  • 暑中お見舞い申し上げます(中京記念、展望)
  •  今年で6回目を迎えるマイル戦での中京記念。その間一番人気の馬が5着以内に入った事がなく、馬連万馬券が2回、馬単万馬券が4回、単勝が10倍以上だった事が4回。違う言い方をするならば、馬連で約50倍の配当が”最低でも”記録されているレース。 直線が長くコーナー2回の大箱、上り、下りの勾配がきつくタフなマイル戦。これだけを考えるならば底力が問われる舞台であり、そこまで波乱の匂いがしないレースなのだが、実際は荒れ [続きを読む]
  • 腰砕けのワルツ(函館記念、他、今日の買い目)
  •  それでは今日のWIN5を。先週は2万2千円の固め決着だったけど勿体ない事したね。12点選んで一頭出走取消だったから実質8点買い。それで取れれば中々のものだったけど、最後の最後福島メインでやっちゃった。普通に選べば取れたかなぁ。 と、久々惜しかったもんでちょっと愚痴ってみました。では、行ってみましょう。 まずは中京10R「シンガポール・ターフクラブ賞」が3歳1000万円以下クラスによる芝2000M定量戦。 高低差が激 [続きを読む]
  • 腰砕けのワルツ(函館記念、枕)
  •  世の中には、突然襲い掛かるトラブルが有る。いきなり上から鉄パイプが落ちて来る(最近、それでプロ野球選手が怪我したね)とか、電車とホームの間の隙間に人波に押されて落ちてしまったりとか。 今回はそんな、突然巡って来た逃れられなかったトラブルのお話。 あれは私が京王線から新宿乗り換えJR中央線って通勤方法で四谷、水道橋方面に向かっていた頃だから00年か01年。競馬でいえばテイエムオペラオーが8連勝(うちGⅠ5 [続きを読む]
  • 難解サマー2000(函館記念、展望)
  •  北海道は日本の中でも特殊な気候の地区で、日本のそれ以南とでは生態系が若干違うらしい。例えば熊。普通、本州などに居る熊はツキノワグマだが、北海道に居るのはヒグマだ。どうこがどう違うと言えば、一番大きな特徴はその体のサイズらしい。 それを競馬に落とし込むと、単純に芝の話になる。ご存知の通り函館、札幌の北海道2場は洋芝100%だ。日本の競馬で野芝と呼ばれている種類の芝は、気候の関係から北海道では発育しな [続きを読む]
  • せめてゼロまで進ませてくれ(フェブラリーSレース回顧)後編
  •  カフジテイクを所有する加藤守オーナーは名古屋を拠点に旅館を経営し、旅行業も営む老舗の馬主。53年も馬を持ち続け、今回が初めてGⅠを制覇出来るかもしれないというチャンス。同じ事は管理する湯窪幸雄にも言えて、開業して18年目、未だGⅠ勝利のない調教師だ。 50歳を過ぎて自分の厩舎を開業させた人だからか、かつての自分の英雄だった福永洋一騎手への憧れが強い。それが高じて息子の祐一騎手へラブコールを送り続けていた [続きを読む]
  • 「地道」を重ねた向こう側(プロキオンS、他、今日の買い目)
  • では本日のWIN5を。 まずは中京10R「有松特別」が3歳以上1000万円以下クラスによる芝1600Mハンデ戦。 昨年の秋華賞3着馬で既に一度現級を勝ち上がっている⑥カイザーバル実留高デムーロが久々を一叩きしてここへ。当然、マークが必要。これにレベルが高いと評判の今年の3歳牝馬戦線の中でチューリップ賞4着(上位2頭は阪神JF、桜花賞でも3着以内)という良績のある⑤ミリッサ福永祐一が500万を卒業して挑む。 普通に考えれば [続きを読む]
  • 「地道」を重ねた向こう側(プロキオンS、枕)
  • 「もう俺、工場長辞める。昨日朝礼で言ったってのに、また挨拶しねえ。メーカーの人連れて工場見学してる時にそんな事されたら、文句言われるのは俺なんだぞ。お前がやってみろってんだ」 仕事終わりで現場事務所に行くと、私が子狐と心の中で呼んでいる工場長がそう言って大きな声で愚痴を零していた。うんざりしながら素通りする。私のロッカーはこの現場事務所の向こう側に有るので、そこを通らない訳にはいかないのだ。 元々 [続きを読む]
  • 僕らの居るのは「天の川銀河」(七夕賞、展望)
  •  願い事にも大きい、小さいは在る。年齢を重ねれば重ねる程に自分自身に対する願い事は小さくなるように感じるが、している事は反比例して大きかったりもする。物の見方は千差万別。それでも願い事の短冊を並べ、その想いは花火に乗って舞い上がり、雲の下にぶら下がっている。ローカル開催の訪れを告げる七夕賞は、そんな季節の風物詩だ。 小回り平坦コースの福島で行われるハンデ戦。12頭立てってのは寂しい気もするが、逆に難 [続きを読む]
  • 矢倉、棒銀、正攻法(ラジオNIKKEI賞、他、今日の買い目)
  •  それでは今日のWIN5を。 まず中京10R「香嵐渓特別」が3歳以上1000万円以下クラスによるダート1400M定量戦。 圧倒的な人気になっているのが米国ベルモントS挑戦を目指したエピカリスと0.1秒差の接戦を演じた⑧アディラート武豊。海外遠征のUAEダービー以外は崩れていないし、既に古馬1000万円以下クラスで2着している。叩き2戦目であっさりだろう。 続いて福島10R「さくらんぼ特別」が3歳以上1000万円以下クラスによる芝1200M [続きを読む]
  • 矢倉、棒銀、正攻法(ラジオNIKKEI賞、枕)
  •  将棋のスーパー中学生の連勝が続き、珍しく将棋の話題が注目を集めている。私が昔に営業していた時、売り物のコンテンツの中に将棋の雑誌に載せる広告と、そのインターネットサイトに載せるバナー広告があった。 日本の将棋人口は800万人と言われている。ほぼ、競馬人口と同じくらいだ。そう、一般受けしないようだが根強い人気がある。私が売っていたバナー広告も隠れた人気商品だった。何しろ対局制のそのサイトに登録してい [続きを読む]
  • 紫電一閃、電光石火(CBC賞、展望)
  •  夏のスプリント戦線は熱い。短距離戦が組み易いという事情もある。公営競馬などに行けばメインが1600M戦〜1800M戦でその下のクラス(つまりは一日でそこに至るまでのレース)は軒並み1400M以下の短距離戦という番組編成など日常茶飯事だ。 つまり、距離が長くなればなる程、競走馬として求められる資質は多くなる。そこに至る事が出来ない馬でも短距離戦のスピードは何とか持ち合わせているっていうのが一つの事実、もう一つは [続きを読む]
  • 季節の節目に颯爽と(宝塚記念、展望)
  •  立場が人を育てるっていうのは良く聞く言葉だが、競馬の年度代表馬って肩書きにも似たような効力があるのではないか?ふと、そんな事を考えた事が何度かある。 例えば昨年、キタサンブラックは春天、JCのGⅠ2勝。勝ち鞍だけならば香港チャンピオンズ・マイル、秋天、香港Cの3つを勝ったモーリスの方が上だし、サトノダイヤモンドは菊花賞、有馬記念の2つでキタサンに並び、直接対決で勝利している。 優勝劣敗の勝負の世界で [続きを読む]
  • 何が大事か考えた(安田記念、他、今日の買い目)
  •  それでは今日のWIN5を。 まず東京9R「ホンコンジョッキーCT」が3歳以上500万円以下クラスによる芝2000M定量戦。 500の条件戦、芝2000Mを走り切る体力のある馬などどの程度居るのだろう?という状況で10頭立ての少頭数。但し、上位数頭は実力伯仲で絞り込むのは容易ではない。 なので脚質。前へ行ける馬を上位に取って2頭に絞った。即ち②バルデス栗栖都府ルメールと⑤サーベラージュ&ジョアン・モレイラで。 続いて京都10R [続きを読む]
  • 何が大事か考えた(安田記念、枕)
  •  人はその生涯において何回財布を落とすだろう? いや、今はケータイも重要だ。それを含めた貴重品を紛失した時、その重大さに血の気が引き、頭はクラクラし、どう対処したら良いか絶望の中で思案する事になる。 私は昔、同乗者の財布が失くなり、それが置き引き被害にあった場に居合わせた事がある。当時私は、訪問販売の仕事をしていた。悪い言い方をすれば押し売りだ。(最近じゃ押し買い業者が流行ってるらしいね) 販売訪 [続きを読む]