相場阿尊 さん プロフィール

  •  
相場阿尊さん: 週末の風鈴火斬
ハンドル名相場阿尊 さん
ブログタイトル週末の風鈴火斬
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/tomoko915/
サイト紹介文理想(ベスト)を求めて現実(リアル)と取っ組み合う。それが競馬の本質だと思います。
自由文三十代、独身。毎日何とか凌いでます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2008/08/28 23:36

相場阿尊 さんのブログ記事

  • 腰砕けのワルツ(函館記念、他、今日の買い目)
  •  それでは今日のWIN5を。先週は2万2千円の固め決着だったけど勿体ない事したね。12点選んで一頭出走取消だったから実質8点買い。それで取れれば中々のものだったけど、最後の最後福島メインでやっちゃった。普通に選べば取れたかなぁ。 と、久々惜しかったもんでちょっと愚痴ってみました。では、行ってみましょう。 まずは中京10R「シンガポール・ターフクラブ賞」が3歳1000万円以下クラスによる芝2000M定量戦。 高低差が激 [続きを読む]
  • 腰砕けのワルツ(函館記念、枕)
  •  世の中には、突然襲い掛かるトラブルが有る。いきなり上から鉄パイプが落ちて来る(最近、それでプロ野球選手が怪我したね)とか、電車とホームの間の隙間に人波に押されて落ちてしまったりとか。 今回はそんな、突然巡って来た逃れられなかったトラブルのお話。 あれは私が京王線から新宿乗り換えJR中央線って通勤方法で四谷、水道橋方面に向かっていた頃だから00年か01年。競馬でいえばテイエムオペラオーが8連勝(うちGⅠ5 [続きを読む]
  • 難解サマー2000(函館記念、展望)
  •  北海道は日本の中でも特殊な気候の地区で、日本のそれ以南とでは生態系が若干違うらしい。例えば熊。普通、本州などに居る熊はツキノワグマだが、北海道に居るのはヒグマだ。どうこがどう違うと言えば、一番大きな特徴はその体のサイズらしい。 それを競馬に落とし込むと、単純に芝の話になる。ご存知の通り函館、札幌の北海道2場は洋芝100%だ。日本の競馬で野芝と呼ばれている種類の芝は、気候の関係から北海道では発育しな [続きを読む]
  • せめてゼロまで進ませてくれ(フェブラリーSレース回顧)後編
  •  カフジテイクを所有する加藤守オーナーは名古屋を拠点に旅館を経営し、旅行業も営む老舗の馬主。53年も馬を持ち続け、今回が初めてGⅠを制覇出来るかもしれないというチャンス。同じ事は管理する湯窪幸雄にも言えて、開業して18年目、未だGⅠ勝利のない調教師だ。 50歳を過ぎて自分の厩舎を開業させた人だからか、かつての自分の英雄だった福永洋一騎手への憧れが強い。それが高じて息子の祐一騎手へラブコールを送り続けていた [続きを読む]
  • 「地道」を重ねた向こう側(プロキオンS、他、今日の買い目)
  • では本日のWIN5を。 まずは中京10R「有松特別」が3歳以上1000万円以下クラスによる芝1600Mハンデ戦。 昨年の秋華賞3着馬で既に一度現級を勝ち上がっている⑥カイザーバル実留高デムーロが久々を一叩きしてここへ。当然、マークが必要。これにレベルが高いと評判の今年の3歳牝馬戦線の中でチューリップ賞4着(上位2頭は阪神JF、桜花賞でも3着以内)という良績のある⑤ミリッサ福永祐一が500万を卒業して挑む。 普通に考えれば [続きを読む]
  • 「地道」を重ねた向こう側(プロキオンS、枕)
  • 「もう俺、工場長辞める。昨日朝礼で言ったってのに、また挨拶しねえ。メーカーの人連れて工場見学してる時にそんな事されたら、文句言われるのは俺なんだぞ。お前がやってみろってんだ」 仕事終わりで現場事務所に行くと、私が子狐と心の中で呼んでいる工場長がそう言って大きな声で愚痴を零していた。うんざりしながら素通りする。私のロッカーはこの現場事務所の向こう側に有るので、そこを通らない訳にはいかないのだ。 元々 [続きを読む]
  • 僕らの居るのは「天の川銀河」(七夕賞、展望)
  •  願い事にも大きい、小さいは在る。年齢を重ねれば重ねる程に自分自身に対する願い事は小さくなるように感じるが、している事は反比例して大きかったりもする。物の見方は千差万別。それでも願い事の短冊を並べ、その想いは花火に乗って舞い上がり、雲の下にぶら下がっている。ローカル開催の訪れを告げる七夕賞は、そんな季節の風物詩だ。 小回り平坦コースの福島で行われるハンデ戦。12頭立てってのは寂しい気もするが、逆に難 [続きを読む]
  • 矢倉、棒銀、正攻法(ラジオNIKKEI賞、他、今日の買い目)
  •  それでは今日のWIN5を。 まず中京10R「香嵐渓特別」が3歳以上1000万円以下クラスによるダート1400M定量戦。 圧倒的な人気になっているのが米国ベルモントS挑戦を目指したエピカリスと0.1秒差の接戦を演じた⑧アディラート武豊。海外遠征のUAEダービー以外は崩れていないし、既に古馬1000万円以下クラスで2着している。叩き2戦目であっさりだろう。 続いて福島10R「さくらんぼ特別」が3歳以上1000万円以下クラスによる芝1200M [続きを読む]
  • 矢倉、棒銀、正攻法(ラジオNIKKEI賞、枕)
  •  将棋のスーパー中学生の連勝が続き、珍しく将棋の話題が注目を集めている。私が昔に営業していた時、売り物のコンテンツの中に将棋の雑誌に載せる広告と、そのインターネットサイトに載せるバナー広告があった。 日本の将棋人口は800万人と言われている。ほぼ、競馬人口と同じくらいだ。そう、一般受けしないようだが根強い人気がある。私が売っていたバナー広告も隠れた人気商品だった。何しろ対局制のそのサイトに登録してい [続きを読む]
  • 紫電一閃、電光石火(CBC賞、展望)
  •  夏のスプリント戦線は熱い。短距離戦が組み易いという事情もある。公営競馬などに行けばメインが1600M戦〜1800M戦でその下のクラス(つまりは一日でそこに至るまでのレース)は軒並み1400M以下の短距離戦という番組編成など日常茶飯事だ。 つまり、距離が長くなればなる程、競走馬として求められる資質は多くなる。そこに至る事が出来ない馬でも短距離戦のスピードは何とか持ち合わせているっていうのが一つの事実、もう一つは [続きを読む]
  • 季節の節目に颯爽と(宝塚記念、展望)
  •  立場が人を育てるっていうのは良く聞く言葉だが、競馬の年度代表馬って肩書きにも似たような効力があるのではないか?ふと、そんな事を考えた事が何度かある。 例えば昨年、キタサンブラックは春天、JCのGⅠ2勝。勝ち鞍だけならば香港チャンピオンズ・マイル、秋天、香港Cの3つを勝ったモーリスの方が上だし、サトノダイヤモンドは菊花賞、有馬記念の2つでキタサンに並び、直接対決で勝利している。 優勝劣敗の勝負の世界で [続きを読む]
  • 何が大事か考えた(安田記念、他、今日の買い目)
  •  それでは今日のWIN5を。 まず東京9R「ホンコンジョッキーCT」が3歳以上500万円以下クラスによる芝2000M定量戦。 500の条件戦、芝2000Mを走り切る体力のある馬などどの程度居るのだろう?という状況で10頭立ての少頭数。但し、上位数頭は実力伯仲で絞り込むのは容易ではない。 なので脚質。前へ行ける馬を上位に取って2頭に絞った。即ち②バルデス栗栖都府ルメールと⑤サーベラージュ&ジョアン・モレイラで。 続いて京都10R [続きを読む]
  • 何が大事か考えた(安田記念、枕)
  •  人はその生涯において何回財布を落とすだろう? いや、今はケータイも重要だ。それを含めた貴重品を紛失した時、その重大さに血の気が引き、頭はクラクラし、どう対処したら良いか絶望の中で思案する事になる。 私は昔、同乗者の財布が失くなり、それが置き引き被害にあった場に居合わせた事がある。当時私は、訪問販売の仕事をしていた。悪い言い方をすれば押し売りだ。(最近じゃ押し買い業者が流行ってるらしいね) 販売訪 [続きを読む]
  • 本来最も盛り上がらなければならない後夜祭(安田記念、展望)
  •  音無秀孝調教師の立場になって考えてみる。何とも痛いのが先週、日本ダービーを一番人気で出走したアドミラブルの敗退。そして今週、同じ馬主の有力馬アンビシャスが春の連続GⅠ開催の最後に登場する。 彼にとって両頭の馬主、近藤英子さんは一番に近いVIPだ。過去にもカンパニー、ヴィクトリーというGⅠ勝利を飾る馬を預けてくれ、09年などはカンパニーの躍進によって初のタイトル(賞金王)を獲得。翌年には今のところ唯 [続きを読む]
  • その濃さによって称号は輝く(東京優駿レース回顧)後編
  •                   ミ 彼は勘で動く感覚派でルメールは読みで動く理論派だ。枠順、位置取りの差もあったが、勝利への道筋が見える彼は、見えない時に持ち前の繊細さを露呈してしまう癖がある。指摘されるスタート出遅れの多さなどはその性格、精神面に起因している。 18人の当事者と18頭の若駒が走る2400M戦には、様々な出来事が考えられる。機微を拾い、匂いを嗅ぎ取り、気配を察知して数秒先の未来へ向けて [続きを読む]
  • その濃さによって称号は輝く(東京優駿レース回顧)前編
  •  憧れが空気を重くする。高揚した感情がびっしりと並び、爆ぜる思いが犇めき合う。勝ちたい。出たい。走らせたい。まるで野球少年が皆、甲子園に焦がれるように、人前で歌う者が皆、日本武道館へ夢を馳せるように、全てのホースマンはその日を迎える。 浮遊した望みが吸い込まれて空気は益々濃く、息苦しい程に重くなる。鋭利な刃物のような緊張、重ねられた歴史、ひりひりする程の特別感。それが「優駿」という名のレース。別名 [続きを読む]
  • 燻りの果てに(日本ダービー、枕)
  •  自信はハードワークによって作られる。自信はやがて信念になる。 信念が有るから、自分を貫ける。その為によりハードワークをする。その循環が、良い結果を生む。 と、いう元ラグビー日本代表監督エディ・ジョーンズ氏(現在は英国代表の監督)のインタビューを雑誌で読みながら、仕事の合間の昼休み、束の間のスモーキン・タイム。揺れる紫煙をくゆらせながらベンチに腰掛けぼんやりと考えを巡らせる。 家の中で喫煙する事が [続きを読む]
  • 燻りの果てに(日本ダービー、他、今日の買い目)
  •  今回WIN5はなしで。また、時間の関係で枕よりも先に買い目を。東京10R「日本ダービー」は今更説明の必要ないGⅠレース。買い目はまず単勝で⑱アドミラブル実留高デムーロを。続いて3連単決め打ち。1着をアドミラブル固定。ヒモに指名は⑩ベストアプローチ岩田康誠と⑫レイデオロ栗栖都府ルメール。これで3連単は2点。もう一つ馬連で⑱から⑩、⑫と流して2点。続いて東京12R「目黒記念」 ここは馬連一点。人気でも①モン [続きを読む]
  • 全ての川は大海へ至る(日本ダービー、展望)
  •  結末間際になって、とんでもねえのが出て来たな。 今年の牡馬クラシック戦線、青葉賞を観た後の感想だ。それ程に勝ち馬アドミラブルの走りは凄まじかった。奇しくも、本番と同じ舞台であるこのTRレースを重用してきた現役最大の大物トレーナーが自分の方針を撤回して王道を歩んだその年に、こういう素材が立ちはだかる事態に陥るとは、何という皮肉。 そう、デビューした馬は一旦全て、ダービーを目指す。そこが頂点だ。重賞 [続きを読む]
  • 王冠は近くて遠い(優駿牝馬レース後記)
  •  スタートと同時に思惑は交差した。断然人気のソウルスターリングは鞍上のルメールがレース後のインタビューで答えているように、乗る方にも距離に対する不安があった。スタートの良い馬が好枠だけに、どの辺りの位置を取るかがポイントだったが、先頭を窺う程の好発進。出っぱ自体よりも二の足の速さが目に付いた。 隣のフローレスマジックと戸崎圭太は思い切って先頭へ。行く馬が居ないメンバー構成だっただけにどの馬が行くか [続きを読む]
  • 花束を君に(優駿牝馬、他、今日の買い目)
  •  それでは今日のWIN5を。 まずは京都10R「鳳雛S」が3歳OPクラスによるダート1800M別定戦。 伏竜S2,3着の①サンライズノヴァ松若風馬、⑥グランドディアマン国分優介が有力。特にディアマンの方は追い切りも意欲的。重馬場ダートでの強さが乾いた良馬場の時にどう出るかだけが不安。 そんぼ場合に浮上するのが休み明けの④エルディクラージュ松山公平と読んだ。3歳馬だけに余談を許さないが、これ以上点数は広げられ [続きを読む]
  • 花束を君に(日本オークス、枕)
  •  人はその生涯で何回花を贈るだろう? 昔、ふとそんな事を考えた事が在る。今の尺度で単純計算してみても、割と付き合いの多い人でLINEの友達登録している人が300人位(これが多いか少ないかは人による)。その中で仕事上の付き合いの人が半分。 更に昔から親交は有るけれど今は全く連絡を取り合っていないような人がその半分だと大雑把に計算した時、更にその中から花を贈っても気持ち悪がられない関係(男同士の友人同士 [続きを読む]