相場阿尊 さん プロフィール

  •  
相場阿尊さん: 週末の風鈴火斬
ハンドル名相場阿尊 さん
ブログタイトル週末の風鈴火斬
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/tomoko915/
サイト紹介文理想(ベスト)を求めて現実(リアル)と取っ組み合う。それが競馬の本質だと思います。
自由文三十代、独身。毎日何とか凌いでます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2008/08/28 23:36

相場阿尊 さんのブログ記事

  • 温故知新と人は言う(皐月賞、他、今日の買い目)
  • それでは今日のWIN5を。 まずは阪神10R「陽春S」が4歳以上1600万円以下クラスによるダート1200Mハンデ戦。 あまりこれといった馬も居ない面々ならば、すっと良い位置を取れる馬の流れ込みに期待する。8枠両頭、⑮センターピース浜中俊と⑯キャプテンシップ川又で。 続いて中山10R「春雷S」が4歳以上OPクラスによる芝1200M外回りのハンデ戦。 ここもこれ!って馬が居ないのならば、良い位置に付けて流れ込むタイ [続きを読む]
  • やっと気付いたと僕は言う(皐月賞、枕)
  • 今週は知り合いの誕生日があったので、その人の事を踏まえ、草バスケ時代の事を。 バスケットボールは基本的に室内競技だ。体育館のような施設で行う。が、その施設を確保するのが思いの他難しい。草野球やフットサルなどと比べると雲泥の差だ。 それなりの料金の安さで使える環境となると、公立中学校の地域開放という制度を使えるならそれにこした事はない。だがそこは狭き門で、ママさんバレーやバドミントンなどの競技で使 [続きを読む]
  • THE群雄割拠(皐月賞、展望)
  • ”猛風”ファンディーナ。そんな言葉がぴったりくる程に、彼女は猛々しい。トップスピードで走っている時、切り裂く風の流れさえ目に見えるような美しい走りをする馬は稀に居るが、それが道中からとなると父ディープインパクト以来か? 騎手が少しでも手綱を緩めればそのままぶっ飛んで行ってしまいそうな程に手応えが良く、それを鞍上が懸命に宥める。威圧感ならぬ弾力感が異常なまでに発達していて、その独特のバネのある走りは [続きを読む]
  • 寒暖激しい谷間の戦い(アンタレスS予想と買い目)
  • 春の足音と共に彼らは裏へ回る。若駒達が世代最強を競うクラシック、新たな大坂の陣を加えて形だけでも3冠の体を成した古馬戦線に舞台を譲り、地方との交流競走に軸足を置き、来る収穫の冬に向けて牙を研ぐ。 ダート古馬戦線の事だ。5月の大型連休GWを標的にした千葉県船橋市の「かしわ記念」、すっかり定着したTCK(東京シティ競馬)ナイターの目玉6月の大井「帝王賞」。大舞台と言えるのはその位。2月のフェブラリーから [続きを読む]
  • ファースト・タイム・ラブリー(桜花賞、他、今日の買い目)
  •  それでは今日のWIN5を。 まずは中山10R「隅田川特別」で4歳以上1000万円以下クラスによる芝1600M外回りのハンデ戦。 普段先行し場合によっては逃げる馬が、前走はまさかの出遅れ。それでもメンバー次位の末脚で捲り、僅差2着は現級上位の実力を証明するもの。ハンデ56キロもこの馬にとっては近走より軽いもの。当然、勝機十分の④リンクス内田博幸。 馬場の悪化の得手不得手も込みで、この馬よりも先着出来る可能性の有 [続きを読む]
  • FAST TIME LOVELY(桜花賞、枕)
  •  英語では「初めて見た」、「初めて聞いた」などの「初体験」の瞬間を、ファースト・タイムと言うらしい。 また、「素敵な」、「楽しい」、「良いね」などをラブリーと表現するそうだ。だから返事にもラブリーって返しがあるし、ワンダフルって意味でもラブリーって使う。 初体験するラブリーなものってはとても新鮮で、刺激的で、ワクワク心躍るような要素があるが、いつ会ってもそんな気分になる面白い人間も世の中には居る。 [続きを読む]
  • 750本の桜の下で(桜花賞、展望)
  • 今年の3歳牝馬は非常にレベルが高い。2歳戦の頃からそう言われてきたが、実際にその通りの百花繚乱。筆頭が欧州競馬史上最強の声も上がり、既に21世紀の名馬10選に間違いなく入ると言われる”怪物”フランケルの仔の中で世界中で最初のGⅠホースとなった2歳女王ソウルスターリング。 元々そのソウル以上に評判になっていたのが同じフランケル産駒で牝馬同士の戦いを飛び越えて朝日杯に挑戦し一番人気に推されたミ・スエルテ(結 [続きを読む]
  • 色付く頃には開花して(阪神牝特、予想と買い目)
  •  桜花賞が行われる前日に、先輩牝馬が同舞台同コースを走る重賞。昨年からこの阪神牝特はそういうレースになった。中々洒落ていると思う。また同時に、このレースが今後のヴィクトリア・マイルにおける最重要ステップになりそうだ。 14年の桜花賞を勝った先輩GⅠ馬がこのレースよりも高松宮記念の方が相手関係組し易しと読んでそっちに回ったって事実だけでも、今回のメンバーが粒ぞろいだって事が理解出来る。言うまでもなく、 [続きを読む]
  • 歌えラブ・ミー・テンダー(大阪杯、他、今日の買い目)
  •  それでは新年度最初のWIN5を。まずは阪神9R「御堂筋S」で4歳以上1600万円以下クラスによる芝2400M外回りのハンデ戦。 8頭の少頭数のうち近5走で一度でも上がり最速をマークした事がある馬が5頭。いつも逃げている馬が一頭という並び。逃げ馬が休み明けだから引っ掛かる可能性もあるが、騎手や陣営の思惑はスローからの瞬発力勝負で一致している事だろう。 ならば思い切ってその逃げ馬を狙おう。即ち⑤ノーブルマーズ [続きを読む]
  • 歌えラブ・ミー・テンダー(大阪杯、枕)
  •  今年1月の事だ。ケータイをiPhoneに変えた事だし、インターネットの環境も整理しようと思って取扱店に足を運んだ。支払いを一括にすれば安くなるらしい、面倒もなくなる。 で、前のケータイを処分して貰う用事などと一緒に済まそうと思ったんだ。そしたら、直ぐに済むと思われた要件が、思いの外長引いた。 まずもって、私は面倒臭いのが嫌だ。極論、定期券を買う為に並ぶのとかも嫌いだ。(今は紙の定期券じゃなくなった [続きを読む]
  • 初代、大阪春の陣(大阪杯、展望)
  •  2000M戦の本質は、1F11秒台のラップで走り続ける事の出来る限界距離。だからこそ中長距離のカテゴリーに入る2200M戦以上とは、似ているが求められるスピードの質が違う。 但し、その理論でいくと2200Mは2.10.9という1F11秒9平均を上回る事は出来ないのだが、昨年中京競馬場で2.09.9という日本レコードが誕生した。例の高松宮記念、突然高速馬場出現の頃だ。 そして、馬場だけでなく馬の進化や驚異的な走りによってそん [続きを読む]
  • その名を紡ぎ何百年(ダービー卿CT、予想と買い目)
  • ”遅れてきた怪物”モーリスが圧巻の内容で重賞初制覇を成し遂げた記憶がまだ新しいダービー卿CTという重賞。同じ月の皐月賞では”AG最後の仔”ドゥラメンテがどんでもない膨れ方をしたコーナリングの後、ミサイルみたいな信じられない末脚でかっ飛んでみせた。 奇しくも2頭を管理していたのは同じ厩舎。そう、今年も関東調教師リーディング2位(全国だど12位なんだけどね)につけている堀 宜之(のりゆき)厩舎だ。 調教師 [続きを読む]
  • 刻まれるナンバー(高松宮記念、他、今日の買い目)
  • それではWIN5の買い目を。 ますは中山10R「常総S」が4歳以上1600万円以下クラスによる芝2000M内回りのハンデ戦。 人気馬にどうも違和感を覚えるので、思い切った狙いでいく。メンバー最多の中山4勝を誇る⑨パワースラッガー柴田善臣。ここで人気の一角サトノスティングに前走で勝っていてハンデも手頃なのに全く人気がない。 もう一頭、既に現級で2着が二回ある⑮マイネオーラム柴田大知も手頃な斤量で勝機も十分。ここ [続きを読む]
  • 刻まれるナンバー(高松宮記念、枕)
  • この前、深夜にサッカーのW杯アジア最終予選を観ていた時に、ある違和感を覚えた。2点目のゴールを決めたのは2年振りに代表に召集されたガンバ大阪のベテランMF今野選手。だが、背番号17で同じポジションだと、どうしても代表主将の長谷部誠と勘違いしてしまう時がある。 体形も違う、顔付も動き方も違う。だけど、頭で解っていても感覚的に長谷部を観ているような気分になってしまう時がある。これは記憶として刷り込まれている [続きを読む]
  • 雨の尾張は天下布武へと続く道(高松宮記念、展望)
  • 1ハロンを11秒2以内。このスピードを維持するのは4Fが限界だ。調度、馬が無酸素運動で走れる限界距離。人間で言うところの400M走。だからこそ4Fを44秒台で走れる事には価値があるし、2Fを22秒台前半で走れる瞬発力は極上だ。 6F=1200Mを走るスプリンターにはこの極上のスピードが必要とされ、尚且つ足りない2Fに関しては何処までこの極限のスピードに近付けるかが課題になってくる。そして足りなくなる区間はほぼ、最初と最 [続きを読む]
  • 始まりはいつもワクワクで(日経賞、ドバイ3競走の買い目)
  •  今週の土曜競馬は例年ならば天皇賞(春)のステップレースとなる日経賞。実際にここを叩き台にしてマイネルキッツ(09年)、フェノーメノ(13年、14年)と春天馬となっているレースなのだが、今年はちょっと様相が違う。 断然人気ゴールドアクターがここをステップにして春天をスキップし、6月の宝塚記念に向かうローテ―を既に発表済みだからだ。 まぁ、その他の馬が春天で勝負になる可能性もあるのだが、元々Gアクターは北勝 [続きを読む]
  • 曲者揃いのTR(スプリングS、展望)
  •  日曜競馬はクラシックTRのスプリングS。弥生賞と並ぶ牡馬路線の主要ステップレース。今年は11頭と出走馬が少ないが、2歳王者サトノアレスを筆頭に中々の曲者が集った。 このレースの厄介なところは位置取りが大きく勝敗を左右するところか。過去10年の勝ち馬の4角通過順を見ていくと、07年のフライングアップルこそ11頭立て10番手というほぼ最後方からの追い込みが嵌まったが、その後は2、7、1、3、2、3、1、5番手で通過してい [続きを読む]
  • ローカルKINGかもしれないが(ファルコンS、展望と買い目)
  •  さて今週は3日間開催。そして3日連続重賞という流れ。来週にはGⅠ高松宮記念から大阪杯、桜花賞、皐月賞と続く連続頂上レース。間にはドバイ・ミーティングもあり、競馬の本格的なシーズンの到来だ。 その初日が中京のファルコンS(GⅢ)な訳だが、このレースの勝ち馬、好走馬が向かう先が正直、見えない。それは過去の傾向からも明らかで、後にGⅠを勝った馬は09年のジョーカプチーノくらいのもの。 必然的に、集った出走馬の [続きを読む]
  • かつて誰もが感電れてた(中山牝馬S、他、今日の買い目)
  • 「感電(しび)れる」って表記の仕方、先週思い付いたんだけど、自分で気に入ったから二日続けて使っちゃったよ。 では、本日のWIN5を。まずは阪神10R「甲南S」で4歳以上1600万円以下クラスによるダート2000Mハンデ戦。 ハンデ戦なのに10頭立てと頭数が少ないのは、芝スタートのコースだという特殊性か。ダートは2000Mこそが本来選手権距離なのだから、このカテゴリーはもっと活気に満ちて欲しい。 とは言え準OPのこのクラスは [続きを読む]
  • かつて誰もが感電れてた(中山牝馬S、枕)
  • 今週は野球、それも侍ジャパンの話だ。何と言っても第4回のWBCが始まっていて、今日のVSオランダ戦は対戦相手を見渡しても一番の強豪。おまけに先発が福岡ソフトバンクのハーデンバーグだ。 この投手は今現在のNPB=日本プロ野球界において5本の指に間違いなく入る先発投手だ。パ・リーグ限定だと3本の指に入る(後の二人は当然の大谷翔平と、怪我から復調した場合のオリックス金子千尋だ。序にセの残る二人は広島のジョンソンの [続きを読む]
  • 荒れる青写真(フィリーズ・レビュー、展望)
  •  で、日曜競馬は東西共に牝馬限定戦。どちらの展望を書こうか考えたんだけど、あまり人がやらない方のレースにしようという事で、フィリーズ・レビューを。 過去10年の成績一覧を見て行くと、荒れてる事は一目瞭然。馬連の最低配当が2013年の2370円。万馬券こそ08年の一度だけだが平均して毎年3000円〜6000円の間で決着がついている。 更に内訳を見て行くと一番人気は10年で5回連対(2着以内)している。それ以外の5回の内4回は [続きを読む]
  • 感電(しび)れる程に駆け抜けて(金鯱賞、展望と買い目)
  •  グレード制って名の元にレースの格を付けていく訳だけれど、一番格が曖昧なのがGⅡとGⅢの境界線だ。この間のステップアップは、実際ないに等しい。 それがごく稀に、GⅠの前哨戦として相応しい、場合によっては本番以上のメンバーが集まるスーパーGⅡレースが出現したりする。この頻度を上げる事が、GⅠへの期待感と気運を高めるのに重要な事は、番組制作者でなくても解る事なのだが、実際そう上手く集まるかはまた別の話。  [続きを読む]
  • 大人の事情(弥生賞、他、今日の買い目)
  •  それでは今日のWIN5の買い目を。 まずは阪神10R「ポラリスS」で4歳以上OPクラスによるダート1400M定量戦。 今の勢いならば必ず上位争いしてきそうなのが⑮スマートアヴァロン&実留高デムーロ。舞台を短距離ダートに限定しているからか、非常に成績が安定している。人気でも外す理由が見当たらない。 但し、取りこぼしの可能性は否定出来ない。では、何が足元を掬うのか。差し脚堅実なアヴァロンの対抗馬として考え [続きを読む]