otto さん プロフィール

  •  
ottoさん: 中間建築設計工房ブログ
ハンドル名otto さん
ブログタイトル中間建築設計工房ブログ
ブログURLhttp://blog.nakama-a.com/
サイト紹介文大阪で住宅を中心に設計しています。仕事、生活いろいろの日々のメモ。
自由文hibimemo:建築家日々のメモ。
sumamemo:住宅の設計を通じた疑問 質問 調べた事など。これから住宅を建てる方、今建てている方にも。
中間建築設計工房@大阪
http://www.nakama-a.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2008/08/29 15:05

otto さんのブログ記事

  • ムツゴロウ
  • 今年は、お盆休みを3日頂いて佐賀に行ってきました。目的は、下の子の部活関係で全国大会が佐賀であるのでその見学。ついでに母方の田舎が佐賀ですので、そこに一泊してきました。ということで、建築は一切なしでしたが一枚だけ撮ったのが上の写真です。初め見た時はビックリしましたが公衆便所です。そうです。佐賀といえば有明海有明海といえば「ムツゴロウ」ということで、公衆便所もムツゴロウでしたね。公衆便所の設計は私も [続きを読む]
  • 前半が終了です
  • 今日は6月30日。今年も今日で前半が終了です。早いですね。今年の前半も色々ありました。上の写真はYビルですがちょうど物置を置いてある所とその後ろの所に増築工事を行います。と同時に、ビル全体の大規模改修工事や内部工事等々も行う予定です。現在順調に進んでいまして秋着工予定です。その他にも色々施主様と計画等進んでおります。また、講師のお仕事、鑑定のお仕事等々も色々行っております。プライベートでは昨年末父を [続きを読む]
  • 自走式掃除機
  • 昔から家事と言えば掃除、洗濯、料理・・・と言うくらいで掃除はとても大変だったと思います。しかし、この自走式掃除機(ルンバ)が登場してとても楽になりました。我が家もルンバになってから6年ほど今では普通の掃除機は持っていません。我が事務所が設計した住宅では城東の家の施主様が買われたのが初めてだったと思いますね。約10年前でしょうか。最近では、設計段階から要望にルンバ使用を含まれることが多いですね。ルンバ [続きを読む]
  • 桜がきれいです
  • この写真は昨日大阪城公園で撮りました。この時期、我が事務所の廻りは一年で一番盛り上がります。ただでさえ外国人観光客でいっぱいのなのにこの時期は大阪市内から続々と集まってきます。もちろん、この大阪城公園の桜が特別美しいから集まってきているのではありません。ゆったりとお酒を飲めるスペースが沢山あるから集まって来るのですよね。ちなみにこの時期とても美しい桜ですが住宅の庭木には向きません。というのも、とて [続きを読む]
  • 建築が泣いている
  • この写真は最近ニュースを賑わしているあの小学校です。先日たまたま近くを通ったので見てきました。ある議員さんが中華料理屋て言っていましたけど私には立派な建物に見えましたね。大阪の小学校はどこも同じ作りで殺風景な校舎ばかりなのに対して切妻屋根に大量の木材の使用。色も日本の伝統色で今は少し派手な感じがするけれども時間と共に落ち着きが増していく校舎だと感じました。真上を飛行機が通るのでその騒音はあるけれど [続きを読む]
  • 増築工事と講師
  • Y-bldgは伊丹市に建つ事務所ビルです。設計をスタートしたのが2000年で竣工したのが2002年ですからもう築15年になります。そして、今年、大規模改修工事と同時に増築工事を行うことになりました。現在設計進行中です。いつも思うのですが建てて終わりでなく、ずっとお付き合いして頂き、関わり続けられることは設計者冥利に尽きますね。大阪府建築士会の二級設計製図講習会。歴史は、某資格学校よりもずっと古く数十年続いていまし [続きを読む]
  • 20年
  • 大阪では、設計事務所を設立し役所に登録すると番号をもらえるのですが同時にカタカナもついてきます。これは初めて登録した時は(イ)で5年ごとに更新しますのでその都度、ロ、ハ、ニと進んでいきます。但し途中で何かあって登録をやり直しますとまた(イ)に戻ります。私は、妻とバルセロナでのサマースクールを終えて帰国し、何も仕事は無かったのですがとりあえず自宅で事務所登録をしました。その時は当然(イ)だったのです [続きを読む]
  • 12月31日
  • 約2か月ほどぶりの更新となります。11月中頃、普通に元気だった父が息苦しいと言い病院に行き、即入院となり12月3日、永眠。その後も、色々やる事、決める事がありあっという間に12月31日になっていました。ということで、今年は正月は無いのですが看病で病院に詰めていた期間仕事も止めて頂いていましたのでその分、年末年始、仕事をして追いつきそうです。また、今年もいつも通りの忙しさだったのですが11月初に、来年までずっ [続きを読む]
  • 和の空間
  • 先日ある数寄屋住宅を観てきました。上の写真はその中の和室です。私は設計には関わっていませんがご縁があり、少々お手伝いをしていまして来月竣工予定だそうです。最近では、このような本格的な和室を造ることはほとんど無くなりましたね。私は設計事務所所員時代の約25年前にある大阪の企業の迎賓館の設計でこのような数寄屋の建物を京都の国宝の修復等も手掛けている工務店と約2年間ほぼ常駐で設計監理をしたことがあります。 [続きを読む]
  • 無垢板の造り付け家具
  • 上の写真は「六甲の家」のリビングですがここに置かれている家具は「風樹の塔」さんに造って頂きました。キッチンチェストとテーブル、下足箱を造って頂いたのですが、全てブラックチェリー無垢板です。普通の造り付け家具は、下地を集成材等で作り表面は木の薄い板を貼って造ります。そして、そのような造作家具屋さんに無垢板での製作を依頼するととても高いものになってしまいます。そこで、無垢のオーダー家具専門工房に直接施 [続きを読む]
  • 今年は暑いです
  • 「六甲の家」WorksにUPしました。今回写真を撮って頂いたのは和歌山在住の今西さんです。夜景写真がとっても綺麗です。今年の夏はとても暑いですね。昨日、ある現場調査に出かけたのですが2時間ともたずお茶休憩。再開するも1時間でフラフラ・・・。この猛暑の中現場で働いている大工さん等職人さんには頭が下がります。今年も大阪府建築士会の二級建築士製図講習会が始まりました。今年も講師をやっております。これも毎年、暑 [続きを読む]
  • 「六甲の家」見学のお知らせ
  • 「六甲の家」が6月末に竣工します。施主様と出会ってから5年以上経ちましたが何とか竣工までたどり着きました。敷地探しから、設計、工事と進む中色々な事を吟味しながら一つ一つ進めて行きました。木造(SE構法)とRCの混構造地上2階地下1階建。外観は壁は総タイル、屋根は勾配の違う二枚の屋根を付き合わせた大屋根スタイル。内部は地下を含めてスキップフロア的に構成されていますがパブリックスペースはほぼ一つの大空 [続きを読む]
  • GWも終わりました。
  • GWも終わりました。今年は天気も良かったですね。私は例年通りこの期間にじっくり図面を書いていましたが・・。「六甲の家」2階の写真です。壁天井は桧ムク板を貼っています。この写真ではよく解りませんが窓のから大阪湾が一望できます。特に夜景がきれいですね。この写真は「帝塚山の家」の改修工事で設置した宅配ボックスです。この住宅を建てた時には無かった設備ですね。うまく犬走り部分に設置できました。大阪府建築士会 [続きを読む]
  • 二級製図試験無料早期セミナー等々
  • 「六甲の家」竣工が近づいてきました。写真の部屋はピンクに塗っているのではありません。下地の石膏ボードでハイクリンボードと言います。これはホルムアルデヒド吸収分解性能がありシックハウス対策になります。この上に仕上げを行いますが妖艶な雰囲気ですね。「帝塚山の家」の大規模改修工事今日宅配ボックスを設置して終了です。新築から10年以上経ち建物のメンテナンスから生活からくる新たな要望等まで同じ設計者が関わり監 [続きを読む]
  • 六甲の家、上棟しました
  • 「六甲の家」無事上棟しました。SE構法ですので、現場での作業はとてもスムーズでしたね。現場では、工務店の営業さんの司会で簡単に上棟式を行いました。いよいよ工事も後半戦となります。また、上棟の前に、実際この住宅で使用される材料の加工の様子をご家族全員と一緒にプレカット工場に見学に行きました。小さなお子様は「リアル・ピタゴラスイッチ」ですので、とても興奮して観ていましたね。最新の機械とのことで1軒の住 [続きを読む]
  • 住宅の工期
  • 「六甲の家」の地下部分のコンクリートです。きれいに出来上がりました。この建物が建っている土地は分譲地ですので周りも住宅を建てているのですが私たちと着工がほぼ同じだった住宅がもう出来て住まれていてこちらはまだ建て方にも行っていない・・。同じ住宅ですが、随分違いますね。また、日頃よく通る道沿いに本格的なお茶室を造っている現場がありまして昨年の春頃着工して、私も興味があるのでずっと観ているんですが、先日 [続きを読む]
  • もうすぐ節分
  • もうすぐ節分ですね。今年は暖冬だったのが急に寒波。上の写真は「六甲の家」地下部分の配筋検査の様子です。型枠工事まで順調に進んでいたのですがコンクリート打設の段階に来て強烈な寒波が来て二度延期。ようやく今週打設できました。冬場の工事は天気に左右されますね。「帝塚山の家」の改修も現在工事見積中です。大阪府建築士会で行っています二級建築士試験製図講習会。今年は5月に早期セミナーを開催する予定です。日程と [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます
  • あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。今年のお正月は愛媛武道館で行われた息子の試合の送り迎えでスタートしました。0泊2日で親子共とても疲れましたが貴重な体験でしたね。この愛媛武道館は地元の木材や石等を使用し建てられていましてとても立派な建物でした。武道を行う子供たちが体育館ではなく「武道館」で試合ができる機会がもっと多くなれば良いなと思いましたね。それでは、今年一年よろしくお願 [続きを読む]
  • 和瓦の新手法
  • 昔から日本家屋の屋根に使われてきた和瓦ですが、最近使われることが少なくなってきましたね。鋼板やアスファルトシングル材等が価格や、施工のし易さから多く使われるようになっています。しかし、その和瓦もとても進化していてとても面白い使い方がされています。上の写真は、昔の製造方法を復活させて窯で焼かれた平瓦です。厚みは3cmあり、一枚一枚違った風合いを持っています。このように玄関やテラス等に敷くととても趣の [続きを読む]
  • 今年もありがとうございました
  • 今年もあと4日を残すのみとなりました。中間工房は、あと一回現場監理を行い今年の業務は終了となります。また、来年は4日から業務を開始する予定です。と言いましても、例年通りこの休みの一週間の間にやり残した仕事や次の仕事の準備等行いますのでどこにも出かける予定は無いですね。できればHPの方もこの時期に少しでも手を入れたいと思っています。ですので、メール等はいつでも送って頂いて大丈夫です。ちなみに、上の写真 [続きを読む]
  • 六甲の家、着工しました。
  • 「六甲の家」着工しました。縄張りの風景です。着工に当たり、建物の建つ位置に縄を張り確認します。その後掘削。とても地盤の良い場所で礫まじりの砂質土です。大雨のすぐ後でしたが水はけも良かったですね。来年春完成予定です。お問合せフォーム [続きを読む]
  • 今年もあと僅かになりました
  • 早いもので今年もあと50日ほどとなりました。上の写真は岡山城です。建築士として建物の鑑定の業務を行う為岡山に行ったのですが何と帰りの新幹線の指定席がいっぱいで・・少し時間が空いたので行ってきました。大阪城と同じく昭和時代の再建ですが立派なお城ですね。隣の後楽園が有名ですがこちらもお勧めです。「六甲の家」は木造二階建てから地下のある混構造に変更。もうすぐ着工となります。「帝塚山の家」改修工事も設計が進 [続きを読む]
  • とっておきの家具
  • この写真は「鶴見の家」のリビングです。手前に写っているチェストなのですが住まれてからしばらくしてこの建物に合う家具を造りたいと相談があり造ることになりました。材料は吉野の桧無垢材で柿渋を塗ってあります。また、「生駒の家」では竣工時テレビを置かなかったのですがしばらくしてTVを置きたいとの相談があり建物のイメージに沿ったTV用のラックを製作されました。材料やデザインモチーフ等は全て、新築時に製作した [続きを読む]
  • 帝塚山の家メンテナンス
  • 「帝塚山の家」が竣工から10年経ちまして来年、メンテナンス工事と合わせて改善工事を行う予定です。ということで、先日、クライアントご夫婦と打合せを行いました。10年前と今、そして10年後と家族の生活スタイルは少しずつ変化していきます。それに合わせて、住宅に手を入れる事はとても重要な事だと思いますしその作業に私も加わらせて頂ける事はとても設計者冥利に尽きますね。いつも思うことですが10年前と今では、使える材料 [続きを読む]