IA さん プロフィール

  •  
IAさん: IA工房の歩み ~60歳からの情報録~
ハンドル名IA さん
ブログタイトルIA工房の歩み ~60歳からの情報録~
ブログURLhttps://iakobo.blogspot.jp/
サイト紹介文60歳からの情報録として、IA工房の歩みをブログに書き留めよう !
自由文家族との時間を大事にしながら、残った時間で、コミュニティ支援・日タイおよびアジア連携支援・ホームページ作成支援をすることで、社会貢献に少しでも役立ちたい!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 311日(平均1.7回/週) - 参加 2008/08/30 05:55

IA さんのブログ記事

  • 「東芝とウェスタンデジタルと日立の因縁!」
  •  NHK NEWS WEBに東芝半導体売却交渉にかんするウェスタンデジタルCEOスティーブ・ミリガン氏へのインタビュー記事が載っている。 https://goo.gl/aRRZzi “四日市工場の経営の難易度は高いため、信頼の置けない第三者には任せられない”と語った。  ミリガン氏は、日立が2003年IBMのHDD部門を買収してできた子会社日立GSTにCFOとして入社し、多額の赤字の事業を立て直した日立の救世主であった。その時の日 [続きを読む]
  • 【細胞制御工学】大隅先生のお話
  • 大隅先生の「オートファジー講演会」に参加した。 @東工大すずかけ台キャンパス人間が生き延びるために、”細胞が自らの細胞質成分(合成したタンパク質など)を食べて分解することでアミノ酸を得る機能で、細胞内の「リサイクルシステム」”が働いている。”酵母の話から始まり、生命の神秘の謎の一部を解き明かす、、面白かったけど、FuzzyとPhagyの違いもよく知らなかったのが情けない。参考資料: http://www.titech.ac.jp/new [続きを読む]
  • 【Facebookページ】をもっと真剣に!
  • Facebookページをいっぱい作りすぎて、そのフォロー・運営がいい加減になっている。 シラチャのコミュニティ、栄区本郷台のコミュニティ、NPO、震災支援、地球環境情報、IA工房、ワクコンサルティング等々。一部は共同管理者に投稿支援をしていただいているが、もっと充実したページにするための方策を打ちたい。 Kindleで、”Facebookを最強の営業ツールに変える本"(坂本翔)を購入した。読者をお客様と考えて、いかに信頼 [続きを読む]
  • 「タイからの自動車輸出が加速!」
  •  今月、三菱自動車のゴーン会長が、ルノー・日産 アライアンスの重要拠点と位置付けるタイの主力工場ラムチャバンを訪れた。三菱自動車タイランドは、2016年度に30万台を超える自動車をヨーロッパ、北米、アジア各国に輸出し、タイ最大の自動車輸出会社となっている。また、3月三菱自動車は、このタイの子会社から配当金として595 億円受領したと発表している。 また今月、トヨタの小寺常務がタイのソムキッド副首相と会談し、 [続きを読む]
  • 【小旅行】みちのくの三大桜名所をドライブ
  • 4月25日、東北新幹線を晴天の岩手・北上駅で降りて、北上川へ渡し船乗り場に向かうと、対岸の桜並木が見えてくる。待ち時間なく渡し船で5分。北上展勝地桜祭りの会場だ。 -300匹の鯉のぼりと北上の桜並木北上でレンタカーを借りて、秋田・角館へ。みちのくの小京都角館の桜は、350年ほど前、角館佐竹家の2代目、義明の妻がお輿入れの際に京都三条西家から持ってきた嫁入り道具の中の3本の桜の苗木から始まったとのこと。 &nbs [続きを読む]
  • 「大企業内スタートアップに取り組むべき時代」
  •  “新規事業”や“社内ベンチャー”という言葉は、以前より使われている。”大企業内スタートアップ?”、“同じことじゃないか。もうやっている。”という意見も出るだろう。 だが、ベンチャーという言葉と区別して”スタートアップ”という言葉を使い始めた背景には、最近の時代の流れに基づく重要な意味がある。”スタートアップ”には、こんな説明がある。“新しいビジネスモデルで短時間のうちに急激な成長とエクジットを狙う [続きを読む]
  • 【eラーニング】ワクコンサルティングの製造業務研修
  • 国内・海外で活躍する製造業務人材育成や製造業務を担当するIT部門でご活用していただけるようプロモーション中。********************************************************************【製造業研修で国内No.1の実績を持つワクコンサルティングの業務研修】が、e-ラーニングでも受けられるようになりました。体験版(無料)をどうぞお試しください。https://lnkd.in/gmsBW7H=特にご要望の強い対象者= (1) IT企業で製造業・流 [続きを読む]
  • 【スマホ教室】NPOでちょっと社会貢献
  • 近所のNPOでずっとパソコン教室が続いていたが、ちょっと趣を変えて、スマホ・タブレットを持ち寄って使い方を話あうことになった。もともと高齢者への配食サービスから始まったNPOなので、集まる人の平均年齢が高い。でも、最近はスマホを持っている人の比率も増えてきた。講師も慣れていないのだけど、今はパソコンに向かうより、実務的なので、モティベーションも高い。どなることやら、、、でもしばらく続けてみよう。な [続きを読む]
  • 【メキシコ】ピラミッド巡り
  • メキシコ高原のテオティワカンの「太陽のピラミッド」、ユカタンのウシュマルの「魔法使いのピラミッド」、チェチェンイッツアの「ククルカンのピラミッド」を巡った。テオティワカンの「太陽のピラミッド」は、エジプトのギザほど有名でないが、堂々たる佇まいと巨大さは凄い。また、頂上まで登れるピラミッドとして人気が高いそうだ。 「ギザのピラミッド」は4500年前、「太陽のピラミッド」は、諸説あるが3400年前 [続きを読む]
  • 「エネルギーサービスの時代」
  •  ビジネスのグローバル化、IT化、環境への対応の深刻さ、大災害等諸々の背景で大きな影響を受けているエネルギー関連ビジネスは変革の只中にある。 省エネとか電力自由化とか脱原発とかいろいろな言葉や視点でその影響を見ることができるが、ユーザー視点、ニーズ視点から考え、「エネルギーサービス」という言葉が一つのキーワードになりつつある。  最近のニュースとトピックスからl 3月、東電と中電 [続きを読む]
  • IA工房ホームページ刷新
  • IA工房のホームページを刷新した。メインメニューは、日タイ連携支援地球環境保全活動コミュニティ支援シニア世代支援で、右サイドにそれぞれのページに関係するFacebookページのプラグインを追加した。Facebook上で、いろいろな情報を共有しているので、それぞれのページからすぐにFacebookページにアクセスできるようになった。それぞれのいいねの数も自動的に表示されている。 [続きを読む]
  • 「破壊的イノベーションができるか?」
  •  クリステンセンが、”破壊的(Disruptive)イノベーション”という言葉を使い始めてもう20年になるが、今のIT業界に代表されるベンチャー企業の成功例を見るとまさにその理論が当てはまっている場合が多い。 しかし、技術的人的要素をたくさん所有する大企業こそ、その理論を活用した新規事業創造をするべきだ。 破壊的イノベーションの概念は、この20年のマーケット破壊の例を見るとすぐに理解できる。? Amazonや楽天に代表さ [続きを読む]
  • 【サイト制作】オウンドメディア戦略の潮流
  •  ブランディング戦略の新潮流である“オウンドメディア”という言葉のもつ経営上の重要性を理解しているだろうか? オウンドメディア制作経験の豊富な appcooking によると、オウンドメディアを強力に推進する会社には、こんな結果がでてくるという。1. 広告(ペイドメディア)より効果的な宣伝となり、広告に依存する必要がなくなる。2. 社員がユーザー視点で表現することを継続して考え、その知識レベルが飛躍的に向 [続きを読む]
  • 【働き方改革】シニア人材を生かす会社は?」
  •  高齢者の雇用延長が増えた昨今、人事施策に新風が必要である。経団連は、昨年「ホワイトカラー高齢社員の活躍をめぐる取組み」についてまとめた。その中で出てくる新しい取組みのキーワードは、「働き方の多様性」と「意識改革・風土醸成」である。高島屋 は、2001年に再雇用制度をスタートさせたが、その後複数のコースを設定しその再雇用コースの内容を試行錯誤しながら変えてきた。50歳から経験してきた仕事内容も考慮して [続きを読む]
  • 【アジア戦略】タイと中国の連携の時代に日本は?
  •  これまで、日タイ連携や日中連携の話題を取り上げてきたが、ちょっと視点を変え、タイ中の連携の視点から最近のニュースを見て見る。1. 今年の春節の中国からの旅行の一番人気が、タイだそうだ。旧正月で海外旅行に出た約600万人のうち、45万ほどの中国人がタイを訪れたと報じられている。上の例では、まだまだ視野が狭いかもしれない。対日本との関係だけでなく、中国・インドも視野に入れたアジア全体をリードする大きな理 [続きを読む]
  • 【働き方改革】働きやすい会社はどこ?
  •  東洋経済は、(1)”女性が働きやすい会社ベスト300“を発表している。内容をみると興味深い。他にもいろいろな視点の会社ランキングがあるが、BACCSの(2) “20万人の学生が選ぶ!働きたい会社50社“、DODAの(3)”転職人気企業ランキング”, 日経BPコンサルティングの(4)”世界のブランド総合力ランキング”等を発表している。 その中から、気になる会社をピックアップしてみる。  私は、実業を支えているアジアで活躍す [続きを読む]
  • 【環境】に関する産官アジア連携
  •  アジアの新興国・中進国各国が、大気・水質・土壌の汚染をはじめとする環境課題に苦しみ、地球の環境を破壊してしまう危機を先進国と共通認識し、パリ協定に同調すると同時に国際協力の推進に動き出している。 アジア各国の環境の専門家は、製造業の現場技術・現場人材と同様に、環境に関する日本の環境技術・環境人材の卓越性をよく理解している。 この環境分野は、日本がアジア各国をリードできる産業テーマであり、長期的に [続きを読む]
  • 【環境】2030年水素社会が動きだす
  •  “水素社会”という言葉が使われ始めている。2次エネルギーである水素は、今までのあらゆる1次エネルギーと連携して、社会を変えていく可能性がある。その未来像として“水素社会”“水素エネルギーシステム”“大量水素時代”というイメージが出来上がりつつある。 その中で、特に脚光を浴びているのが水素自動車(FCV)であるが、FCVはその一端の水素利用方法にすぎない。各種一次エネルギーからの水素製造、水素貯蔵、水素輸 [続きを読む]
  • 【タイ経済】国王崩御を乗り越えタイ経済は発展する
  •  タイのプミポン国王が崩御されて後3週間が経過した。10日ほどタイに行ってきたが、タイ国民の悲しみは深く、バンコクのオフィス街・電車の中も黒い服が目立ち、お祭りのような行事も一部中止が伝えられている。実際に崩御後2−3日は閉店する店もあったが、政府から「経済は止めないこと」とのお達しがでて、すべての経済活動は大きな支障なく継続されている。遺体の安置されている王宮への見学ができない等の理由もあり、観光 [続きを読む]
  • 【タイの経済】はどうなる?
  •  タイでは、プミポン国王の崩御後のことを口にするのは禁句であった。それは、タイの大きな経済リスクの一つとして誰もが懸念することではあったが、タイ人の気質としてその準備をすることをしない。ただ、この悲報に接しタイ人の喪に服する動きは我々の予想をはるかに上回る。政治・経済的には、大きな動きが起こることも十分考えられるが、今はその動向を注視するしかない。 特にタイを重要拠点として活躍する製造業では、今後 [続きを読む]