本のソムリエ さん プロフィール

  •  
本のソムリエさん: 本ナビ:本のソムリエの一日一冊書評
ハンドル名本のソムリエ さん
ブログタイトル本ナビ:本のソムリエの一日一冊書評
ブログURLhttp://1book.biz/
サイト紹介文本のソムリエが一日一冊、人生を変えるような良書を紹介します。
自由文14年間で書評数が、4500冊になりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供277回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2008/09/03 21:36

本のソムリエ さんのブログ記事

  • 「斎藤一人 ほめ道」みっちゃん先生
  • 【私の評価】★★★★★(92点) ■納税日本一の斎藤一人さんは、  人を日本一ほめ上手です。  そして、弟子にも  人の褒め方を教えている。  それが「ほめ道」です。  お弟子さんは、レストランでは  「いい笑顔ですね」  と言わなくてはなりません。  不思議なことに、言われた... [続きを読む]
  • 「ぶれない人」小宮 一慶
  • 【私の評価】★★★★☆(84点) ■会社の目的とは何でしょうか。  ある人は、株主のために  金を稼ぐことだと言います。  だから、  あらゆる手段を講じて  金儲けを増やしていけばいい。  一見お得そうな料金メニューに見せて  顧客を誘導すればいいし、  政治家を動かして、 ... [続きを読む]
  • 「論語と算盤(下)」渋沢栄一
  • 【私の評価】★★★☆☆(78点) ■90年前に出版された  渋沢栄一「論語と算盤」の  ノーカット現代語訳(下巻)です。  富国強兵を押しすすめる日本は、  士農工商を廃止し、誰でも教育を  受けることができるようにしました。  現代と同じように  若者の道徳心や、先生を敬う気... [続きを読む]
  • 「本音に気づく会話術」西任 暁子
  • 【私の評価】★★★★☆(82点) ■話し方、聞き方を教えている  英語が得意な西任(にしと)さんの  心の会話術です。  著者のセミナーでのこと。  受講者が、  「ちょっと高すぎますよ」(p206)  と言ったとき、著者は、   「そんなことはありませんよ・・」  と感情的に... [続きを読む]
  • 「福翁自伝」福沢 諭吉
  • 【私の評価】★★☆☆☆(68点) ■福沢 諭吉が自分の人生を語った一冊。  洋楽を学ぶために長崎に出て、  大阪から江戸、そして欧米へ  旅に出ます。  その後は幕府で翻訳の仕事をして、  国家の交渉の内幕を見ました。 ■明治においては、  学問の必要を説き、  慶應義塾を創設... [続きを読む]