Ginga さん プロフィール

  •  
Gingaさん: いつも心に青空を  −銀河みゆの俳句&日記−
ハンドル名Ginga さん
ブログタイトルいつも心に青空を  −銀河みゆの俳句&日記−
ブログURLhttp://samba1.blog50.fc2.com/
サイト紹介文仕事、暮らし、趣味で参加している句会の様子などを、写真と俳句、日記でお伝えします。
自由文俳句を、楽しみながら、少しずつ作っています。辻桃子先生の「童子吟社」の会員です。
五七五の伝統的な型の中で、自由に詠めるようになることを目指しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2008/09/05 10:13

Ginga さんのブログ記事

  • 就活用語
  • いちご娘は、就職活動真っ最中。毎日、ESといわれるエントリーシート(履歴書)を書いたり企業説明会に行ったりOB訪問したり忙しそうです。就活生の間で使われるいろいろな「就活用語」がうちでも飛び交っています。がくちか最初に聞いたときは、何に近いんだ?と思いました。「学生時代に力を入れたこと」の略です。ESでお馴染みの項目です。使い方:「わー、がくちか800字だって! 長っ」おんしゃ応募先企業のこと。使い方: [続きを読む]
  • ミュシャ展
  • 国立新美術館のアルフォンソ・ミュシャ展。撮影可能エリアがありました!スラブ叙事詩の大迫力に圧倒されました。ミュシャといえば女性のポスター画等の印象が強かったので、余計に。五十代からの16年間で壁画サイズの作品を20編も仕上げたエネルギーに脱帽。背景にある民族や平和への思いに心動かされました。春夕べ自画像あつさり描かれたる   みゆ一句一歩 [続きを読む]
  • 贅沢
  • 東京ステーションホテルのフレンチで会食。贅沢で、たのしい時間でした!お料理は、美しく、繊細な味わい。お世話になったかたにお礼の品を。生きていると、たまにこんな素敵な夜もあります。三人にかしづかれたる春の宵   みゆ一句一歩 [続きを読む]
  • ピアノ
  • 我が家に、新しいピアノがやって来ました!わっせわっせわっせわっせジャーン半世紀以上、ピアノとともに毎日を過ごしている夫、人生の幸福度高騰中です。鍵盤に指乗せてをる春の朝   みゆ一句一歩 [続きを読む]
  • もの入れず 南北句会
  • 四月の南北句会、特選(直し無し)をいただきました。かっこ内がけっこう大事。●春服のポケットなればもの入れず   みゆ嬉しいです!メンバーからは不人気でしたが桃子主宰のいきなりの特選。他のメンバーの句でもときどきこういうことがあります。 一句一歩 [続きを読む]
  • 夜の花にら
  • 花にらが美しいです。夜、帰ってきたら家の前が輝いていました。2週間前は、こんな感じ。http://samba1.blog.fc2.com/blog-entry-696.html?sp新しく別の大学でも非常勤で教えることになり今日は、初出勤でした。来週、初講義。緊張するけど楽しみです。ロッカーの小さき鍵に春日かな   みゆ一句一歩 [続きを読む]
  • 姉妹会2017春
  • 姉妹会を開催。沼津在住の妹と中間地点の大船で待ち合わせしました。大船、意外に近い。JRもそう強調しています。5時間、しゃべって食べて飲んでよく笑いました。お互い、いろいろあったけどなんとかここまでやってこれたねと乾杯。家族にトラブルなくよかったねと乾杯。博論、終わっておめでとうと乾杯。今は、二人とも、“大きな”心配事はないのです。小さいのはいろいろあります。これは、ほんとに稀有なこと。こういうとき [続きを読む]
  • 卒業祝い2
  • 家族で、近所のイタリアン「カレラ」に行きました。「卒業、おめでとう!」「ありがとう! 二人のお陰です」と、美味しくご飯を食べたあとデザートでサプライズ。卒業の一日果てて卒業す   みゆ一句一歩 [続きを読む]
  • 学位記授与式
  • 博士号の学位記授与式が行われました。大学が用意してくれたアカデミックガウンです。腕に、3本の線が入っていますがこれは、博士の証なのだそうです。うれしくて、同級生や先生がたと写真を撮りまくりました。最後は、みなで帽子を空に投げ上げる、という映画などでよく見るパフォーマンスをしてみたり。あまりかっこよくできませんでした(笑)。落ちてきた帽子に頭を直撃される同級生もいて・・・けっこう重い帽子なので危険です [続きを読む]
  • 卒業祝い
  • 23年前の会社創業期に苦楽を共にした同期4人で年に数回,同期会を開いています。博士号取得のお祝いをしてくれました。おもいがけず,涙,でした。そもそも,この会社に入ったからこそワークモチベーションに関わり研究を始めたのです。「でも,23年前に会社が設立されたときには まさか,メンバーからこういう研究者が出るとは 想像していなかったね」と。ほんとうに。感慨深かったです。春の夜の唇焼きしタイ料理   みゆ [続きを読む]
  • 28年
  • なんと、結婚して28年。ずっと仲良く過ごせていることに大感謝。昨夜も、近所の「なんくるないさー」でゴーヤチャンプルーをつまみによく飲み、よくしゃべりました。私の話のメインテーマは博論の修正。ひらめいたアイデアがあって意気込んで話すと夫からも賛同が得られよっしゃー、と。夫のテーマは最近の心境の変化。若い頃からの、ある葛藤から解放されつつある、とか。私も、「なるほどー。 そういえば、あの頃…… 」と、 [続きを読む]
  • 研究の話
  • 博士号の学位授与式を来週に控え いよいよ,博士課程も終盤です。 論文は,まだ修正真っ最中ではありますが。できるだけ,研究の内容を いろいろな人に伝えるようにしています。昨夜も,久しぶりのかたがたとお会いして話を聞いてもらいました。楽しい〜〜。研究結果に関して鋭い突っ込みを入れていただいたり共感していただいたり。ほんとうに嬉しかったです。”悪者“と思われている「競争的達成動機」が,実は, [続きを読む]
  • あげよう
  • 博論の修正が進まない!!風邪が治らない!!気分が落ち気味。このまま,例年のプチうつ状態に突入してしまったらどうしよう・・・と不安になり気分アップ策を講じます。いいこと日記。家の前の花が咲き始めました。かわいい。毎年がんばって咲いてくれます。なんの世話もしていないのに。ありがとう。これはたぶん,花にらかな。引継ぎのいろいろ終へて春菜買ふ   みゆ一句一歩 [続きを読む]
  • 記憶
  • 若いころ勤務していた会社の先輩2人と久しぶりにお会いしました。あれから,いろいろなことがあって3人とも,まったく違う人生を歩んでいます。びっくりしたのは,当時のできごとの記憶が全くちがったこと。私としては,会社を揺るがすような大事件として鮮明に覚えている,あるできごとが先輩2人の記憶には,全然残っていなかったんです。えええええ〜〜〜という感じでした。先輩2人も当事者だったと記憶しているので・・・私 [続きを読む]
  • 母の車椅子 >三月の南北句会
  • 庭の白木蓮が一斉に咲き始めました。美しいです。南北句会の選評がかえってきました。パッとしません…白酒や作業着着たる父に注ぐは、直していただいて、ようやく入選。作業着の父にも注ぐやお白酒夫の様子を、亡父に置き換えて詠んでみました。朝粥をふうと冷まして春浅しこれも「冷ますや」を直していただいて入選。家族で行った香港旅行の情景です。あとは、並選でした。足音に小さきが混じり雛飾る内裏雛大学病院受付に啓蟄や [続きを読む]
  • 博士論文成果発表会
  • 昨日、博士論文成果発表会が行われました。院生生活最後の発表会でした。感慨深かったです。本当に、本当に、3年間が終わる。まだ、実感はないですが。成果発表会は、教授陣との質疑応答もなくある程度、自由に発表していいのでみな、博論生活をふりかえって、苦労話などをしました。私も、「文献研究の荒野」「統計解析という樹海」「バカの壁」などの話で、笑いを取りました。「博論俳句」も披露。朝までを英語訳すも梅の春師の [続きを読む]
  • 大風邪第2回
  • 花粉症+大風邪で、息も絶え絶え。この冬、2回目の風邪発症です。博論で、体力が落ちたことを実感。すべての予定をキャンセルし家でストーブをガンガンつけて仕事中。話をするとせき込むので、黙っています。春の風邪話しかければ頷きて   みゆ一句一歩 [続きを読む]
  • カラオケ まねきねこ
  • 勤め先の大学のキャンパスに、梅が咲いています。さて、先週末、友人二人とカラオケに行きました!ウクレレ2台、リコーダー1本、ビール2本、おつまみ多数を持ち込んで、4時間。楽しかった〜〜??時間の半分は、のんびりおしゃべりにあててまるで誰かの家にいるかのようなくつろぎ感。友人から、リコーダー演奏のプレゼントがありました。赤いスイートピー花言葉が、門出、ということから博士課程を卒業する私に、と。優しい音 [続きを読む]
  • 朝ちらし寿司
  • ひな祭です。夜は、家族の予定が合わないので朝ごはんに、ちらし寿司を作りました。見た目が、めちゃよくないです。それもまた、よし。朝活。共働き家庭の知恵。作業着の父に差し出す雛の膳   みゆ一句一歩 [続きを読む]
  • グッピーとグラミードワーフ
  • 我が家に、グッピーとグラミードワーフが仲間入りしました。熱帯魚です。動物オタクのいちご娘は、高校生の頃、自室で大きな水槽に熱帯魚を飼育し部屋中をカビの巣窟にした実績あり。今回は、リビングに水槽を設置しました。暇さえあれば、水槽を食い入るように見る娘。好き、とは偉大なエネルギーです。春雨に少し歩きて傘さしぬ    みゆ一句一歩 [続きを読む]
  • 解体す 童子2月号
  • 童子2月号が、(だいぶ前に)送られてきました・・・拙句は、雪童子の欄に。   解体す             銀河みゆ雪かきやお礼を言へばふむとだけ神留守の小さき菓子箱解体すすさまじや持ち来し土産かへさるる冬の日やきつく巻きたる包帯に高尾より雪女郎来てそこに座し投句したのは11月末。右ひざを痛めて、包帯を巻いていたのでした。11月なのに、何十年ぶりかに雪が降ったり。いろいろありました。中華屋の赤きぼんぼ [続きを読む]
  • 特選! 二月の南北句会
  • 二月の南北句会、久しぶりに特選をいただきました!わーい●わかさぎの二〇尾ほどやじやつと揚げ   みゆ元句はわかさぎの二〇尾ほどをじやと揚げてでしたが、添削いただき、特選。●聞きに来てふむと帰るや寒もどり   みゆこの句は、上五、中七に三重丸、つまり特選の印が付き下五に、「もったいない、季語再考」とコメントがありました。元気さんからは、下五を「新社員」など、状況をわからせるものに、とアドバイス。そう [続きを読む]
  • 博論審査会通過
  • 火曜に行われた博士論文の審査公聴会で厳正な、本当に厳正な審査を受け何とか合格を果たしました。30分、発表、30分、教授陣との質疑応答、という手順。質疑応答は、厳しい内容で応援に来てくださっていた卒業生のかたがたにも発表者の緊張が伝わっていたようです。その後の脱力感が大きくて慰労会をしていただき帰宅したあとも明け方まで、リビングでぼーっ。まだ、実感がわきません。3人の副査の先生から返却された論文には赤字 [続きを読む]