kt01mk さん プロフィール

  •  
kt01mkさん: ...というわけで
ハンドル名kt01mk さん
ブログタイトル...というわけで
ブログURLhttp://kt01mk.cocolog-nifty.com/
サイト紹介文雑記帳です。当面は、 FP技能検定試験の過去問研究 がメインとなりそうです。
自由文CFP認定者 / 1級ファイナンシャル・プランニング技能士 (資産設計提案業務)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供840回 / 365日(平均16.1回/週) - 参加 2008/09/07 13:09

kt01mk さんのブログ記事

  • 3級学科201501問17
  • 問17: 一時所得の金額正解: 2不適切。一時所得の金額は,その年中の一時所得に係る総収入金額からその収入を得るために支出した金額の合計額を控除し,その残額から最高50万円の特別控除額を控除して算出する(所得税法第34条)。関連問題:一時所得 | 3級学科の出題傾向(201501) | [続きを読む]
  • 3級学科201509問19
  • 問19: 配偶者特別控除の適用正解: 1適切。納税者の合計所得金額が 1,000万円を超えている場合、配偶者の合計所得金額の多寡にかかわらず、所得税の配偶者特別控除の適用を受けることはできない(所得税法第83条の2第2項)。関連問題:配偶者特別控除 | 3級学科の出題傾向(201509) | [続きを読む]
  • 3級学科201601問20
  • 問20: 住宅借入金等特別控除の対象となる新築住宅正解: 1適切。住宅借入金等特別控除の対象となる新築住宅は、床面積が 50平米以上で、かつ、その2分の1以上に相当する部分がもっぱら自己の居住の用に供されるものとされている(租税特別措置法施行令第26条第1項)。関連問題:住宅借入金等特別控除の対象となる家屋 | 3級学科の出題傾向(201601) | [続きを読む]
  • 3級学科201605問21
  • 問21: 登記に記載される区分建物の床面積正解: 1適切。区分建物に係る登記に記載される区分建物の床面積は、壁その他の区画の内側線で囲まれた部分の水平投影面積(内法面積)により算出される(不動産登記規則第115条)。関連問題:不動産の登記等 | 3級学科の出題傾向(201605) | [続きを読む]
  • 3級学科201609問22
  • 問22: 解約手付の額正解: 1適切。宅地建物取引業者は、自ら売主となり宅地建物取引業者でない買主との間での宅地または建物の売買契約の締結に際して、代金の額の 2割を超える額の手付を受領することができない(宅地建物取引業法第39条第1項)。関連問題:不動産の売買契約における手付金 | 3級学科の出題傾向(201609) | [続きを読む]
  • 3級学科201701問23
  • 問23: 定期建物賃貸借契約正解: 2不適切。借地借家法の規定では、定期建物賃貸借契約(定期借家契約)においては、当事者である賃貸人と賃借人があらかじめ合意した借家期間の満了により確定的に終了し、その契約期間を更新することはできない契約であるとされている(借地借家法第38条第1項)。関連問題:定期借家契約 | 3級学科の出題傾向(201701) | [続きを読む]
  • 3級学科201401問13
  • 問13: 決済用預金正解: 1適切。無利息・要求払い・決済サービスを提供できる,という3つの条件を満たす決済用預金は,その全額が預金保険制度による預金保護の対象となる。関連問題:預金保険制度の概要 | 3級学科の出題傾向(201401) | [続きを読む]
  • 3級学科201405問14
  • 問14: 配当利回り正解: 2不適切。株式の投資指標の 1つである配当利回りは,株価に対する年間配当金の割合を示す指標のことである。したがって,1株当たりの配当金の額を一定とすれば,株価が上昇するほど低くなる。関連問題:配当利回りおよび配当金 | 3級学科の出題傾向(201405) | [続きを読む]
  • 3級学科201505問17
  • 問17: 一時所得の金額正解: 2不適切。一時所得の金額は,その年中の一時所得に係る総収入金額からその収入を得るために支出した金額の合計額を控除し,その残額から特別控除額(最高50万円)を控除した金額であり(所得税法第34条),その額に 2分の1を乗じた額が総所得金額に算入される。関連問題:一時所得 | 3級学科の出題傾向(201505) | [続きを読む]
  • 3級学科201509問18
  • 問18: 退職所得控除額正解: 2不適切。勤続年数が 20年を超える者が退職手当等を受け取る場合、所得税において、退職所得の金額の計算上、退職所得控除額は、勤続年数が 20年以下の部分については 40万円、20年を超える部分については 70万円にその勤続年数を乗じた金額となる(所得税法第30条第3項第2号)。関連問題:退職所得 | 3級学科の出題傾向(201509) | [続きを読む]
  • 3級学科201601問19
  • 問19: 確定申告を要する給与所得者正解: 2不適切。給与所得者のうち、その年中に支払を受ける給与等の金額が 2,000万円を超える者は、必ず所得税の確定申告をしなければならない(所得税法第121条第1項)。関連問題:所得税の確定申告が必要な人 | 3級学科の出題傾向(201601) | [続きを読む]
  • 3級学科201605問20
  • 問20: 社会保険料控除正解: 2不適切。納税者が本人と生計を一にする配偶者その他の親族の負担すべき社会保険料を支払った場合、社会保険料控除として、その支払った金額を総所得金額等から控除することができる(所得税法第74条)。関連問題:社会保険料控除 | 3級学科の出題傾向(201605) | [続きを読む]
  • 3級学科201609問21
  • 問21: 区分建物に係る登記における床面積正解 : 2不適切。区分建物に係る登記において、区分建物の床面積は、壁その他の区画の内側線で囲まれた部分の水平投影面積により算出される(不動産登記規則第115条)。関連問題:不動産の登記等 | 3級学科の出題傾向(201609) | [続きを読む]
  • 3級学科201701問22
  • 問22: 瑕疵担保責任正解 : 2不適切。民法の規定によれば、買主が売主に対して瑕疵担保責任に基づく権利を行使するためには、買主は、その瑕疵がある事実を知った時から 1年以内に行使しなければならない(民法第570条)。したがって、建物の売買において、買主が建物の隠れた瑕疵を発見したとき、すでに建物が引き渡されて 2年が経過していた場合でも、民法上、買主は瑕疵担保責任に基づく契約の解除または損害賠償の請求をすること [続きを読む]
  • 3級(協会)実技201401問18
  • 問18: 退職所得の金額正解: 2退職一時金: 2,200万円勤続年数: 38年退職所得控除額: 2,060万円= 勤続年数: 20年 × 40万円 + (勤続年数: 38年 - 20年) × 70万円(退職手当等の収入金額: 2,200万円 - 退職所得控除額: 2,060万円) × 1/2 = 70万円よって、退職所得の金額として、正しいものは 2 となる。関連問題:退職所得の金額 | 3級(協会)実技の出題傾向(201401) | 問19 >> [続きを読む]
  • 3級学科201301問9
  • 問9: 軽過失による失火正解: 1適切。軽過失による失火で隣家を全焼させた場合,「失火ノ責任ニ関スル法律」(失火責任法)により,失火者は隣家に対して損害賠償責任を負わない。関連問題:失火の責任に関する法律 | 3級学科の出題傾向(201301) | 問10 >> [続きを読む]
  • 3級学科201401問12
  • 問12: 2国間の金利差の拡大正解: 1適切。A国の金利上昇により,B国との金利差が拡大し,B国からA国に資金が流入した場合,一般に,A国通貨高,B国通貨安の要因となる。関連問題:為替相場の一般的な変動要因 | 3級学科の出題傾向(201401) | [続きを読む]