若旦那@天然木.net さん プロフィール

  •  
若旦那@天然木.netさん: 製材所の業務日誌@天然木.net
ハンドル名若旦那@天然木.net さん
ブログタイトル製材所の業務日誌@天然木.net
ブログURLhttps://ameblo.jp/tennenboku/
サイト紹介文天然木無垢材銘木販売の総合サイト、天然木.netを運営する塩野商店専務のブログです。
自由文天然木.netは天然木の木彫り看板用材の他にテーブル板、カウンター材、衝立、木工用材、彫刻用材、などを販売しております。
またテレビ台や棚板などの加工も行っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供181回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2008/09/08 23:06

若旦那@天然木.net さんのブログ記事

  • ブビンガの綺麗な杢
  • 我が社にしては珍しくアフリカ材のブビンガをお手入れ中。結構、綺麗な杢がでてきました。 たまたま通りかかった近所の社長がこの板を見て 「どこで買って来たん?」「大阪です」 「こんなん出てた?」「御社の出品です(笑)」 原木で製材した状態と削った状態では違いますからね。いっそのこと、気づかずに買ってくれたら面白かったのですが。 [続きを読む]
  • 魔除けの銘木
  • 倉庫の奥で静かに眠っておりました槐(エンジュ)の盤を板に挽いてみました。 槐は縁起の良い木で有名です。魔除け、長寿、安産、幸福の木言われております。というのも「延寿」で寿命が延びる→長生き、「縁授」で縁を授かる→幸福、って感じで、ただの語呂合わせのような気もしますが…。 でもなかなか幅の広い綺麗な板無いんですよ。これくらいの幅でも意外と貴重です。 [続きを読む]
  • 人気の真桜
  • お盆が明けて、まだまだ仕事のエンジンが掛かりませんね〜。というのもなんせ暑い。ちょっと動いただけで、体内の水分が噴き出してきてやる気が無くなります。 と言いながらも、お盆前にいただいたご注文を早く進めなければ…。山桜の幅600ほどの板です。 盆休み前にも真桜の床の間材を納めたり、看板用の板を納めたり、人気ですね〜。でもなかなか綺麗に乾燥してくれないので、難しいんですよね。反ったり割れたり。 で [続きを読む]
  • 片耳付き 杉の節板
  • お盆前明け納品の材料を製材しております。 杉の節板ですが、片耳付きの板を飲食店の棚板に使っていただきます。 耳付の板はある程度耳が綺麗でないといけませんので、意外と難しいんです。 でも板目が割れちゃった材や、中途半端な長さだった材も使えたので、お盆前の在庫整理ができてありがたいご注文です。 [続きを読む]
  • 大型まな板
  • 大阪は台風5号が直撃との予想でしたので、朝から空を眺めながらお仕事。 でも毎度のことですが、大阪の平野部は地形上なのか台風の影響がほとんどなく、おそらく大きな被害もなさそうです。 大きなまな板を4枚ご注文。幅600ほどのサイズですが、こんなサイズは銀杏しか対応できません。 銀杏独特のハブシは多少ありますが、綺麗なのが取れました。 でも長い板が、厚みの厚み盤を製材しましたので、切った残りも結構でき [続きを読む]
  • こんなサイズ無いかもね
  • 地栂のテーブル天板。2000×900ほどあります。 よく見れば小さい割れがあって厚みも35しかなかったので、なかなか使いずらい板でしたが、お値打ち価格でお買い上げいただきました。 丸太の状態で直径60センチ以上のものも珍しいのに、幅900で無地なんて滅多にありません。もう見ること無いかもしれません。 [続きを読む]
  • 古材の地栂の柱
  • 先日の大阪銘青会展で仕入れた?買わされた?地栂の柱。相当乾燥してますが、反り、割れ満載です こういう材は綺麗だったら使い勝手が良さそうですが…。 製材して反りを直すと中から腐れが…。 こういうことも可能性に入れて仕入れをしてますので予算的には大丈夫ですが、もったいないです。 目の細かい良い木に限ってこんな感じです。 [続きを読む]
  • 桧のまな板を海外で
  • 海外のお客様のご来店。現地のお店で使う日本産桧のまな板をお探しでした。 ちょっと目が曲がってる材ですが、1500×500×100のまな板を隣の加工屋さんで早速削ってもらいました。 ちょっと色々トラブルもあって時間が掛かっちゃいましたが、無事にできあがりました。 製材から加工までずーっと動画で撮影されてたので、ちょっと緊張しましたが、よろこんでいただけたようで良かったです。 [続きを読む]
  • 銘青会展 マンゴー大当たり
  • 大阪銘青会展二日目、皆さんご来場いただきありがとうございました。 二日間の最後を締めくくる抽選会。 当たっちゃった…。 宮?産完熟マンゴー「太陽のタマゴ」4Lサイズ。 食べる前の正直な感想 「この大きさで4L?」 値段を知ってるだけに微妙な感じです。 味は明日のお楽しみです。 とりあえずご参加いただいた皆様ありがとうございました。 [続きを読む]
  • 競り市初日 屋久杉を買う
  • 今年も良いお天気で迎えることができました大阪銘青会展。大阪は今シーズンMAXの36度!暑いです。 競り市前に理事長のあいさつ。 朝から競りが熱いです。倉庫の中の狭いところにオジサンたちが密集。 ちょっと酸欠になりそうで、僕は離れて見てました。 初日の目玉は屋久杉。希少な幅広サイズはみんな安ければ欲しい〜。 で、安くないのに買ってしまった…。 明日は広葉樹。頑張ります。 [続きを読む]
  • 銘青会展 審査会
  • 大阪銘青会展の競り市を明日あさってに控えて、表彰審査会が開催されました。 ウォールナットの3300×850の無地の板。 文句なしの大阪府知事賞です。 他にもローズの原木。 屋久杉の幅広板。 素晴らしい商品です。明日あさっての競り市が楽しみです。 [続きを読む]
  • 楠の丸太を輪切り
  • 先日、楠の丸太を仕入れましたが、長さが1700と中途半端なの、とりあえず先っぽだけ輪切りにしてみました。 輪切り6枚、厚みも色々に挽きました。 綺麗な色だったら彫刻用の角材に製材するのですが、さすがにシマだらけ。輪切りにして正解でした。残りも全部輪切り決定です。 [続きを読む]
  • 座談会出席
  • 大阪木材仲買協同組合70周年記念誌の特別企画「若手座談会」に出席させていただきました。 私は委員会のメンバーということで選ばれてしまったのですが、他のメンバーはちょっと普通の材木屋ではない一癖二癖ある面々。 司会は大正の山本さん、そして若手は茨木の戸田君、羽曳野の田中由虎君、守口の南部君、住吉の東野君、福島の吉原君、そして僕…。 僕だけ銘木屋で畑違いということで、なかなか話ずらいところはありま [続きを読む]
  • 神代楡 出動
  • 朝から灼熱の製材所の2階で、ご注文頂いてる地栂の木取りをし、柱を担いで階段を下りて製材へ持って行くという往復をしておりましたら、午後はバテバテ。 そして夕方、別の桜の注文の板をまた2階から担いで下りてましたら、最後の一段で足首をグキっとやってしまい転倒。 痛いのもありますが、コケるって精神的に凹みますわ〜。年ですかね…。 今月は大阪銘青会展。せっかくの記念市なので何か出さないと楽しみ無いな〜と思い [続きを読む]
  • 大黒柱に木彫り
  • ケヤキの大黒柱に木彫りを施しております。 2人でやっと動かせる重さなので、何かと時間が掛かります。そして何より4面とも木彫りします。 さて、いつできあがることやら…。 [続きを読む]
  • 椨のテーブル
  • 椨(タブノキ)のテーブル用の板を製材。幅900ほどありましたが、カットして820ほどに。そして反りを直して45ほどになりました。 たぶのきは楠の仲間ですが、そんなににおいもしませんし、色も淡い感じで結構好きです。 好きなのでそこそこのサイズの原木があれば買って挽いて乾燥させてるのですが、なかなか曲者でしてすんなり大人しく乾いてくれません。 この木も4年ほど前に製材したものですが、厚み65あったの [続きを読む]
  • 内地栂の一等材の製材
  • また内地栂のお仕事をしております。それも、また一等材。 うちは無地の材を狙って製材しておりますので、節モノは失敗した時にできる材って感じですので、わざわざ狙って挽いておりません。 ですので、一等材でもこれくらいの材になっちゃうんですよね。 一面や二面無地の材料でも、うちでは悪い部類に入りますので、悪いのから順に挽いていくとこんなんになっちゃいます。 内地栂の一等材の仕事は専門で挽いてる製材所があっ [続きを読む]
  • 研修旅行 in 九州 二日目
  • 二日目は昨年の地震で大きな被害を受けた熊本城を見学です。 熊本城まではチンチン電車で移動です。旅行感あります。 熊本駅から15分ほどでお城に到着。 いろんなところが崩れてて、被害の大きさを感じることができました。 お城をゆっくり散策した後は、新幹線で小倉へ。 門司港レトロを見学です。 ランチ名物の焼カレー。 もちろん地ビールも。 これで二日間の研修が終了。 この経験を商売に生かしていきたい [続きを読む]
  • 大阪銘木青年会 研修旅行 in九州 一日目
  • 7月に入ったばかりの週末は九州熊本へ。大阪銘木青年会の研修旅行です。 とりあえず涼しげな場所、鍋ケ滝。熊本県阿蘇地方の北部にあります。幅20m、落差10mの滝です。 何が有名って、ここは滝の裏側に入れます。 いろんなCMに使われてますよ。 お次は天然記念物、阿弥陀杉。 実は本体が折れちゃって、残念な姿に。折れた部分もちゃんと展示されてます。でかい! 樹齢1000年以上の木ですが、やはり中は腐ってます。 [続きを読む]
  • 茅輪くぐり
  • 今年もあっという間に半分が終わってしまった。良いこと悪いことありましたが、記憶にあるのは悪いことばかり。神様なんとかしてください。 と、近所の神社に散歩に行くと、茅の輪が現れてました。 この輪をくぐって、罪を祓ってもらうもらいます。この草一本一本がみんなの厄らしいので、くれぐれも抜いたりしてはいけないようです。 普通にくぐって参拝して帰りましたが、帰って調べるとちゃんとくぐり方があるようで…。夜 [続きを読む]
  • 賃挽き製材
  • うちの製材所は賃挽きもやってます。銘木の製材所ということもあって、よその製材所では挽けない硬い木(黒檀や花梨など)の製材を依頼されることが多いです。 今回は守口の名物社長の家具屋さんが4トン車一杯、欅の超乾燥材を製材。 超乾燥材なのでカチンコチンでした。鋸が焦げちゃって、かなりの本数を使ってしまった。材料は小さいトラック2台分に。 次の賃挽きはこちら。 栗の原木。今週は僕の仕事がいっぱいなので、来 [続きを読む]
  • ケヤキの看板
  • 看板のお問い合わせをいただくと、お店の業種にもよりますが、あまり木が良すぎると面白くなく、あまりに節だらけだと看板にならないので適度な変形具合が求められます。 本日出荷のケヤキ。エエ感じです。 木の元を右側にして、下がまっすぐ、上にエエ感じの凹凸。そして文字を彫ったり書いたりする部分にあまり邪魔するものがなし。看板に最高です。 [続きを読む]
  • この時期の仕入れは
  • 大阪の市場でもそこそこ仕入れをしましたが、その前に岐阜で岐阜銘青会の競り市で買った商品を取ってきました。 この時期の仕入れは、買ったときにはまともな状態でも、持って帰ってくるまでに割れたり、カビだらけになったりと色々あるのですが…。 やはり割れてきてました。 ちょっとモコモコ杢のある栃の板ですが、モコモコの部分にひび割れ多数。たまに栃を買うとこれやもんな〜。 でもこういうリスクも踏まえた仕入れを [続きを読む]
  • 1日で2日分の競り市
  • 今月の大阪銘木市場の競り市は1日だけ。通常2日分を1日でやっちゃいます。 というのも来月は大阪銘青会展という大きな記念市ですので、記念市に向かない商品を一気に売っちゃおうって感じです。 でもそれが結構な出品がありまして、大変な1日でした。 とりあえず激安の楠の原木買っちゃいました。 たぶん造園やさんが持ち込んだ材で、長さが1.7m。中途半端やな〜。 とりあえずさっそく来月の大阪銘青会展に出品です。 [続きを読む]