agrikin さん プロフィール

  •  
agrikinさん: かもしてパッパラなーるなる
ハンドル名agrikin さん
ブログタイトルかもしてパッパラなーるなる
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/agrikin/
サイト紹介文土と植物と菌の相性を地球生命の視点から探求してゆきます。 土耕菌が畑を耕し植物を作ります。
自由文偶然か、必然か、私に授かった菌は驚異的な植物育成能力を秘めていました。

 私にはこの菌を広める使命がある。
その思いで戦いながら今日まで研究開発を行ってきました。
 その結果をご紹介します。

土耕菌ナルナルのホーム
http://www.narunaru.info/

余っているモミガラを醸して使う方法を伝授しております。誰でも簡単に醸せます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2008/09/10 20:13

agrikin さんのブログ記事

  • おお、カビ発生だ、ちょびっとだけどね。
  • おおおを、カビ、生えてきました?ケーキの裾の角に青白いカビがポツリと。6/21, 昨日の宵の事です。今朝、確認したら、角の四隅でモヤモヤを確認。早速、買ったばかりの、セリアのスマホ接写レンズで激写ε=ε=(ノ≧∇≦)ノ今日は、某NPOのオバチャン達とのプチ旅。那須に向かうバスの中なので、文字打ちがツラい。理屈は後日、今は激写した写真にひたって下さい。同じ倍率のマッチの頭。萌えて萌えてる?腐海のお花畑♪小さな妖 [続きを読む]
  • カビないケーキをカビさせよう ぞ?ぞ?ぞ?
  • これから実験するケーキはコンビニで買ったものです。買った日は覚えていません。どこかの帰りに、夜中に小腹が空いたときに食べようと冷蔵庫に入れていて、何となく食べる機会がないうちに、消費期限が過ぎてしまいました。消費期限は、" 17.5.2 H ".と印字されていました。そのまま捨てずに、カビの生える様子でも観察できたらいいな位の気持ちでそのまま冷蔵庫の中で、じっくりとパックのまま放置培養することにしました。と [続きを読む]
  • ナルナル夏のイベントご案内です。ご予約お早めにどうぞ。
  • 昨年、親しい方のみ参加を募った夏の畑の見学会ですが、今年は趣向をやや変えて行ってみます。昨年も大変楽しい思い出深い見学会となりましたが、今年はもっとパワーアップしてそして楽に行いたいと考えています。ホームページに要綱を掲載しておりますので、どうぞご覧ください。下記のリンクからお願いいたします。土耕菌ナルナルの詳細はホームページへhttp://www.narunaru.info/index.html土壌菌についての解説しています。ナ [続きを読む]
  • ナルナルが教えています。
  • ナルナルを知らない方のために。◎♪◎ナルナルの成果一覧◎♪◎以下、ナルナルの起こしている事をご紹介いたします。すべては、ナルナルが起こす現象を後追いで検証しているにすぎません。ナルナルがビニール食べた!最新画像保管庫(常温)のなかで探し物をしていて見つけました。2017年6月7日◎もみがらを間単に1週間で堆肥化。誰でも、倉庫で、庭先で、お部屋の中でも作れちゃう。メカニズムについては、簡単に言えば糖化発酵で [続きを読む]
  • 微生物を農業に活用すねための、目からうろこの基礎知識
  • まもなく梅雨入りということです。モンパ菌も繁殖してくる時期ですので、ナルナルで早めに対処いたしましょう。ナルナルのモンパ対策のページ誰にとってもうっとうしい季節が始まりますね。リン・マーギュリス(1938 - 2011・アメリカの 生物学者)の提唱した、大きな生物は小さな生物が合体して出来ていて、その小さな生物も、より小さな微生物のような生物が合体して出来ていた!!という説は、今日ではかなり常識になりました。 [続きを読む]
  • 自分の頭で考える。世間を疑え?温暖化の基礎知識。
  • アメリカのトランプ大統領の石炭採掘再開は、世界中が暴挙として非難しています。地球温暖化防止に逆行していると。テレビの解説では、世界の年間平均温度の1度上昇を人間の体温と比較して解説していました。※※※※※※常温36度の体温の人が、37度になったら風邪気味かなと思ってしまいます。だから1度の上昇は大変なことで、ほっておけば死んでしまうかもしれない。だから温暖化ガスを止めないといけない。このままでは地 [続きを読む]
  • なぜかデカクなるナルナル
  • ナルナルを使うと野菜でも、果物でもデカクなる傾向があります。土壌の中の、病気を呼ぶメタボ成分を植物が有効利用できるように微生物たちが、トランスフォーメーションしてくれるからだけど、でも、1番の理由はストレスからの解消:解放ではないかと思います。素直に養分を吸って、すくすくと育つんですね。 春先に東北地方からご注文いただくと、タケノコを同送することがあります。千葉では捨てるほどあっても東北では貴重な [続きを読む]
  • 世界一巨大な生物って知ってますか。
  • まずは、講演会のご案内です。赤峰勝人講演会 in 千葉2017年7月8日 13:30 - 17:00青葉の森公園芸術文化ホール 千葉市詳細は、こちらのページでどうぞ。大網高校の栽培を支援しているナルナルですが、可愛い高校生たち多数の発表があり、楽しみにしております。元気いっぱいの高校生の姿を楽しみにご参加ください。※、今学期から、校長命令で大網高校では全校自然栽培に切り替えたようです。※ ナルナルもブースを出して販売し [続きを読む]
  • メロン順調に育っていました。
  • 毎年、ご好評を頂いているメロンてすが、順調に生育しています。大変、大きな 3L、4Lクラスのメロンです。葉も大きくて、病気も少ないそうです。葉の色もいいですね。石油臭くないスッキリとした自然本来の味が楽しめます。購入ご希望の方はメッセージをください。連絡先をご案内いたします。組合の縛りとかがあって直接掲載しない事にしましたのでご了承ください。全国発送可能です。第1回目の収穫は、6月25日すぎ、それから順次 [続きを読む]
  • タバコの花
  • タバコの花です。白子の酒巻農園の隣家です。やはり昨年からナルナルをご利用いただいています。綺麗なお花ですね。土耕菌ナルナルの詳細はホームページへhttp://www.narunaru.info/index.html土壌菌についての解説しています。ナルナルを購入する。http://narunaru.shop-pro.jp/フェースブック土耕菌ナルナルhttps://www.facebook.com/%E5%9C%9F%E8%80%95%E8%8F%8C%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%AB-104645306300090/ツイッタ [続きを読む]
  • 5/27 H29 国際フェスタCHIBAのお知らせ
  • 毎年参加している、幕張の神田外語大の 国際フェスタCHIBA ですが、今年も参加することになりました。例年、大久保イチゴ園のジャムを販売して好評をいただいていましたが、今年は、大久保さんが忙しくてジャムを作っている暇がないそうです。そこで、千葉県白子町の酒巻農園の玉ねぎにご登場いただくことにいたしました。1個580グラムという巨大玉ねぎです。味は一流シェフも保証済みです。来年は、桐の箱に入れて、1個1000円で [続きを読む]
  • 重要な提起にお答します。モンパ対策です。。
  • お客様から、以下のご質問がありました。このような質問が今後もくると予想されますので、ブログで返答したいと思います。-----------------------------------------------先程、ナルナル一個注文した者です 3月末にモンパにやられた木々にナルナルを購入して撒きましたが、新芽はあるものの徒長枝が殆どみられません。 撒きなおしが必要かと思ってたところ、家の反対側モンパを発見。 去年実が殆どならなくて変だと思っていたのです [続きを読む]
  • 代々木アースデエイの写真
  • とっても楽しいイベントでした。天気もよくて、人出も凄かったです。土耕菌ナルナルの詳細はホームページへhttp://www.narunaru.info/index.html土壌菌についての解説しています。ナルナルを購入する。http://narunaru.shop-pro.jp/フェースブック土耕菌ナルナルhttps://www.facebook.com/%E5%9C%9F%E8%80%95%E8%8F%8C%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%AB-104645306300090/ツイッター #agurikin 石井一行https://twitter.com/a [続きを読む]
  • ホームページにお客様情報を掲載しました。
  • 毎度ありがとうございます。ホームページにお客様の情報を掲載いたしました。いずれも絶品の果物や野菜です。今回は千葉県版ですが、掲載希望の方はお申し出ください。詳細はホームページをご覧ください。また、イベントの情報も掲載しています。代々木で開催されるアースディ東京 にナルナルの災害用バイオマストイレが展示です。詳細はホームページをご覧ください。◆美味しい玉ねぎが出来ました。千葉県白子町は玉ねぎの産地と [続きを読む]
  • 野菜の絵手紙
  • 今日は幕張ベイタウンの中の公民館、コアで南米ベネズエラの国を紹介するイベントがあって、参加しました。その公民館の壁に展示してあったのが、野菜の絵手紙。毎日忙しい農家さんも、こんな絵手紙が描ける余裕があれば楽しいですよね。土耕菌ナルナルの詳細はホームページへhttp://www.narunaru.info/index.html土壌菌についての解説しています。ナルナルを購入する。http://narunaru.shop-pro.jp/フェースブック土耕菌ナルナルh [続きを読む]
  • 福福マーケット
  • 3月20日春分の日、福福マーケットが開催されます。ナルナルの販売も行いに往きます!会場長福寺住所 千葉県匝瑳市川向79アクセス JR総武本線 干潟駅から1.3kmお問合せ 電話0479-73-0291宗派 真言宗智山派お気をつけてお出で下さいませ?土耕菌ナルナルの詳細はホームページへhttp://www.narunaru.info/index.html土壌菌についての解説しています。ナルナルを購入する。http://narunaru.shop-pro.jp/フェースブック土耕菌 [続きを読む]
  • 3月のイベント出店のご案内と発酵状態のご紹介
  • 3月に2件のイベント出店を行います。詳細は当社のホームページからお願いいたします。さて、やは、春が近づいてくると全国からモミガラぼかしについての報告やらお問い合わせが連日はいってきます。近場はできる限り、見に行ってみたいと思っています。最近行った一つが木更津市のブルーベリー農園の鈴木さんの所。広大なブルーベリー園すべてにナルナルぼかしを撒くそうです。発酵途中のボカシを見せていただきました。倉庫の中 [続きを読む]
  • 世界最高級の海苔はどこ?
  • 海苔、日本人には当たり前の食材。千葉県には、その最高級の海苔があります。お正月のお雑煮に欠かせないのが海苔です。千葉県の房総半島のお雑煮は海苔が主役なのです。お馴染みの浅草海苔。安房のハバノリ。九十九里は一ツ松の青海苔。この3つが必需品でしたが、水温の上昇で、青海苔は絶滅寸前。私でも入手困難。たとえてに入ろうと、もとても買えないでしょう。それは、ハバノリの価格でご推察下さい。比較でボールペンも写し [続きを読む]
  • 発酵生物
  • 人間も腸内の微生物の発酵した物質を栄養として生きています。自然界の腸を持つ動物、昆虫も魚も鳥類も腸内微生物の発酵の栄養物を得て生きています。動物は発酵食品生物であるのです。もちろん、自然界の植物もです。しかし、工業製品の培養物は?さて、今回は放送大学の映像をご紹介します。削除依頼があったら消します。微生物が偉大さに多くの方に気づいて欲しいですね。私の終生のテーマです。土耕菌ナルナルの詳細はホームペ [続きを読む]
  • ご注文、そしてお問い合わせありがうございます。
  • お問い合わせの中でおおいのがナルナルぼかしの件です。発酵といえう摩訶不思議な世界の事で私も正解はいえません。でも、おおくの方から、現象を聞き、糧とさせていただいています。どうもありがとうございます。私は、地元の千葉南法人会という、税務署の凱歌団体の広報部員の役を仰せつかり、長年、原稿を書いております。外部には知られていない記事ですが、そして、たわいない、内容ですけど、公開しようとおもいます。------ [続きを読む]
  • フーガで語る微生物 8
  • 下の絵を作成したのが、今から5年前の事です。ナルナルの機能として、エンドファイト効果 (植物活性化・成長促進)土壌改善効果 (有機物の分解促進)野菜・果物が美味しくなる効果を掲げました。いずれもナルナルに含まれる無数の種類の微生物による共同作業です。複合微生物集団としての機能です。この中で、どうにもメカニズムが判らなかったのが、野菜・果物が美味しくなる効果でした。ですが、ようやく、ナルナルを開発して10 [続きを読む]
  • フーガで語る微生物 7
  • 新年あけまして おめでとうございます。ホームページに無農薬栽培のバラの写真を掲載しましたので、御覧いただければありがたいです。ナルナルを使うことで実現したバラたちです。撮影した中村さんは、ご自身が栽培している、バラの美しい写真を撮るために、写真教室に通い始めたそうです。徒然にかいていますが、清浄な野菜とはどういうものか考えてみたいと思います。たびたび指摘していますが、堆肥の中では美味しい野菜が出来 [続きを読む]
  • ペットの餌
  • 昔の餌は自然今は人工的餌人工的餌しか食べないペットたちいつか人間もそうなってしまうのかな土耕菌ナルナルの詳細はホームページへhttp://www.narunaru.info/index.html土壌菌についての解説しています。ナルナルを購入する。http://narunaru.shop-pro.jp/フェースブック土耕菌ナルナルhttps://www.facebook.com/%E5%9C%9F%E8%80%95%E8%8F%8C%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%AB-104645306300090/ツイッター #agurikin 石井 [続きを読む]
  • フーガで語る微生物6
  • 地球が誕生して46億年。生命が誕生して40億年。(最近、42億年前という説もでてきました)シアノバクテリアという微生物が、太陽の光からエネルギーを産む方法を見つけたのが32億年前。これが光合成の始まりです。そして、光合成の副産物として、地球の大気には酸素が増えて来ました。やがて、生物は海の中から、地表に生命活動の場を広げて行きます。毒の大気は薄まったけれど、大地に生き物の姿はありません。動物もエサ [続きを読む]
  • フーガで語る微生物5
  • 風雅にブログ書き直し この地球では、聖書のように大地が整ってから人間が誕生した訳ではないようです。  腐海、風の谷のナウシカに登場する有名な言葉です。 さて、私は様々な畑を見学させていただいてプロから始めたばかりの家庭菜園初心者まで、多数の方とお会いしてきました。その栽培方法も、農協や県の指導員の教えを教科書通り忠実に守る優等生の様な栽培や、自ら本屋さんで園芸の本を沢山買って知識を詰め込む人。知り [続きを読む]