広告業界専門コンサルタント 岩邊久幸 さん プロフィール

  •  
広告業界専門コンサルタント 岩邊久幸さん: 広告業界“革命”ブログ
ハンドル名広告業界専門コンサルタント 岩邊久幸 さん
ブログタイトル広告業界“革命”ブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/funai-iwanabe/
サイト紹介文広告業界コンサルティング記録です。 日々のコンサルティング、ご賞味ください。
自由文コンサルタント会社で東証1部上場している、船井総合研究所の広告業界専門コンサルタントです。
北は北海道から南は沖縄まで。フリーペーパー会社・ポスティング会社・広告代理店・広告制作会社・屋外広告会社の『即時業績UP』のコンサルティングをしています。日々、現場で感じて、出会った経営者に教えてもって、新しいノウハウを発掘しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2008/09/12 13:31

広告業界専門コンサルタント 岩邊久幸 さんのブログ記事

  • WEB関連で新業態は無いのか??
  • WEBが世の中に普及して、20年。この20年間で、いくつか業態が生まれました。 WEB専門広告代理店メディアレップリスティング・SEO代行業制作会社 他に無いのかなぁって最近、時間があると探しています。 取り扱うもの、作るもの、そして組み合わせに、多少の変化はあれども、上記4つ以外で真新しい業態は無いように感じます。 新業態が出てこないと、結局は大手の寡占状態になってしまいます。つまり、メ [続きを読む]
  • DMMさんの新オフィス
  • 先日、DMM.comさんの新オフィスへお伺いする機会をいただきました。 打ち合わせ一切無しのただのオフィス見学です。しかも、アテンドしていただいたのは、社長。。。本当にありがたい限りです。 オフィスフロアに着いたら、いつかのアバクロの接客のような超美人でラフな格好をした受付の方々にご案内いただきます。 そして、会議室へ通される前に、「ライオンカモーンヌ!」と叫びます。そうすると、ライオ [続きを読む]
  • WBC日本代表のオランダ戦を観戦して
  • 先日、ありがたいことに、WBC日本代表のオランダ戦を東京ドームで生観戦する機会に恵まれました。 大谷選手見たさでチケットを買ったんですが、大谷選手が出場しないと分かり、がっかりしていたのも事実。でも、生で見ることができて、本当に良かった!! 改めて何を感じたかというと、 ◆勝つチームというのは、それぞれの役割が明確にあり、そしてそれぞれの役割を全うするために事前準備をしているということ。& [続きを読む]
  • 風化させてはならない
  • 少し時間が経ってしまいましたが・・・ 6年が経ったんですね。。 311。 6年前、当時私は金沢にいました。14時くらいは、お客様と打ち合わせをしていました。お客様から、「東京たいへんそうだけど、大丈夫?」と聞かれましたが、「いやいやいや、そんなんいいですから、打ち合わせしましょう!」みたいなことを言ったことを覚えています。 お客様から、テレビ見ましょう!と言われ、やっとのことで事の [続きを読む]
  • 広告会社や印刷会社ほどVCに参入した方が良いのでは?!
  • ふと思いました。 大手・中堅でキャッシュがまだある広告会社や印刷会社こそ、ベンチャーキャピタルの機能を持つと良いと思う。 広告会社や印刷会社は、結局はクライアント企業を繁盛させるお手伝いをしている。 でも、本当に繁盛させることができている広告会社や印刷会社ってどれだけあるんだろうか? 正直、中小・零細の広告会社や印刷会社は、伸びている企業と1社か2社は付き合っている。しかし、そのお [続きを読む]
  • 削ることを意識する!!
  • モノ余りの時代に入り、多機能な商品やサービスは売れなくなってきました。 アメリカの量販店を見ても、テレビコーナーは、日本製品は隅っこに追いやられ、韓国や中国のメーカーが売場の一等立地を占めています。 国内も同様です。ここ数年で、業績を伸ばした企業を見ていると、「同じ価値・品質で安いこと」が条件のようです。 苦戦する商品・サービス開発は「売りたい商品・サービスの機能・内容」が先に立ち、「 [続きを読む]
  • 人を育てる
  • 先日、とある雑誌で作家の村上龍氏のコラムを読んだ。 そのタイトルが、「人を育てる」。 とても勉強になったので、共有させていただきます。 以下、その文章の一部です。「わたしは『自分の子どもをどう育てればいいのか』など考えたことはなかった。子どもが大学生になり、クラシック音楽が好きだとわかったとき、聞いてみた。お前にクラシック音楽を聞いたほうがいいなんて言ったことないのにどうして好きになっ [続きを読む]
  • プレミアムフライデーをどうとらえるか??
  • 昨日から、プレミアムフライデーが始まりました。 皆さんは、どのようにとらえていますか?? 我々がお手伝いしている中小・零細企業様の中では、関心がない企業様が多いような気がします。どちらかというと、否定的な立場寄りという感じでしょうか。 私はプレミアムフライデーは企業は断然取り入れた方が良いと思っています。 理由は、3点です。1点目は、採用。プレミアムフライデーは働き方改革の一 [続きを読む]
  • もっと自信を持とう!!
  • 先日、Adobe社から、こんなニュースが出ました。 http://www.adobe.com/jp/news-room/news/201611/20161110-state-of-create.html 米国、英国、フランス、ドイツ、日本の18歳以上の成人約5000人に対するアンケートで、最もクリエイティブな国の1位は日本で34%、最もクリエイティブな都市は東京で26%という結果になったそうです。逆に、自らがクリエイティブでないと答えた割合が日本でもあったそうです。&n [続きを読む]
  • 残る会社
  • 残る会社の原理原則。 それは、常に品質高い商品・サービスを、低価格で提供し続ける会社だと思う。ここで勘違いしていただきたくないのは、ただただ品質高い商品・サービスを提供していれば良いというわけではない。そして、ただただ低価格で提供し続ければいいというものでもない。 ということです。 日本の家電製品は海外で売れなくなったとのこと。それは、高品質・高機能が行き過ぎて、価格が高くなっていると [続きを読む]
  • 我々の日々の努力とは?
  • 先日、プロ野球選手の練習を見学する機会に恵まれました。 TVや試合を生で見ていると、とても華やかなプロの世界。 表に出ていないとき、どんな練習・準備をしているのか?とても興味がありました。 結論からいえば、それはそれは、とてもとても地味なものでした。 まず、ウォーミングアップにかける時間が60−90分間。こんなにウォーミングアップをするの?というくらい、とても地味な時間です。 股 [続きを読む]
  • イノベーションとは??
  • 昨年、アメリカへ視察に行かせていただき、各社きまりもんくえのように言っていた言葉があります。 「イノベーション」 誰もが、自分の業界や自社、そして自分自身において、イノベーションを起こしたい!と思われていると思います。 当然のように、私もその一人です。 イノベーションは、基本的には今までの価値を大きく変える、もしくは停滞している状況を壊していく中で生まれてくるものです。ということか [続きを読む]
  • 沈黙 SILENCE
  • 沈黙 (新潮文庫) Amazon 沈黙 SILENCE(字幕版) Amazon 正直、めちゃくちゃ重たい映画でした。しかし、とても考えさせられる映画であり、時代等いろいろと勉強させられる映画でした。 既に2回見てしまいました。一見の価値ありです。 1600年代後半の長崎におけるキリスト教弾圧をテーマにした映画です。作家遠藤周作の小説「沈黙」を映画化したものであり、監督はアカデミー賞 [続きを読む]
  • まだ何とかなる!と思った時が・・・
  • 「まだ何とかなる!」 こう思っている広告会社や印刷会社の経営者の方は多いのではないでしょうか。この想いって、実はとてもネガティブです。調子がいい時に思うことではありません。 もしかしたら、広告会社や印刷会社以外にも、衰退業種の経営者の方で思っている方は多いと思う。 しかし、この「まだ何とかなる!」と思ったときが、会社にメスを入れる「待った無し」の状態だと思う。 印刷会社の経営 [続きを読む]
  • 見積書がいらない商売
  • 広告業や印刷業は、受注請負業です。 市場規模の限界がきており、参入障壁が低い業界。しかも、差別化要素をなかなか見つけにくい。 多くの企業は、手を変え品を変え、何とか頑張っています。特に、分かりやすいのが、既存取引先に対して、提案商材を変えて販売しています。 これは、別に間違っているわけではありませんが、できる営業がいる会社や、できる営業に育てる環境が備わっている会社にはとても良い。&nbs [続きを読む]
  • 仕組み化とは習慣化すること
  • 仕組み化しましょう!仕組みにしましょう!それって、仕組ですね! みたいな感じで、「仕組み」という言葉は、どこの企業でもよく使われている言葉です。私もコンサルの端くれですが、よく使います。 ある意味、便利な言葉で、使い勝手がいい。仕組みにしましょう!的な感じで言えば、全てが丸く収まってしまうというか、説得できてしまうというか、本当に都合のいい言葉です。 なぜ、都合がいいのか。それは、ほと [続きを読む]
  • 無料と有料
  • 最近、お笑い芸人であり、漫才師でもあるキングコングの西野氏が何かと話題を集めていますね。 絵本『えんとつ町のプペル』という作品を無料公開し、賛否両論あるようですが、販売部数も伸びているようです。Amazonの絵本カテゴリでも、トップになったとか。 そんな西野氏のブログにとても興味深いことが書いてありました。http://lineblog.me/nishino/ 『ここを絶対に押さえておかないといけないのだけれど、『え [続きを読む]
  • 何かを変えるために押さえないといけないこと
  • 会社を変えたい!取組内容を変えたい! 世界では、「イノベーション」という言葉が最近よく使われていますが、変えたい!って思いはあっても、なかなか難しい部分があるというのも、皆さんよくご存じのことと思います。 変えようと思っている対象によって、当然のように難易度は異なります。 その難易度は、本質的にいえば、「関わっている人の数」に比例します。 人の数が多ければ、対象の所謂「量」も多いで [続きを読む]
  • 儲け続ける経営者は何を考えているのか??
  • まず、こちらをご覧ください。http://fod.fujitv.co.jp/s/genre/variety/ser2316/2316110017/ これは、DMM.comの創業者である亀山会長とキングコングという漫才コンビの突っ込み、お笑い芸人の西野氏の40分の対談動画です。 経営者として異端と言われている亀山会長と芸人として異端と言われている西野氏。 西野氏は絵本というコンテンツを武器にして、世界進出し、ディズニーを倒したい!と公言しています。そん [続きを読む]
  • 仕組みってすごいなぁ。。。
  • 改めて、仕組ってすごいなぁって思います。 我々人間が、1日3食ご飯を食べることも仕組み。必ずお風呂に入るのも一種の仕組み。 仕組みって、「当たり前の状態のこと」を言うのだと思う。逆を言うと、少しでもその状態から外れると、気持ち悪く感じたり、違和感を感じたりする。 だから、もし仮に「売上を上げる仕組み」を導入するとなったさい、問合せがきた!とか、受注が来た!とかで、喜んでいるうちは、まだ [続きを読む]
  • もっともっと儲けよう!!!
  • もっともっと儲けましょう!!! なぜ突然こんな話をするかというと、本日とある事業会社の投資事業部の方とお話しする機会がありました。 彼らは、印刷業界に興味があるようです。が、事業対象としては、営業利益5−10億円は作っている会社とのこと。 一般的に、印刷業界の営業利益率で見たら、150〜200億円規模が投資対象になります。 規模の大小が全てではありません。しかし、一般的な大手企業の [続きを読む]
  • 生産性向上
  • 今後の広告業、印刷業で成長しようと思ったときに、必ず考えないといけないことは、生産性をいかに上げていくかということです。 生産性というのは、「1人当たり粗利」又は、「1人当たり営業利益」のことを言います。 つまり、生産性というのは、いかに少ない人数で多くの利益を稼ぐかということです。 既存事業から、生産性を上げようと思うと、今までのやり方ではなかなか難しいことは何となく、皆様お分かりの [続きを読む]
  • 経営方針発表会
  • 5日・6日と我々船井総研では、グループ方針発表会があります。 高嶋CEOからは3カ年のグループ方針発表があり、各部からも3−10年くらいのスパンで今後どうしていくのかというビジョン発表があります。 まず、多くの刺激をいただいた中で得たキーワードは、下記の通りです。・経営品質向上・ジャンルトップ・IT・クラウドソリューション・働き方改革・売上アップから利益アップへ・生産性向上・ファイナンス・プラ [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます。
  • あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。 おそらく今年は、4日から稼働されている企業も多々あるかと思いますが、私が所属している、船井総研は毎年恒例の5日・6日と1泊2日のグループ方針発表会からのスタートです。 改めて、今年は酉年。酉年という年はどういう年なのか、調べてみました。 今年は、正確にいうと、「丁酉(ひのととり)」という干支だそうです。「丁」は成長期の安 [続きを読む]