とむやむ君 さん プロフィール

  •  
とむやむ君さん: 嗚呼!!タイランド
ハンドル名とむやむ君 さん
ブログタイトル嗚呼!!タイランド
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/taki18/
サイト紹介文タイ(ガール)にはまった筆者の堕落した旅行記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2008/09/12 11:59

とむやむ君 さんのブログ記事

  • アムとのやり取り2
  • さて、前回アムから一方的に電話を切られたわけだが、おいらはこの流れで行くとこのまま放置しておけばアムとの関係は終わるものだと思っていた。ところが、どうもそんな様子は見られない。さて、どうしたものか・・・などと考えている間にもアムからはバンバンラインが入ってくるのだ。内容は意味不明なものも多いのだが、アナタはニサイマイディーとか、ジャオチュー(なぜ?)とか、アタシはかわいそうとか・・・恨みつらみ・・ [続きを読む]
  • アムとのやりとり
  • 帰国したその日から、アムは毎日かなりのラインメッセージをおいらに送ってくる。とは言っても、おいらもこの頃はライン初心者だったので若い娘のラインの頻度とか、そもそもタイ姫のラインの頻度がよく分かっていない。日中仕事でほっとくとアムからのラインは30件くらいになっていることもよくあった。まぁ、ほとんどはどうでもいいメッセージでスタンプも半分以上を占めているのだが・・・一番困ったのがよくライン電話をかけ [続きを読む]
  • 帰国
  • 帰りは歩いて帰るのもメンドクサイのでバス・・・と思ったが、どれに乗ればいいか分からないので結局タクシーで帰った。駅の上にあるホテルだから運ちゃんも迷わず到着。ちょっと小腹が減ったので下のコンビニでタイガービアとつまみを買って部屋に戻った。さて、今夜はいろいろと疲れた夜だった。って、一人でドキドキしまくりで疲れただけだけどな。明日は早起きだからもう寝よう。そして翌朝。隣で寝息を立てているオンナは・・ [続きを読む]
  • インドネシア姫
  • 何だかすっかり気持ちが萎えた。今更置屋巡りをするのもなんだな・・・このままおとなしくホテルに帰ろうか。なんて思いながら歩いていたら立ちんぼゾーンらしき場所に出た。今まで歩いていたロロンより少し広めの通りにそこかしこにそれらしき姫がたむろしているのだ。一度は萎えたおいらのココロだが、こういう風景を見るとアガってくるよね〜(^^;だってさ、ちょっと目につくだけでも結構カワイイ姫がいるんだよ。せっかくだしち [続きを読む]
  • 何故かドキドキ
  • ゲイランに着いたと言っても外れの方だから置屋街のエリアはまだ少し先だ。意外だったのが、ゲイランっていかがわしい繁華街だと思っていたのだが公団住宅のような団地が多いって事だ。フツーに帰宅途中風の人が歩いてたりするもんな。それともこのマンションでも営業が行われていたりとか?昔マンヘルとかって流行ったもんな。うーむ、どう見ても一般の方たちのお宅だな。しかしずい分いい環境(?)にお住まいだこと。(^^;さてと [続きを読む]
  • 想いでの地
  • バンコクから3時間弱。おいらの乗ったCX機は、ほぼ定刻にチャンギ空港に着陸した。実はおいら、シンガポール自体は久しぶり・・・というほどではない。ワンと連絡が途絶えた後もプライベートで(まぁこれもプライベートだけど(^^;)何度かシンガポールには来ていた。このブログとは関連が無かったので書かなかっただけで来る機会はあったのだ。そんなわけで華麗に(?)イミグレを通過するとそのまま地下のMRT駅へ。なぜタクシ [続きを読む]
  • そしてシンガポールへ
  • 思いがけず(?)アムと2発こなしてしまったので意外に時間が無い。空港には12時までには着きたいから11時にはチェックアウトしたほうがいいな。さて、金を払うわけだがいくら払えばいいんだろう。カラオケ嬢をオールナイトでってのは考えてみれば久しぶりだ。ショートだったらせいぜい2000〜2500THBってとこだろうけど・・・結局またアムに聞いてみた。おいら「ねぇ、アムにはいくらあげればいいんだ?」アム「・ [続きを読む]
  • 責任取れよ
  • 大分サボってしまったので気が付けば2月になってしまいました。相変わらず慌ただしい毎日なのでなかなか更新できませんが、そのせいでかなり書くエピソードがたまってきているのでがんばって更新したいと思います。遅ればせながら今年もよろしくお願いします。ここから本編です。↓アムはアソコをティッシュで拭きながら呆然としている。アム「どうしよう・・・」おいら「いつもどうしてたの?」アム「ノーコンドームでセックスし [続きを読む]
  • アクシデント発生
  • 今までも仕事抜きにして付き合うようになった姫は何人かいた。どの姫もそうだったけど、ベッドの中はお互いがイカないと・・・特においらがフィニッシュしないで終わらそうとするとやたら激しい追及が待っていたものだ。まぁ、一番は「他のオンナとヤッテきただろ(゚Д゚)ゴルァ!!」っていう事らしいが・・・っていうか、ほとんどそうなんだけどね。f(^^;アムの場合は、まだそこまでの関係じゃないから理由の追及まではしてこないもの [続きを読む]
  • やっぱり中折れ
  • アムがシャワーから出てきたので入れ替わりでおいらもシャワー。でも考えたら昼間ヤッて来たんだしな・・・別にこのまま寝てもいいかな。なんて考えている時に限って向こうがヤル気マンマンだったりする。だって、おいらがシャワーから出てくると部屋の灯りは暗くしてあって、アムはベッドに入っている。バスタオルが椅子にかけてあるから、すでにすっぽんぽんでスタンばっているようだ。なんとかやり過ごすテは無いものか・・・お [続きを読む]
  • 日本の観光地について
  • 部屋に戻ったものの、時間はまだ早い。アムもすぐにシャワーを浴びに行こうとしないところを見ると泊まってくつもりなのかな?おいら「今日泊まってく?」アム「いいですか?」おいら「いいよ、だったらまだ早いからどこか行くか?」アム「どこか行きたいですか?」おいら「いや、そうじゃないけど・・・」アム「アタシ部屋がいいです」ふーん、若いくせに出不精なヤツだな。まぁいいや。じゃあおいらはシツレーして明日の準備を・ [続きを読む]
  • コンドーム撮影会
  • 後ろ髪を引かれつつホテルに戻るおいら。こうなったらしょうがない、最後の夜はアムと一緒って事で手を打つか。('A`|||)アムの場合一緒にいても疲れないというか、それほど気を遣わないで済むしな。オキニを作るって、ホントはこういう部分が重要なのかもね。美人で性格がよくってエロくってダイナマイトボディで・・・なんて言ってたらキリがないもんな。そんな事を考えながらホテルに着くと、アムがロビーのソファーに座ってい [続きを読む]
  • またもやサプライズが
  • さて、アムがウキウキで帰ったところで早速ヒマだ。さっき寝起きでヤッたばっかりだからMP行く気にもならないし・・・朝メシがてらターミナル21に行った。上のフードコートでバミーを食べつつボーっとしてた。うーむ、どうしたものか。こんなことならアムと一緒にアパートに行ってもよかったかな。その後お土産になりそうなものでも無いかと店内をウロウロしたが特に収穫なし。地下に降りてみると食品やスイーツコーナーが並ん [続きを読む]
  • おいらのダメなとこ
  • おいらはバンコク最終日という今日を有意義に使うため、今から綿密なスケジューリングにかからなければならない。従って、残念ながらアムの相手をしているヒマは無いのだ。おいら「また今度来た時遊ぼうよ」アム「・・・はい」そう言ってアムは黙って帰り支度を始めた。・・・意外とあっさりしてるな。おいら「アムは恋人とかいないの?」アム「いません」まぁ、いてもいるって言うわけないか。おいら「じゃあ今日は仕事行ったら? [続きを読む]
  • アディショナルタイム
  • アムはシャワーから出てくると今度は服を着だした。まぁ、さすがに3発目をおねだりされてもおいらもキツイからな。今日のところはこれでカンベンしてやろう。おいら「あー、そういえばアムにはいくらあげればいいの?」アム 「あっぷとぅーゆー」しまった。これは向こうにイニシアチブを取らせてしまう聞き方だった。ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!こう言っておいらがいくら出すか・・・それを見て今後どのくらいおいらにふっかけられる [続きを読む]
  • 今度ね・・・
  • 起き抜けの1発なんて・・・一体どれくらいぶりだろうか。アムも満足したのかおいらに抱き付いてくる。うーん、このまま抱き付かれると今フィニッシュしたばっかりのおいらの分身達がアムのお腹にべったりついているので、抱き付かれるとおいらにもくっつくからちょっと気持ち悪い。アム「気持ちよかった?」おいら「うん、すごく良かったよ。(ちょっと気持ち悪いけど)」アム「良かった・・・」おいら「シーツが汚れるから・・・ [続きを読む]
  • まさかのサプライズ
  • 悶々としながら夜は更けていき、どうやらいつの間にか眠ってしまったようだ。そして翌朝。フッフッフ。久しぶりに隣には寝息を立てているオンナがいる状況だ。そう、おいらの大好きなシチュエーションだ。(゚∀゚)アヒャヒャしかも昨日は不発に終わっているからジュニアは朝から戦闘態勢だ。さて、それじゃあ・・・と思って隣を見るともぬけの殻。あれ?寝息をたてているはずのオンナが・・・そしてバスルームの方からシャワーの音が・・ [続きを読む]
  • したくないの?2
  • おいら的にはこれで終了して寝たいのだが・・・アム「気持ちよくない?」おいら「え?何が?」アム「アタシとするの気持ちよくない?」おいら「いや、だからそうじゃないよ。このコンドームおいらには小さいみたいでさ。ちょっと痛いんだよ。ハハハ・・・」冗談交じりにおいらが言うと、アム「分かった」ん?何が分かったんだ?Σ(=゚ω゚=;)するとアムはおいらのチンコからコンドームを外すとそのままおいらを押し倒した。そしてお [続きを読む]
  • したくないの?
  • アム「アタシ、シャワーね」そう言うとアムはバスルームへ。どうせだったらおいらも乱入してイチャイチャアワアワプレイでも・・・(^^;などと考えていたらすぐに出てきた。ずい分早いな。アム「アナタも早くシャワー」そんなに急かさなくても・・・おいらもそんなにヤリたいわけじゃないし。って、そんな事言ったら何で連れ帰ったんだよって話になっちゃうな。まぁアムにとっては仕事だし。そう言えばアムは泊まってくのかな?それ [続きを読む]
  • よく笑うアム
  • 食事をしながらアムは写真を撮りまくっている。料理の写真や店の様子やおいらの顔やら・・・おいおい、おいらまで撮ってどうするんだよ。そりゃあイケメンの写真ってのは目の保養になるんだろうけど。(^^;アム「ゴメンナサイ、行儀悪いですね」おいら「まぁ、お客さん少ないから大丈夫じゃない?」アム「じゃあこっち」おいら「うん?何だ?」アムはテーブルの上に身を乗り出すようにすると、おいらにも同じようにしろという。どう [続きを読む]
  • 数え年
  • さて、どこに行くか。おいら「アムは何食べたい?」アム「何でもいいです」と、お約束のやり取り。おいら「じゃあ・・・どこかタイ料理の店でも・・・」アム「あ、じゃあアタシ行ってみたいお店あるです」おいら「じゃあそこに行こうか」タクシーを拾うとラマ4方面へ。10分ほどで着いたその店は・・・バーンカニタって言うのかな?結構立派な感じの店だな。アムも心なしか驚いているようだ。おいら「アムは来た事ないの?」アム「 [続きを読む]
  • ホントの気遣いとは
  • 散々客を放ったらかしにしといてスタッフもチイママも知らんぷりだ。さっきからしきりにアムが恐縮している。アム 「ゴメンナサイ。怒ってる?」おいら「いや、怒ってないよ」アム 「でも・・・顔怒ってるです」おお、イカンイカン。せっかく飲みに来たのに仏頂面してちゃイカンな。Σ(・ω・ノ)ノおいら「あーゴメンゴメン。ちょっとスタッフとかチイママの態度がね・・・」アム 「・・・ゴメンナサイ」おいら「いや・・・だからア [続きを読む]
  • 放ったらかし
  • 電話を終えるともう一回ターミナル21に行ってみた。思いがけず滞在が1日延びたので何となくココロにも余裕ができたのだろうか。さっきより時間をかけて中をウロウロした。地下にカヤトーストの店があったのでおやつ代わりに購入。って、明後日シンガポールに行くんだからここで食わなくってもよかったな。(_´Д`) アイーンその後はホテルに戻ってしばらくウダウダしていた。夜になったのでアムの店へ。少し早く着いちゃったけど [続きを読む]
  • 滞在延長決定
  • CXから不吉な予感のSMSが届いていたのでメッセージを確認。すると・・・何と、おいらの予約してある明日のシンガポール行きの便が大幅に遅延するらしい。だからキャンセル料タダでキャンセルしてもいいよっていう感じの内容だ。キャンセルだと?バカ言うんじゃない。(゚皿゚メ)シンガポールに行かないと今回の旅の目的であるB787に乗れないし、そもそも日本に帰れないじゃん。っつー訳で、ホテルに戻って早速CXのコールセ [続きを読む]
  • ひとっ風呂
  • そしてハラが減って目が覚めた。しかし、二度寝して起きるとカラダがダルくなるのはなぜだろう。この気だるい中、隣にちょっかい出すオンナがいればサイコーなんだけどなぁ・・・このままヨコから挿れたりして。(^^;おっと。こんな妄想をしていたらただでさえ昨日不発で聞かん棒だったジュニアが暴れん棒になってしまう。時間は昼近くか・・・メシ食ってテキトーに時間を潰せばMPが開くかな。支度をしてホテルを出た。そうだ、両 [続きを読む]