ひこーきパパ さん プロフィール

  •  
ひこーきパパさん: ひこーきファミリーのおうち
ハンドル名ひこーきパパ さん
ブログタイトルひこーきファミリーのおうち
ブログURLhttp://specialchildren.seesaa.net/
サイト紹介文二人の自閉症児の親です。 子供達のこと等を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供803回 / 365日(平均15.4回/週) - 参加 2008/09/13 07:13

ひこーきパパ さんのブログ記事

  • 発達障害の子のための「すごい道具」 どんなものがある?
  • 発達障害の子のための「すごい道具」 どんなものがある?http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20170725/Mamatenna_69089.html発達障害の子の多くは、健常な発達をする子にくらべて、得手・不得手がはっきりしていると言われています。一般的に使いやすい文房具などの道具も、発達障害の子にとって使いこなすことが難しいこともしばしば。そうした“困り感”(学校などの集団生活、家庭での日常生活でつまずきや戸惑いを覚える [続きを読む]
  • 長生きしたければコーヒーを飲もう?!
  • 長生きしたければコーヒーを飲もう?!https://mainichi.jp/premier/health/articles/20170725/med/00m/010/010000c?fm=mnm コーヒーは、愛好家にとって魅力的な飲み物ですよね。目覚めの一杯は、一日の始まりの活力になりますし、食後の一杯は気分を落ち着つかせてくれます。コーヒー=カフェインというイメージがありますが、コーヒーにはそれ以外にもたくさんの成分が含まれていて、実に神秘的な飲み物なのです。最近、コーヒー. [続きを読む]
  • 発達障害、対応医師養成へ 福岡県、九大を拠点病院に指定
  • 発達障害、対応医師養成へ 福岡県、九大を拠点病院に指定http://www.sankei.com/region/news/170725/rgn1707250009-n1.html福岡県は九州大学病院(福岡市東区、石橋達朗病院長)を、発達障害者の支援拠点病院に指定した。県内では発達障害者を診療できる病院不足が課題となっており、九大は県の支援センターなどと連携し、医師やスタッフの養成を図る。 県内の発達障害者は、30歳未満で9万6千人と推計される。これに対し、診 [続きを読む]
  • ポケモンGO、日本配信開始1年〜開発責任者に聞く
  • ポケモンGO、日本配信開始1年〜開発責任者に聞くhttp://www.yomiuri.co.jp/topics/ichiran/20170724-OYT8T50035.html位置情報を活用したスマートフォン(スマホ)向けゲーム「ポケモンGO(GO)」の国内配信が始まり、今月22日で1年を迎えた。配信当初は、珍しいポケモンが集まる場所に大勢の人が集まる社会現象となり、自動車の運転中に遊んでいたプレーヤーが死亡事故を起こすまでに過熱した。しかし現在は利用者が大幅に [続きを読む]
  • 特別支援教育から特別を取る
  • (本紙編集局はこう読む 深掘り 教育ニュース) 特別支援教育から特別を取るhttps://www.kyobun.co.jp/commentary/c20170724/普通の教育的営みなのだから(学)大出学園支援学校若葉高等学園の清野佶成理事が、25回にわたる連載「特別支援教育の根本」を、7月17日号で終えた。最終回では、今後特に推進していくべき内容や取り組むべき改善点を4つ示した。その冒頭の(1)には「平成19年4月1日に『特殊教育』から『特別支援教育』に [続きを読む]
  • 発達障害の相談に応じる
  • 発達障害の相談に応じる 加瀬幹生さんhttps://mainichi.jp/articles/20170724/dde/007/070/035000c「頼るところがあることを知ってほしい」。自閉症など発達障害のある人や家族が安心して暮らせるよう手伝う「千葉市発達障害者支援センター」所長の加瀬幹生さん(49)は語る。  2008年のセンター開設以来、就労支援員として発達障害者がそれぞれの職場で働きやすい環境づくりを目指してきた。相談に耳を傾け、家庭や企業 [続きを読む]
  • 両親殺害 39歳男の無期懲役確定へ 香川 小豆島
  • 両親殺害 39歳男の無期懲役確定へ 香川 小豆島http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170721/k10011068191000.htmlおととし、香川県の小豆島の土庄町で、水道工事会社を経営する両親を殺害した罪に問われた39歳の長男に対し、最高裁判所は上告を退ける決定を出し、無期懲役の判決が確定することになりました。土庄町の喜田勝義被告(39)はおととし4月、水道工事会社を経営する65歳の父親と63歳の母親を金づちなどで殴って [続きを読む]
  • 13歳画伯 才能開花の発端は「発達障害があるとわかったこと」
  • 13歳画伯 才能開花の発端は「発達障害があるとわかったこと」https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0721/joj_170721_1753790604.html「自分の絵が各方面で反響を呼んでいることは知っていますが、娘はとくに反応しません。いつも“へ?っ”って感じで、淡々としています(笑)」ブルーを基調に描かれた、幻想的な動物たちの絵が、いま国内外から大きな注目を集めている。作品を描くのは、福井県在住の女の子・吉崎莉菜ちゃん(13) [続きを読む]
  • 柳家花緑「発達障害」の過去告白「お陰で今の自分」
  • 柳家花緑「発達障害」の過去告白「お陰で今の自分」https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1859047.html 落語家柳家花緑(45)が、子供の頃は「発達障害」だったことを著書「花緑の幸せ入門」(竹書房、8月4日発売)で初告白する。人間国宝5代目柳家小さんの孫で、22歳で真打ち昇進したが、漢字の読み書きが苦手で通知表も1か2。教室ではじっとしていられず、いつもしゃべっていたという。このほど日刊スポー [続きを読む]
  • 平均寿命100歳の時代が来る前にやっておくべきこと
  • 平均寿命100歳の時代が来る前にやっておくべきことhttp://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/092800071/070300026/?rt=nocnt「これから最も大きく変わる産業分野は何か?」。こう聞かれたら、迷わず私は「医療」と答えます。これが、いろいろな産業分野で新しいビジネスを創出する仕事に携わっている者としての回答です。  ゲノム解析が進む中で、「なぜ病気になるのか」「人間はなぜ老いるのか」といった、生命の根源に関わ [続きを読む]
  • 犬が人間の親友になった理由、遺伝子にあり 研究
  • 犬が人間の親友になった理由、遺伝子にあり 研究http://www.afpbb.com/articles/-/3136396非常に人懐こい犬には、ある発達障害の人々と共通の遺伝的類似性があるとする研究論文が19日、発表された。ウィリアムズ症候群と呼ばれるこの発達障害は「自閉症の対極」とも呼ばれ、極端な社交性が特徴だ。 米科学誌「サイエンス・アドバンシズ(Science Advances)」に掲載された論文では犬およびウィリアムズ症候群の人々にみられる極端 [続きを読む]
  • 2020年の国体 鹿児島で開催
  • 2020年の国体 鹿児島で開催http://www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshima/5055234501.html3年後の2020年、東京オリンピック、パラリンピックの直後に開かれる国体=国民体育大会が鹿児島県で開かれることが正式に決まり、鹿児島県の三反園訓知事は、「感動を引き継ぐ国体にしたい」と話しました。これは、18日、都内で開かれた日本体育協会の理事会で決まりました。この中では日本体育協会の伊藤雅俊会長から鹿児島県の三反 [続きを読む]
  • 障害者が描くアート まちごと美術館
  • 障害者が描くアート まちごと美術館絵もたくさんあります。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170719/k10011063361000.html盲導犬と歩く猿、車いすを押す龍…。JR新潟駅前にある観光案内所には、さまざまな動物が楽しそうに遊ぶ絵が飾られています。すべて障害のある人が描いた絵です。駅前につるされた旗や銀行の窓口に飾られた絵など、新潟県内の34か所にあるアート作品。障害者が描いた絵が街を飾る、その名も「まちごと美 [続きを読む]
  • 「リカちゃん」発売50年 かつての子どもたちは…
  • 「リカちゃん」発売50年 かつての子どもたちは…http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170717/k10011062311000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_011着せ替え人形の「リカちゃん」が発売されて、ことしで50年になります。これを記念して、今は大人になった女性たちが「リカちゃん」との思い出を語り合うパーティーが千葉県・浦安市で開かれました。「リカちゃん」は50年前の1967.. [続きを読む]
  • 発達障害の「できない」は 道具で「できる」ようになることも
  • 発達障害の「できない」は 道具で「できる」ようになることもhttp://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20170717/Mamatenna_69074.html生まれつき脳機能の発達の影響によって、社会生活に困難が生じてしまう「発達障害」。症状の出方はさまざまですが、健常な発達をする子どもにくらべると、発達障害の子は手先が不器用だったり、じっとしていられなかったりと、市販されている日用品などが上手に使えないことも多々あるようです。 [続きを読む]