草次郎 さん プロフィール

  •  
草次郎さん: 草次郎の草日記
ハンドル名草次郎 さん
ブログタイトル草次郎の草日記
ブログURLhttp://kusajirou.ti-da.net/
サイト紹介文 身近な植物を紹介します。
自由文 亜熱帯沖縄で、生活の中の身近な植物を
紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2008/09/14 11:37

草次郎 さんのブログ記事

  • ヤラブの小道
  • てりはぼく オトギリソウ科飛行場は遠くなったけど、こんな景色が見られます。石垣島過去記事← [続きを読む]
  • 梅〜〜
  • 梅 こんな風景があるんだね〜こういう景色に目をとめられる幸せですね。近くで働いていた20代のころは、そばにあってもぜんぜん気がつかないほどゆとりがなかった・・・・幸せです津田山駅近くの住宅地 [続きを読む]
  • マロニエ通り
  • マロニエ とちのき科銀座ではありませんが、勝手に八王子マロニエ通りと名づけました。沖縄では見られない街路樹が見られ、新鮮です。マロニエ・・・すてきな響き。春を感じました。沖縄に帰ってきている今、なぜか沖縄のほうが寒い。。(個人の感想)風が強いからかな [続きを読む]
  • シナモンの香り
  • クスノキ クスノキ科 こんな木も生えていたよ。 シナモンは、クスノキ科の樹木の名であり、その樹皮から作られる香辛料です。  八つ橋などのお菓子や、仁丹の香りなども成分をしようしているそうです。 もむと いい香り・・・・  [続きを読む]
  • 川崎のヒカンザクラ
  • 緋寒桜 先週、所用で川崎市に行ってきました。用事のあと立ち寄ったのは・・・川崎市でも知る人はしっている桜の名所、津田山霊園です。まだ開花していませんが、数カ所に植えているという沖縄ではすでに葉桜になったヒカンザクラは、満開です。他の桜が満開のタイミングで行ってみたですね〜。24の頃、初めて社会人になり仕事をしていた場所です。そのとき一度だけ満開の桜並木を歩きました。なつかしいです。というか感慨深い [続きを読む]
  • 白い花びら
  • エゴノキ えのごき科 少し寒さがゆるんだ この時期に 山を歩くと 落ちている ・・・・しろい花びら   ・・・・久しぶりの山のにおい2007年 ←おもと岳 2010年←石川岳 [続きを読む]
  • 初詣
  •  初詣は毎年 首里のお寺と波の上宮でおこなっていますが、飛行機の時間までゆとりがあったので、名古屋で行っておこうと思いました。 有名所で熱田神宮や大須観音が思い浮かびましたが、移動や人数の多さも避けたかったのでたまたまフロントの街案内に小さく乗っていた近くの神社に行きました。 静かな住宅地で、人もまばらで 落ち着いた雰囲気でお参りができましたよ。 こういう初詣もいいですね〜。 [続きを読む]
  • フランス人のパン屋さん
  •  新清洲駅についた時、小腹がすいていたので偶然見つけたパン屋さんでちょっと一休み。。。のつもりが。 美味しい。これぞパン。 奥ではフランス人のクエっとさんがせわしく動いていました。店員の女の子と楽しく話をしてもりあがりました。川沿いの散歩コースも教えていただきました。 さつまいものパンが美味しくて、二度も食べました。クッエットさんにサービスまでしていただきました。 ありがとうございました。 思いつ [続きを読む]
  • 朝市
  •  12月ですが吐く息も白く、沖縄では味わえない空気のつめたさの飛騨高山でした。市場にでまわっているものは売っていないそうです。餅は美味しかったです。現在1月下旬。沖縄にいるんだけど、2〜3日前の寒さで油断して風邪をひいてしまいました。 [続きを読む]
  • 銅像二種
  • 清洲城に向かう川沿いでいつけた銅像です。織田信長像二宮金次郎像  (小学校で) 最近は、歩きスマホを誘発するなどとクレームがあるみたいですが、当時の時代背景から勤勉の象徴であったし、貧しい中努力して家を復興させた彼の業績等の努力の良さの象徴だったはず。。。 [続きを読む]
  • 清州城
  •  清須は、鎌倉街道と伊勢街道が合流する「交通の要」でした。 北へ向かうも南に向かうも、清洲は重宝され、誰もが手に入れたい場所でした。桶狭間の戦い、関ヶ原。織田信長や福島正則はこの清須から戦へ出向き、また本能寺の変の後に行われた後継者を決める会議もここ清須城を舞台に繰り広げられました。徳川義直の頃には、清須城下は人口6万人を数える賑わいを見せており、朝鮮通信使の記録には「関東の巨鎮」「天下の名城」と讃 [続きを読む]
  • 笹舟
  • 笹舟 永井龍雲 こいういう川辺りを 歩いてみたいですね。  19歳ではじめて沖縄を出て、10年ばかり県外で過ごしていたんですが、   こんな桜の川辺りを歩いたことがありません。余裕なかったんだよね。  そんな頃によく聞いていたテープに入っていた曲ですが、今聴いてもいい曲です。 [続きを読む]
  • 川べり
  • 愛知県清須市 旅の隙間の時間に、26年前に仕事をしていた土地に行ってみました。 もはや環境も代わり、土地勘も薄れましたが、のどかな風景は残っていました。 五条川から清州城に向かう道すがら 名鉄新清須駅から歩いて5分ほどのところです。 歩いて気持ちのいい道です。 残念ながら、今の生活圏にはこんな感じの場所はありませんね。  やんばるまで足をのばすとありますがね。 なかなか機会がありません。   [続きを読む]
  • 数十年に一回
  •  数十年に一回、屋根のふき替えをするそうです。 使う道具なども展示してありましたが、茅をあみこむための巨大な木製の針(ミシン針のような感じ)にはびっくりしました。 とても大掛かりな作業の様子の写真もありました。一回の葺き替えに一千万円かかるそうです。(バスガイド談)白川郷(世界遺産)  [続きを読む]