joshuaki さん プロフィール

  •  
joshuakiさん: ブログ五.五行歌
ハンドル名joshuaki さん
ブログタイトルブログ五.五行歌
ブログURLhttp://joshuaki.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文書き溜めた五行歌を塩漬けにしない為にも、また近況報告も兼ねて、このブログを起こしました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2008/09/15 11:16

joshuaki さんのブログ記事

  • トマトの味がする
  • 見様見真似の畑仕事も終盤。親はなくとも子は育つというが、農家さんが笑いだすほど、世話らしい世話もしていないのに、キュウリにつづき、トマトもナスも実をつけた。     トマトが     トマトの味がする     キュウリが     キュウリの味がする     なぜかほっとする遺伝学を持ち出すまでもなく、当たり前のことなんだけど、苗を植え、その為に畑を搔いて、朝晩に水遣って、それでもたったそれだけしか [続きを読む]
  • 珍沈没船
  • 沈没寸前の船から逃げ出すネズミ達。まさに脱兎のごとく。うーん数匹は、わたしが嗾けたのは確かだが。     世の中が不確かで     手ごたえのない      無駄に時間だけが流れてゆく     モニター越しの映像のように     感じているこどもたち     https://www.youtube.com/watch?v=2vRPmJx8bYs     新しいなにか     新たな目的地     ここではない何処か     あなたではない [続きを読む]
  • truth hits everybody
  • 先週金曜夜、行ってきた「バベルの塔展」。事情あって駆け足。とにかくボスの二作品だけ、この目で確かめたかった。で、作品を目の前に、呆然と佇み涙に暮れる……とかそゆことまるでなし。ボスの作品は、そうした感傷的な捉え方を拒否してるところがあって、リアルを追求するでなく、感情に訴えるでなく、実に「絵画は絵画」として淡々とつるんとした印象。それでいて描かれてるのは聖書の一場面であったり、悲惨な地獄絵だったり [続きを読む]
  • きゅうり丸齧り
  • 見よう見まねの畑仕事。既にきゅうりの収穫。今朝は一本丸かじり。みずみずしい。     きゅうりに     なすにトマト     みずみずしい     生きている     繋がり野菜って水分量が多いから、あたまン中では、なんとなく淡泊なイメージを抱くが、一口でも齧ってみるとその印象は崩れる。     食べるってことは     単なる栄養補給を     意味しない     忘れてた味覚を     思い [続きを読む]
  • 次の曲の楽譜
  • 今日は女房の手術の日、気もそぞろ。でもレパートリーを増やすのに新曲の楽譜を読みこまなくちゃならない。     女房の     手術の終わるのを     待ちながら     読み間違える     新しい楽譜     外は雨     降ったり止んだり     濡れた傘引き摺って     病院の床に     跡を残す     女房の     手術の終わるのを     しかめっ面しく     病室の窓ガラ [続きを読む]
  • 楳図ふたたび
  • でその本屋さんで何を買ったかというと、「楳図かずお『漂流教室(平凡社)』 異次元への旅」。つくづく思うのだが。楳図先生は、マジで人間(の大人)、嫌いなのね。いやペドフィリアとか、そういう意味でなく。というか、とにかく性とか生殖とか、その行為、その感覚、もっと言うと、肌と肌が触れ合うとかそういう触感みたいなものに、生理的な嫌悪感があるんじゃないか、って思う。この『漂流教室』はともかく、以降『14歳』に [続きを読む]
  • 行かねばっ!
  • で、『バベルの塔展』なのだが。今日久し振りに本屋さん行ったら、こんなシオリがレジの隣にあって。 表は『バベル』だが裏には『ボス』!しかも新刊で『ボスのモンスター・ブック』だって! イカモノ好きを狙ったこのあざとさっ!バカにしとんのかっ、買っちゃうだろ!?  とにかく行かねばっ!  ※人気投票(苦笑)にご協力ください、  よろしければ を↓        にほんブログ村 [続きを読む]
  • 草間彌生の館
  • 女房が婦人病で短期入院する羽目に。その前に楽しみにしてた草間彌生の展覧会に。 ⇒ http://www.nact.jp/exhibition_special/2016/kusama2017/いきなりの『富士山』は、まあお約束のうちか。そこを通り過ぎて…次の間へ、と笑った(笑)。バスケットコート二面くらいの大ホール!の壁面を、作品群が整然とずらーっと並べられてんの(画像参照)。 ↑オブジェを撮影する女房を撮影する。↑「あっち行ってみようっ!」と、会場を [続きを読む]
  • ダメだ地球
  • せっかくギター重奏団に復活遂げたのに(なんと12年振りだって)。「流血を止める」ってほざくトランプは、プロレスラーにしか見えんし。この国には安倍何某を筆頭に、すぐに頭に血が上る、発情期のサル揃いだし。     かみさまは     こんなにひどい世界を     放っておいて     最期には滅ぼされる     無慈悲なお方無慈悲といえば、半島の「へんな髪形」坊ちゃんだが。やりたい放題なんだか、本音は「 [続きを読む]
  • 嘘の飽和状態
  • うそつきはいつでもいる。問題は当の本人が、嘘ついてるという自覚がないことだ。最も恥ずべきは、嘘をつくことではない。嘘をついてることに自覚のないことだ。     わたしたちの     最大のあやまちは     嘘をつくことではない     嘘をついてるという     自覚のないことだ        https://www.youtube.com/watch?v=oU7rqB9E_0M    ※人気投票(苦笑)にご協力ください、  よろしければク [続きを読む]
  • なにかしよう
  • 父の納骨が終わり一区切り。久し振りにCDを買う。ヨンシーのライブ。https://www.youtube.com/watch?v=gaNQ95OgLVsいつも思うのだが、どうやって地声とファルセットを行ったり来たりさせるのか。クリス・マーティンもそうだけど、ヨンシーの場合は、地声と裏声の区別がつかん(汗)。こんなふうには歌えんな。歌えないけど、ギターは弾けるか。ギター弾こう。 ※人気投票(苦笑)にご協力ください、  よろしければ を↓  [続きを読む]
  • Confusion will be…
  • グレッグ・レイクに続き、ジョン・ウェットンも死んだ。舎弟がメールで知らせてくれた。http://ping.blogmura.com/xmlrpc/bu3pef7wum90親父の墓が完成、今日引き渡しを受けた。まだ3か月も経っていない。https://www.youtube.com/watch?v=C6qXyC__vdA     ぼくが     呼び止めるのも聴かず     みんな     星のない闇に     帰ってゆく「墓なんか要らない」というわたしに、「いやいや」「死んだあとは [続きを読む]
  • お賽銭もカードで?! 
  • えっ? カード投げ入れるの?! 賽銭箱にぃ?!!     地獄の沙汰も金次第     金の切れ目が縁の切れ目     いつからいつまでどれだけを     幾らで請け負うか     金持ち喧嘩せず最後の最後までプーチンとトランプに舐められ続けたオバマのレームダック。宇多田ヒカル。『道』『花束を君に』『真夏の通り雨』『桜流し』。あれから何年経ったのだろう。よくもこれだけ、静かに、美しく創り上げたものだ [続きを読む]
  • 今年亡くなれ
  • やっと買った『★』。この独特のタイム感、D・ボウイさんにはお世話になりました。早朝のFM局。早口の英語のうち辛うじて聴き取れたのが『グレック・レイク』という発音。運転しながら、音楽通である舎弟に「G・レイク、亡くなった?」とメールすると「すぐ調べます」。まもなく返事、「K・エマーソンに続き、今年…」と。プリンス、ジョージ・マイケル、レオン・ラッセル…、ああグレン・フライも今年の初めだったか。https: [続きを読む]
  • 父と語ろう
  • 亡くなった今になって、寧ろたくさん語りかけている。互いに、いろんなことを問いかけあっている。     亡くなった今になって     あなたに語りかけている     あなたも問いかけてくれる     ほんのすこし悔いの残る     たくさんの思いを     とうさん     見えるかい     こうしてまた     いっしょに歩いている     懐かしい道をhttps://www.youtube.com/watch?v=YbLbR-TWsj [続きを読む]
  • おやじが死んだ夜
  • 自宅で倒れ、救急搬送されて、あっけなかった。あっという間に通夜で告別式。     さっきまで     香典の金額     勘定していた     親父が死んで     六日目     去年     飼い猫が     死んだときのほうが     かなしかったかな     親父の死     髪を切ってもらおうと     こどもの頃通った     理髪店に行ったけど     金が足りず     帰ってきた [続きを読む]
  • 笑顔のツラの皮
  • いわゆる「頭」のよい人は、感情をコントロールできない。お勉強の得意な奴は、怒ってる振りとか、知らなかった振りとか、なにかしらを意図した「振り」ができない。      大笑い      しなくてもいいから      無表情やめよう      ほんのすこし      口角上げてhttps://www.youtube.com/watch?v=oAumnU1DspA      めくれ上がった      唇からみえる      歯茎から血が出てる  [続きを読む]
  • 霞だけ喰らっていても
  • 霞だけを喰らっていても生きてゆくことはできない。けれど美味いものだけ食えればいいってもんでもない。     何の為に食べるか     は     何の為に生きるかに     他ならない     わたしの場合誰かの幸福にすこしでも貢献したい、そう願うことは間違ってはいない。けれども常に自問する。誰かの幸福って? どんなこと? どうすれば幸福にできる?そもそも他人を「幸福」にできるの?     床に零 [続きを読む]
  • 125歳
  • ここのところ毎晩、肺炎で入院中の親父を見舞っている。入院先がたまたま勤め先に近かったからね。     老いた親を     喜ばせるのは     簡単だ     それがなかなか     できないのだけれど人間の寿命の限界は125歳らしい。新聞記事で読んだ。それを今更、残念がるお年寄りがいるだろうか。長生きをしたいと本気で願うお年寄りが、今更ながら存在するだろうか。     長生きがしあわせだとは   [続きを読む]
  • あらしのあとの夜
  • 二年続けて、飼い猫を亡くすと、なんだかほんとうに、心が沈む。     どうしようもない     かなしいことがあったら     おとなは     たった一度だけ     大声でなく ※人気投票(苦笑)にご協力ください、  よろしければ を↓        にほんブログ村 [続きを読む]
  • ダン!
  • 「『ウルトラマン』放送50周年」とあって、それでも今も視直しているのは『ウルトラセブン』だったりする。感動の最終話『史上最大の侵略』は勿論のこと、お伽噺を思いっきりシリアスに現代版にアレンジした『ノンマルトの使者』、意外な強敵に立ち向かう『勇気ある戦い』…、どれも未だ見応えのあるエピソードだ。お気に入りは、マゼラン星人マヤとダンの、それぞれの孤独がすれ違う『盗まれたウルトラアイ』。思うに、このドラ [続きを読む]
  • 吸血鬼
  • 「二重国籍」を問題にするような人間は、元々かの党を支持している訳がない。http://www.huffingtonpost.jp/yuichiro-tamaki/democratic-party-head_b_12042528.html?utm_hp_ref=japanこちとら飼い猫一匹のいのちを、なんとか救いたいの一心、それだけで精一杯なのに、戦争なんかしてる場合かと呟く。 http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/09/30-5.phpいつまで結果のわかり切った悶着を続けるつもりだろうか。今朝、ケ [続きを読む]
  • 表参道なう
  • ぎっぱくんとの待ち合わせ前、朝早く、昔半年ばかり暮したた表参道の裏通りへ。細い路地や裏通りは以前のまま、住んでいたアパートまで辿り着けたのだけれども。トイレ・キッチン8畳間だったかな。今は昔、すでに別の建物に建て替えられている。いまだ賃貸だろうけど、以前とは比べようもないワンルームマンション。むろん周囲は、八百屋さんも総菜屋さんも、通ったお風呂屋さんもなくなっていた。今は昔、表通りから一歩入れば、 [続きを読む]
  • 絶賛すなっ!(ネタバレ注意) 
  • 『シン・ゴジラ』観た。エンディングタイトルロールに『オチビサン』とあり、訳もなくツボにハマり、腹抱えながら出口へ。なんであんなに笑ったんだろ。ぎっぱくんと互いに「おもしろかったな」「仕事サボって観た甲斐あったな」、そう、それはよかった。帰りの電車の中で反芻する……、あんなチンケな国会議員もどき、クソ官僚ども、自衛隊だのUSアーミーだの……、すべてすべて、殺しちゃえよ。殺しちゃっていいんだよゴジラ! [続きを読む]
  • 『まぼろしの雪山』のリアル
  • 放送開始から50年も経った『ウルトラマン』。NHKですら特番を組むくらいの人気再燃…とはいえ何度目だよ。このウルトラマンはじめ、シリーズには名作とされる放送回がいくつもあり、この『まぼろしの雪山』もそのひとつと数えていいだろう。以下、ぎっぱくんへのEメール内容の抜粋。仕事しないで、こんなことばっか(メールで)喋ってる。おまけに来週は『シン・ゴジラ』観に行くのよ、ふたりして。  ……略……  なぜ怪 [続きを読む]