akutsukatuhiko さん プロフィール

  •  
akutsukatuhikoさん: 家庭教師 阿久津勝彦のブログ
ハンドル名akutsukatuhiko さん
ブログタイトル家庭教師 阿久津勝彦のブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/akutsu-k/
サイト紹介文群馬で英語を教えている阿久津のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供811回 / 365日(平均15.6回/週) - 参加 2008/09/15 15:51

akutsukatuhiko さんのブログ記事

  • 立派になりました
  • 最近、 高校の野球部のOB会の新年会に行って来ました。大体、仕事があるんで遅れて行きます。乾杯に間に合うぐらいのタイミングでですね。乾杯が終わると一人の後輩がすかさず挨拶に来ます。前に自分が塾で教えていたときの生徒ですね。20年以上前の話です。中学生で野球やってたんで、高校でもやるのかなみたいな感じで、たまに話しかけてたんです。ただ、塾なんでね。そんなに話はできないです。今は中学で英語を教えているんで [続きを読む]
  • 毎年のことながら厳しい結果にビビりまくり
  • この仕事を25年程度やってます。 いわゆる「教師生活25年!」てやつです。 毎年毎年、厳しいです。 厳しい結果にビビりまくります。 それで、批判もかなり受けます。 「お前とやって大丈夫なのか?」 みたいにですね。 みんな真剣ですからね。 そういう批判はもう慣れてます。 でも、何とかしてきてます。 最終的には何とかなってます。 それを信じてやるしかないです [続きを読む]
  • 生徒が共愛学園の英語科に合格しました!
  • 生徒が共愛学園の英語科に合格しました! おめでとうございます! とりあえず、共愛に行くことは決まりました。 いろいろと大変な事ばかりでしたが、よく頑張りました。 てか、大変な事しかなかったかなあ。 そんな状況でも自分でつかんだ合格です。 これを誇りにして、大切にしてもらいたいと思います。 高校でも指導予定なので、また頑張りましょう。 [続きを読む]
  • 何年使ってるの?
  • 前の記事に関連して書きます。 これは、結構前の話です。 生徒とやはり英文法の問題をやっていました。 その時の英文がこれです。 Everyone knows that Takanohana was a swimmer. 「貴乃花が水泳選手だったことはみんなが知っている」 水泳選手だったのは平成の大横綱貴乃花のお父さん、先代貴乃花です。 さすがに古すぎます。 しかも、「みんなが知っている」というフレーズです。  [続きを読む]
  • 偶然です
  • 最近、生徒と文法の問題をやりました。 こんな英文でした。 Taro and Jiro are liked by many people. 「たろうとじろうは多くの人に好かれている」という意味です。 それで、生徒とこういう話になりました。 生徒「なんで、たろうとかじろうなんですか?」 私「これ、『南極物語』から取ってるんじゃないかな?」 生徒「『南極物語』ってなんですか?」 私「昔の映画なんだけどさ、犬を [続きを読む]
  • 俺は意味あることしか言わねぇんだよ
  • 前に生徒が進研模試で、いい点を取りました。 その成績を表を壁に張るように言いました。 それで、自信をつけるためです。 それから、その成績よりもいい成績を取るためです。 それよりもいい成績がが取れたら差し替えるように言ってます。 それで、こういう話になりました。 生徒「今回の期初めテストは芳しくないです」 私「まあ、全部が全部うまくいくとは限らないじゃん。 皆、苦しみ [続きを読む]
  • どこまで伝えられるか?
  • 最近、大学受験生の生徒が志望校を決めました。 高2です。 本人もどうしても行きたいと思う大学らしいです。 こちらもなんとか行ってほしいと心から思います。 生徒「でも、具体的なイメージがわかないんですよね」 私「あ、そう。 俺なんて、めっちゃわくけどね」 まあ、そりゃそうです。 人生経験が違います。 ただ、そのイメージを具体的に生徒の移植して行きたいんです。 [続きを読む]
  • 俺の平常運転
  • 昨日は授業だけで13時間ありました。 移動がうまい具合に行きましたのでね。 そういうふうに組めました。 その中で、センターを受ける生徒は一人かな? 一応、それらしいアドバイスを送ります。 ただ、それ以外は通常運転の生徒です。 それを必死にこなします。 最後の授業の後に、お母さんと30分ほど話します。 それで、やっぱり家に帰るのが遅くなります。 ご飯を食べて、ブロ [続きを読む]
  • 平常心が止まらない
  • 最近、夜にランニングしていました。 そうすると、急におじいさんが出てきます。 細い道からです。 自分、ビビりなんでね。 「うわ!」 って、飛び跳ねちゃいました。 おじいさんは徘徊なのか、運動なのか微妙なところです。 前に、徘徊してるおじいちゃんにも会ったんですけど、もっとしっかり歩いてます。 全然歩けてないんです。 真夜中なのにね。 批判を恐れずに言えば、ウ [続きを読む]
  • もう、強引に確認
  • 生徒にはできるだけ進歩を感じながら勉強してもらいたいところです。そういう方がやる気になりますからね。目覚ましい進歩があれば、自ずと気づきます。例えば、模試の結果ですね。あとは明確な自覚がある場合もあります。そういう時はそれを確認してあげればいいんです。ただ、そういう目覚ましい進歩が無い場合もあります。それでも進歩はしてるんです。それで、強引に気づかせます。「ちょっとづつだけど、できるようになってい [続きを読む]
  • ぽろっと出ちゃいます
  • 生徒を指導するにあたり、大体生徒には強気で行くように言います。言い方を変えれば楽観的です。やるだけやらせて、あとは結果が出ることを信じるみたいにやらせたいんです。ただ、これは理想論です。なかなかやるだけできない生徒もいます。そうすると、こちらの目論見も崩れます。やるだけやった上での楽観論ですからね。その前提が崩れます。そうすると、微妙に生徒を騙す感じになっちゃうんです。そういうふうにはなって欲しく [続きを読む]
  • 神ってはいない
  • これも前の話です。 同じようなことは前にも書いたんですが、また書きます。 前に生徒が東大を受けました スカイプで話していたんですけど、どうしても答え合わせがしたくなっちゃったみたいなんです。 やんなくてもいいんですけどね。 ただ、結構ミスが目立ちます。 それで、最後は講義です。 こういう話になります。 生徒「僕、大丈夫ですか?」 私「他の科目もあるから、大丈夫」 [続きを読む]
  • 神ってた?
  • これも前の話です。 生徒が当時あった早稲田の商学部の9月試験てのを受けました。 定員は50人です。 水増し合格なしです。 倍率は20倍を超えています。 科目は英国です。 これに合格しました。 今で言えば、神ってる感じです。 ただ、英語はそこそこミスしてるんです。 倍率とレベルと科目を見れば、ミスは許されない感じなんですね。 でも、そんなことはないんです。&nbs [続きを読む]
  • 重さを再認識
  • 最近、社会人の生徒さんと授業をしていて、前の生徒の話になりました。 それで、その時に生徒が自分に言った言葉を話すんです。 とにかく、頑張ってやってます。 「直前期の頑張りは大したものだ」 みたいな軽いものじゃないです。 何年も苦労を積み重ねているんです。 その体験から出た言葉なんです。 飾らずに自分の感情をそのまま表現したものなんです。 だから、人の表現を借りたりは [続きを読む]
  • I'm proud of you !
  • 最近、指導後にお母さんと話しました。 現在、高2です。 もう大学受験は目の前です。 お母さん「受験に向けて、親は何ができますか?」 私「これと言って、出来ることはないんですけどね。 子供を信じることじゃないですか?」 お母さん「ずっと、信じてます!」 私「じゃ、子供を誇りに思うといいと思います。 『よく頑張っている』みたいにです」 アメリカ人がよく言うじゃないで [続きを読む]
  • 新年の抱負を語りまくり
  • 新年の最初の授業を生徒とします。 ある生徒が新年の抱負を語ります。 「今年は頑張って運動をします」 みたいにです。 ため込んじゃうタイプなんでね。 「ストレス解消のために運動しなさい」 と、いつも言ってるんでね。 その後もいろんな抱負を語ります。 ただ、一向に勉強の抱負は出てきません。 こっちは待ってるんですけどね。 促しちゃおうとも思ったんですけどね。&nbs [続きを読む]
  • 災い転じて福となした?
  • 年末に何人かの生徒の授業がキャンセルになりました。 インフルエンザです。 その一人が、年末に友達と横浜方面に旅行に行くはずだったんです。 高2なんで、来年はそういうのできないじゃないですか? 最後のチャンスだったんですけどね。 年末年始も自分の部屋に隔離されていたみたいなんです。 それで何をするかというと、勉強です。 1UPを感じますね。 何もしないで勉強しているんで [続きを読む]
  • いつも心は
  • お正月に家族で初詣に行きます。 娘と妻がおみくじを引きます。 「パパは?」と聞かれるんですけどね。 「俺はいい」って断ります。 やっぱり、普段から常に心は大吉なんでね。 別に引かなくてもいいじゃないですか? 逆に、他のが出ちゃったらマイナスになっちゃいます。 ところが、なぜか二人が自分の分まで買ってきちゃうんです。 それで、見てみたら大吉でした。 ここは喜んでお [続きを読む]
  • バカですが
  • 生徒に自信を持ってもらいたいので、いろんなことをやります。 やっぱり、自信を持つと持たないとでは結果が違ってくるじゃないですか? それで、色々声をかけたりします。 例えば、こうです。 「あれだけやったんだから、大丈夫」 みたいなやつです。 ただ、こうも思われてしまいます。 「そんなにやったっけ?」 みたいにです。 自信がないと、こちらが自信を持たそうとしている言 [続きを読む]
  • 気を緩めた結果
  • 何日か前も、ご飯を食べる時間もなく仕事をしていました。 12時ちょっと前でしょうか? 帰ってきてご飯を食べます。 本当は、これはいけないんです。 普段はしてないんですけど、しょうがないです。 その後、ちょっと油断してしまいました。 知らないうちに1時40分になっています。 ただ、ブログを書いてません。 ダッシュで2本書きます。 そんなんで、いいの書けるわけないで [続きを読む]
  • 気を緩めてはいけません
  • 昨日は朝授業に行くのが10分弱遅れました。 次の授業で15分押します。 次で20分押します。 さらに、その次で25分押してしまいます。 しょうがないので、メールします。 「20分から30分遅れます」 という内容のです。 それで、太田から前橋まで高速ですっ飛ばします。 すると、何ということでしょう? 押しが10分まで、解消されます。 ただ、20分から30分遅れ [続きを読む]
  • 力強い言葉
  • 大学受験生に最近の調子を聞きます。 大体わかるんですけどね。 あえて聞いておいたほうがいいです。 自分が勝手な思い込みをしないようにです。 私「けっこう、疲れてきた?」 生徒「そうでもないです。 むしろ、のってきてる感じです」 頼もしい言葉です。 前向きです。 なぜ、のってきているのでしょうか? それは、できるようになっている実感があるからです。 毎回毎 [続きを読む]
  • イメージトレーニング
  • 最近、生徒と大学のウエブ出願をしました。 よくわからないんで、確認してもらいたいみたいだったんです。 出願すると、思いますね。 「この大学に行くのかな」 みたいにです。 いいイメージトレーニングです。 出願の画面も大学のカラーを使ってますしね。 こっちがうらやましくなります。 「これから、大学生か」 みたいにですね。 やっぱり、大学生っていいじゃないですか? [続きを読む]
  • 意外なところで
  • 正月にiPhoneの液晶にひびが入っちゃいました。 それで、それを代えに行きます。 「iPhone修理」みたいな店にです。 やっぱり、ひびが入っていると不便なんでね。 ただ、お正月なんで、あまり店が開いてません。 それで、ネットで探します。 「この辺でいいかな」という店に電話します。 それで、その店に行くんですけどね。 多少の怪しさがあります。 すぐにできるという事で [続きを読む]