ベブ さん プロフィール

  •  
ベブさん: 生きるそばからツバを吐きかけるのはやめてくれないか
ハンドル名ベブ さん
ブログタイトル生きるそばからツバを吐きかけるのはやめてくれないか
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/karatake07
サイト紹介文時々、作った詩を載せてます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2008/09/16 20:27

ベブ さんのブログ記事

  • 2017年2月26日
  • ごめんな トランプ政権が誕生したのはオレのせいだ 福島原発が事故を起こしたのもオレのせいだ 北朝鮮がミサイルを発射するのもオレのせいだ地球温暖化が進んでいるのも爆弾低気圧がやたらと発生するのも非正規雇用が3割を超えたのも 虐待が連鎖するのもアトピー性患者が増えたのも オレオレ詐欺の被害がバカみたいに続くのもスマップが解散したのもスプラッシュが売れなかったのもイジメが無くならないのも政治家の [続きを読む]
  • 私は知らない
  • あなたが若く勇敢だったころを何事にもひるまず立ち向かっていたころを繊細で果敢で謙虚だったころを多くの難題を解決し悠然と構えていたころのことを最良ではないけれど十分な選択を成し得たことを私は知らない [続きを読む]
  • 私は知らない
  • あなたが若く勇敢だったころを何事にもひるまず立ち向かっていたころを繊細で果敢で謙虚だったころを多くの難題を解決し悠然と構えていたころのことを最良ではないけれど十分な選択を成し得たことを私は知らないにほんブログ村人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • 大きく負けたわけでもないのに
  • 笑わなくなったのはいつからだろうと自問した。威嚇することを選択しだしたのはいつ頃からだろうと彼の笑顔を見ながら思った。だって負けられないし。ヘラヘラしてると舐められちゃうし。弱みをみせるとつけこまれるし。現実を引き合いに出して言い訳した。大きく負けたわけでもないのに。にほんブログ村人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • あきらめないばあさん
  • その向こうにあるもの2000円フルコースの時代屋1000円カットのマーシー100万キロワットの平和日替わりの街頭演説誰も受け取ろうとしないビラこんなはずじゃなかったと1日のうちに何度も拗ねる俺それでも割とやっていけてるみんな9月9日に生まれた知人の子どもの未来そして人ん家の玄関前に腰かけては、とぼとぼと手押し車を押しながら帰って行くことを繰り返す腰の曲がった決してあきらめないばあさんにほんブログ村人気ブログ [続きを読む]
  • 千葉銀行新検見川支店
  • その向こうにあるもの駅から徒歩30秒の駐輪場徒歩10秒の王将徒歩3秒のコンビニ徒歩1秒の王将じゃないラーメン屋屋根のない駅の階段今日行くべきところ昨日やらなかったから今日やらなきゃいけなくなってしまったことがら浮足立つ自分舞い上がる不断千葉銀行新検見川支店にほんブログ村人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • いっしょうけんめいかんがえてくれてありがとう
  • いつもみんなのことをいっしょうけんめいかんがえてくれてありがとうおじいちゃん、おばあちゃん、おかあさん、おねえちゃん、おとうさん、そしてせんせいやおともだちのことをいっしょうけんめいかんがえてくれているのをみんながしっていますきみがいっしょうけんめいかんがえているので、おとうさんもきみにまけないようにいっしょうけんめいかんがえてしごとをしたり、あそんだりしていますでもいっしょうけんめいかんがえてと [続きを読む]
  • 君は行く
  • 君は行くアイオーエスな 君は行く君は行く一番線な 君は行く君は行くうれしさこぼさず 君は行く君は行くエスパドリーユな 君は行く君は行く大人はじめた 君は行く君は行く十九の春に 君は行くにほんブログ村人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • オレは行く
  • オレは行くたそがれてるけど オレは行くオレは行く地球にいるから オレは行くオレは行くつれづれながらも オレは行くオレは行く適当こさえて オレは行くオレは行くとうさんだもの オレは行くにほんブログ村人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • 頑張ってここに来いよ たかおちゃん
  • 決してへこたれなかった たかおちゃん内股で歩いてたけど堂々としてた誰もなじったりしないし 誰からも疎んじられたこともないすごいなで肩のたかおちゃんそのすごいなで肩を 激しく左右に振りながら なよなよ走ってたそういえば普通に早かった ビリじゃなかったそれが ある日 縁側でおちんちん出して日向ぼっこしてた俺のせいか たかおちゃん 何度か笑ったことあるけどそんなつもりじゃなかったんだ たかおちゃんごめん [続きを読む]
  • それでヤマダ電機だ
  • 洗ってる時ドスンドスンとうるさい洗濯機一日4回 朝2回 夜2回 そして時には夜遅くに1回一年365日 休まさなかったどっしりとした洗濯機9月8日の午前7時03分壊れた実働年数9年と2カ月途中2回ほど修理をよんだ けっこうタフな洗濯機「また出てきてる この洗濯機!」乾燥モードに入ると踊りながら前にせり出してきてはのり子さんに悪態をつかれたほんとに無骨な洗濯機もとの場所に押し返すのはもっぱらオレの仕事 [続きを読む]
  • 泣くな 君
  • 泣くな 君それで終わるわけじゃないから泣くな 君次のボールが飛んでくるから泣くな 君いま始まったばかりだから泣くな 君これからのほうがたいへんだから泣くな 君僕も泣きたくなるから泣くな 君ほら 友達がそう言ってる泣くな 君落ち込んでるひまはないって下を向くなって顔を上げろって残念だけど泣くな 君がんばれって言ってる みんながだから 泣くな 君にほんブログ村人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • ガラスの絆
  • 僕は君をモノにするために通り一遍の愛を語りそれ以外の何も思いはしなかったけれどいつしかそれさえも妙に虚しくなっちまった愛想尽かしの毎日に昔を懐かしむこともなく何を言えば良い何を思えば良い涙は枯れはて怒りは底を付き約束事のようにただ歩いてきた君と寝たのは行きずりの恋でしかなくそれについては君も同じはずだ泣き崩れるくらいなら粋がるのはやめなよその昔黒と白は道の両側で息を潜め合っているかのように語り継が [続きを読む]
  • メリーな日々
  • みんな見ていたゆっくりと変わるメリーな日々あわてるでもなく落ち着いてるわけでもない感じていた見えない雨が降るのをずぶ濡れになった身体の体液と少しずつ置き換わっていくのが分かる悪くなかったむしろ良いくらいいやすこぶる良い246を通って南西諸島へだっていける実際 357を通って九十九里まで何度も行った少し荒い呼吸を繰り返す首筋から滴り落ちる汗が乳首をかすめるいつものことだから気にしなくていいのに目覚め [続きを読む]
  • 見えない雨が降るⅡ
  • 言葉を交わすことはあっても心を通い合わしたことはなかったわだから後ろのドアはいつも開けておいたのいつでもすぐに出ていけるようにねだけどそのドアを通り抜けることはなかった新宿までは行けるんだけどそこからさき結局のところどこに行けばいいのか判らないし青梅街道を西へ向かってどんどん行こうとするんだけど暑かったり寒かったり寂しかったり悲しかったり辛かったり独りだったりするんじゃないかってずぶ濡れになったり [続きを読む]
  • 見えない雨が降る
  • おかしいなとは思ったの誰も彼もがやさしくなるなんて考えるだけで幸せになれるなんてまるで夢のようだったわ快適な部屋の食卓にはいつも食事の用意がしてあって それぞれの席にスポットライトが当たっていてテレビがとっても楽しくて雑誌がとてもカラフルで新聞に真実が載っていて友達とはいつもメールでつながっていて青空ばかりが続いて夜は夜じゃなくなっていて毎日が特別な日になっていてフツウの日なんか数える程度に減って [続きを読む]
  • ガリガリくんを知らない人はいても彼女を知らない人はいないんだし
  • 彼女はいつだって僕らの胸にマスターキーを差し込もうとする ところは小さな町の小さなアパートひとつ咳をするたびに彼女は階段を駆け上がってくるそしていつもの口癖 「悪い風邪とマスカラの女には気をつけなさい」そこは愛の奇跡 そこは彼女の愛の奇跡向かうところ敵なしの彼女は誰よりもさりげなく笑い さりげなく要求するある朝これから牛乳買うときはキオスクにしてねとしっかりした口調で言いながら僕らの首にスイカをぶ [続きを読む]
  • バハマ
  • 何事も期待しすぎるのはよくないよ 隣の山下さんが言ってたけど時間指定してあったって期待通りにゆうぱっくが届くとは限らないんだから 町内中が期待しあったって 期待が期待を生んでそこらじゅう期待だらけになっちゃってうっかりすっかりへたり込むだけだぜバハマに行ったことがあるかい 唐突だけど僕もないけど バハマは良いらしいぜ ほんとなにが良いのか分からないけどバハマだからね とにかくゆうぱっくなんかないぜ [続きを読む]
  • バット
  • ごめんな バット買ってやれなくて本当にごめんな何とかしようと思ったんだけど 後のことを考えるとさ やっぱり無理だったんだよなバットぐらいと思ってお金用意して誘ったけどいいよって言うから そうかなんて言っちゃったけど実のところホッとしたんだけどさだけどやっぱり買って上げればよかったな って今になって思うよバットぐらいってさにほんブログ村詩・ポエム ブログランキングへ [続きを読む]
  • とどろきわたる
  • その日暮らしの 轟 渡持ってるお金は常に小銭だけいつも斉藤さんに千円借りる長身を折り曲げてとても済まなそうにして食事は食べたり食べなかったりそれでもタバコは欠かさず吸う値上げになっても止めたりしない酒も好きだから金が入ったら飲み屋で飲む口ぐせは 俺の人生 終わってますよ勤めは警備会社の契約社員契約社員だから安定しない月に15日働ければばマシな方日給7000円だから暮らせるはずがないとうぜんのように [続きを読む]
  • あとせんにちいきれるぐれえーのえねるぎーがじゅうでんされたきぶんなんだよ
  • ああ だめだめそこはおれのせきだから だってからだはんぶんかかってるでしょ このねーちゃんに わかんないかな ほら つりかわつかまってるみぎてがねーちゃんのかおぜんたいにかかってて みぎあしがねーちゃんのからだのちゅうしんをつらぬいてるじゃん ね そうでしょ それでおれのからだみぎはんぶんがねーちゃんのみぎはんぶんをかばーしちゃってるじゃん だからここはおれのせきなの おれのよそうだとあと3つくら [続きを読む]
  • ゆっとくけどしげちゃんのことはきらいじゃないし
  • つうわひんしつがどうもなんだよねはなしてるとちゅうでわけわかんなくなっちゃうんさぼくはいっしょうけんめいはなしてるんだけどどうもしげちゃんにはつうじてないんさなんでなんだろう ぼくはしげちゃんのことだいすきってわけでもないけどふつうぐらいにはすきなんだがねだからふつうにはなしてて とちゅうでなんかはなしがかみあわないなーとおもったりするとふつうにいっしょうけんめいはなしてみたりするんさするとなんだ [続きを読む]
  • 大きく負けたわけでもないのに
  • 笑わなくなったのいつからだろうと自問した。威嚇することを選択しだしたのはいつ頃からだろうと彼の笑顔を見ながら思った。だって負けられないし。ヘラヘラしてると舐められちゃうし。弱みをみせるとつけこまれるし。現実を引き合いに出して言い訳した。大きく負けたわけでもないのに。 [続きを読む]
  • あきらめないばあさん
  • その向こうにあるもの2000円フルコースの時代屋1000円カットのマーシー100万キロワットの平和日替わりの街頭演説誰も受け取ろうとしないビラこんなはずじゃなかったと1日のうちに何度も拗ねる俺それでも割とやっていけてるみんな9月9日に生まれた知人の子どもの未来そして人ん家の玄関前に腰かけては、とぼとぼと手押し車を押しながら帰って行くことを繰り返す腰の曲がった決してあきらめないばあさん [続きを読む]