金価格、金相場 さん プロフィール

  •  
金価格、金相場さん: 金価格、金相場の動向
ハンドル名金価格、金相場 さん
ブログタイトル金価格、金相場の動向
ブログURLhttp://gold-kin-soba.seesaa.net/
サイト紹介文金価格、ゴールド価格、今後の金相場の動向について書いています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2008/09/17 13:47

金価格、金相場 さんのブログ記事

  • NY金先物、安値1162ドルまで下落
  • 12月2日のニューヨーク金先物相場は反発しました。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心である17年2月物は前日比8.4ドル高の1トロイオンス1177.8ドルで取引を終了しました。前日には中心限月としてほぼ10カ月ぶりの安値1162ドルまで下落しましたが、買い戻しが入ったようです。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー [続きを読む]
  • NY金は1178.4ドルで取引を終了
  • 11月25日のニューヨーク金先物相場は続落しました。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心である16年12月物は23日と比べて10.9ドル安い1トロイオンス1178.4ドルで取引を終えました。米株式市場で主要な株価指数が連日で最高値を更新し、安全資産とされる金には売り圧力が続きました。7−9月期には、英国の欧州連合(EU)離脱問題や米大統領選をにらみ、機関投資家が金を投資資金に組み入れる動きが広がり、投資需 [続きを読む]
  • NY金先物、時間外で一時1201.3ドルまで下落
  • ニューヨーク金先物相場は3日続落しました。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心である12月物は前日比8.2ドル安の1トロイオンス1208.7ドルで取引を終えました。18日未明の時間外取引では一時1201.3ドルまで売られ、2月18日以来9カ月ぶりの安値を付けました。米連邦準備理事会(FRB)の12月利上げ観測が一段と高まったことも、金の重石になりました。米国金利が上昇することは金には逆風です。しかし、年末か [続きを読む]
  • NY金先物は下落、米国の12月利上げの確率が84%に上昇
  • 11月11日のニューヨーク金先物相場は続落しました。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比3.3%安の1オンス=1224.30ドルで取引を終えました。米国の12月利上げの確率が84%に上昇(1週間前は76%)し、金が売られました。7-9月の金の投資需要は335.7トンと昨年同期比で44%も増えました。英国の欧州連合(EU)離脱問題や米大統領選をにらみ機関投資家が金を購入していたようです。現在は、その際に買っ [続きを読む]
  • NY金は200日移動平均線に沿って推移中
  • 10月28日のニューヨーク金先物相場は続伸しました。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比0.6%高の1オンス=1276.80ドルで取引を終了しました。引け後の電子取引では一時1.3%高の1285.40ドルと、4日以来の高値をつけました。米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン氏が国務長官時代に私的な電子メールを使っていた問題について、米連邦捜査局(FBI)が調査を再開したと伝わったことに反応し [続きを読む]
  • 先週の金相場は狭いレンジでも動き
  • 10月21日の金先物相場は小反発しました。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で、取引の中心である12月物は前日比0.2ドル高の1トロイオンス1267.7ドルで取引を終えました。今週は新しい材料が乏しい中、狭いレンジでの小動きとなりました。世界有数の金需要国であるインドでは、月末のヒンズー教のお祭りに伴い金の宝飾品需要が増えるとみられていまする。現物の買い需要が高まれば、金相場も上昇するかもしれません。 [続きを読む]
  • NY金先物、今週は一時1250ドル割れ、まだ下げ余地はありそう
  • 10月14日のニューヨーク金先物相場は反落しました。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比0.2%安の1オンス=1255.50ドルで取引を終了しました。今週は一時1250ドルを割り込みましたが、週足ではなんとかキープできたようです。夏場には150ドルだった金プレミアムが100ドルまで下がってきています。現在の金の推計値は1150ドルですので、もう少し下げ余地があるかもしれません。ーーーー [続きを読む]
  • 金相場は200日移動平均線を下回る。今年の上昇相場の終わりのサイン
  • 10月7日のニューヨーク金先物相場は小幅ながら6日続落しました。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心である12月物は前日比1.1ドル安の1トロイオンス1251.9ドルで取引を終えました。一時1243.2ドルまで下げ、中心限月としては6月7日以来ほぼ4カ月ぶりの安値を付けました。金相場は2月以降で初めて200日移動平均線を下回りました。200日移動平均線はチャートを利用する市場関係者が将来の相場の動きを予想す [続きを読む]
  • NY金、7-9月期は0.3%の下落とほぼ横ばい
  • 9月30日のニューヨーク金相場は値下がりしました。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金12月限は前日比8.90ドル(0.7%)安い1オンス=1317.10ドルで取引を終了しました。四半期ベースでの金先物は1−6月には25%上昇しましたが、7-9月期は0.3%の下落とほぼ横ばいでした。ドル建ての金価格は大きく動きましたが、円高の影響もあり円建ての金価格の変動幅は大きくありません。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー [続きを読む]
  • 長期国債の下落で金が買われる??
  • 9月23日のニューヨーク金相場は上昇しました。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の金先物12月限は週間で2.4%上昇し、7月以来の大幅高となりました。米連邦公開市場委員会(FOMC)が今週、政策金利を据え置いた上で長期の金利予測を引き下げたことから、金が買われました。このところ、米国やドイツの長期金利が上昇し始めています。今まで上昇してきた債券価格がじょじょに下落し始めています。債権バブル崩壊となると、 [続きを読む]
  • 構造的な金買い要因が、金価格を後押ししている??
  • 9月16日のニューヨーク金相場は続落しました。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比0.6%安の1オンス=1310.20ドルで終了しました。今年の金価格の上昇は、リスクヘッジ方ではなく、トレンドが続きやすい「構造的な金買い」が起きているそうです。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー年初1082ドルだった金価格は、約25%上昇し、1300ドル台へ(2016年8月5日現在)。とくに1〜3月には16%値上がり [続きを読む]
  • NY金相場、米国の利上げ懸念で3日続落
  • 9月9日のニューヨーク金先物相場は3日続落しました。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比0.5%安の1オンス=1334.50ドルで取引を終了しました。3日続落は7月12日以来の最長です。FRB高官の相次ぐ利上げ発言で、金投資はやや守りの姿勢に入っているようです。   [続きを読む]
  • 金相場、来週のイエレンFRB議長の講演に注目
  • 8月19日のニューヨーク金先物相場は反落しました。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比0.8%安の1オンス=1346.20ドルで取引を終了しました。 年初から上昇してきた金価格も、このところ1350ドル付近で頭が重たくなってきています。FRB高官の9月利上げ発言が重石になっているようです。FRBの利上げについては来週末のイエレンFRB議長の講演が注目されています。ーーーーーーーーーーーー [続きを読む]
  • NY金先物、3ヶ月ぶりの大幅安
  • 8月5日のニューヨーク金先物相場は反落しました。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比1.7%下げて1オンス=1344.40ドルで取引を終了しました。下落幅は5月24日以来の大幅安でした。この日発表された7月の米雇用者数が2カ月連続で急増し、賃金も増加したことから、米国の年内利上げが意識され、金が売られました。   [続きを読む]
  • 中国の2015年の金消費量は985トン、3年連続で世界一
  • 7月29日のニューヨーク金先物相場は続伸しました。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比1.2%高の1オンス=1357.50ドルで終了しました。週間では2.8%上昇しています。米国の第2四半期(4−6月)GDPが市場予想を下回ったことを受け、利上げが遠のいたとして金が買われました。中国人の日本での爆買いは収まりましたが、金の消費量は相変わらず旺盛なようです。  ーーーーーーーーーーーーーーーー [続きを読む]
  • NY金相場、良好な米雇用統計を受け続落
  • 7月8日のニューヨーク金先物相場は続落しました。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は前日比0.3%安の1オンス=1358.40ドルで取引を終了しました。予想を上回る良好な米雇用統計を受けて、一時は1.9%下落する場面もありました。週間ベースでは1.4%高となり、2014年7月以降で最長の6週連続上昇となっています。こうした金高の影響で、金の地金を持つ日本人も増えているようです。ーーーーーーーーーーーー [続きを読む]
  • NY金先物、前日比1.4%高の1オンス=1339ドルで取引を終了
  • 7月1日のニューヨーク金先物相場は反発しました。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は前日比1.4%高の1オンス=1339ドルで取引を終了しました。週間では5週連続上昇。1−6月では25%高と、上期としては1979年以来の大幅上昇となりました。英国の欧州連合(EU)離脱が決まったことを受け、イングランド中央銀行は利下げなどの景気気刺激策を強化するとの観測が強まりました。米国FRBの年内利上げの可能性 [続きを読む]
  • NY金先物は、一時1362.60ドルと2014年3月以来の高値
  • 6月24日のニューヨーク金先物相場は大幅反発しました。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は前日比4.7%高の1オンス=1322.40ドルで終了しました。一時は7.9%上昇の1362.60ドルと、2014年3月以来の高値をつけました。ソロス氏は、安全投資先としてゴールドや金採掘企業株の買い付けをしていた。イギリスの欧州連合(EU)離脱を予言し、国民投票の翌日である6月24日が「暗黒の金曜日」になると語っていた、そ [続きを読む]
  • NY金先物は1275.9ドルで終了、一時1ヶ月ぶりの高値
  • 6月10日のニューヨーク貴金属市場では金と銀相場が上昇しました。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心である8月物は前日比3.2ドル高の1トロイオンス1275.9ドルで取引を終えました。一時は1280.9ドルまで上昇し、中心限月として5月18日以来ほぼ1カ月ぶりの高値を付けました。このところの金価格の持ち直しを受け、金相場のさらなる上昇を予想するコメントも増えてきました。ーーーーーーーーーーーーーーーーー [続きを読む]
  • NY金相場は3ヶ月ぶりの大幅上昇、金トレーダーの強気姿勢は続く
  • 6月3日のニューヨーク金先物相場は大幅反発しました。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は前日比2.5%高の1オンス=1242.90ドルで終了しました。5月の米雇用者数がほぼ6ヶ月ぶりの低い伸びにとどまったことを受け、「6月利上げの可能性」が弱まり米ドルが下落。金は中心限月としては3月17日以来の大幅上昇となりました。金トレーダーの強気姿勢は続いています。金先物市場で期近物を売却して次の限月を購 [続きを読む]
  • NY金相場、5月は月初より5.7%の値下がり
  • 5月27日のニューヨーク金先物相場は続落しました。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は前日比0.5%安い1オンス=1216.70ドルで取引を終了しました。月初から5.7%値下がりし、月間での下げは昨年11月以降で最大となりましたFRBの利上げが6月か7月にも行われるとの見方が広がり、金が売られました。近年の金価格の変動要因は地政学的リスクよりも米金利の変動のほうが大きいとの指摘もあります。ーーーーーーー [続きを読む]
  • NU金相場、週間ベースで値を下げ3週連続安
  • 5月20日のニューヨーク金相場は下落しました。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は前日比0.2%下げて1オンス=1252.90ドルで取引を終了しました。週間ベースでも値を下げ3週連続安となりました。6月に米政策金利が引き上げられる可能性が高まり、金を手仕舞いする動きが出ているようです。金相場は1-3月期に17%上昇したが、3月以降はほぼ横ばいでした。世界の金融市場は1-3月期に乱高下しましたが、4-6月期 [続きを読む]
  • 金は1300ドル手前まで上昇
  • 5月6日のニューヨーク金先物相場は反発しました。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は前日比1.7%高の1オンス=1294ドルで終了しました。この日発表された米雇用者数は7カ月ぶりの低い伸びにとどまりました。6月の利上げ観測が後退し、1週間ぶりの大幅高となりました。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー金先物相場は先週、過去2カ月で最大の上昇を示し、活況となっている。ヘッジファ [続きを読む]