あずき さん プロフィール

  •  
あずきさん: のんきな3人ぐらし
ハンドル名あずき さん
ブログタイトルのんきな3人ぐらし
ブログURLhttp://ameblo.jp/re-t/
サイト紹介文知育・食育・体育・徳育‥‥6才になった娘の『教育』ってどうすればいいんだろう、試行錯誤の毎日です。
自由文マンジュカ・エルゴ・パタパムと抱っこひもを1年で3つも買い替えた抱っこ紐好き母です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供144回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2008/09/18 17:14

あずき さんのブログ記事

  • 子ども新聞を購読しはじめた
  • タイガー 水筒 800ml 直飲み コップ 付 2WAY ステンレス ボトル ポーチ付き サハラ ピンク ドット MBO-F080-P Tigerこの水筒でコップ式にして使い始めました。コップのほうがお姉さんっぽいらしく本人はご満悦です(そうか?)。娘が「私にも新聞がほしい」と言い出したときは驚いた。夫が朝食時に読んでいる新聞がうらやましいという。月・水・金は日経MJ(流通新聞)が届くから、その日は私も新聞に夢中。MJの面白い記事は娘にみせ [続きを読む]
  • ドレスの仮縫い
  • タイガー 水筒 スポーツボトル 「サハラ」 ピンク 800ml MME-A080-P水筒を買い替えました。コップを使う女子に憧れたらしく、私のイチオシ↑水筒が却下となり2way式になりました。残念。昨年末からピアノの発表会に向けて練習をしている。来月が本番。親子ケンカで娘が私を怒るところ2016.12.24娘の実力からかけ離れた曲を、私が譜読みを手伝うことで、何とか弾けるようになった。今習っている先生は、娘にとって2人目にあたる方。 [続きを読む]
  • 「男の子の国語力 女の子の算数力の伸ばし方」
  • お母さんだからできる! 男の子の国語力の伸ばし方花まる学習会の代表である高濱正伸さんの講演会へ行った。「男の子の国語力 女の子の算数力の伸ばし方」有料講演会にも関わらず1,000人の会場が満員。私はこの講演会の存在を、習い事で一緒のお母様に聞いた。「メシが食える大人」に育つ子どもの習慣 [ 高濱正伸 ]¥1,404楽天高濱さんの本は何冊か読んでいて、考え方にとても賛同している。「メシが食える大人」社会で活躍できる [続きを読む]
  • 語彙力がない
  • くもんの学習 小学国語辞典私が一番気に入ったのは、こちらの辞書。字が大きくて読みやすかったです。漢字の練習にてこずっている。語彙力のなさも気になる。Z会のドリルに出てきた問題。「すいでん」これが書けない。すいでんって何?という所で止まってしまう。言葉の意味を教えれば、あああれねとスラスラ書いている。辞書を引け!と言いたいものの、家に辞書がない。早速、買いに行った。大きな書店へ行き、小学生向けの辞書を [続きを読む]
  • 母の日(7回目にして念願の)
  • ロゴス キャリーカート ストライプ スマートキャリー with BOX(ブルー) ついにキャリーカートを買いました。第一希望はこちらでしたが、予算オーバー。これで大荷物の運搬もラクになる〜。すっかりブログを書かない生活に慣れてしまった。このままでは私の老後の楽しみがなくなってしまう。自分にカツを入れて書き残そう。昨日は母の日。母親になって7回目の母の日。1才〜3才まで→完全にスルー。父の日には夫へプレゼントを贈って [続きを読む]
  • GW唯一のレジャー
  • アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!娘が今、どハマリしているのがこれ。日曜AM10:30〜放映中なのですが、1週間かけて永遠と見続けております。何の予定もない「5連休」が終了。私は「3連休」がちょうどいい。長すぎて疲れてしまう。そんな我が家のメインイベントは、ホテルのランチビュッフェのみ。娘はとにかくビュッフェが好き。家族の記念日は、たいていビュッフェへ行っている。「ビュッフェでの振る舞い」を取得させるのは大 [続きを読む]
  • 中学受験について考える
  • 中学受験をしようかなと思ったら読むマンガ 日経BPムック 日経DUALの本話がリアルすぎて怖くなりました。母親の、のめり込み具合が、未来の我が身を見ているかのようで寒気がします。ここ1か月ほど集中して中学受験について調べてみた。きっかけは娘が受験したい、と言い出したこと。チア☆ダン 「女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」の真実 [ 円山 夢久 ]価格:1512円(税込、送料無料) (2017/4/27時点)春休 [続きを読む]
  • 親子で共通の趣味をもつこと
  • 小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」今の時期しかできないこと、を調べることがマイブームです。親子で3DSのゲームにハマっている。「とびだせどうぶつの森」という古いゲーム。2001年に発売され、いくつかのシリーズが発売されている。私がハマったのは2005年ごろ。当時は夫が晩ご飯を家で食べない生活だったから、ふらふらと遊んでばかりの主婦だった。とびだせ どうぶつの森 amiibo+価格:2624円(税込、送料無料) (201 [続きを読む]
  • 評判がいい漢字ドリル
  • 少女のスモッキングワンピース娘の服を多数作ってきましたが「同じ生地・デザインでサイズアップした服を作ってほしい」と初めて言われました。スモッキング刺繍からはじめます。遠い道のりです。<注>以下、下品な話が多いです。先月、発売されてすぐ話題になっていたという漢字ドリル。私はまったく知らず、週末に書店へ行き手に取って知った。日本一楽しい漢字ドリル うんこかん字ドリル 小学2年生 [ 文響社(編集) ]価格: [続きを読む]
  • 登校班に1年生がやってきた!
  • ステッチイデー VOL.24 この作品をみて久しぶりに刺繍をやりたくなりました。「1年生がたくさん来るんだよ」娘からそう聞き、野次馬よろしく待ち合わせ場所へ顔をだしてみた。複数の登校班が同じ待ち合わせ場所を使っていることもあり、黄色いカバーをつけたランドセルがたくさん見える。後ろのほうで、親子ともに静かにしていらっしゃる方たちが多かった。1年前の自分たちを思い出す。通学初日は私のほうが緊張していた。娘に自分 [続きを読む]
  • 親子で反省したこと
  • 完訳 7つの習慣 人格主義の回復かれこれ10年以上前、必死で働いていた頃に必読命令がでまして、その後、社費でセミナーも受講しました。が、まるで身についていません。春休み最終日は仕事を休み、娘の遊びにつきあった。お台場のアネビートリムパークへ。ここで親子ともに反省し、勉強になった出来事があった。館内にオランダのおもちゃMoov(ムーヴ)という、乗り物を作るコーナーがある。見るからに面倒・大変そう。係の人も保 [続きを読む]
  • 2年生、始動!
  • ダ・ヴィンチ 2017年5月号新刊「いのちの車窓から」面白かったです。大泉洋さんの回は何回読んでも吹き出してしまいます。春休みの間、私が仕事の日は学校へ弁当をもって通っている。ついに新1年生が学童に来たらしく、娘も自分は2年生だと実感できたと言っていた。今は娘の希望で、私より20分ほど早く帰宅している。自宅に帰ったら、リビングにあるスマホを使って私に報告を送る。私はいつも帰りの電車の中で、娘からのLINEを受信 [続きを読む]
  • ゲームは1日何分以内?
  • LDK (エル・ディー・ケー) 2017年 05月号 [雑誌]包丁テストが役に立ちました。まめに研ぐとかできませんし、お高い包丁を買うような腕前でもないので、No.2にあがっていた包丁に決めました。娘が、2泊3日の夫実家への帰省から戻ってきた。夫の実家でわがまま三昧をしてきたらしい。駅まで迎えると、娘が私の顔をみて泣いていた。会いたかった、なんて言ってくれる。かわいい。週末に自宅に引きこもった私は、一体何をしていたのか [続きを読む]
  • おばさん一人旅を断念
  • 国語が得意科目になる「お絵かき」トレーニングお絵かきが好きな娘に向いてそうなので読んでみようと思います。今週末は夫が娘を連れて、2泊3日で夫の実家へ行っている。その間、私は「おばさん一人旅」に出る予定をしていた。行き先の候補地は金沢。私は独身のころ、出張族をしていて日本全国をかなりまわった。それがなぜか北陸だけは縁がない。兼六園へいってみたい。お寿司をたべたい。和菓子もたべたい。ことりっぷ 金沢 北 [続きを読む]
  • 3DSを賭けた「なわとび検定」の結果
  • 4歳~9歳で生きる基礎力が決まる! 花まる学習会式 1人でできる子の育て方花まる学習会のアプリthink!think!が無料化されたそうです。早速DLして娘がチャレンジ中。親子で気に入っています。今年に入り、二重跳びができるようになった娘は、校内検定の「二重跳び 50回」にむけて猛練習をしていた。1年生のうちに合格したら3DSを買ってあげる。合格はまず無理だろうと思い、つぶやいたエサに娘は食いついた。憧れの二重跳び 2017.2. [続きを読む]
  • シルバー世代にスマホは使えるのか
  • カンペキ中学受験 2018 (AERA進学BOOK) 単行本友人の子が今年高校受験でした。いろいろ話を聞いていると中学受験のメリットデメリットが見えてきて、改めて情報収集中です。今年に入り格安SIMへ移った。docomoの家族間で通信料無料サービスが受けられない。これを機に、実家の母にスマホデビューをしてもらおうと試みた。私のほうで完全にセットアップしてすぐ使える状態で、実家へ送った。実母のガラケーはそのままに、スマホに慣 [続きを読む]
  • 音符を読む練習をしてくれよ
  • 世界一高い幻のコーヒー!!『コピ・ルアック アラビカ種』 100g スペシャルギフトボックス入りコピ・ルアック珈琲のことを初めて知りました。映画カモメ食堂に出てきたらしいですが、まるで記憶なし。製造方法を知った時の衝撃が大きすぎました。年中からピアノを習わせはじめた。入学と同時に教室をかえて、今は発表会に向けて特訓中。娘の実力不相応と言い切れる曲に決まり、親子でギャーギャーやりやっと譜読みが終わり [続きを読む]
  • 努力賞という名のごほうび
  • グレードアップ問題集小学1年算数 文章題何が良問なのか、私には判断がつきません。皆さんどこで判断されているのかな。生後10か月〜年長の夏までしまじろう、その後はZ会を受講中。年長の頃はZ会の添削教材を溜め放題。1年生からは毎月欠かさず提出。これは親子の性格差によるもの。年長の頃は私が主導でやっていた。1年生からは娘が自己管理している。娘は付録のシールを使いながら、カレンダーにスケジュールをたて、毎日その通 [続きを読む]
  • 責任感を学ぶ
  • ジョコビッチの生まれ変わる食事14日間グルテンフリーの生活をすれば花粉症が改善するという話を、信じてやってみます(14日後って花粉症のピークが過ぎてるような)。娘は今、学校で音楽係をしている。飾りつけ係、遊び係など、係の内容も子ども達が考えて決めたらしい。そして係は自分の希望が100%通る。だから係によって、人数に大きくバラつきがあるらしい。・係の目的と仕事内容・いつ、だれが、何をやるか・スケジュール表 [続きを読む]
  • 学校へ鍵を持っていくこと
  • プレジデントFamily(ファミリー)2017年04月号(2017春号:わが子の受験大激変! ) 今月号をただいま熟読中です。今回は自分より先に夫へ押し付けて、強制的に読んでもらいました。私たちの頃とは時代が違うと、夫婦で頭に叩き込まなくちゃ。パートがある日も、基本的には娘より先に自宅へ戻っている。それでも特別時程の日などは、どうしても間に合わない日がある。学校に残って遊んでほしいけれど、最近の娘は家に帰りたがる。地震や [続きを読む]
  • 共働きの生活
  • 短時間できれいになる大人の美文字レッスン帳娘と話し合いの末、2人で向き合って練習する、互いに〇をつけあう、×はつけない、優しく指摘することになりました。去年の秋から外で働きはじめた。今までは在宅でこそこそやっていたけれど、思う所があり外へ働きに出ることにした。いわゆる一般事務職についた。ゆるいシフト制みたいな感じで、自己申告で勤務日等を決める。今は週3回・1日3時間の勤務を基本としている。今週、娘が風 [続きを読む]
  • 「これには深い事情がありまして…」
  • オールナイトニッポン 「RADIO DAYS」 Sweet Hits星野源さんのオールナイトニッポンを毎週楽しみにしています。バカリズムさんがゲストだった今回、いつも以上に低俗な話で楽しかったです。娘は私に似て注意力散漫。人のことを言える立場ではない。頭ではわかるけれど言いたい。先日の漢字検定でも、「草はら」に読み仮名を振る問題に対して「のはら」と書いたと言う。考えろ、見直せ!何度言っても今の娘にはまるで通じない。先日 [続きを読む]
  • 2年生にむけて習い事を整理
  • 入学直後、ひらがなシートの宿題とこの本↑を併用し、毎日泣かせながら教え込みました。懐かしい想い出です。我が家も多くのご家庭と同じく、来年度に向けて習い事の整理をはじめている。娘からは、水泳をやめてテニスを再開したいといわれている。これは希望通りにしよう。今は週3回、4つの習い事をしている。水泳の他、1つ減らすことも決めた。2年生は週2回、3つの習い事でいこうと思う。忙しすぎる生活は、我が家には向いていな [続きを読む]
  • 努力は続く
  • 東京タラレバ娘(1)今は下剋上受験とカルテットとタラレバ娘を見ています。大島優子ちゃんが演じる小雪が気の毒です。あれは男が悪い!私が娘をすごいと思っているのは、自分で決めた目標に対する努力が続くところ。「自分で決めた目標」というのがポイントなのだろう。周りで誘導してもダメ。二重跳びへの熱がすごい。1回跳べるようになった日から数えて、わずか10日。すっかりフォームも慣れた人の動きになっている。ドタドタ [続きを読む]
  • だいすけお兄さんが卒業!
  • NHKおかあさんといっしょ 最新ベスト パンパパ・パン私にとって一番の思い出はこの曲。一番好きなキャラは、ミーニャと一緒に出ていた「かぞえてんぐ」でした。【Yahoo!ニュースより】<おかあさんといっしょ>「うたのお兄さん」横山だいすけが卒業へ 歴代最長9年でショック。このニュースはショック。「たくみロス」だと世間が騒いでいたころの私は、かなり引いていた。お姉さんだって彼氏とデートしたいだろうし、卒業したい気 [続きを読む]