KURE さん プロフィール

  •  
KUREさん: 暮林修のブログ
ハンドル名KURE さん
ブログタイトル暮林修のブログ
ブログURLhttp://syu-90884.blogspot.com/
サイト紹介文クオリティ・ライフをテーマに身近な出来事を綴ったブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2008/09/19 18:20

KURE さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 無題・・・・・・近況
  •  最近は起床時間が冬場より1時間ほど早く、5時すぎには目覚める。このところ真夏日のような高気温が続き、今日も東京は29℃だが、まだ5月だ。それでも気候は凌ぎやすく起き抜けの日課であるストレッチやウオーキングで爽快な季節感を満喫できる。晴耕雨読で雨の日にはこの日課も変更するけれど、梅雨入りまでは大丈夫。自宅から徒歩5〜6分のところに野球場やテニスコートを備えた公園がり、そこが私のトレーニング場です。 [続きを読む]
  • 少子高齢化社会
  •  桜が満開だ。例年より遅れていた開花がやっと見ごろを迎えた。東京の郊外に住んでいて、地元で4月1日〜2日に開かれた “桜まつり” は、見事に空振りで真冬並みの寒さに咲きかけた蕾が震えていたが、4日ごろから気温が上昇して開花が勢いづき昨5日にほぼ満開になった。←写真は私が住んでいる団地内の公園の桜だが、まさに“咲き誇る”という形容がぴったりの姿で、自宅のベランダからも臨める場所にある。 この雄姿 [続きを読む]
  • 中国でも『君の名は。』が
  •  去年公開されたアニメーション映画『君の名は。』(新海誠監督)は、日本公開の3か月後にはお隣の中国でも上映され、興行収入1位という記録的な大ヒットとなった。  中国での日本映画公開は2006年〜2015年までの10年間で合計17本という少なさだったが、2015年にアニメ映画の『STAND BY ME ドラえもん』がヒットして、昨年の2016年には計11本の興行に繋がった。  そして、日本国内でもセンセーショナ [続きを読む]
  • 居丈高な恐喝まがい!
  •  2017は、いったいどんな年になるのか! アメリカの新大統領・トランプさんの出現で・・・・・・う〜ん、ますます先が読めなくなってきた。まあ、個人的には東京(Japan)に住んでいる人間として、日常の生活を目の前の現実(諸々の変化)に即して行くことになるんだろうが、対策を練るにはもう少しその影響が具現化しないと動きようがない。 それにしてもトランプさんの大統領令とやら、居丈高で恐喝まがいの芝居がかった物言いで [続きを読む]
  • 異常事態か好転の兆しか
  •  2017はどんな年になるのだろうか。個人的には志気が高揚してますが、これまでにない不安も感じています。わが家の恒例で大晦日は夜更かしをしますが、元旦は6:00ごろ起床して、寝不足の眼を擦りながら、自宅のベランダがら“初日の出”を拝願しました(写真)。太陽を拝むなんて日本人だけ、ですかね。 新年の“初日の出”を崇めるのは、今年が「より良き年でありますように」という願いを込めた習わしに過ぎません。  [続きを読む]
  • 54年ぶりの初雪だって!
  • 日本の首都・東京が昨日、54年ぶりという雪に見舞われたNOVEMBER(11月)に雪が降るなんて江戸っ子もびっくり気象庁によるとこの時季に首都圏に積雪があったのは1875年(明治8年)に観測開始して以来初めてだというからおよそ140年ぶりの異変なんだと言えるかも知れないこれが「地球温暖化」など人為的なものに起因するのか最近の異常気象は日本だけでに限らない現象なのだろうがいまを生きる者にとっては大いに気になると [続きを読む]
  • CNEMA「BRIDGE OF SPIES」
  •  公開時に見逃していたスティ―ヴン・スピルバーク監督の『ブリッジ・オブ・スパイ / BRIDGE OF SPIES』(2015年)をDVDで、昨晩徹夜して観た。『シンドラーのリスト』をはじめ『ミュンヘン』、『リンカーン』など、同監督の作品ではシリアスな実話ものが好きで、本作も1960年に実際に起きたソ連(現ロシア)のアメリカ偵察機撃墜事件「U−2撃墜事件」を題材にした映画である。 また、本作『ブリッジ [続きを読む]
  • 組合員証の更新!
  •  1960年に俳優をこころざして小劇団に入り、舞台を中心にテレビにも進出して端役ながら役をいただけるようになったのは、ひとえに時代の恩恵が大きかったと思う。テレビ業界のドラマ制作も草創期であったし、もし、こんにちのように技術的に進化が著しい映画・テレビ界であったなら、ボクみたいな不器用者の出る幕はなかったろう。 まぁ、長くこの業界にいるので、この歳(77歳)になってもお声をかけていただき、細々なが [続きを読む]
  • Twitter やってますよ
  •   個人的な趣味や仕事に関わる情報を得るために、6年ほど前からTwitter(@kure036)をやっているのですが、先日、私自身がほとんど記憶に残っていない半世紀も前のテレビドラマ「ウルトラQ」の一場面(写真)を添えたツイートを見ず知らずの方からいただきました。@kure036 今から50年前に放送された『ウルトラQ』出演当時の暮林さんです。 pic.twitter.com/m58fVwLmXN― ヨッシー (@00Yoshii) 2016年8月7日 この情報を [続きを読む]
  • リオデジャネイロ五輪
  •  8月に入り日本では6日(土)が広島の原爆71年忌だったが、この同じ日にブラジル・リオネジャネイロでオリンピックが開幕した。 地球の反対側に位置するブラジルは時差が12時間あって、日本とはちょうど昼夜逆転の時間帯である。 日本選手の活躍が目覚ましく、開幕1週間の本日12日(金)現在、獲得した金メダルもアメリカ、中国に次ぐ第3位だ。 今日も水泳競技の女子200m平泳ぎで金藤理絵選手が凄いことをやって [続きを読む]
  • 映画考/老いては子に従え
  •  人間、鋭敏な感受性を発揮できるのは10代後半から20代なかばまでではなかろうか。その頃に観た映画で黒澤明監督の『生きる』(1952年)、エリア・カザン監督『エデンの東』(1954年)、イタリアのピェトロ・ジェルミ監督『鉄道員』(1956年)、フランスのルネ・クレマン監督『太陽がいっぱい』(1960年)などに感化され、半世紀も前の体感ながら鮮明に覚えている。 後年、これらの映画を懐かしく想い出してはDVDなどで観直し [続きを読む]
  • 紫陽花と遊女と
  •    日本では文献によると1528年(大永8年)に時の室町幕府の下で傾城局が設けられた。傾城とは遊女のことで、ここに管制の公娼制度が誕生したと言えるだろう。時代がくだり豊臣時代の1589年(天正17年)に秀吉の家来、原三郎左衛門という者が許可を得て京都万里小路柳馬場(二条柳町)に遊女町を開設、いわゆる?遊郭?の祖がここに記録される。 江戸時代はご存知の「吉原遊郭」が公許の娼妓制度として知ら [続きを読む]
  • いい音楽を聴いて・・・
  •    いい映画を観て、いい音楽を聴いて、いい本を読んで・・・・これ数年来の私の日常で、趣味の部類なんだろうけれど、好きなものに没頭することで疲弊しがちな気分が癒されています。  もっとも、いい○○と言ってもそれは主観的なもので、万人に共通はしないだろう。例え私がこの映画はいいと思っても否と言う人はいる。まして趣向が多様化しているこのごろでは、好みのものも人それぞれ違うでしょう。  だから自分 [続きを読む]
  • 人はどこまで成長できるか?
  •    親父は浅草生まれで現存する金竜(尋常高等)小学校卒、家具職人になり、結婚して江東区(当時は城東区)砂町に所帯と仕事場兼用の住居を構え、私はそこで生まれた。4歳上の姉に次ぐ長男だったが、東京大空襲の前に兵役にとられた親父の指示で母の故郷である群馬県利根郡片品村へ、2歳下の妹と姉、母の一家4人は疎開した。  終戦の1945年、正確には8月15日を迎える前の4月に私は疎開先で小学校に入学した [続きを読む]
  • 歩け歩けの人生
  •   6:00起床、6:30自宅から徒歩5分ほどの公園でラジオ体操をやり、そのあと 1周約1.2?の遊歩道を3周歩き、8:00ごろ帰宅して朝食。ここ10年来のパターンだが、6:30が暗闇の冬場はラジオ体操を自宅でやってからウォーキングに出かけたり、歩くコースもその日の気分で自宅周辺の道路だったり、雨天中止だったりと、まぁ、いい加減なトレーニングなんですけどね。 でも、永年の習慣でこの程度でも徒歩で身体 [続きを読む]
  • 年寄りの冷や水
  •   時よ止まれって叫びたいほど月日の流れは速く、2016年も1月が過ぎて早や立春である。そして、静岡県伊豆の「河津桜」が開花したとか、季節は生命(いのち)の躍動する時期を迎えて老木もにわかに息を吹き返す思いだが、さてさて浮かれるには耐えがたき寒の戻りもあって、日本の四季は世界に類を見ない春夏秋冬の変化自在ぶりではなかろうか。  が、この新鮮な季節の移ろいをあと何度体感できるだろうか、歳をと [続きを読む]
  • 2016年がスタート
  •  日本の暦で言うなら平成28年の幕が開けて、正月の幕の内(1日〜7日)があっという間に過ぎたが、この時間経過の速さは、やはり我が身が高齢ゆえの感傷なのであろうか。さしたる用事も予定もないのに時の流れは急激で、日一日と老境の深みにハマって行くのだろうが、その虚しさをバネに今年も頑張って行くしかない。 なんとも哀れな年頭所感になってしまったが、今正月は盛り場への外出を意識的に避けて、昨暮れにレンタルし [続きを読む]
  • パリで同時多発テロ!
  • 2日間のVPの撮影が終わって昨日は虚脱状態に陥り、いつものことながら緊張を解かれて終日ボーッとしてました。ボクらの仕事は(立場上)作品の内容を公開前に、公表するのは(著作権などの問題もあって)タブーなので、当ブログをお読みの皆さんにはお許し願いますが、この放心状態は解放感を含む複雑な気分です。ただ、出演する場面(シーン)の撮影が2日で終わる仕事でも、台本を受け取ってからのセリフ覚えや役創りなど諸々 [続きを読む]
  • 映画もいろいろ
  •  映画は好きでよく観るが、映画にもいろいろあって、いつの間にか“好みの映画”というものが自分の中に定着している。現在は邦画、洋画を合わせて年間1200本余も公開されるので、とても観きれないから見逃がしている映画も多い。だからロードショウは私的に興味を惹かれる作品を選んでしまうので、観る映画はかなり片寄っているはずである。 ただ、私自身が純粋な観客ではなく業界内の人間なので、一般の鑑賞者には成り得ない [続きを読む]
  • 盛岡を訪ねて!
  •  先日、遅まきながらの夏休みを取って東北は岩手県盛岡市と八幡平へ出かけてきました。プライベートな息抜きが目的で、観光よりも休養に重心を置いた3泊4日のぶらり旅。 盛岡は行きたいと想いながらこの歳まで果たせなかった憧れの地で、石川啄木や宮沢賢治が青春時代を過ごした、その空気を嗅ぎたい、そんな淡い期待があったからです。 啄木は若干26歳で逝き、啄木より10歳年下の賢治も37歳で亡くなっている。当時の日本人の寿 [続きを読む]
  • 私とパソコン
  •  PC(パソコン)の基本ソフト(OS)「Windows8.1」を使い始めて1年も経たないういに、その改良型である「Winndows10」への移行を推奨され、このほどアップグレードを行った。  すでに「8.1」に慣れて個人的には不便を感じなかったが、使い難いという評判は聴いていたし、製造元(Micrsoft)が無償で行うというので更新した。 もともと私がPCを使い始めたのは2006年からで、当時主流だった「WindowsXP」でスタートして、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …