aoba4725 さん プロフィール

  •  
aoba4725さん: 青葉考古学倶楽部@
ハンドル名aoba4725 さん
ブログタイトル青葉考古学倶楽部@
ブログURLhttp://aobadai4725.blogspot.com/
サイト紹介文茨城県在住のサラリーマンです。 古代史を勉強しています。
自由文日本の古代史を中心に、日々感じた事なども書いて
行きたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供87回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2008/09/20 21:52

aoba4725 さんのブログ記事

  • 常福地町に古墳
  • これも常陸太田市在住の城郭研究者 50storm氏からの情報による。常陸太田市常福地町の某所に古墳の可能性がある地点があった。径約5m程の高まりの所に複数の石材が見え、少し離れたところが窪地になっており、掘り返された埋葬地点のようにも見える。20m超の古墳になるのかもしれない。周辺も観察しようと思ったが、結構な藪だし虫のご挨拶にも遭遇し、寒くなってから再度訪れようと思う。 [続きを読む]
  • 常陸太田市常福地町 妙見山星之宮
  • 常陸太田市常福地町にある「妙見山星之宮」。この地点は城郭の可能性が指摘されているようですが、里川が90°に屈曲する位置にあり、大正5年銘の流通に関する石碑が建てられていることから見ても、舟運あるいは馬方などにとって意味ある地点だったのではないでしょうか。それが、どの時代まで遡れるのか興味あるところです。 [続きを読む]
  • 石名坂
  • 6号国道を東海村から久慈川を渡り北上すると、なだらかに右へカーブする急坂が現れる。これが現石名坂だが、その南側に陸前浜街道あるいは岩城海道とされる旧石名坂がある。所謂、高市に比定される地域でもあるが、ここに日立市を代表する典型的後期前方後円墳のかたちをしている「西の妻古墳」がある。さらに、その南東部の久慈川河口部には舟戸山古墳、桜山古墳などがあるが、久しく古墳研究の俎上に上ったことがない。それが6 [続きを読む]
  • ある情報
  • 2週間ほど前、城郭研究者の50Storm氏に教えていただいた情報をもとに常陸太田市東連地町にある「青蓮寺」に行ってきた。山田川右岸にあり対岸は芦間町、玉造町となる。その青蓮寺裏に古墳らしいモノがあった。ウサギ開けたとみられる穴が複数あり、対岸附近にも仮称森ノ宮古墳があるのでこの地にあっても不思議ではないと思う。 [続きを読む]
  • 表と裏
  • 常陸太田市にある「星神社古墳」の表と裏。どちらが表か裏かはわからないが、北側方面から見られることも十分に考慮されていると思う。そして「中野冨士山古墳」は、前方部方面以外を意識しているものと思う。 [続きを読む]
  • 経年変化
  • 今日は65歳になった記念にと、10年ぶりに日立さくらロードレースのハーフマラソンに参加した。残念なことに冷たい雨が降り続くレースになってしまったが、完走をはたした。そして、過去に参加したレースを振り返って、今日までの私の体の経年変化を見てみよう。1994年11月3日 栃木県黒磯市「さわやか高原マラソン」1時間24分18秒 42歳2008年4月6日 日立市「日立さくらロード」 1時間52分25秒 5 [続きを読む]
  • 常陸太田市郷土博物館 企画展
  • 常陸太田市にある梅津会館で開催されている企画展「発掘された常陸太田の歴史 市内遺跡出土の武器」を見てきた。 消滅してしまった入浄塚古墳の遺物を見ればなかなかの古墳だつたらしいし、岡田台遺跡から出た人骨と鉄鏃とは、生々しい局面を示しているらしい。今まで気付かなかったが、常設の展示パネルにも市で行っている文化財保存への取り組みが示されていて参考になった。 [続きを読む]
  • 大洗町散策
  • 昨日は、女房殿の誕生日の祝いを兼ねて、大洗町の散策と魚料理を娘がプレゼントしてくれた。大洗の街中には、ガルパン目当ての若者達やそのコスプレの人達もいて、歴史ある町とのミスマッチがたのしめた。 [続きを読む]
  • 現地説明会と五所皇神社裏古墳
  • 今日は、那珂市で発掘調査中の「下大賀遺跡」の現地説明会と、ひさしぶりの「五所皇神社裏古墳」を巡ってみた。およそ80名ほどの人達が参加した説明会、文字資料と合致する可能性がある遺構が出てきて今後の報告書が注目されます。そして、樹木が伐採されていて見通しが良くなっていた「五所皇神社裏古墳」から「下大賀遺跡」がある方面も見渡せます。 [続きを読む]
  • 天理市 ヒエ塚古墳
  • 2月19日に天理市萱生町にある「ヒエ塚古墳」の現地説明会が行われたようです。画像は2011年1月に撮影したものですが、画面左側が後円部で、くびれ部には農道が通っている状況です。説明会時の資料によると、全長130m、後円部径70m、箸墓古墳類型の可能性を指摘しているようです。この付近は古いと思われる古墳の集中地帯でもあり、もう一度ゆっくりと巡ってみたいものです。 [続きを読む]
  • 冬眠してた
  • 昨年末より寒さに負け怠けて、纏めるものもやる気があれば纏まるものを先延ばしにしておりましたが、もう少しで発表したいと思っているところです。今年初の活動は花粉の影響でくしゃみしながら時系列に、県北域嚆矢の前方後円墳の可能性が高い「星神社古墳」から(上段、二段目画像)。それに続く古墳とされる「梵天山古墳」(三段目画像)。さらにそれに続くとされる「中野冨士山古墳」。これら3基の古墳から中期前半の古墳とさ [続きを読む]
  • 酒の友
  • ある日の酒とその友。ひさしぶりに薩摩の千代香(ちょか)を引っ張り出し少々熱燗でいただく。酒の友は鳥のつくねとトマト、タマネギ、チーズにゆずポン酢をかけたサラダ。木の葉皿と焼き締め小鉢は自作、ぐい飲みは益子の某陶工からのいただきもの。もう一つの友は外池 昇著「検証 天皇陵」。たまにはこんなひとときもある。 [続きを読む]