もーもーさん さん プロフィール

  •  
もーもーさんさん: 鉄道車両見聞録(新・ブログ版)
ハンドル名もーもーさん さん
ブログタイトル鉄道車両見聞録(新・ブログ版)
ブログURLhttp://chibatrain.blog.fc2.com/
サイト紹介文鉄道車両や模型に関する記事を。個人サイト「鉄道車両見聞録」「ローカル私鉄見聞録」のブログ版です。
自由文個人運営サイト「鉄道車両見聞録」「ローカル私鉄見聞録」の更新情報・管理者の鉄活動や鉄道模型コレクション報告などを掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2008/09/21 22:13

もーもーさん さんのブログ記事

  • 西武鉄道〜秩父 その3
  • レッドアローで西武秩父駅に到着後、御花畑駅で秩父鉄道に乗り換えました。その手前、秩父鉄道の踏切を渡る際に、上り列車がやってきたので、1枚、写真を撮りました。使用されていたのは7000系(元東急8500系)の7002F編成で、先頭車は中間車から改造されたものです。前面は非貫通ですが、貫通スタイルのと同じようなデザインになっています。 [続きを読む]
  • 西武鉄道〜秩父 その2
  • 池袋で見かけた30000系スマイルトレインです。30000系は2007年に登場しましたが、その後増備が進み、2015年4月現在では180両が在籍、今では頻繁に見かける存在となっています。この車両の特徴は、見てのどおり前面のデザイン。たまごをモチーフとして、外観は「生みたてのたまごのようにやさしく、やわらかくふくらみ」、内装は「温かみのある優しい空間」をイメージして設計されました。ファニーなデザイン [続きを読む]
  • 西武鉄道〜秩父 その1
  • 11月4日、平日の休みに西武鉄道経由で秩父に行ってきました。目的は秩父鉄道の影森で、最初は現地での機動性を考慮して、車で行こうと思っていましたが、仕事の疲れあり、のんびり寝ながら移動できる電車での移動にしました。まずは、早朝の池袋駅へ行き、西武鉄道の看板列車、レッドアロー号に乗りました。レッドアロー号用の10000系ですが、2018年度以降、新型車両導入により順次置き換えの予定されています。どのよ [続きを読む]
  • 地元千葉で活動 その18
  • 上り鹿島貨物ですが、この日はEF64−1021号機でした。首都圏では、少し前まではあちこちで見ることのできたEF64ですが、2016年3月のダイヤ改正ではその運用は大幅に減り、関東でまともに撮れるのは鹿島貨物ぐらいになってしまいました。先日、JRグループ2017年3月のダイヤ改正について、プレス発表があり、JR貨物でも需要に応じた各列車の見直しが行われるようですが、細かい機関車の運用の変更について [続きを読む]
  • 地元千葉で活動 その17
  • ホームで待つ間、209系とともに良く見かけたのが217系です。209系ベースというか、209系を基本に近郊型に発展させたのか217系。しかしながら、4ドアを採用し、基本編成の11両中グレーン車と平車3両を除き、車内の座席をロングシートとしてしまった為、近郊型と通勤型の車両の区別が良く分からなくなってしまった車両です。(JR東日本の車両では、E231系〜E233系と続く中で、近郊型と通勤型の区別がな [続きを読む]
  • 地元千葉で活動 その16
  • 昼間の総武本線の中で、一番存在感のある優等列車といえば、E259系の成田エクスレスです。京成スカイライナーに対抗し、2010年に導入されたE259系ですが、早いものですでに営業運転開始から6年が経過しています。他サイトなどでの意見ネットの書き込みを見ると、259系の導入以降は空席が目立つとの意見も多いのですが、その理由が、成田エクスレスの利用客が減っているの為なのか、全ての編成を6両単位として輸送 [続きを読む]
  • 地元千葉で活動 その15
  • 蘇我駅でEF65を撮った後は、鹿島貨物を牽引するEF64を撮ろうと思い、総武本線の某駅(物井だったと思いますが)に移動しました。EF64牽引の鹿島貨物は、鹿島スタジアムを12時51分に出発し、14時20分頃に千葉駅を通過するという情報は掴んでいましたが、自分のいる駅をいつ通過するか分からなかったので、13時半ぐらいからホームの先に立って、他の列車を撮りながら鹿島貨物を待ちました。その間、何度も撮っ [続きを読む]
  • 地元千葉で活動 その14
  • 蘇我駅に発着する貨物列車を牽引する機関車は、そのほとんどがEF210となっていますが、まだ一部でEF65やEH200も乗り入れています。貨物の時刻表で確認したところ、午前中EF65牽引の貨物列車が到着することになっていたので、これを狙って撮りました。機関車は新鶴見機関区のEF65−2063でした。 [続きを読む]
  • 地元千葉で活動 その13
  • 千葉機関区に向かうEF210−118号機です。蘇我駅まで貨物列車を牽引してきた機関区は切り離され、ここを通ってう内房線沿いにある千葉機関区まで回送され、パンタグラフを下ろして次の出番まで休みます。千葉機関区には車両の配置はなく、ここは機関区の休憩所・待機所みたいな形で使われています。首都圏や東海道筋、名古屋など、直流区間はどこに行ってもこの機関車ばかり見かけるので、少々退屈です。このあと、EF65 [続きを読む]
  • 地元千葉で活動 その12
  • 京成千葉線・ちはら線で運用中の3700形です。千葉・ちはら線に乗り入れできるのは6両編成までで、3700形は8両編成ばかりでこの路線では見かけたないだろうと思っていたので、多少驚きました。3700形は、8時編成15本(北総リース車含む)の他に、6両編成も2本在籍していました。6両編成2本は、2000年に導入された6次車で、このグループから3700形としてのマイナーチェンジ(前面のライトの形状を変更 [続きを読む]
  • 地元千葉で活動 その11
  • 新京成電鉄N800形の第2編成(N828編成)です。こちらは2011年に導入され、京成3000形7次車(=3050形)に準じた仕様となりました。導入時は旧デザインでしたが、2015年に新デザインに変更されました。N800形は、2005年に1編成が導入された以降、しばらくは増備はありませんでしたが、この第2編成を含め、2012年から2015年にかけて3編成が増備され、それなりに見かけるようになりまし [続きを読む]
  • 地元千葉で活動 その10
  • 千葉中央駅に乗り入れた、新京成電鉄のN800形です。新京成の車両は、新しいコーポレートカラーへの変更が順次進められる中、N800形も例外ではなく、2015年12月に導入された4本目の編成では、新製時から新デザインとなっています。旧デザインは見られないと思っていたので、写真も撮れてよかったです。(撮影は2016年10月18日ですので、現在まだ旧デザインが残っているかどうか分かりません。)旧デザインで [続きを読む]
  • 地元千葉で活動 その9
  • 終点の京成千葉駅に到着したばかりの新京成電鉄8800形8816編成です。新京成電鉄では、今年10月に創立70周年を迎えましたが、8816編成にはそのアニバーサリーイヤーを記念してデザインされたロゴマークが前面に貼り付けられていました。8816編成は、2011年に6両編成化工事と京成電鉄乗り入れ対応工事が実施されています。 [続きを読む]
  • 地元千葉で活動 その8
  • 京成千葉中央駅で見かけた、1編成のみとなった3500形の未更新車です。この日、この未更新車が京成千葉線で動いているのをJR線の車窓から確認し、すぐに千葉中央駅に向かったのですが、このような写真しか撮れませんでした。未更新車は、京成津田沼方面に走っていったので、おそらくこの後京成津田沼駅で折り返し、もう一度こちらに戻ってくると思い、千葉中央駅で待っていたのですが、車庫に回送されてしまったのか、戻って [続きを読む]
  • 地元千葉で活動 その7
  • 京成電鉄千葉線を走る、3500形更新車です。更新車は今年の3月末時点では、4両編成14本が在籍となっています。2002年に3000形が導入された以降、4両編成の旧型車両と廃車も進んでいますが、3000形には4両編成がない為、京成電鉄の保有車両の中でも4両編成の本数は大幅に減少しているものと思われます。現在4両編成は3500形のみですが、4両編成車の運用は、千葉/ちはら線と金町線が中心で、金町線は4 [続きを読む]
  • 地元千葉で活動 その6
  • 蘇我駅で京葉臨海の列車を1本撮った後、次に目的の貨物列車が到着するまでにしばらく時間があったので、千葉駅に移動し、京成線の列車を撮ることにしました。写真は、千葉駅を降りて、少し歩き、新千葉駅と京成千葉駅の間の線路際でカメラを構えました。以前は、ここで3200形や3300形なを良く撮っていたのを思い出しました。やってきたのは、金町線を除く京成グループ線の至る所で見かけることのできる3000形。この区 [続きを読む]