ああ さん プロフィール

  •  
ああさん: おお
ハンドル名ああ さん
ブログタイトルおお
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/we0are0bird/
サイト紹介文テスト
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2008/09/22 00:57

ああ さんのブログ記事

  • 名言
  • ??名言私が新卒だったころは、尊敬していた上司をいつか超えたいと意気込んで「この人が持っていて、自分にはないものは何か」と、いつも考えてました理想の姿に対して、どうすればそのギャップを埋めることができるのかを考えて行動していくことで、確度の高い成長ができると思いますどんな仕事でも、相手の期待値を意識することはとても大切ですまず「この仕事に自分はなにを求められているのか」を意識し、その上で、期待を超 [続きを読む]
  • インベスターZ
  • ??インベスターZ普段はどんなに論理的で聡明な人物でもいったん感情に火がつき燃え上がると自分では制御できなくなるその感情の火の中身はというとほとんどが嫉妬そして恐怖だ社会の決め事やルールとはなにかを信じ込ませて人を動かすための道具偉業というものは狭い場所に優秀な少人数が集まることで成される知らないから努力しようとする知らないから成長しようとする自分をどこまで高められるか未来は知らないからおもしろい [続きを読む]
  • ドラえもん
  • ??ドラえもんhttp://sp.uta-net.com/search/kashi.php?TID=55129空を飛んで時を超えて 遠い国でもドアを開けてほら行きたいよ 今すぐ大人になったら忘れちゃうのかなそんな時には思い出してみようぼくの心に いつまでも輝く夢大人になってもきっと忘れない大切な思い いつまでもずっと [続きを読む]
  • 20160425 日経ビジネス
  • ??20160425 日経ビジネス??柳井:新しいことをやろうと思ったらほとんどが失敗ですよあきらめないで失敗から学習し、将来に生かすこれを繰り返すから成功につながる山極:ところが面白いことに、生物の進化の観点からすると、この人間の「あきらめない」という特性はやっかいなのですゴリラやチンパンジーは、うまくいかないことがあるとすぐにあきらめます現実を受け入れ、あるがままに生きているあきらめたほうが無駄がないか [続きを読む]
  • ?20160328 日経ビジネス
  • ??20160328 日経ビジネス??後藤亘 TOKYO MX会長経営者は、右手にロマン、左手にリアリズムを持つべきだと思う苦しい状況でも、夢があれば頑張れる他方で、現実的な手も打つ大事なのは問題から逃げずに、正面から向き合うことです圧力をかけて無理やり従わせようとしても意味がないみんなが良い組織を作ろうと思うようになる、そのきっかけを与えるのが私の役割だから、何より既存の社員たちの話をしっかり聞くことから始めまし [続きを読む]
  • 名言
  • ??名言そうやって生まれ変わろうとしている人の手を離すようなことはできないそれが私の価値観。人は誰しも失敗する。失敗しても学びを得て生まれ変わっていくことを許す社会であってほしい [続きを読む]
  • 20160215 日経ビジネス
  • ??20160215 日経ビジネス??大橋徹 コマツ社長兼CEOダントツのハードウェアがないと、ダントツのソリューションは生まれないソリューションビジネスと一言で言いますが、そのコンセプトは誰でもコピーできるコピーしたものは結局、長続きしない米アマゾン・ドット・コムを真似した企業は多く存在しますが、どこもうまくいってないアマゾンが誇る倉庫管理やロジスティックスの能力を、コピーできなかったからですそうした観点か [続きを読む]
  • 名言
  • ??キロロまだ まだ まだ やれるよだって いつでも 輝いているまだ まだ まだ やれるよだって いつでも みんな側にいる時には急ぎすぎて 見失う事もあるよ 仕方ないきっと今ここで やりとげられることどんなことも力に変わるほら 足元を見てごらん これがあなたの歩む道ほら 前を見てごらん あれがあなたの未来夢はいつも空高くあるから届かなくて怖いね だけど追い続けるの自分の物語だからこそ諦めたくない [続きを読む]
  • 丹道夫 富士そば会長
  • ??丹道夫 富士そば会長質問:富士そばが50年続いた秘訣は?答え:もう一にも二にも場所だね昔から母に言われてたの「お金が欲しいなら、独り占めしちゃダメ。みんなに分けてやる精神がないと絶対に大きくなれない」ってなんでブラックにしなくちゃいけないかねちゃんと待遇をよくしてあげれば、みんな働くし、自分も楽ができるどうしてそんなことをするんだろうねああいう企業の経営方針はよくわからない自分でもよくここまできた [続きを読む]
  • 名言
  • ??名言組織が上手くいかないのは、ほとんどの場合コミニケーションが原因素直な子が伸びるあとは最後まで諦めずにやりきれるかどうかが大事すぐ諦める、ネガティブなのはダメ失敗の数と判断の数が、その人を成長させる [続きを読む]
  • 20160208 日経ビジネス
  • ■20160208 日経ビジネス■永守重信 日本電産会長兼社長当社は若くても意欲のある人には、どんどん仕事を任せ、昇進させるようにしているもちろん、上手くいかなければ降格することもある挑戦は責任と表裏の関係だからだでも、手を挙げれば何度でも挑戦できるから、一度降格しても復活する人はたくさんいる意欲も気力もない人は仕事が面白くないから、やがて埋もれていく日本企業の採用は、大学のブランドよりも「働く心」にもっと [続きを読む]
  • ■メルカリ、全社員に株購入権 企業マインドを後押し
  • ■メルカリ、全社員に株購入権 企業マインドを後押しhttp://style.nikkei.com/article/DGXMZO07621720W6A920C1000000?channel=DF180320167066メルカリでは、ビジョンを達成するための『3つのバリュー』を設定しています。採用のときも、四半期ごとに社員を評価するときも基準にする概念です1つは「Go Bold(大胆にやろう)」まだ道半ばですが、ある程度私たちがベンチャーとしてここまでこられたのは、今まで人がやったことがない [続きを読む]
  • 20160201 日経ビジネス
  • ■20160201 日経ビジネス■厳しい経営環境に置かれているのは電機業界だけではないにもかかわらず、産業革新機構は電機業界に対して重点的に救いの手を差し伸べてきたこれまでの累計出資額は約8000億円だが、その半分が電機業界向けだそもそも革新機構は、リスクマネーの乏しい日本でベンチャー企業を育成することが主な目的だったはずだ同社の勝又幹英社長はこう語っている「シリコンバレーのようにベンチャー企業によって新たな [続きを読む]
  • 鈴木敏文氏、異能の経営者が語る「ものの考え方」の極意
  • ■鈴木敏文氏、異能の経営者が語る「ものの考え方」の極意http://diamond.jp/articles/-/102771基本的には、「世の中の変化を見つめろ」ということ。それを僕の経験などから話しています。その上で、「今の自分がやっている仕事の延長でものを見てはいけない」と繰り返し伝えている。例えばセブン-イレブンは、「日本では小さな店は成り立つはずがない」と言われたが、実際にやってみたら、またたく間に伸びていき、今では社会イン [続きを読む]
  • 20160118 日経ビジネス
  • ■20160118 日経ビジネス■五郎丸歩 選手モチベーションアップの方法で共通することがあるとしたら、チームを好きになることではないでしょうか自分のチームを好きにならないと、力は湧いてきません企業もスポーツと同じで、所属する企業や組織を好きになれば、モチベーションは高まりますもちろんリーダーがしっかりしていないと下がブレます優れたリーダーはそれぞれスタイルは違っても、自分が何ができるかを分かっていますよね [続きを読む]
  • 20151005 日経ビジネス
  • ■20151005 日経ビジネス■鈴木敏文 セブン&アイ ホールディングス会長・CEO私はずっと、「変化対応」と言い続けている時代は変わるものだ戦争の前後で考え方も教育も大きく変わったということを実際に痛感したいい悪いはともかく、変化に対して自分たちも変わっていかなければ倒れてしまう企業も同じだ変わるのだから、過去と同じ考え方、同じ手法で通すことはできない30年経てば衰退していく企業は、世の中の変化に対応でしてい [続きを読む]
  • 20160111 日経ビジネス
  • ■日経ビジネス 20160111■パナソニックに買収され10万人いた社員のうち9万人強が離散した三洋電機元会長の野中ともよは、経営危機の中で自分たちの権益を守るために奔走していたサラリーマン集団を指してこう言った「沈みゆくタイタニック号の甲板で一生懸命デッキチェアを並べる人々」「国が助けてくれる」と安心しているシャープの社員や、不正会計に手を染めた東芝の社員も同じである大切なのは巨大な組織の中で、自分の居場所 [続きを読む]
  • インベスターZ 〜14巻
  • ■インベスターZ 〜14巻株はルールでやれ損は「し始めた時」よりも「より酷くなる時」の方が苦痛は少ないプロスペクト理論と呼ばれる行動経済学の理論の1つ過去はすべて忘れて今保有している株を改めて見る上がりそうもない株はさっさと売って現金にして他に投資する損切りは決して失敗ではないむしろ次の成功のためのチャンスと思え株は買うことより売ることのほうが重要なんだ株に限らず物事には出口戦略が絶対必要だよ投資の勉 [続きを読む]
  • 限界マンション 米山秀隆
  • ■限界マンション 米山秀隆 ■これまで、マンションという居住形態については、住まいの利便性が強調されてきた実は共同所有という形態であるための、もともと終末段階でその処理に誰も責任を持たなくなる事態が生じやすい特性を持っている■超高層マンションが登場した当初から問題視されてきたのは、維持修繕の問題である超高層では足場を組めずゴンドラでの補修が中心となるマンションはオフィスビルに比べ、バルコニーがあるな [続きを読む]
  • 池上彰の学べるニュース 社会人の基礎知識&一般常識編
  • ■池上彰の学べるニュース 社会人の基礎知識&一般常識編■日銀国の金融政策を担う機関であることからトップの人事には国が関与し、また、国民の意見を反映させる狙いから、衆議院と参議院の同意がないと総裁にはなれません日銀の仕事はなにか大きく分けて3つあります日本銀行券を発行する政府のお金を取り扱う「銀行の銀行」の役割をするこういう銀行のことを「中央銀行」といいます2つ目の業務は、政府のお金を取り扱うことよく [続きを読む]
  • マイナス金利税で凍りつく日本経済 副島隆彦
  • ■マイナス金利税で凍りつく日本経済 副島隆彦■民間銀行が日銀に新規に積む分の「政策金利残高」の10兆円は、銀行が手持ちの国債を売却して日銀の当座預金に積むとわマイナス金利(つまり、利子を取られる)ということですですから銀行は手持ちの国債を売却しなくなるはずです使い途がないですからそれでいて、黒田総裁は、「赤字国債はこれからも日銀がどんどん引き受ける」という姿勢を崩していないマイナス金利が上昇導入による [続きを読む]
  • 日本コカコーラの限界 泉秀一
  • ■日本コカコーラの限界 泉秀一コカコーライーストは13年に米社ザ・コカコーラカンパニー(tccc)主導の下、関東のボトラー4社が統合して誕生した複合体tcccから約3割の資本が入った(子会社を含む)業界で米本社のいいなりと揶揄される米国資本が少なく独立性を保っている「優等生ボトラー」のコカコーラウエスト今後、世界の飲料市場は健康志向がさらに高まると予測され、tcccにとって健康軸の商品開発は必須常に利益を増やさなけれ [続きを読む]