はは さん プロフィール

  •  
ははさん: 犬と猫
ハンドル名はは さん
ブログタイトル犬と猫
ブログURLhttp://nyanta-wanta.seesaa.net/
サイト紹介文犬や猫の病気の話や躾の奮闘日記
自由文犬と猫は親友のごとき存在です^^
さいごの時まで、共に支えあって
楽しく生きて行きたいものですU^^U(=^‥^)ノ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2008/09/22 22:24

はは さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 犬や猫の食事・栄養学は運動と連結で考えようかな?
  • 人間の栄養学は進んでいると思いますか?個人的にはまだまだだと思います。ということは犬や猫などのペットに関する栄養学は人間の栄養学以上に進んでいないのではないか?と思いました。ペットの飼育環境とペットフードの改良によって犬や猫の寿命は長くなりました。その点は間違いでは無いと思います。幼犬用のフード、アダルト用のフード、老犬用のフードで何が違うのでしょうか。というところから疑問を持つ人は多い?多くないの [続きを読む]
  • 猫のてんかん 発作? 脳腫瘍その他の病気か?
  • にゃ〜=^_^=18歳になる我が家の猫の鳴き方や行動が普段と違うなぁと思っていたところ、やはり何らかの脳障害的なものがあるようです。てんかん発作も脳障害の一つといわれています。さすがに18歳の猫さんに麻酔をかけてCTを撮るなどという事は考えていません。(いまのところ)2週間に一度程度だったてんかんのような症状↓バタッと倒れて痙攣(けいれん)とよだれが出て、手足を突っ張るこのような症状が約20秒から40秒くらいでしょう [続きを読む]
  • ペット処分ゼロ 東京都知事の公約に期待しながらも
  • 現東京都知事の小池氏が選挙公約に掲げた内容は大きく分けて3つでした。セーフシティ(もっと安心、もっと安全、もっと元気な首都・東京)ダイバーシティ(女性も、男性も、こどもも、シニアも、障がい者もいきいき生活できる、活躍できる都市・東京)スマートシティ(世界に開かれた、環境・金融先進都市・東京)この3つの公約の中の二番目にあるダイバーシティの公約の中に、「ペット殺処分ゼロ」を実現。とあります。犬と猫と人間が快 [続きを読む]
  • 犬や猫の多頭飼いって大変?
  • 犬や猫の多頭飼いをしていると「大変じゃないですかー?」と良く聞かれます。大変では無いといえば嘘になります。飼い方にもよりますね。犬だけなのか猫だけなのか、その両方なのかでも違うと思います。我が家の場合は家の中と小さい庭とベランダまで自由に行き来できるようにしています。犬も猫も敷地からは出られません。勿論です。けど、最初から庭に出られるようにしていた訳では無く、広いベランダもありませんでした。私が病 [続きを読む]
  • まだまだ元気・17歳になった猫と16歳になった犬
  • 16歳になった猫さまの記事から一年を過ぎたという事は17歳になったということであります。犬は16歳になりました。20歳過ぎの猫さんの話しを良く聞くようになりましたが我が家の猫も17歳にしてまだまだ犬弟達にトップの座を譲る事なく元気に過ごしております。パピヨンさんは、足が弱くなっていますが毎日お散歩の要求があるので別メニューでお散歩しています。お天気が良くて涼しい時間帯に太陽光を浴びて風を感じるのが彼にとって [続きを読む]
  • 猫のぬいぐるみ 癒しと犬と猫と
  • 人は精神的に落込んでいたり、または認知症などで混乱しているような時などに動物に触れる事で安心を得られると言われていますね。老人介護の場でも猫とか犬のぬいぐるみを抱いてもらったり、または本物の犬や猫と触れ合う機会を作ったりしているようです。何かと人のお役に立てる生き物と言われる犬や猫達。昨今の日本では犬や猫はもはやペットというよりも家族だと言われていますが、街の中では素族と言われているようには思えな [続きを読む]
  • 熊本地震
  • 4月14日から15日にかけて起こった九州熊本地方の地震によって、亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。また被災された方々に心からお見舞い申し上げます。(熊本地震後の国や自治体の対応など)今回の平成28年熊本地震は、過去にも大地震を引き起こした事がある断層がずれ動いた事で大きな被害が出ました。被災地(地域によりますが)では、東日本大震災で被災した経験がある方がさまざまな知恵を出して下さったようです。人間用の [続きを読む]
  • 老犬 てんかんの特徴のひとつ
  • 老犬になってから、てんかんを起こすという事例は多いのですね。たまたまこれまで私が飼って来たわんこ達にそういう症状が出なかっただけ。こんな事(老犬のてんかん)があるなんて、私は知りませんでした。ただ、てんかんの症状と心臓発作など複合的な症状が現れる場合もあるでしょうし、飼い主がてんかんをすっ飛ばして他の疾患だけに注視してしまうっていうような事がないように、さまざまな事例を知っておかねばらなりませんね。 [続きを読む]
  • 単純性膀胱炎(急性単純性膀胱炎)と尿結石
  • これまで、猫さんの膀胱炎(単純性ではないですが・ストルバイトによる)は経験があったので、膀胱炎だとか尿結石にもさまざまな種類がある事なども先生に教えていただく機会がございました。さて、1歳になったボー君が尿がチョロチョロとしか出ません。尿意を感じて尻を丸めて頑張っていますが、出ない。たまにちょこっと出るけれど、膀胱には多分尿が溜まってる状態だなぁって思いました。いきなり寒くなった事が原因?めだか鉢の水 [続きを読む]
  • 歩けない?倒れてしまうパピヨンさん。パテラ?てんかん?
  • パピヨンさんが良く転ぶようになった事は過去記事に書いておりますが、数週間前に全く歩けない日がありました。歩こうとしてもパタリと横に倒れてしまいます。(とうとう、この時がきたか・・・と。)病院に連れて行ってどうかなるかを考えました。随分前(12歳くらいだったでしょうか)動物病院でレントゲンを撮っていただいた時に、骨粗しょう症になっていると言われてからはずっと関節用サプリメントを飲ませています。チュアブルタ [続きを読む]
  • 年老いて・・犬も猫も人間も
  • 気が付くと、犬も猫も人間もみんな年を取っています。時間は経過し続けますね。止ってくれません。はっと気が付けば老犬、老人なのですよ(=^・・^=)加齢にゃ。我が家の猫さまは家の中の長(おさ)ですので、誰の指図も受け入れずw自由に家の中で過ごしてきました。トイレで用を足してくれさえすれば言う事無しです。(ここ最近、猫さまの問題行動が始まったのですが、その事については、そのうちにそーっと書いておきますニャ)犬に関し [続きを読む]
  • 過去の記事 …