とーたん さん プロフィール

  •  
とーたんさん: 離れて暮らす娘 紗礼へのラブレター 2.『誓』
ハンドル名とーたん さん
ブログタイトル離れて暮らす娘 紗礼へのラブレター 2.『誓』
ブログURLhttp://sakura20011019.blog21.fc2.com/
サイト紹介文生き別れた愛娘へのラヴレター日記です・・ ※BGM(日替り)を自動再生しております。
自由文2003年夏から愛娘と片親引き離しとなった 父から娘へのラヴレター(遺言)日記.
我が子(家族)と共に学び歩む事が出来なくなった今、親として伝えたかったこと、日々想い、目にしたコト、感じた事を書き遺しています・・。
成長がとまったままの愛娘を連れて娘が生まれ育った吉祥寺や深大寺をカメラ片手に散歩していますデス・・・。
※ BGMが自動再生されます。ページを開く前にPCのボリュームをOffにされる事をお勧めします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供226回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2008/09/24 20:26

とーたん さんのブログ記事

  • 再開発地区の朝焼け・・
  • お台場から地道で現場移動・・再開発地区の中、朝焼けを浴びる。紗礼さん おはようございます。*7/19の日記ですが、1ヶ月前の日記を更新中の為FC2利用規約である広告を非表示にする為、更新日を変えています。(後日、本来の日付"19日"を戻します。)*Background Song* Alicia Keys "Empire State Of Mind. Part II (Broken Down)" > Jay-Z ft. Alicia Keys "Empire State Of Mind" (Original) > Jay-Z ft. Bridget Kelly [続きを読む]
  • 帰路 - ROUTE 20 -
  • もうひと踏ん張り・・後うも少し・・・。紗礼さん あまり夜更かししちゃだめだよ。Background Song* Crystal Bowersox "Farmer's Daughter"* Alicia Keys "Empire State Of Mind. Part II (Broken Down)" > Jay-Z ft. Alicia Keys "Empire State Of Mind" (Original) > Jay-Z ft. Bridget Kelly [続きを読む]
  • 雷雨の後の夕空。
  • 朝陽も浴びれた朝は静かに曇り空にお昼から豪雨窓がない密閉された屋内で仕事をしている間入り時間を大幅に遅れて入って来た人たちは口を揃えて街にロックアイスが落ちて来たと・・。23区は多摩大雨洪水警報、雹が約10分間降り続け積もった地域もあったとか嵐の様な暴風になったところもあったらしい。夕方、屋内仕事から現場にと表へでてみると日暮れ空の中、蝉の合唱が季節を感じさせてくれていますきみが暮らす町はどんな夕空色な [続きを読む]
  • メンタル・・。
  • 海の日、朝の豪雨は1時間ほどで上がり徐々に天気は回復お昼には猛暑日となり青空に積乱雲など浮かび夏真っ盛りただし異常な蒸し暑さ・・空の色は安定しなかったけれどが晴。三半規管がおかしい・・そして左右の視覚バランスもおかしい・・と思っていたら急に足の感覚がなくなって倒れてしまった立ちくらみとは違う感覚意識が遠退く感じでもなかったその瞬間を見た現場の人たち曰く、全身の力が抜けガクンとその場に崩れ落ちたと。おそら [続きを読む]
  • 朝の水しぶき。
  • 出掛ける用意をしていると表から水しぶきのオト。朝7時前、東から(北東の風)が移動してきたらしいどうやら移動型のゲリラ豪雨らしい紗礼さんが暮らす町はどうなのかな・・紗礼さん おはようございます。今日は海の日、朝から出掛ける予定はあったのかな・・Background Song* Michael Bolton "Fathers & Daughters"* Brad Paisley ft. Alison Krauss "Whiskey Lullaby"* Disturbed "The Sound Of Silence" > Simon & Garfunkel [続きを読む]
  • 連休の朝んぽ - Inokashira Park in Kichijōji -
  • 現場の緊張感から解かれての眠気もあるのかもしれないけれど精神が情けないぐらいに粉々になってしまっている片親引き離しのあの日付を過ぎ、気持ちは切り替わる筈だったのに・・プライベートタイムは完全に引き籠もっている日々、情けないです・・帰り道に悩んだ末、ちょっと無理してでも朝んぽしてみよう・・爽やかな朝んぽと言いたいところだけどジリジリと日焼けしているのがわかる。体を真っ赤にして汗を吹き出し朝のジョギングをし [続きを読む]
  • 連休の朝 - GINZA -
  • 深夜とはいえ連休中の銀座が現場では難しいかなと思っていたら・・意外と人通りはなく、平日と何ら変わらず現場は順調に進行した。無風の夜が明けだし現場は終了 撤収作業を終え周りを見渡すと銀座の街に少しずつ人の姿が増え出しますいかにも始発電車待ちだったであろう人たちだけではなく、これから一日がスタート、そんな人たちの姿も見える・・高価そうな自転車で晴海通りを滑走する姿も目立ちます夏の連休中とはいえちょっと早く [続きを読む]
  • 夏ボーシ 〜連休〜
  • オレンジに染まる朝空から真っ青な空たまに見掛けるちいさく薄い姿のはぐれ雲風は爽やかなはずなんだけれどあつい あつすぎます〜女子高生にとって帽子ってダサいのかな白系ロングスカートに波打つつばのハットを被る清楚な女子高生たまにそんな姿を見掛けると父親目線で胸がキュンとするとーたん日傘までいっちゃうととーたん的には別世界。とーたん世代はダサくて好きじゃなかった麦わら帽子も今は流行りの様で色んな天然の草を [続きを読む]
  • 夏の妄想 〜 夕立 〜
  • さっきまで快晴だったのにふ〜〜〜 っと・・甘い匂いの風が通り過ぎると遠くで雷のオト・・紗礼さんととーたんは顔を見合わせ "来るね・・"って街中を抜け家に帰ろうと早歩きになるちいさな路面店界の通りを抜け長いルーフ付き商店街も抜けていくそこは商店街の始まりを塞ぐように空を見上げる人で埋め尽くされているそこからはすでにどしゃ降りのアスファルト出入り口を塞いでいる人が除けるとその隙間の先からスーツバッグを頭に載せ [続きを読む]
  • きみがいないスタート
  • きみの居ないおさんぽ公園猛暑日が続きますカラダに気をつかうんだよBackground Song* Miley Cyrus ft. Billy Ray Cyrus "Butterfly Fly Away"* 玉置浩二 "メロディー "* Reba McIntire with Kenny Chesney "Every Other Weekend"* Ben Folds "Still Fighting It"* James Blunt "Goodbye My Lover"* Michael Bolton "Fathers & Daughters"* Brad Paisley ft. Alison Krauss "Whiskey Lullaby" [続きを読む]
  • 真夜中の破壊 〜幼児児童心理的成長阻害/洗脳虐待〜
  • 一晩中 紗礼さんは泣き叫んでいたのに誰もきみの心に耳を傾けられなかった誰もきみの心を助けなかった紗礼さんと一緒にいれた最後の日、7月4日まで0日紗礼さんを連れ去られ引き裂かれた日、7月9日まで0日Background Song* Ciara "I Got You"* Beyoncé "Daddy"* Miley Cyrus ft. Billy Ray Cyrus "Butterfly Fly Away"* 玉置浩二 "メロディー "* Reba McIntire with Kenny Chesney "Every Other Weekend"* Ben Folds "Still [続きを読む]
  • 誓いと約束。 - Countdown to Zero -
  • イシザキくんに旭川空港まで送ってもらう(元)奥さんに言いたい事(現実)をちゃんと伝える期限を決めず休憩を取る事など・・それを伝え旭川発 羽田行き 最終便に乗った離陸し旋回する上空から"いつか"戻って来るから・・?そう旭川美瑛の夜景を眺め思いながらもこの田舎町を裏切るような思いにかられた・・東京へ帰るというよりも向かう気持ちの方が大きかったかもしれない飛行機の中での事は今となってはもうほとんど記憶はないただ信じ [続きを読む]
  • 何も知らず 何も知らされず無様な姿・・ - Countdown to Zero -
  • 2005.07.02.17:32最初に目覚めた場所はたしか北西の丘だったと思う夜が明ける空間が閉じた瞼をとおして感じ眠りから覚めるどうあがいてもママの希望通りに事が進まない状況ただ ただ 己の力なさを追い詰める自責を負う事でいっぱいだった目の周りは腫れぼったく泪の跡でばりばりになっていた壊れていたとーたんがいた既に限界を越し破壊してしまっていたとーたんに気がつくかしわ園へ・・しばらく大雪から伝わる夜明けを身体で受けま [続きを読む]
  • 生まれ育った町で最後の夜 〜カウントダウン〜
  • 今日という日今の刻きっと紗礼さんは眠っていたはず最後の夜生まれ育った土地紗礼さんにとって最後の夜となったどんな夢を見ていたのだろうどうしてもママの思い道りに準備が進まないとーたんの限界を越していた己の無力さに腹立ちを越え情けなさを越え・・ただ ただ家族の声 匂いを感じたかったすこしでいい 休みが欲しかった一度東京に帰りたい・・そのひと言の電話さえ掛けれないとーたんがいた・・−家庭崩壊前日−2003.7.89:45〜 [続きを読む]
  • 14年前と2017年の今日 〜 カウントダウン 〜
  • 2003年の今日いつもの丘の駐車場で目が覚めた思い付く限りもうやるだけの事はやったあとは横切ろうとするチャンスと偶然を見逃さず掴み取るしかないんだと・・このまま手ぶらでは帰れないと・・現実は途方に暮れながらもママの希望をとーたんの心にしっかりと打ちつける今日だったろうかたまたま目にしたガラス工房の看板に誘われたこちらも内地からの移住家族だったママの好みはないかなと暫く品定めして手にしたそれはその年のまだ暑 [続きを読む]
  • 七夕の夜 〜 カウントダウン 〜
  • 現場からの帰り道車窓からの夜空は何年振りかの青い夜空車を寄せるべきか・・踏み込みたいアクセルを抑え家路へ井の頭池も入れ込んで写真をと考えたけれどどうも天の川の方向が違うきみが生まれ育った住宅街をウロウロ・・よし撮るぞとレンズの向きを合わせていると・・西から雲が押寄せて来たあの年きみが眠っていた住宅街を3時間もうすぐ七夕の夜が明けますこれが限界でした。2003年の今日とーたんはひとり丘の上に停めた車の中に [続きを読む]
  • 夕風に靡く祈り - Glass Wind Chime "Edo Fūrin" & Tanabata "Tanzaku" at Jindaiji - (改訂)
  • - Sound of summer and Kiriko lanternsand and Wish Upon a Star Festival at Jindaiji -夕刻の静かな深大寺にふ〜・・と夕風が流れて来ました祈りはあるのかな・・どんな願いがあるのかな・・きみのココロに窓があるならそっと覗いてみたいョ・・紗礼さん 元気かい・・今年の深大寺参道はまだ笹飾りをしていない・・鬼燈まつりとかさねていたのかな・・・*6日と7日の画像からBackground Song* 玉置浩二 "カリント工場の煙突の上に" 安全地帯 L [続きを読む]
  • 町と土地 そして・・ 〜カウントダウン〜
  • 2005.07.03.14:37移住者歓迎でも受入れの現状は・・2004.07.25.14:09幼児の受け入れは追いつかず・・驚く人数の待機状態には予想外だった2005.06.30.16:09とーたんのお気に入りだった小学校3校を町役場で聞くと2校は来年廃校なんです・・とその通り翌春から順次休校、実質廃校へとなってしまった・・2003.10.02.11:52あまりに広すぎました今は池も埋め立てられ手作りハウスを連戸させた素晴らしい個人宿となっているらしい2004.07.23.14:26 [続きを読む]
  • 信じ捧ぐ誓い 〜きみからのメール・カウントダウン〜
  • 2003年北海道に来ていてくれた時も夜はぐっすり眠ってくれていたね車での移動の毎日、疲れさせていたねそれでもいつもニコニコしていてくれた紗礼さんきみたちが帰ってとーたんはまた車泊に戻った北海道から帰った晩、慣れたお家で安心してまたぐっすりと眠っていたかなそんな日付が変わりきっとまだ優しい寝息だった筈の時刻夜が明けるよ・・って鳥の囀りでとーたんは目が覚める真っ赤に染まりだす朝焼けを背に神の庭大雪がシルエッ [続きを読む]
  • 夜明け前。
  • 2003年の今の時刻紗礼さんは慣れたベッドで可愛い寝息をたてていたんだろうねその14年後台風は逸れたのかな大雨警報が解かれ無風の夜空に星が見えますBackground Song* 安全地帯 "地平線を見て育ちました。"* 玉置浩二 "カリント工場の煙突の上に" 安全地帯 Live ver. > 玉置浩二ショー ver.* Florida Georgia Line "Dirt"* 安全地帯 "あのとき・・・・・・" [続きを読む]
  • 雨。 〜 季節もの 〜
  • 駅を背にしトコトコと南下もともと三鷹駅界隈を歩く事がなかったとーたん家族が出来ても3,4回程度しか歩く事はなかったと記憶しますあれから独りになってたまたま見つけたリーズナブルなスーパー税金がどれだけ上昇しようとも税込100g 100-以内を目標に。久し振りに入ったそのスーパーは甘ーい匂いでイッパイになっている桃やスイカといった季節果物がリーズナブルな価格で並べられていたでも手には取らなかったあの年、きみたちの [続きを読む]
  • あの日のきみに 「おかえり」 - Home station MITAKA -
  • 〜2003年の今日と2017年の今日へ〜きみたちを見送り美瑛の丘陵を走ってみるママからの課題ではなく車をただ無意味に波状丘陵の中をゆっくりと走らせた木々を残す丘波も木々を伐採し新たに植樹した丘波を見渡せる場所も2003.07.05.05:11羽田からのママの電話はたしか3時近くその時とーたんは上富のダウンヒルのテッペンにいた今で言う通称ジェットコースターの道で車をとめていた2005.07.03.15:08起点でもある場所はとーたんのお気 [続きを読む]
  • 誓い… 最後の夜 〜カウントダウン〜
  • 14年前・・きみたちの寝顔を見ていたとーたんがいましたきみたちの寝顔に独り誓っていためでたいとーたんがいた・・がんばんなきゃ・・ぜったい 守ってみせるっ足らぬ夫でごめんね、足らぬ父でごめんねがんばるからねもっともっともっと もっと歯を食い縛ってがんばるから・・そんな幼稚な言葉を真剣に心へ叩きつけていた2003.10.01.03:19 (同じホテル、同室。)なかなか寝付けなく、きみたちの寝顔に何度も何度も心に誓っていたとーた [続きを読む]
  • あなたに聞いた・・・ 〜カウントダウン・ふえないアルバム〜
  • 2005.07.01.11:53貴女はとーたんの不安を圧制しとおした2005.07.03.11:58とーたんもこんな土地で紗礼を育てられるのであればと2005.07.02.12:37貴女にとってもそれが良い選択であり目標になるのならば一度家族を破壊させてきた貴女大きな罪を犯してきた貴女の再出発になるのならば2003.07.01.12:35とーたんも一緒にその罪を背負いたいとーたんも一緒に歩いて生きたいとーたんは貴女の味方だから2005.07.03.12:22マイルドセブンの丘 [続きを読む]