seiji さん プロフィール

  •  
seijiさん: 繁盛店創りの会
ハンドル名seiji さん
ブログタイトル繁盛店創りの会
ブログURLhttp://bokusa.seesaa.net/
サイト紹介文脱サラをお考えの方の手助けします。繁盛店を創るため日々の奮闘ぶりをかいています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供143回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2008/09/27 11:40

seiji さんのブログ記事

  • 焼き鳥屋という仕事に、そして自分のお店に誇りをもて。
  • お金のことばかり気にして働いている奴は、俺は嫌いや。こんな給料やから、これぐらい働いとこうとか給料安いから、やってられんわ。なんていう奴は、何のために飲食業界におるんやろか?生活していくためには、当然お金は大切や。そやけど、今もらっている給料というのは自分の実力やと思うこと。自分で商売する場合、給料なんか出ることはない。自分で稼がないといけない。自分の実力がないと、お金なんか入ってこんのやで。ただ [続きを読む]
  • 山中選手が負けました……残念です。
  • 今日は焼き鳥屋さんには全然関係ないお話しですが読んで下さい。僕は昔ボクシング経験者でボクシングトレーナーもしていました。いまだにボクシングが好きで、世界タイトルマッチは、いつも録画して見ている。今回は山中慎介のV13がかかった試合や。絶対にKOで勝つと思ってた。しかし、4RTKO負けしてしまった。連打はされていたけど、それほどクリーンヒットもないようにも見えたけどトレーナーがタオルを投入して負けてしまった。 [続きを読む]
  • 鳥羽旅行中に雨が降らないように祈ったら雨がやんだ〓〓
  • 15日、16日は鳥羽に家族旅行に行った。僕と、嫁さんと、娘2人と、孫2人で行ってきた。しかし、行きの電車の中にいるときに雨が降ってきたんです。これは、あかん。その時に、西川きよしさんは雨をやます力があるという話が出てきたので、僕も「雨やむように祈ってみるわ」そう言って祈ってみた。腹に力入れて、拳を握りしめて祈ったら、いきなり雨が止んだので「みんなが、すごい」と驚いていた。しかし、次の日は確実に雨が降ると [続きを読む]
  • 来年は、アルバイトが欲しい。
  • 今年は、人員不足というのは、あまりなかった。しかし、来年には2人のアルバイトの子が学校の卒業、就職ということでやめる。せっかく、よく仕事ができるようになったのにやめてしまうのは、辛いですね。今のアルバイトの子たちは、来年の2月くらいにはやめてしまうので、年末前にはアルバイトが必要や。女性焼き師(女将店長)の募集とアルバイトの募集働いてくれる人がいたら連絡下さい。TEL 072-685-7708  前田までお願いします [続きを読む]
  • 初めてのお盆休みは家族旅行や
  • 今年は、まことやで初めてお盆休みを取る。飲食業に入って、お盆休みなんてとったことがなかったように思う。今年は、孫もつれて三重県の鳥羽に行く。しかし、雨男の俺が何か行動すると雨が降る。旅行出発の16日、17日は、あいにくの雨……そやけど、明日から1泊2日、のんびりと温泉に入ってゆっくりしよう。毎日、気合い入れて仕事やりすぎやから、この3日間は、思いっきり気を抜いておこう。 [続きを読む]
  • 1日、1時間、1分、1秒を大切に考える。
  • 僕は、毎日を非常に大切に生きようとしている。ほんの1秒だって無駄にしないように考えている。歩くときの1歩でさえ大切だと考える。何故、そう考えるようになったのか?それは、妻がガンになった時、そして自分がガンになった時に死ぬことを覚悟した。そやけど、生きている。そやから生きていることに感謝して、時間を大事に過ごしている。人は、いつどうなるのかわからん。生きている時間を大切にせんとあかん。「若いから、十分 [続きを読む]
  • 経営者の仕事は、人を育て店を育てること。しかし……
  • ある経営者の方から相談を受けました。やる気のない従業員がいるけど、どうしたらやる気をだしてもらえるのか…?なんていう質問ですが、人を育てるといっても、やる気のない奴は所詮育ちませんよ。素直で謙虚じゃない奴は育たない。無理やり教育したって、結局は時間の無駄になる。従業員教育は難しいと悩む経営者や、店長は多い。僕も若い頃には、やる気のない人を教育しようとしたが上手くいかない。今考えれば、そんなことは無 [続きを読む]
  • やる気は、どこから来るのか?
  • 人はやる気という言葉をよく使う。そのやる気がでるきっかけとなるものは、やはり、自分の目標があるからやる気がでるんです。高い目標があれば、どんなことにも負けない。自分に負けずやる気がでる。「あの会社にいたら、やる気がでないよ」とか「あの上司の元じゃ…」などと甘えた人は、なにかと理由をつけてやる気をなくす。やる気のない人は、ただ自分に目標がないだけなんです。目標のない人は、会社のぬるま湯につかり、責任 [続きを読む]
  • 肝の焼き方を練習してみよう。
  • こんにちは鶏仙人です。相変わらずオレンジ色の服を着ています。今日は、鶏の肝の焼き方を練習しましょう。肝の焼き方が難しいから、教えてほしいという人が多いのでブログで書きます。まことやでは、最近はこんな風に肝と肝の間に、ニラを挟んでいます。さっぱりして美味しくなりますよ。肝は、焼き過ぎるとパサパサになってしまって旨くない。しかし、レア過ぎると気持ち悪がる人もいる。なかなか焼き方が難しい。僕は、お客さん [続きを読む]
  • 勉強する時間を作る
  • 僕は、常に勉強を欠かさない。学生時代は、勉強が嫌いで何一つ覚えることができない男やった。そやけど、飲食業界に入ってからは勉強勉強の毎日や。自分は器用でもないし、あまり賢いとも思わない。そやけど、人一倍努力することは得意や。いいお店を作るには、すべて勉強や。字を書く勉強、POPを書く勉強、チラシの作り方の勉強キャッチコピーの勉強、マーケティングの勉強。料理の勉強など、そして情報誌を買って流行っている [続きを読む]
  • マニュアルは大事やけど、使い方を間違えたらあかん。
  • チェーン店で働くと、必ずマニュアルがある。接客マニュアルや、調理マニュアル。人を教育するには、欠かせないもんやと思う。料理も、未経験でもマニュアルがあればすぐに作れるようになるので便利やな。しかし、マニュアル通りにやっていてはすべてのものに個性がなくなる。お客さんの対応も、マニュアル通りではほんまに味気がないお店になってまう。マニュアルでは、「かしこまりました」「申し訳ございません」という言葉を教 [続きを読む]
  • 毎日お店のことを考える。
  • 毎日、お店のことを考える。それくらい真剣でないとお店は繁盛しない。今日は、僕もお店が定休日やけど明日の会員さんへのサービスのことを考えている。どんなサービスをすれば、お客さんに喜んでもらえるのか?いつも、そんなことで頭がいっぱいやな。ええ考えが浮かんだときは、ワクワクするな。お客さんが、どんな顔して喜んでくれるんか?そんなことを考えると嬉しくてワクワクするんやな。明日から8月や。新たな月が始まる。 [続きを読む]
  • POPを筆文字で書いている。
  • 僕は、POPを書くのに基本的に筆文字を書いています。僕自身、字を書くのは苦手で、ましてや筆文字なんてかけるわけはない。そう思っていたけど、10年前くらいに取引先の酒屋さんに筆文字を書くコツを教わったんです。それから、何度も何度もPOPで筆文字を書くようになりました。いまだに、字がうまいとは言えないけど、お客さんからは字に味があるなとほめられることが多い。何でも練習あるのみですね。上手い文字よりも、味のある [続きを読む]
  • 不安やから頑張る。
  • 商売をしていると、いつも不安がつきまとう。明日、もしお客さんがゼロやったら……なんて怖い。生活ができない…昔は、何度かこんなことを経験しているからその時のことを思いだすと「ぞっ」とする。その後、繁盛させることに成功しているので繁盛のプロセスというのを知っているのが強みや。それでも、毎日不安でいっぱい。その不安や恐怖があるからこそ必死になり頑張れる。商売って大変やな…そやけど楽しいな [続きを読む]
  • 理想のお店作りがなかなかできない…
  • なかなか自分が理想とするお店作りができない。俺が、人に甘いせいなんか…楽しく明るいお店には、人が集まってくる。明るく元気なお店作りを考えているが他人は、みんな自分と同じではない。しかし、このままではあかん。俺が厳しくならんと、ええお店にならんから。前田誠二は日々奮闘している。 [続きを読む]
  • ブログ始めて9年になる。
  • 僕も、このブログを始めて9年になる。よくも、まぁ9年間も続けてきたもんやな。自分でもそう思うな。続けること、これは僕が一番大事にしていることだ。これから、どんどん年を取っていくがずっと続けていきたいな。そう思っている。これからも、日記書いていきますので楽しんで読んで下さいね。 [続きを読む]
  • 入院中の患者さんに、僕の焼き鳥を届けたい。
  • 僕は、まことやの焼き鳥を入院中の患者さんに食べてもらいたいという思いを持っている。何故そんなことを考えているのかと言いますと、僕がガンで入院していたころに、手術前日に知人が、僕の行きつけの焼き鳥屋さんの焼き鳥をお見舞いに持ってきてくれたんです。あの時の感動と、あの時の焼き鳥の旨さが忘れられない。次の日の手術の不安も吹き飛び元気になった。入院している患者さんは、非常に辛い気持ちでいる。ときに不安で暗 [続きを読む]
  • ボクシングジムがしたいという夢がある。
  • 僕は、焼き鳥屋以外にボクシングジムをやりたいという夢がある。ボクシングジムと言っても、世界チャンピオンを育てるようなジムではなくていじめに合っている人や、登校拒否児童などにボクシングを通じて精神面の強さを養ってもらいたいという思いでジムをやりたい。そんなことを考えたりしています。ボクシングが好きで、今でもベランダで腕立て伏せやシャドーボクシングもしています。時間があれば、ボクシングジムにも通いたい [続きを読む]
  • 有言実行
  • 有言実行という言葉、みんな聞いたことあるでしょ。言葉に出したことを絶対実行すること。無言実行という言葉もある。、これは、誰にも伝えずに実行できる人だ。これが出来ればかなり自分に厳しくて強い人間や。無言だから、自分がやらなければ誰にもわからないわけでいくらでも逃げ道は作れる。しかし、心の中でだけ思っていることを実行するんやから凄いな!一番あかんのが、有言不実行や。人に言うたことも出来へんやつは一番あ [続きを読む]
  • 鶏の刺身をお断わりする理由
  • 僕のお店では、鶏の刺身をお断わりしています。焼き鳥屋といえば、鶏の刺身を売りにしているところが多い。しかし、鶏は保健所から生で出してはいけないと言われている。新鮮だから安全だと勘違いしている人が多いので危険だ。鶏にはカンピロバクター菌というのがいる。生の場合は食中毒になる確率が高い。カンピロバクター食中毒になると、今度は筋肉が衰える病気でギビランバレー症候群が発症してしまうことがある。実際に、僕の [続きを読む]
  • 科学で作るお酒「獺祭」には杜氏がいない。
  • 今、超売れているお酒と言えば、獺祭というお酒。今日、がっちりマンデーという番組で獺祭について放映。そこには、信じられない光景があった。美味しいお酒は、杜氏が心を込めて作るものと思われていた。しかし、獺祭には杜氏がいない。科学的に、データをもとに作られている。酒蔵といえば、なんか古い建物を想像していたがすごく近代的な建物の中で作られているんです。これも、時代の流れなのかなぁ [続きを読む]
  • 自分の人生というものをしっかり考える
  • 自分の人生は、しっかりと考えないといけない。意志の強い人は、行動が違う。中途半端な考え方で商売しても失敗することは間違いない。昨日は、修業の人にそんな話をしていた。人は、甘くすると相手を舐めてくる傾向にあるんです。誰でもそうなんです。そうすると、どんどん自分のわがままな部分や悪い性格を出してくるんです。僕は、そこから教育する。どんどん僕は、厳しくなってくる。時間はかかるが、これからが本番や。鬼にな [続きを読む]
  • 和歌山産、朝引き鶏に惚れ込んでいます。
  • まことやでは、和歌山産の朝引き鶏を毎日仕入れています。今まで食べて来た鶏の中では、一番美味いと感じる鶏です。お客さんも、美味いと言って喜んでくれています。ほんまに、素材がええというのは大切やなぁつくづくそう思う。焼くことに自信があったとしても、素材がよくないと上手く焼けないこともある。自分自身が惚れ込んだ鶏だからこそ、自信をもって焼けてお客さんに提供できる。これから焼き鳥屋開業を目指す方は、自分が [続きを読む]