seiji さん プロフィール

  •  
seijiさん: 繁盛店創りの会
ハンドル名seiji さん
ブログタイトル繁盛店創りの会
ブログURLhttp://bokusa.seesaa.net/
サイト紹介文脱サラをお考えの方の手助けします。繁盛店を創るため日々の奮闘ぶりをかいています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供113回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2008/09/27 11:40

seiji さんのブログ記事

  • 昨日、前にアルバイトしていた男の子が就職が決まったと報告に来た。
  • 昨日、前にまことやでアルバイトしていた男の子が就職が決まったと報告しに来てくれた。まことやでは、3年くらいアルバイトしていた子がニュースゼロのADとして働くらしい。現在は、横浜に住んでいるようです。就職が決まるまでは、地元の綾部というところでアルバイトしたそうです。その子が、こんなことを言っていた。「まことやで働いたおかげで、よそで働いても楽に感じました」それくらい、まことやでは、厳しくそして優しく [続きを読む]
  • 鶏の皮が人気あります。
  • まことやでは、鶏の皮焼きが人気です。写真を見てもわかるように、少々他の焼き鳥屋とは違う刺し方をしています。クルッと巻くように串に刺すことで、外は「カリッ」中は「ジュワー」という感じに焼きあがります。焼くときも、ジックリと30分〜1時間近くかけて焼くので非常に時間がかかります。この皮が人気抜群です。僕の元で修行した人は、この刺し方をしています。 [続きを読む]
  • お料理の値段の決め方は自由
  • お料理の値段のつけ方を、あなたはどんなふうにつけていますか?僕は、一昔前までは仕入れから原価率を考えて値段をつけていました。しかし、これをしてしまうと、すべて同じ値打ちの商品になってしまう。お客さんから見ても、あまり面白くないお店になってしまっている。原価率は20%の商品もあれば、30%や50%の商品もあるお店は、なんとなく面白い時には60%〜70%の商品もあってもええんやないかと思いますね。そこで、今では僕は [続きを読む]
  • イチローさんや、カズさんを見て思うこと。
  • 最近カズさんが50歳になった。しかし、現役で頑張っている。イチローさんも現在43歳で50歳までは、現役でやりたいといっている。そんな2人を見て思うことは、「自分も頑張らなあかん」ということ。あんな激しく動くスポーツでも、そんな年までやれる。僕は、今年57歳になるけど身体年齢は20歳代と思っている。焼き鳥なら、焼き師として一生現役でやっていけると感じる。僕が若いころアルバイトしていた居酒屋の大将は70歳超えても [続きを読む]
  • 久々に来てくれたお客さん
  • 最近久々に、来てくれたお客さんがいた。僕は、「久しぶりですね」と声をかけた。そのお客さんは、「お店を改装されてから、お客さんがいっぱいで来にくくなった」と言っていた。前の雰囲気がよかったんですね。しかし、久々に来てくれて、ほんまに嬉しく思う。これで、また来てくれるようになったら嬉しいな [続きを読む]
  • 暇な店の特徴と改善
  • 暇なお店は、玄関先でやる気を感じないということは前にも言いました。暇なお店の前を通ると、店主がいつも自分のお店に設置しているテレビを見ていたりマンガの本を読んでいたりしている。ひどい時などは、お店の中で寝そべっている店員がいるお店を見たこともある。そのお店は、なくなりましたが……これでは、外からお客さんがのぞいたときに中には入ろうとは思わないでしょ。お店が暇になると、出勤時間も遅くなりお店はシャッ [続きを読む]
  • 食材と、人件費のコントロールが難しい。
  • 食材、人件費というのはお店の利益を大きく左右する。今日は、お店は忙しくないと予測しているとお客さんが多くて売り切れを多く出してしまう。その逆で、食材を多く取り過ぎたけど、お客さんが少なくて余る。人件費も同じで忙しいと予測して、暇だったら人件費だけが、増えてしまう。暇だと思って、人件費を抑えようとすればお客さんが多くて混乱してしまいいいサービスができなくて、お客さんを逃してしまう。こんなことってよく [続きを読む]
  • バイトルでアルバイト募集の掲載がスタートしました。
  • 昨日から、バイトルでアルバイト募集の掲載が始まりました。これから、新店オープンに向けて、どうしてもスタッフが必要なんです。もっと、もっといいお店、そしていい会社にしたいという思いがあります。仕込み専門でやってくれる人、夜の営業をお手伝いしてくれる人お待ちしています。アルバイトの応募はバイトルで確認してみて下さい。バイトルの掲載は3月20日まで まずはココを してから大阪⇒高槻市⇒まことやの順で検 [続きを読む]
  • お店のやる気は入口に出てくる。
  • お店の店主のやる気というのは、お店の入口に出てくると、僕はいつも言っている。やる気のないお店というのは玄関先を見れば、すぐにわかる。お店の前には、店主のオーラというのがでます。やる気がないオーナーのお店は、入口から元気のなさが見えてくるしやる気にみなぎっている店主のお店の前には、パワーを感じる。 [続きを読む]
  • 新看板設置してお客さんが増えた
  • 今週は、少々暖かい日が続きましたね。週末は、いつもよりお客さんも多くて大変でした。前に、苦情が出て外してしまったA型看板の代わりに入口に取り付けた新看板のせいか新規のお客さんが入るようになってきた。この看板の形が面白い感じで目立つのでいい。木の板を、ゆがめてつなぎ合わせたものや。暖かくなったのと新看板設置のおかげでお客さんも増えたな今日は少し寒いけど、あともうちょとで春やな。来週も予約が多いので、 [続きを読む]
  • 大将に会わんと元気がでえへんわ
  • この前、お客さんに「大将に会わんと元気がでえへんわ」って言われた。そのお客さんは、現在夜勤でうちのお店に来れない。この前は、久々に来てくれた。かなり疲れている感じで、眠たそうでした。そして、そんな嬉しいことを言ってくれました。僕の顔見ただけで、元気になってくれたらほんまに嬉しく思う。これからも、焼き鳥と笑顔でみんなを元気にしよう [続きを読む]
  • 最近足や腰が痛くなる…
  • 最近は、年のせいか運動不足か?足や、腰が痛むことがある。月曜日くらいから、またまた腰を痛めている。お店に行く途中で鶏を仕入れていくので、重くて疲れた。そやけど、昨日もお客さんに喜んで頂き腰の痛みも和らいだ感じや。と言いながら、今日も腰が少々痛い。ちょっとストレッチしよっ [続きを読む]
  • 飲食店の仕事は楽しいものですね。
  • 焼き鳥を焼いて、今年で30年になる。焼き鳥屋さんに勤めだした頃は、僕は包丁すら持ったことなくて不器用だった。だから、周りの人に負けたらあかん。腕を上げてみんなを追い抜いてやる。そんな気持ちだけで、毎日働いていたように思う。確かに、負けん気は自分を伸ばすのに大切なことと思うが、それだけやないしそんなことばかり考えて働いていても楽しくない。焼き鳥歴30年になった今では、ただただお客さんに喜んで頂くために自 [続きを読む]
  • 「元気になりました」と言われると嬉しいですね。
  • 昨日は祭日で、10時閉店やったけどちょっと遅れて入ってきたお客さんがいました。お一人で来られた常連の女性のお客さんでした。一人で来るのは、初めてなので「どうかしたのかな?」心配していました。営業時間を少し延長して食事をして頂きました。そのお客さんは、「癒されます」と言ってくれた。そして、帰るときには「なんか元気出ました」と言ってくれた。ほんまに嬉しい。「料理がおいしい」と言っていただくのも、当然嬉し [続きを読む]
  • お持ち帰りメニュー16:00〜17:00限定販売
  • 現在、まことやでは、お持ち帰りのメニューを時間限定で販売しています。晩ご飯の食卓に1品、お父さんのおつまみに1品いかがですか?現在、お持ち帰りに対応しているメニューは鶏天と、とりかわ大王です。鶏天は、5個 490円 10個 930円とりかわ大王は、100g 500円で販売しています。●時間は、16:00〜17:00の1時間のみ限定販売となります。※13:00〜15:00の間で必ず電話予約をお願い致します。         TEL 072−685−7 [続きを読む]
  • 焼いてるのが楽しそうや
  • 僕は、忙しくなるとリズムをとり、身体が自然に弾んでくる。お客さんからよく言われるのが、「焼いてるのが楽しそう」とか「ダンス踊ってるみたい」などと言われることが多い。ダンスは上手いかどうかはわからんけど、ボクシングしていたときは、フットワークが軽やかでリズム感があるボクサーと言われていました。だから、焼き場に多くオーダーが通ると、ほんまに楽しくてフットワークが軽くなってくる。塩の振り方にもリズムがで [続きを読む]
  • 行動することの大切さ
  • 行動すること。それが成功するためには一番大切や。とにかく行動しないと何も始まらんで暇やから言うて、お店でじっと待っててもあかん。何でもええやないか、自分が思ったことをどんどんやっていこうや。そうせな何にも始まらんやないか10回行動して、3回成功するくらいの考え方でええ。3割打者になったら大成功やで。 [続きを読む]
  • 焼きは一生とは、よう言うたもんや。
  • 焼きは一生とよく言う。焼き師というのは、いつでもどんな時でも最高の焼き鳥を提供せんといかん。焼きを極めるなんて、ほんまに難しい。一生、自分の焼き鳥に納得いくことはないやろうな。そう思う。ただ、毎日愛情いっぱいの焼き鳥を焼きたい。それだけやな [続きを読む]
  • ありがとうという言葉の大切さ
  • 人は、毎日の生活の中で、ついつい感謝を忘れがちやな。感謝の言葉に「ありがとう」という言葉がある。「ありがとう」という言葉を多く聞くと、いい気分になりますよね。周りの人に「ありがとう」を多くいうことにより、お店にいい空気が流れる。小さなことでも、相手がやってくれた行動に対して「ありがとう」といえば嬉しいもんやな。当然、お客さんに対しては「ありがとう」を多く言うことは当たり前に大事なことや。そういう気 [続きを読む]
  • 字なんて下手でもええやないか。
  • 字を書くのが苦手やから、手書きのメニューやPOPやチラシが書けない…なんて逃げている経営者の方、逃げていてもあきません。飲食店経営者なら、なんでもできるようになっておきましょう。小さなお店でやっているなら、なんでも自分でやらないと経費がかかりすぎます。メニュー作りから、POP作り、チラシ作りなんでも自分で作ってしまえば経費は少なくてすむ僕は、昔はすべてパソコンでメニューソフトを使い色々な販促物を作ってい [続きを読む]
  • とにかく継続や
  • 僕は、いつも継続、継続と言っている。飲食店って、本当に同じことの繰り返しなんです。1日の作業は、仕入れして仕込みして営業する。その中には掃除などもしないといけません。焼き鳥屋なら、毎日串打ちをします。この作業を継続できない経営者は、サボりだします。そして、どんどん業績が悪くなっていく。僕が今でも継続していることは、このブログであったり前もって、ご予約されたお客さんへのメッセージカードなどもあります [続きを読む]
  • 焼き鳥屋のアドバイザーを、何故やろうと思ったのか?
  • 焼き鳥屋のアドバイザーを、何故やろうと思ったのですか?なんていう質問を、メールで頂いたりするのですが、詳しくお話ししますと、プロフィールにも書いているように、40歳の時に焼き鳥居酒屋で独立を考えた。しかし、オープン15日くらい前に癌が見つかり、お店が出せなかった。半年くらいの闘病生活をして、完治して退院をしたけど就職先が見つからない。面接に行っても落ちるし、面接のために電話しても年齢を聞いただけで断ら [続きを読む]