坊主 さん プロフィール

  •  
坊主さん: 甲子大黒天本山のブログ
ハンドル名坊主 さん
ブログタイトル甲子大黒天本山のブログ
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/buddhist/
サイト紹介文ブログで仏教的な生き方を模索しています。日々、大切にしていきたいことを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供155回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2008/09/28 15:12

坊主 さんのブログ記事

  • 自分の世界を壊してこそ
  •  私達はそれぞれに様々な「幅」というものを持って生活しています。たとえば身体でいえばどこまで走られるのか、頭脳でいえばどこまで憶えられるのか、精神でいえばどこまで我慢できるのか、どこまで許せるのかなどです。さらに外界に目を向ければ交友関係や仕事の範囲など、すべてにおいて自分なりの「幅」というものを意識することができるのではないかと思います。この「幅」を無意識に設定しては、その一線を越えないようにし [続きを読む]
  • 新しい活力
  •  国会の喚問を見ていると、あの問題の真相を究明することが政治の使命なのか、日本を豊にすることにつながるのだろうかという素朴な疑問を抱きました。もっと解決しなければならない社会問題がたくさんあるなか、1日3億円の運営費をかけ国会で与野党がおそらく真剣に議論している姿には失望してしまいます。ワイドショーにネタを提供することも、お茶の間を楽しませるのも、政治の役割ではありません。  政治においては無駄 [続きを読む]
  • 求められる変化
  •  地元の温泉街を見て、変わるべき時には変わらなければならないと感じました。社会は激しく変化を続けています。また、自分も周囲も年々歳をとり変わっていきます。仏教には諸行無常という教えがありますが、万物はすべて変化するものであり、その変化を素直に受け入れていくこと、さらには変化のなかにあっても変わらない真理を求めていくことが大切だといわれています。変化を恐れず、変化から逃げず、変化を受けとめていかなけ [続きを読む]
  • 理不尽な理由
  •  仏教では生きることには苦しみが伴うと教えていますが、理不尽なこともあるものです。理不尽なことがあったときには、冷静になり理性で解決しようとするかもしれません。激しく波打つ感情を抑えることが解決策だと思うかもしれません。ですが、理不尽なことに客観的な事実や原因はなく、理性で理解できるものではありません。社会は明確な根拠や理屈では動いていないところが多分にあります。  生きていくためにはグレーな部 [続きを読む]
  • 全体の幸福
  •  マレーシアでは殺人罪が確定すると死刑なのだそうです。日本では考えられないことですが、世界には様々な思想や刑法があるようです。刑を厳しくすれば抑止力となり犯罪件数を減少させられるかもしれません。フィリピンでも麻薬撲滅のため超法規的処置を断行しています。これによって治安は向上しており国民からの支持も高いようです。中東にはいまだに鞭打ち刑があるそうですし、公開処刑がおこなわれている国もあるそうです。何 [続きを読む]
  • 日々を変えるということ
  •  ニュースを見ていると、そんなことなら最初から素直に謝っていればいいのにと思うことがあります。また、ひき逃げなどの事件でも、人としての義務を放棄して罪を重くするくらいなら、逃げないですぐに対応すれば良かったのにと思います。さらには受験前に後悔するくらいなら、もっと早くから勉強していれば良かったのに。肥満で病気に苦しむなら、もっと早くから節制していれば良かったのに。世の中には後悔を伴う「もっと早く」 [続きを読む]
  • 評価ということ
  •  また総会から思ったことですが、会員が固定している団体もあります。会員を選べないなかで義務を果たしてくれる人もいれば、権利ばかりを主張し不満と文句に埋もれている人もいます。考えさせられることは「一線」の引きかたです。入れ替えのない組織のなかで、協力していただくか、文句を言われるかは、私が決められることではありません。もちろん、理解いただけるよう最大限に努めますが、それでもなお評価されるかどうかは分 [続きを読む]
  • 緊張感も必要
  •  先週、新年度に先駆けてある総会を開催し無事に承認いただきました。参加するだけなら楽なのですが、事務局として運営を担当すると例年通りの総会であっても緊張するものです。参加者は会の約半数で、顔ぶれも同じですが、毎年ちゃんと会員の義務を果たしご参加いただけることに感謝しながら、さらに会を盛り上げるため頑張らなければと気持ちを新たにしました。  いくつになっても緊張感は必要だと感じました。緊張感を失う [続きを読む]
  • 親切をして不幸になる人
  •  人と接するときの態度について考えました。子供と接するときには「まだ子供だから」と侮っていないでしょうか。高齢者と接するときに「年寄りだから」と面倒がったり同情していないでしょうか。親切をするにしても、どのように心を込めるかが大切だと思うのです。相手を自分よりも下に見て親切をおこなっても、お互いのためになりません。  せっかくの親切も嫌々したり同情や傲慢な気持ちでしては意味がありません。そういっ [続きを読む]
  • 目がくらんでも
  •  宅配業界の問題が注目されていますが、今の日本はサービス過剰だと思っています。コンビニやファミレスは定休日なしの24時間営業があたりまえとなり、宅配便は田舎でも翌日には商品が届きます。こういったサービスがあたりまえと考えられるようになってきました。その裏ではドライバーの過重労働があった訳ですが、どれだけの人が届けてもらったドライバーさんに感謝していたでしょうか。クレームはあっても感謝のない仕事に充 [続きを読む]
  • 沈静化の時間
  •  時間が解決してくれることもあると思う出来事がありました。ある問題が浮上して参加者はそれぞれに自分の考えを熱く語り、人によっては相手を責め責任の追及もありました。結局、話し合いは解決せず持ち越されることになりました。それから10日ほどして、再び集まり話し合うことになりました。前回の延長戦かと思いきや、発言する人が少なく沈黙が続き、感情的なバトルはありませんでした。前回とはまったく違う雰囲気のなか、 [続きを読む]
  • 矛盾社会に思う
  •  地元の駐在所も4月から閉鎖されることになりました。近所の噂では残り1ヶ月となり急に取り締まりが厳しくなったそうで、一部地元民から非難されています。今までは一緒に生活する地元でシートベルトなどの交通違反を取り締まることに躊躇があったのに、いなくなるから最後に点数を稼ごうということなのでしょうか。そもそも事件も違反もないのが理想なのに、取り締まりのノルマを設定するのがおかしいと思います。また、駐在所 [続きを読む]
  • 問題の深刻化
  •  近年の特徴として何事も問題にしてしまう、深刻に考えてしまうということがあるように思います。些細なことでも、それは前兆であり放置できないとばかりに問題視してしまいます。小さなことを軽んじることはいけませんが、さりとて騒ぎ立てる必要もないと思います。問題を解決することと、問題だと騒ぎ立てることは違うのです。解決しないまま、かえって問題が大きく複雑になってしまっては意味がありません。また、そうなるよう [続きを読む]
  • 感情のコントロール
  •  大工のおじさんが、すぐに「分かりました」という奴に限って分かっていないと嘆いていました。本当に理解するためには試行錯誤が必要であり、失敗して質問して少しずつできるようになっていくものです。日々の生活には「つもり」が氾濫しているのかもしれません。分かっているつもり、できているつもり、関心のないつもり、などたくさんの「つもり」があります。大切なことはこの「つもり」に気づくということです。  「つも [続きを読む]
  • 新しい可能性
  •  今まで自分になかった選択肢に挑戦してみることも必要だと思っています。人は年齢と共に柔軟性がなくなり、生活も固定してしまいます。いつもなら選ばない服装、いつもなら食べない料理、いつもなら話さない人、そういったいつもとは違うことに挑戦することで新鮮な気持ちになれるかもしれません。自分らしさということも大事なのですが、自分の幅を広げられるよういくつになっても挑戦者である姿勢も堅持できればと思っています [続きを読む]
  • 新しいライフスタイル
  •  私は生活の満足度を高める心がけが必要だと思っています。慌ただしくストレスが蔓延している現代社会で暮らしているからこそ、定期的に自分の生活と向き合わなければなりません。満足度といったときバブルの頃であれば浪費することが満足と勘違いされていました。人生とは楽しむもの、そしてその楽しみとはお金を使うことで得られるものだと思われていた時代だったのかもしれません。  現在はバブルが崩壊し不景気のなかで新し [続きを読む]
  • 子供に負けないくらい
  •  無邪気な子供を見ていると、うらやましくなることがあります。悩みも問題もなく、ただ一日を自由に思いのままに過ごしているかのようです。大人になれば様々なものを背負うようになり、まさに徳川家康の言葉にある「人の一生は重荷を負うて、遠き道を行くがごとし・・・」という心境を理解できるようになります。誰もが楽しく生活したい、幸せになりたいと願いながらも、なかなかそうはならない現実と対峙させられます。  子 [続きを読む]
  • 見えなかった想い
  •  今年は暖冬から一転し大雪と戦うこと1ヶ月が過ぎました。降ってあたりまえの地域ではニュースなどで注目されることもなく、朝夕の除雪や雪下ろしなどを黙々とこなしています。すでに体は悲鳴をあげていますが、ようやく少し落ち着きそうです。雪と格闘しながら思うことは、もし移住するなら温暖な瀬戸内海のほうで暮らしたいということです。お金にも運動にもならない、それこそ疲労にしかならない雪から解放されれば、どれだけ [続きを読む]
  • 自分を育てる
  •  若者の集まりで少しばかり話しをする機会をいただきました。地域の活性化に取り組む大学生が聞いてくれるそうなので、そのような話しをしたいと思っています。学生さんは時間だけはたくさんあります。その時間の使い方によって、その後の人生が大きく違ってきます。勉強やアルバイトばかりではなく、地域に関わることも大切だと思っています。学生のボランティアといえば、大人にいいように使われている、お金にならない暇つぶし [続きを読む]
  • 不安定な時代に
  •  生きていくための安定に乏しい時代だと思います。仕事でいえば終身雇用は崩壊し、つねに倒産や解雇と隣り合わせです。それ以前に正社員になるのも大変です。家庭でいえば結婚があたりまえではなくなり、一昔前のライフスタイルも崩壊しています。精神的にもストレスが蔓延し、ストレスによる心の病や依存症そして人間関係の崩壊もあります。誰しも安定した生活を望みながらも、安定が遠ざかる社会で暮らしているようなものです。 [続きを読む]
  • 嫌われたくないから
  •  最近、文句を言われないような態度や行動に終始しているように思い反省しています。たとえば案内文では、なるべく読みやすい文面を心がけながら、相手が疑問に思うようなことは但し書きとして添えています。丁寧といえば、そうなのですが文句をつけられないようにという配慮でもあります。地域の作業を段取りする立場にもありますが、自分が納得できる作業ではなく、大きな目標に向けた作業でもなく、「まあ、やるだけのことはや [続きを読む]
  • 責任感に苦しむ
  •  責任感のある人は何でも抱え込みやすく、そのため長く続かなかったりダメになってしまうこともあります。心の病も責任感のある人がなりやすいそうですが、1人で抱え込んだり悩むことは良いことではありません。よく、そういう場合には周囲に相談したり、仕事を他者に任せればいいといわれますが、そういう環境にあれば誰も悩むことはありません。そうではないからこそ大変なのです。  誰しも限界というものがあります。普段 [続きを読む]
  • そもそもの前提
  •  アメリカの新しい大統領は次々に新しい政策を打ち出しては賛否の嵐を呼んでいるようです。今までは考えもしなかったようなこと、考えたとしても口に出せなかったようなこと、とても支持など得られず実行できなかったようなことを平然とやってのけます。国や企業のトップも大変だと思います。まさに予測不能と相対するようなものです。今までの価値観が通じずすべて最初からやっていかなければなりません。  このそもそもの前提 [続きを読む]
  • 弱さからはじまるもの
  •  たまたま目に入ったおくやみ欄に38歳と98歳の方が並んでいました。その差は60年です。誰しも長くおだやかに生きたいと思っていますが、生も死も自分ではどうしようもないところが人生の無常であり、思うようにならないところにも納得できるようになりたいと思うばかりです。自分の人生でありながら思うようにならないため、目をそらしたくもなりますが、そういうところにこそしっかりと目を向けなければならないと思ってい [続きを読む]
  • 呪縛からの解放
  •  相手の立場になってみてはじめて理解できることもあると実感できる機会をいただきました。それまでは勝手に物事を進めてしまう独断性が目立ち、また思慮が足りず良かれと思っても最終的には周囲に迷惑をかけているという印象がありました。ですが、その人と同じ立場に立つことによって独断性は必ず遂行するという決意、思慮不足は積極性と思えるようにもなりました。相手が変わったのではなく、私が変わったわけでもなく、ただ立 [続きを読む]