Soyumi☆ここにきて元気をチャージしてね♪ さん プロフィール

  •  
Soyumi☆ここにきて元気をチャージしてね♪さん: 一歩一歩
ハンドル名Soyumi☆ここにきて元気をチャージしてね♪ さん
ブログタイトル一歩一歩
ブログURLhttp://ameblo.jp/soyumi/
サイト紹介文みやざき地頭鶏専門店を営む女将の日記です。読んだ本から感じた事、伝えたい事を中心に書いています♪♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供247回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2008/09/30 23:54

Soyumi☆ここにきて元気をチャージしてね♪ さんのブログ記事

  • 高校見学会行ったけど、実は末娘とデートしたかっただけ♪
  • 黒木 素弓さん(@smilesoyumi)がシェアした投稿 - 2017 Jun 16 8:40pm PDT 末娘は、中学3年生。親としては、高校受験は4回目。(そのうち次女だけはエスカレーター式でしたので大した心配もありませんでしたが) 今日は、今年初めての高校見学会でした。私立の高校は、いろんな特色を濃く出していて魅力的ですね♪ 私としては、これで、高校受験に親として立ち会えるのも最後だなぁ、、、と、ちょっと感慨深く思っちゃ [続きを読む]
  • 生き方不器用
  • 周りのほとんどの人は、何もかも順調そうで羨ましかった。お金に困っている様子もないし、仕事で行き詰っている様子もない。健康そうで、家庭も円満で、友達も多い。 ただ私だけが、いつも困難な状況にある。。。どうして私だけが、こんなに生きづらくなるんだろう・・・何を引き寄せているんだろう・・・いやホント、私ってかなりの不器用。生き方不器用。 そう思うこと、よくありました。 我が家のカメラ女子 でもそれって [続きを読む]
  • リフォームしてみました!
  • もう4年目になるのかな、この亀ちゃんが来てから。鼻のところ、ケガしてます。多分、水槽から出入りするときに頭からドンっていっちゃうんでしょうね・・・昨日まで、ブロックと煉瓦で階段をつけてたから、、、 ということで、リフォームしました。スロープにしてみました!水槽内の煉瓦の踏み台?にも、タオルを巻いてみました。 これで、鼻のケガ治るかなぁ・・・ 清水克衛氏の逆のものさし講、申し [続きを読む]
  • 逆のものさし講
  • 今、全国各地で「逆のものさし講」という勉強会が行われているんだそうです。この「逆のものさし講」、読書のすすめの清水克衛店長が代表を務める勉強会で、ずっと気になっていたのですが、いよいよ私も申し込みしようと思っています。 「逆のものさし講」というのは、2ヶ月に1回、清水克衛氏と一緒に勉強会をしその他に、隔月で逆のものさし講選定本一冊と、逆のものさし講聴講生限定の小冊子をセットにして送ってきていた [続きを読む]
  • 理不尽な誹謗中傷の報いは
  • シムイはのろってこう言った。「出て行け、出て行け。血まみれの男、よこしまな者。(中略)今、おまえはわざわいに会うのだ。おまえは血まみれの男だから。」(旧約聖書サムエル記2−16章8節より) ダビデ王が、シムイという人に散々中傷されてます。罵声を浴びせるだけじゃなくて、石を投げたりちりをかけたりしてたんですって。 たしかにダビデは、部下の奥さんに横恋慕してその部下を最前線に送り、戦死させた人です。 [続きを読む]
  • 富の山
  • おそらく、手をかけずに、できれば頭脳だけでお金を儲けること、それだけが商売の目的であると考える人たちはこれからも族生するでしょう。そして拝金の風潮は一向になくならないまま、弱肉強食をよしとする流れが続いていくと思います。それは、人間の正しい営みとしての商いを、ひたすら退廃させていくだけの、赤さびた負の川の流れに私には見えます。その負の流れはやむを得ない現実の流れとしても、いったい商いの本質とは何 [続きを読む]
  • 人間関係に一番必要な能力
  • 人間関係で一番大事なのは、相手に対する「想像力」じゃあないかと、あたしは思うんです。 その人が何を思っているのか。どんなことが好きなのか。どうして笑ったり泣いたりしているのか。夫婦のようにお互いが向き合う生活となれば、どの場面においても必要となってくる能力でしょう。(桂文楽著『笑いはクスリ 桂文楽の落語人生相談』より) 笑いはクスリ 桂文楽の落語人生相談 Amazon そういえば昔、「愛」 [続きを読む]
  • 「まほう」って何?
  • 一般的には、この世界で、人々はしあわせより、不しあわせを選ぶような生き方をしています。なぜなら、わたしたちは、何世代にもわたって受け継がれてきた苦しみの産物にほかならないからです。そのせいで、無意識に、裕福さや自由や喜びに対して、自分の限界を決めてしまったり、「そんなの無理だよ」といったりするのです。ほんとうのところ、すべては手の届くところにあります。なのに、人生がいつでも与えようとしているおく [続きを読む]
  • 佐藤焼酎製造場の焼酎をいただきながら延岡の風を感じる会
  • 毎月1回、宮崎県の焼酎蔵の方と一緒に宮崎の本格焼酎を楽しむ会を企画開催しています。なんと6月で25回目。3年目に突入しました。今回は、延岡から112年の歴史を誇る「佐藤焼酎製造場」の4代目水江社長に来ていただくことになりました。佐藤焼酎製造場は、祝子(ほうり)川の下流に面しています。祝子川のせせらぎ、ホトトギスの声、カエルの鳴き声、そよぐ風・・・爽やかで非常に気持ちのいい場所にあります。蔵に入ると、た [続きを読む]
  • どうしても必要なこと
  • あれもこれも、やらなくちゃいけないことが山積していると気持ちにゆとりがなくなってつい、イライラして口調も荒くなる。 でもね、イエス様も言ってます。 どうしても必要なことはわずかです。いや、一つだけです・・・って。 やることがシンプルになると、その一つに向けるエネルギーは力を増すはずだから。どうしても必要なことを見分けられる力、養いたいですね。それには、日ごろから注意して物を見なければ [続きを読む]
  • ちっちゃい陰口なんて、平和なもんです
  • もう時効かな…と思うので、書きます。20年近く前まで、特別支援学校に勤めていました。そこを辞める時、送別会の折に豪華な壁掛けの造花をいただきました。image 大きくてとても綺麗だったけど、家に帰って即、捨てました。同僚が書いてくれた寄せ書きの色紙も一緒に捨てました。 その職場のことは、何一つ思い出したくなかった。児童はともかく、職場の同僚は誰一人、本当に誰一人、思い出したくなかった。 その [続きを読む]
  • 爽やかな気候の中で思いっきり楽しめた5月
  • おはようございます。歩きスマホは危ないのでやめましょう。でも私、歩き読書もかなり危ないと思っています。(←私のこと)さすがに自転車の運転をしながらの読書はできませんが、信号待ちではすかさず本を出します。自転車で、本に夢中になり青信号になったのに気付かず見送ってしまうことがあります。(昨日も)見ていた車の運転手、笑ったでしょうね、、、自分でも笑いますもん。 今まで、ひと月の読書量はほぼ10冊前後でし [続きを読む]
  • 愛は“お大切に”
  • 【愛と恋】愛と恋は別物。どなたかが、「『自分の相手は、トイレなんかには行かない』と思いたがるのが恋。トイレに行くい相手を見て、『お腹の具合でも悪いのかな』と気遣うのが愛」と書いておられました。またある方は、「恋は下心」と言われました。恋という漢字は下に「心」があるから・・・さらには、「『あなたのためなら死んでもいいわ!』というのが恋。『あなたのためなんかに死んでたまるものですか!』というところから始 [続きを読む]
  • 熱望するすべて
  • 真に宗教的な人は、もしも一神教思想の本質に従うならば、何かを願って祈ったりしないし、神にたいしていっさい何も求めない。子どもが父や母を愛するように神を愛したりはしない。そういう人は、自分の限界を知るだけの謙虚さを身につけており、自分が神について何一つ知らないということを承知している。そのような人にとって、神は、進化のもっと前の段階で、人間が自分たちの熱望するすべて、すなわち精神世界、愛、真実、正 [続きを読む]
  • 見えないけれどあるはずの可能性
  • 現代と昔を比べてみると、現代から多くのものを享受しているひとりとして、単純に「昔はよかった」とはまったく言えませんし思いません。しかし、メリット・デメリットを区別しながら冷静に考えてみると、昔の人は「わからない」「見えない」ものが多かった分、「未知のもの」に対する想像力、畏敬の念があり、その分私たちよりも“正確”に世界を見ていたのではないかと考えることがあります。私たちは自然科学や技術の発達の中 [続きを読む]
  • 自分の利益と他者の利益〜自分の幸せと他者の幸せ
  • 「自分の利益」と「他者の利益」は、一致しないことが多いと感じる人も多いと思いますが、じっくり考えると、はたしてそうでしょうか?他者にとって「うれしいこと」が自分にとっても「うれしいこと」であることが、丹念に探せばいくつも見つかるはずです。そしてその「うれしさ」は、とてもパワフルなうれしさです。たとえば美しい音楽を奏でる人がいて、その腕をさらに磨いたとしたら、その音楽を聴く人たちにも多くの“利益” [続きを読む]
  • そぎ落とす
  • 昨日の朝は珍しく疲れていて、2度寝しました。2度寝すると、高い確率で夢を見ますね。昨日も、夢を見ました。 夢の中で私は器物損壊と人身事故という大変な交通事故を起こしてしまうのですが、捜査に当たった警察官が、あまりにもイケメン過ぎて、本来ならシュンとしなくちゃいけないところ、なんだか心の中がウキウキ・・・という、実に不純な夢です。願望がバリバリ夢に出過ぎ(;´∀`) 100個チャレンジ A [続きを読む]
  • 毛がたくさん抜ける…
  • 1か月前から、長女が飼っていた犬を預かっています。ポメラニアンなので、長い毛がたくさん抜けておかげで毎日、拭き掃除してます床が、汚れているのか綺麗になっているのか、よくわかりません・・・ ポメラニアン、これです。宮崎はもう暑いので、毛を短くしてあげなければいけないなぁ〜と思っているところ。 5年ほど前に、夏バージョンでカットしてもらったのがこちら。柴っぽくてかわいいでしょ?これだと、ポメラ [続きを読む]
  • 補うより取り除く
  • 次女夫婦なんですけどね・・・彼女たちは美味しいものを食べに行くことが趣味の一つになっています。 でね、、、 ここ3年で、すごく太ったみたい。 先日、久しぶりに会った時は次女、背が低いのに太っちゃったもんだから何だかまん丸くなっちゃっててまるでうん、、、まだ可愛いと言えるギリギリの線。 しかし、このままの生活を続けていると、可愛いといえる線はあっという間にオーバーしちゃって取り返しの [続きを読む]
  • ついていい嘘
  • 最近、肩甲骨の辺りが痒くて痒くて・・・きっと天使の羽が生えてきている証拠だと自分で勝手に決めつけて、ウキウキした気分になっています♪♪ 先日、60歳前後とみられるお客さまから「女将さんは俺と同じくらいの歳だね」(断定口調)と言われました。 でもこれ、初めてではないんです。明らかに私より10歳くらい年上だと思えるお客さまから「女将さんは多分俺と同じ歳くらいだよね」と言われることが何度 [続きを読む]
  • 北海道・知床に思いを馳せて…
  • 今、宮崎山形屋で北海道物産展をしています。全然知らなかったんですけどね(;^ω^)5月9日から22日までやってるんですって。その物産展に出店しているというラーメン屋さんが昨夜、みやざき地頭鶏を食べに来てくださいました♪♪ ということで、今日のお昼は山形屋の北海道物産展に行ってきました♪これこれ。波飛沫・・・なみしぶきって読むんですって。知床のラーメン屋さんらしいです。ホームページはこちら→波飛沫(なみ [続きを読む]
  • 新しい時代
  • 人類は苦しみから得る教訓こそ、神への道だと思い込んできた。新しい時代の夜明け、人々は新しい教訓を知るべきである:喜びこそ、神への道。(エンリケ・バリオス著『アミの世界』より) エンリケ・バリオス アミの世界 Amazon 昨夜は早く寝たので今朝はとっても早く目が覚めました。 やっぱり朝っていいですね〜♪ 私は早寝早起きが大好きだから、本当は夜に仕事することは自分に合ってないな〜と [続きを読む]
  • 輝いている人の条件
  • 輝いている人って、自分以外の何かをメチャメチャ愛している人なんですって。 マザー・テレサは神と貧しい人々をメチャメチャ愛しててイチローは野球をメチャメチャ愛してる。 なるほど、自分以外の何かをメチャメチャ愛するって、自分が輝く条件なんですね。 美女養成講座 眩しく輝く私になる方法: 自分らしく突き抜けたいあなたへ (単行本) Amazon ↑そんなことが、この本に書いてありました。 & [続きを読む]
  • 明日5月13日土曜日は臨時休業です
  • 愛には、とてつもない癒しのパワーがあります。愛を知れば、あなたはとてつもないエネルギーを取り戻すことでしょう。こうしてあなたの人生には素晴らしい変容が起こります。他者との関係が変化するのみならず、あなたのからだそのものが変化するかもしれません。(中略)本当の愛とは、自分自身をまったくそのままに、受け入れるということです。(リズ・ブルボー著 浅岡夢二訳『五つの傷』より) 五つの傷―心の痛みをとりのぞ [続きを読む]