Dr KAMATA さん プロフィール

  •  
Dr KAMATAさん: 西東京市 鎌田歯科 歯の治療あれこれ
ハンドル名Dr KAMATA さん
ブログタイトル西東京市 鎌田歯科 歯の治療あれこれ
ブログURLhttps://ameblo.jp/k-kamata/
サイト紹介文治療の時に患者さんにお話している歯の知識を少しずつ公開します。
自由文歯の長持ちの方法ってわかりにくいです。
歯の知識があれば自分にとって一番いい方法を選択できますよね。
診療中に少しずつお話している普通の話や、意外な話を少しずつ公開いたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2008/10/02 19:31

Dr KAMATA さんのブログ記事

  • 舌がギザギザになってる人は歯が割れます
  • 西東京市ひばりが丘駅北口 鎌田歯科の院長の鎌田です 通常舌の形は滑らかな形をしています。まれに舌の縁がギザギザになってる患者さんがいらっしゃいます。元々ギザギザなのではなく、歯に舌を押し付ける癖があってそうなっています。この場合同時に噛み締めたり、歯ぎしりしたりという習癖があるようです。 そんな場合歯根破折という問題が起こってきます。特に神経の処置をした歯は破折のリスクが大きくなります。 [続きを読む]
  • 親知らずさえ抜いておけば
  • 西東京市ひばりが丘駅北口 鎌田歯科の院長の鎌田です。 親知らずを抜くかどうかはいろいろと意見のあるところですが、通常の場合は抜いておいたほうが良いと思います。 特に上の親知らずの場合奥にありすぎてどうしても歯磨きができなかったりすることが多いです。親知らずと7番の間の骨がなくなってしまうと、2本まとめて悪くなってしまうことも良くあります。痛みや違和感が出るころには、そうなっていることが多い様です。 そ [続きを読む]
  • 赤ちゃんの不思議
  • 西東京市ひばりが丘駅北口 鎌田歯科の院長の鎌田です 鎌田歯科では赤ちゃん連れのお母さんにはベビーカーのまま診療室に入っていただくことが可能です。ベビーカーでご機嫌だった赤ちゃんが、さあ麻酔をしますよとお母さんに伝えると、ぐずって泣き出します。お母さんの緊張が赤ちゃんに伝わるのでしょうか?不思議な力があるのかもしれませんね。 [続きを読む]
  • さて、困った
  • 西東京市ひばりが丘駅北口 鎌田歯科の院長の鎌田です。 どうしても歯を抜きたくないという患者さんが来院されました。レントゲン撮影などの検査をしてみるといろいろと治療の努力の跡がありますが、歯を支える骨はほとんど吸収してしまっています。歯の動揺度は大きくて、ぐらぐらです。ほとんど咬むことはできない状態ですが、ひどい痛みはありません。 抜歯以外の選択肢がない事をご説明してご本人の決断を待つことになりまし [続きを読む]
  • 歯科の役割
  • 西東京市ひばりが丘駅北口 鎌田歯科の院長の鎌田です。長年定期的に通っていだだいていた患者さんが、病気で体調を崩されて療養中でしたが、昨年の暮れにお亡くなりになられたそうです。来院された奥様の話では、体調を崩してからも、歯では何一つ困ることは無かったそうです。歯科の役割を果たせて良かったとおもいます。病気なって、歯の処置が難しくなったとき、良く食べられないのは困ります。いま痛くないからそのままでいい [続きを読む]
  • 保険の義歯と保険外の義歯
  • 西東京市ひばりが丘駅北口 鎌田歯科の院長の鎌田です。 保険の義歯と保険外の義歯とどう違うかと言うご質問を良く受けます。それぞれ違いがあるので、経験してみないとわからない事もあります。 「保険外で作ったのに具合が悪くて使えなかった」という患者さんもいらっしゃいますが、保険外だから何でもいいとは言えません。 保険の義歯を上手に作れる医院でなければ、保険外の義歯も上手には出来ないと思います。 鎌田歯科での治 [続きを読む]
  • 大切な咬合調整
  • 西東京市ひばりが丘駅北口 鎌田歯科の院長の鎌田です。 歯がしみて痛い、違和感があるという理由で来院される患者さんがいらっしいますが、必ずしも虫歯というわけではありません。かみ合わせの不調和が原因の場合も多くあります。長期的には歯の移動が起こったり、詰め物の金属や、セラミックやレジンと自分の歯の摩耗性の違いによる変化なども起こります。 そうするとある場所だけが強く当たって、ある場所はかみ合わくなります [続きを読む]
  • 歯周病になるのが普通?
  • 西東京市ひばりが丘駅北口 鎌田歯科の院長の鎌田です。 検診の患者さんに「お友達は皆歯周病になってるみたいなので、私は大丈夫?」と聞かれました。 ずーっと前から定期的にチェックしている患者さんです。半年に1度なので多少の歯石とか、茶渋汚れはありますが、歯周病は大丈夫です。歯磨きも覚えていただいて、上手に出来ています。 「全く心配はありませんよ。歯や歯の根が折れる以外には悪くなる要素は見当たりません」とお [続きを読む]
  • もらったもので悪くなることも
  • 西東京市ひばりが丘駅北口 鎌田歯科の院長の鎌田です 時として定期健診の患者さんに異変を感じることがあります 人から歯ブラシをもらって、何となくしっくりしないけどもったいないので使ってました。景品で電動ブラシをもらったので、もったいないので使ってました。明らかに歯磨きのレベルが落ちてしまっています。 また、のしイカを頂いて、すごく堅くて食べにくかったのですがもったいないので食べていたら歯が痛くなりまし [続きを読む]
  • 抗凝固薬服用中の患者さんの抜歯
  • す西東京市ひばりが丘駅北口 鎌田歯科の院長の鎌田です 通院されている患者さんには抗凝固薬を服用されている方も多くなってきています。 バイアスピリン、プラビックス、プラザキサ、ワーファリンなどいろいろ多くの薬品が使われています。 以前は抜歯の前何日間休薬という方法がとられていましたが、本来必要とされるお薬は休薬することのリスクもあります。 現在では通常の抜歯では休薬をせずに抜歯を行います。その代わりに止 [続きを読む]
  • 無理難題
  • 西東京市ひばりが丘駅北口 鎌田歯科の院長の鎌田です 毎日いろいろな患者さんを診療していますが、どう考えても不可能な処置を求められることがあります。「ネットにこう書いてあったから出来るはず」というものが多いのですが 歯周病が進行して、根の先まで骨がなくなって、風が吹いてもゆらゆら揺れる状態の歯を何とか残してほしいとか すでに虫歯で穴が開いてる歯を再石灰化させてほしいとか 触れただけで飛び上るほど痛い部分 [続きを読む]
  • 虫歯の判定の難しさ
  • 西東京市ひばりが丘駅北口 鎌田歯科の院長の鎌田です 虫歯の判定は意外と難しいです。判定する先生により本数が変わるのは良くあります。 虫歯でない歯とC1の判定の間には C0.1(治療の必要がまだないけれどもちょっとだけ虫歯になりかけている)C0.5(まだすぐには治療しないけど、これよりひどくなるならば少し考えないと)というように段階があります。医学的な指数ではありません。人間の体はデジタルではないので、虫歯か虫 [続きを読む]
  • これでも歯は抜かないほうが良いですか?
  • 西東京市ひばりが丘駅北口 鎌田歯科の院長の鎌田です。 歯は出来るだけ抜かないほうが良いと言われていますが、額面通りに受け止めてはいけません。抜かなほうが良いと思ってきた結果こんな状態に 80歳代の女性の患者さんです。C4の残根の上に入れ歯が入ってますが、とてもいい状態とは言えません。幸い骨粗しょう症のお薬は飲んでいませんので、先に入れ歯を作ってから、少しずつ抜歯することに。抜くべき歯を抜かずに置いておく [続きを読む]
  • インフォームドコンセントは大事なんですが
  • 西東京市ひばりが丘駅北口 鎌田歯科の院長の鎌田です。 医療の現場においてはインフォームドコンセントは何にも増して非常に重要です。しかし一方で困ったケースも出てきます。 例えば高齢の患者さんで、最近骨粗鬆症の薬を飲んでいます。入れ歯はどうしてもダメなので、他院でインプラントの治療を過去に受けています。上の歯は前歯だけインプラントしてありますが、奥歯はありません。一部のインプラントは骨結合が失 [続きを読む]
  • そのインプラントには理由があります
  • 西東京市ひばりが丘駅北口 鎌田歯科の院長の鎌田です。 鎌田歯科ではインプラント治療を行っていますが、患者さんのいろいろな条件に対応するため、インプラントの種類を選択しています。 この患者さんの場合は下顎大臼歯1本のインプラントになります。CT撮影にて骨の幅が十分ある事、埋入深度は10ミリ以内の確認を取りました。左右対称の歯列にしたいこと、女性なのでお口の中が狭いので7番目は無理に入れずに、サイズ [続きを読む]
  • 虫歯予備軍の中学生がこんなに多いのはなぜ?
  • 西東京市ひばりが丘駅北口 鎌田歯科の院長の鎌田です 両親が通院している患者さんのお子さんが、学校の検診では虫歯なしと言われてるけれど、自分が歯科医院で教わってる歯磨きの仕方に比べると、あまりにも短いので心配なので診てくださいと依頼されました。 お口の中を見てみると、確かに虫歯はありません。しかし長期間堆積したと思われるプラークが歯にこびりついています。黄色く変色して硬くなっていますのでなか [続きを読む]
  • 高齢者と子供のフッ素塗布の意味の違い
  • 西東京市ひばりが丘駅北口 鎌田歯科の院長の鎌田です。 虫歯の予防のためにフッ素塗布は有効な方法です。しかし高齢者と子供では意味合いが変わってきます。 子供の場合はエナメル質の虫歯予防のためです。永久歯が出始めてから、歯列が完成する中学生位まで行うと、エナメル質が強化され虫歯になりにくくなります。 高齢者の場合は根面からの虫歯の予防のためです。年齢とともに歯根が露出したり、唾液の量が減っ [続きを読む]
  • 海外勤務があると歯に対する意識が変わるようです
  • 西東京市ひばりが丘駅北口 鎌田歯科の院長の鎌田です 患者さんの中には海外勤務をされた方や、現在勤務していて一時帰国の方などが多くいらっしゃいます。そんな患者さんは今までとは全く別人のように歯を大事に手入れするようになります。国による治療環境や、費用があまりにも日本とは異なるからだということです。 欧米先進国だと治療費はびっくりするほど高額です。逆に途上国だと治療といえば抜歯のみであったり、 [続きを読む]
  • 歯磨きでインフルエンザ予防
  • 西東京市ひばりが丘駅北口 鎌田歯科の院長の鎌田です 先日あるテレビ番組で放送がありましたなるほどと思うことがありました。 インフルエンザウイルスは喉や鼻の粘膜から感染しますが、胃の中に飲み込まれると死滅するということです。 鼻をほじる癖があると鼻から感染する可能性もあるそうです。 お口の中と喉の関係を考えると、ごく距離の近いお隣同士です。清潔に保ちたい場所(喉)の横に、汚れやすい場 [続きを読む]
  • インプラント埋入手術
  • 西東京市ひばりが丘駅北口 鎌田歯科の院長の鎌田です。 今日はインプラント埋入手術を行いました。骨の条件が良かったので、慎重に進めても30分で終了。 鎌田歯科では症例に応じて何種類かのインプラントを採用していますがボーンレベル埋入(長期間骨の吸収が起こりにくいといわれています)上部構造はスクリュー固定式(必要な時上部構造の取り外しが可能なのでメンテナンスしやすい方法です)のタイプを選んで埋入し [続きを読む]
  • 3歳児検診
  • 西東京市ひばりが丘駅北口 鎌田歯科の院長の鎌田です 今日はお昼に西東京市の3歳児検診に行ってきました。ひどい虫歯の子は見られませんでしたが、虫歯予備軍のお子さんは多かったです。 アンケートの中に甘いものを食べる頻度という項目がありましたがほぼ毎日というお子さんが半分ほどちょっとびっくりです マスコミの報道では虫歯が激減してるはずなのですが、実際はそうでもありません。意識と実情が乖離して [続きを読む]
  • 明けましておめでとうございます
  • 西東京市ひばりが丘北口 鎌田歯科の院長の鎌田です。診療開始は明日からになりますが、今日は歯が悪くならない人になるための方法を書こうと思います。とはいっても全てが悪くならない訳ではなく、与えられた寿命を無駄なく全うするための方法です。①虫歯は極端に浅いもの以外は全て治療します。セラミックにするか、金属にするかはケースバイケース。小さいものはコンポジットレジンで大丈夫です。②歯磨きの名人になりましょう [続きを読む]