reikogogo さん プロフィール

  •  
reikogogoさん: REIKO GOGO日記
ハンドル名reikogogo さん
ブログタイトルREIKO GOGO日記
ブログURLhttp://reikogogo.exblog.jp
サイト紹介文65歳の節目を迎え、老後の自立を目指して日記をつけることにしました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供266回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2008/10/05 00:43

reikogogo さんのブログ記事

  • 雨の小淵沢ガーデン
  • マムシソウーーー秋の実をつけたグロテスクな姿の主とは思えない。切り株に巣くった蟻の大群、卵がびっしり。クローバーの真ん中に、四つばのクローバー見つけた!!!ゴウヤが大変なことになっている。オレンジ色のズッキーニ。石彫場で彫刻をする人、畑でジャガイモを収穫する人。朝部屋に飛び込んできた雨蛙、身体が移動する度、保護色に。石彫場のオニグルミの木 [続きを読む]
  • 関東から長野までの移動、夏合宿初日
  • 早朝の湘南ライン逗子まで。通勤にはまだ早い列車 混雑したのはほんの一瞬だけ逗子に到着。逗子から小淵沢合宿に参加の同行者が、逗子駅表面に横付けで待機していた東名・圏央道・中央道、いつもの混雑はないものの、所々の渋滞 、カーナビが2時間経過と知らせる中、休憩も取らず小淵沢へ 、ノンストップで5時間を要し到着。昼食当番の作ったそうめんが美味しかった。多種の花々が満開、野菜もたくさん収穫、合宿の食卓は豊か。夕 [続きを読む]
  • お盆後半の休暇を楽しんだ長男家族・貸切露天風呂の存在
  • お盆休暇を後半に取った長男家族昨年に続き鬼怒川温泉の旅となった、たびに向かう途中ちょっと我が家に立ち寄り、昼食を共にしてから、向かった。孫の友人と同じ名前のお店だ!!と「寧々」と言う焼肉屋さんでの昼食。渋滞もなく夕方にはもう到着 、家族でくつろいでいるラインが届く。なんとこの宿、家族に50分間の貸切、入浴ができる宿とのこと。。今節、国内外ともにタトゥーの文化が広まっている、だが日本国内での入浴は制限 [続きを読む]
  • 宇都宮市・大谷 地下採掘場跡 再度見学
  • 大谷の地下採掘場跡の見学に再度出向いた。春見学に行った時、夏場の地下は暑さ知らず、また是非、是非来てねと約束した甘酒売りの御家族はお盆休業?合う事が出来なかった。春とは全く違った大変な観光客で、駐車場の制限もあって大混雑だった。採掘場の周囲の植物はサルスベリが満開。春と同じコースを辿り、大谷寺へと向かった。お盆休暇何処も大変な人出、14日、15日とあちこちで花火大会やイベントもあり、食事どころも大 [続きを読む]
  • 那須烏山市、小塙 ひまわり畑と蓄電池式列車「アキュム」
  • 那須烏山市のひまわり畑と蓄電池式の列車の見学。計らずも列車の通過時間を知り待つことになった。蓄電池式列車とはまるで知識がなかったが信号機・踏切はあるのに線路の周辺に電線はなく遠くの風景の中にレールが消えて行く、向日葵の満開時期が線路の両脇でしっかりと順番に開花時期を保つ素晴らしい風景が其処にあった。列車上下線の2度の通過時間に出会う。息子がいたら蜘蛛のことで夢中になるだろう、今あまり見かけなくなっ [続きを読む]
  • 中国・九寨溝の地震
  • 中国成都・四川省 、空気が美味しい全ての色彩が澄んで空の蒼さが目に残る。世界遺産をめぐり、多種の高山植物、ブルーポピーにひかれ幾度となく足を運んだ地。地震の震源地綿陽から遠い、都江堰地震の復旧中、被災後の光景を目の当たりにした。ズタズタに道路が寸断したり、崩れた山から落石が起こる。重機も入らない、崩れた山 肌に大勢の人が作業をしていた、寸断された長い長い範囲に渡る工事中の道路で、2時間以上も開通を待 [続きを読む]
  • 交通公社今日はダウン
  • 巣鴨駅の商店街の七夕飾りも取り外される日だった、アーケードからミストが噴き出し一瞬の涼を肌に感じる。アスファルトの放射熱、冷房の放射熱、歩行者が肌で感じる温度は40度に至ってるのではと思う。最近の東京の気温高は、インドの4月の旅で、湿度を伴った40度越えの体感温度と同じ不快感がある。35度、37度の気温て何処を計って言うのか、路上は40度超えてるでしょう、タクシードライバーが、背広を着ていて、ほん [続きを読む]
  • 今年の不忍池の蓮、シャンツァイ
  • 上野不忍池の蓮がこんな満開を見るのは初めて。昨年、7月28日弁財天のお祭りに行った時は、私の背丈程も育った蓮の葉の水平線上に蕾がわずかだった。長女が送ってくれたLINEで、今年の満開の様子を知る事となった。東天紅、ルーキースガーデンで食事をし乍ら眺めた不忍池、5月と秋のみ、花の満開の時期を外しているので、こんな花の満開の季節も必見かな?、信州富士見高原で、石彫合宿で、蓮を見るチャンスは多かったが、今日 [続きを読む]
  • 白いゴウヤ、黄色いゴウヤ−−−成りすぎて困るゴウヤ
  • ゴウヤが黄色くてこんなになってしまった。それほど大きくもないのにパンクしている、一寸触れない、しばらくそっと様子見のゴウヤ。長女宅のゴウヤも、グリーンと白無地、他黄色とグリーンの混ざり、どうしてこうなるの?。茄子は我が家のより長茄子らしいが、日照のせいか色が薄くて面白い。最近の我家のゴウヤ太さで収穫するか?長さで収穫するか?短期間でどんどん成長してしまう。前日3本収穫したばかり、太さで判断してたら [続きを読む]
  • 地下水道管に亀裂、震度4・4、5の地震連日の影響
  • 築地の火災。本願寺近くに勤務の友人から夜9時過ぎ、LINEが送られてきた。火事のニュースを見てからかなり時間が経っている、彼が撮影した時間は夜の8時30分頃という事だからずいぶん長い時間、沈下しなかったようだ.此処何年も行ってないがよく知る地域。築地移転工事以来、場外市場此の辺りはどう変わる?よく話題に上っていた所。怖いもの続き雷と地震。雷も脅威だが此処連続して、震度、4を超える地震続き、雷のすごさは [続きを読む]
  • ゴールドコースト、プロサーファーにの出会いの孫
  • 冬のゴールドコースト。孫達はビーチで過ごす時間が多い、今春、日本から、オーストラリアに帰国して間もなく5歳の誕生日を迎えた双子。陸上でスケートボード、水上ではサーフボードとバランスよくのりこなしているのに驚いてしまった。今日のラインでは、ビーチでのロケがあったようで、プロサーファーとの出会いがあって、送られてきた何枚かの写真にはサーファーとのツーショットの写真もあって孫のうれしかった様子が窺えた。 [続きを読む]
  • 小山の初めての夏・初めての花火大会。
  • 小山の花火大会。前日土曜日は雨の中予定のイベントが行われた。昨夜・日曜、花火大会も雨に見舞われる事無く無事に終わった。花火大会を知って特別観覧の予約を取ろうと子供が問い合わせをしたが、時既に遅し空席は無かった、何しろすごい人出という事しかわかっていない。午後2時、国道4号線から、小山駅方面を走ってみた、もう既に広い範囲駐車禁止の看板と至る所に警備員が出て車の進入規制が行われていた。たくさんの屋台が [続きを読む]
  • グリーンカーテン、ゴーヤの脅威
  • お隣の丹精した野菜が我が家に、我が家はゴウヤばかり。今回ミニトマトもいただいた、よても甘いトマト、ベランダ菜園の友人宅のミニトマトは皮が硬いと嘆いていたけど、此れも全然,硬い皮のトマトではない、種類なのか?空気とか、日照とか環境による物なのか?友人にシソの葉を植えたらと言われて買った2本のシソの苗が、凄い勢いで育って薬味や紫蘇巻きの調理に役立っている。友人のベランダ菜園から我が家に移植したセロリも [続きを読む]
  • 怖いものだらけ、感染症猫・政治家・ゲリラ豪雨
  • 子供の頃、野良犬、野良猫が多かった.強健予防注射も徹底しないかった。全身怪我だらけの動物を良く見かけた.野良犬、野良猫に触ってはいけない、飼い主に抱かれている犬に、手を出してはいけないと神経質な父親の注意はうるさかった。飼い主に抱かれている犬は何故?と聞いたら、1人ではない飼い主は強い見方なのだから、抱かれている犬は強気だって、そう言われてれていたのに、以前、買い物途中のスピッツを抱いた友人の犬に [続きを読む]
  • ゴウヤ・ナスの収穫続々
  • 大騒ぎをして初めて手がけたゴウヤの収穫。最初に成ったゴウヤ2本はお隣に、代わりにきゅうりとナスをいただいた。ご近所に助けられて 夕方のお庭の水やりのついでに、我が家のゴウヤも散水していただいて、ゴウヤは次から次と収穫が続いている。試しに植えたナスの苗木3本、最近では長茄子も成長、30センチにも長くなるというナスなのに、地面についてしまうので普通のナス1本と共に2本、早めの収穫をした。ゴウヤにもにがみ [続きを読む]
  • ★ネパールからの便り ★義弟との永久の別れ
  • 天候不順、日本列島は災害に見回れて被害続出。今期の霰や彪、高温多湿不快な中、我家は友人知人、親戚の訃報続き。夫が日本を発ってから間もなく1ヶ月に成ろうとしている、ネパールも雨期にあたりやっと、ヒマラヤのピークを望む風景が届く様になった。後半、晴れて、山好きの夫にとっては英気を養うラッキーな現場と成りつつあるようだ。期待は食生活の面で、自然調整が利いて、多少也ともメタボの体系が変化しての帰国である事 [続きを読む]
  • ☆ネパール・雨期の晴れ間から ☆栃木・祇園際
  • 日本列島に晴れ間が戻り,高温の熱帯夜がつづく。ネパールのポカラも晴れ間がのぞき8000メートル級の山の姿が送られてくる。同時に日々5〜60人が働いていると言う現場の様子が見える。過去のアジアの旅の間に見てきた建築現場は,細い華奢な足場が組まれ危険で信じられない光景を見ていたので,気の規模の大きな建築現場に組まれた足場は比較的いい方か?と思えた現場。晴れて,足場の上で働く人の姿が送られてきて目に入る [続きを読む]
  • 佐野市、出流原弁財天・磯山弁財 天、2つ並んだ弁財天
  • 2つ並んだ弁財天。1000年もの昔から続く名所との事,平安時代の武将が開いたともいわれている。磯山と言う山肌に2つ並んでいる,見上げる所にしろ蛇がとぐろを巻き見下ろしている、小高い其れこそへエビが出そうな山道を歩くと,湧水の池に続く。池の手前は釣りを楽しみ,釣れた魚を焼いて食べられる観光池ーーーいけす。池の方は色とりどりのコイの大群、餌をまくと大きな口を開けて巨大な鯉達が音をたてて群がり,思わず後 [続きを読む]
  • 佐野市・磯山公園・出流原弁天池
  • 1000年も続く名所と伝わる出流原弁天池へ。鏡の様に澄んだ湧き水、栃木県の天然記念物に指定されているとのこと。本当、彼に「何故栃木県を見ない?良い所だよ」と言われる迄、栃木県には馴染みがなかった、日光.塩原.佐野、宇都宮、益子と点々点と旅はしているのだがーーー3ヶ月にも満たない間にずいぶん、県内を走り回った−−−本当に興味深い地。ゆったり泳ぐ鯉の動きがはっきり見える、遠くから一直線に並んで向かって [続きを読む]
  • オーストラリアにテレビ番組のサスケブームか-?
  • 孫の写真がラインで送られてすぐ。今オーストラリアにもあのテレビ番組のサスケがようやくブーム.。テクノロジーの遅さはネパール並みか?,孫達のテレビ取材があって、同じ場面が,ユーチューブに。6歳の誕生日を迎えて間もないが様々な体験を通してたくましくなってきた。スケートボードでのバランス感覚と波乗りは違うと思うのだがビーチで波に乗ってサーフィン🏄をしている姿には驚木、スケートボードをのりこなす。どん [続きを読む]
  • 栃木県佐野市・出流原町のウチワサボテン
  • 栃木県内 通りがかりの風景に目が止まりUターン。佐野市??出流原町ナビに地名が、興味を持って撮影した位置が即時に記録される、お陰で最近はめったに日本地図を開く事が無くなった。アフリカ大陸、モロッコ原産の、ウチワサボテンのある風景まるで異国。雪のアトラス山脈超えやサハラ砂漠、穏やかな砂漠ばかりではなかった、肌に突き刺さる様な砂嵐、強風の時もあった。アルガンツリーの木の上に無数のヤギを見た、ローズウオ [続きを読む]
  • 葡萄の袋掛け
  • 7月の初め葡萄の袋掛けのたいけんをした。それぞれの持ち主の名前が書かれた葡萄ばたけ、これがわがやのぶどうのきかとなんだかうれしくなってしまった。オーナーから、選定の仕方、袋掛けを学ぶ。畑の入り口、巨大クローバーに目が行く、なんと、ストレートに、4つ葉のクローバーが目に飛び込んできて、ゲット。面白い葉に模様ができているーーーどうしてこうなるの?初めて葡萄の実った木々を目の前にドキドキ。剪定してしまうの [続きを読む]
  • ネパールからのLINE、雨期で夫は雲の中
  • 再三・幾度にも及ぶコールで夫はネパールに出向いた。昔と違って、LINEで現場も本人の状態も日々確認できる時代、丁度6〜9月頃迄ネパールは雨期、予測した通り此の時期、建築現場は仕事にならない時期と思うのに、送られてくる写真はくらい。デザインの仕事で行ってる濡れる事などないだろうと思っているのに、「現場は雲の中、雨に使った現場を見に来ているようだ」と言うLINE、一寸でもマチャプチャレが姿を現してくれたら、夫 [続きを読む]
  • バイオロジー、人体にも及ぶ活力ーーーその影響か?
  • 友人宅のベランダ菜園で色々学んでの帰宅となった。鉢から根分けしてもらった、セロリ、せり、いちごの苗、セロリの脇に1本、髭のようなね根から20センチほどに育ったというネギが我が家の花壇のスペースに移植となった。それより一週間早くいただいた種はどれも目が出る時期ではないが土の中に撒いてあるーーこれは彼女流、蒔いた種が芽を出した時には忘れているという、育ち始めて初めてあの時の種だ!!と思い出しすといった、期 [続きを読む]
  • 台風・ハリケーン男性名が一度あったか?
  • 梅雨期・台風シーズン巡る四季。夜半から明け方に連日降る雨、日中太陽が降り注ぎ、夕方から曇り空、栃木では何度も体験した、一天にわかにかき曇りの天候。それで一寸思い出した.昨今の激しくただならぬ言葉を人に、ー浴びせかけ荒れ狂う女性のようなーーー。台風、ハリケーン、大西洋の台風は女性の名前ばかり、記憶に南半球に起こった台風に男性名らしき名前があったのをふと思い出したが、深く何故女性名が付くのか?深く思っ [続きを読む]