ササキマコト さん プロフィール

  •  
ササキマコトさん: マコトの書庫 〜読書2000冊やってみる〜
ハンドル名ササキマコト さん
ブログタイトルマコトの書庫 〜読書2000冊やってみる〜
ブログURLhttp://i-3-i.seesaa.net/
サイト紹介文自分の今まで読んだ本をメモってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供183回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2008/10/08 22:25

ササキマコト さんのブログ記事

  • 掟上今日子の遺言書/西尾維新
  • ◆本の内容忘却探偵シリーズ第四弾です。厄介君、ふたたび!◆感想 久しぶりに登場した厄介君が厄介君で安心しました。 名前に恥じない不遇っぷりですな。 いーよ、いーよ。 やっぱり今日子さんと厄介君のコンビが一番しっくりきますね。 読んでいて何となく安心感がありました。 あとは、セーラー服ですね! 表紙にも登場していますが、いーよ、いーよ。◆お気に入り度 星3つ:★★★◆日記とか雑談とか さて、なんかもう [続きを読む]
  • 掟上今日子の挑戦状/西尾維新
  • ◆本の内容忘却探偵シリーズ第三弾です。「掟上今日子のアリバイ証言」「掟上今日子の密室講義」「掟上今日子の暗号表」の三編収録されています。◆感想 今回は読み切り的な短編?中編?が3本でした。 何となくですが、今日子さんが本性を現し始めたように感じます。 この人は、お金大好き過ぎだ(−−; この人は、敵に回しちゃダメだ(−−; しみじみ、そう感じた一冊でした。 話の本筋とは関係ない無駄話も?多いので、 [続きを読む]
  • プログラマのための文字コード技術入門/矢野啓介
  • ◆本の内容文字コードのお話です。◆感想 文字コードについて体系だって勉強しておきたかったので読んでみました。 ごちゃごちゃしがちな内容が上手くまとめられていて分かりやすかったです。 技術者向けの内容なので、専門外の人には少し難易度が高いかもしれません。 ある程度、技術書を読み慣れている人にとっては、 分かりやすい部類に入る本だと思います。 文字コードはプログラミングをしていれば必ず出てきますからね [続きを読む]
  • 退職刑事 (5)/都筑道夫
  • ◆本の内容安楽椅子探偵もののミステリー短編集です。現職刑事の息子やその他の人が持ち込む謎を退職刑事の父親が解きます。◆感想 退職刑事シリーズの最終巻です。 作者の方が亡くなっているので仕方ないですね(´・ω・`) 古き良き安楽椅子探偵として楽しませていただきました。 言い回しが古くて読みにくい部分もありますが、 出版年が出版年ですからね。 仕方がない……というか、それはそれで趣きがあって良かったで [続きを読む]
  • シナオシ/田代裕彦
  • ◆本の内容"僕"は死んだ。後悔と共に。死後の世界で"僕"は案内人にあった。案内人は"僕"を生き返らせてくれた。別人として。時を遡って。すべては"僕"が犯した罪を無かったことにするために。"僕"は"私"になった。"僕"は為直すもの"シナオシ"になった。◆感想 『キリサキ』という作品と世界観がつながっているけど続編ではないみたいです。 機会があったら『キリサキ』も読んでみようと思うくらいには面白かったです。 ただし、 [続きを読む]
  • 秘密結社Ladybirdと僕の6日間/喜多川泰
  • ◆本の内容勉強も部活も恋愛も中途半端、ダラダラ生きていた高校生3年生の颯汰君が、とあるきっかけで、カッコいい生き方をしている大人たち・秘密結社「Ladybird」の面々と出会い、彼らの生きざまを知って、自分の人生を考え直す物語です。◆感想 なんか、いろいろと考えさせられました(´−ω−`) たま〜に、あるのですよね。 自分の現在の状況とピッタリ合って「この本は、まるで自分のために書かれたようだ」と感じる本が [続きを読む]
  • 掟上今日子の推薦文/西尾維新
  • ◆本の内容忘却探偵シリーズ第二弾です。今回は美術館の警備員・親切守君が、とある謎の解明を今日子さんに依頼します。長編?ミステリーです。◆感想 ネタバレです。 厄介君、リストラ\(−−)/ まぁ、そのうち、また出てきますけどね。 月刊少年マガジンでやってるマンガ版を読んでいるのでネタは割れているのですが 図書館でまとめ借りしちゃったので読んでみました。 個人的にはマンガ版の方が読みやすかったです…… [続きを読む]
  • 掟上今日子の備忘録/西尾維新
  • ◆本の内容身のまわりで事件が起こると、なぜか犯人扱いされてしまう冤罪体質の隠館厄介君が、1日毎に記憶がリセットされる忘却探偵の掟上今日子さんに自分の無実を証明してもらうように依頼する……から話が始まる連作短編ミステリーです。◆感想 マンガにもなったしドラマにもなった西尾維新さんのシリーズ物ミステリーです。 実は私、月刊少年マガジンでやってるマンガ版を毎月読んでいましてね。 そのため原作の方は後回し [続きを読む]
  • ちびギャラ ろくっ/ボンボヤージュ
  • ◆本の内容ちびギャラリー◆感想 うぉお!懐かしいな!おまえ! その節は大変お世話になりましたm(__)m ということで、いろいろとテンパり気味だった時期に 心の癒しとなってくれていたちびギャラリーシリーズです。 ぶっちゃけ、その気になればWeb上でも……ごほごほ(−q−)ですが、 本で読むとまた違った味わいがあります(*´ェ`*) いや〜……何と言いますか……(*;´ェ`*) 当時を思い出して懐かしくなりま [続きを読む]
  • うざい発明/アンディライリー
  • ◆本の内容発想が斜め上にぶっ飛んだ一歩間違えればとても役に立ったかもしれない全く役に立たない発明の数々が載っています。『自殺うさぎの本』の作者による大人向け?の絵本です。◆感想 『自殺うさぎの本』がツボだったので、読んでみました。 『自殺うさぎの本』に比べたらブラックさは控えめですが 天才と紙一重な発想の発明が多く、笑わせていただきました。 よく、これだけのアイディアを生み出せるものですね。 「モ [続きを読む]
  • こげぱん 毎日ボケーっと。―やさぐれマンガ/たかはしみき
  • ◆本の内容こげぱん◆感想 若干、燃え尽きた気分だったので、 こげついたパンを見て癒されました(O_O) ……(O_O) ……知らない間にキャラが増えてた(O_O)◆お気に入り度 星3つ:★★★◆日記とか雑談とか さて、微妙にエネルギー切れ気味です(〜_〜) 燃え尽き症候群に入る前にガッツリ休息を取るか、 あるいは誤魔化しつつ勢いで乗り切るかで少し迷っています。 普段であればガッツリ休んでキッチリ気分 [続きを読む]
  • 弥勒の掌/我孫子武丸
  • ◆本の内容高校教師の辻は妻が失踪した。ベテラン刑事の蛯原は妻が殺された。妻の行方を追う辻は新興宗教「救いの御手」にたどり着く。妻を殺した犯人を追う蛯原は新興宗教「救いの御手」にたどり着く。ひょんなきっかけで知り合った辻と蛯原は協力して「救いの御手」の正体を暴こうとするが……。辻の妻はどこに消えたのか?蛯原の妻を殺したのは誰なのか?みたいなお話です。◆感想 最後の方で「ぬおっ!Σ( ̄◇ ̄;」ってなり [続きを読む]
  • きみが来た場所 Where are you from? Where are you going?/喜多川泰
  • ◆本の内容『母さんのコロッケ〜懸命に命をつなぐ、ひとつの家族の物語〜』を改題したものです。◆感想 「おっ、喜多川泰さん、新作出したんだ?」と思って著者買いしたら 『母さんのコロッケ〜懸命に命をつなぐ、ひとつの家族の物語〜』の タイトルを変えたやつだったのですね。 しょんぼり(´・ω・`) 申し訳程度に書き下ろしはついていますが、 それにしたってなぁ……。 と思いつつ読んだのですが、内容を忘れていた [続きを読む]
  • ぐでたま女子。2/サンリオ
  • ◆本の内容ぐでぐで、うっふん♪その2でっす!◆感想 キイロイトリが私の正の癒しなら、ぐでたまは負の癒しです。 いーですよね、あんなにぐでぐでできたら……。 ということで、今日はぐでたまに癒されてみました。 私の中でぐでたまは男の子っぽいイメージなので 表紙が女装しているようにしか見えません。 そこで、まず笑えてきます。 次に中を見て、いつものアレっぷりに笑えてきます。 ぐでぐで(*´ェ`*) ちょっと [続きを読む]
  • リラックマ 4クママンガ 7/コンドウアキ
  • ◆本の内容4コママンガ de リラックマ◆感想 ほっこりしました、ほっこり(*´ェ`*) くすくす系の笑いが止まりません(ノ∀`) いやー、癒されますわー。 いつも言ってる気がしますが、 キイロイトリがお気に入りです。 もちろんクマコンビもカワイイですけどね。 キイロイトリのお母さん気質があってこそ あのグータラクマの魅力が引き立つのだと思います。 何気に4コマのリラックマは初めて読んだのですが、 起承転結 [続きを読む]
  • おかんメール6/おかんメール制作委員会
  • ◆本の内容おかんから届いた打ち間違いメールや誤変換メールの特集です。「メール」と言いつつLINEが中心ですけどね。おかんからの個性豊かなメールが紹介されています。◆感想 「あるある」な誤変換からぶっ飛び過ぎな打ち間違いまで、 いろいろあって笑わせていただきました。 ネタとしては玉石混交ですが、一生懸命メールを打っている おかんの姿が想像できて、全体的にほっこりします。 暇つぶし以上の役には立ちませんが [続きを読む]
  • 浜村渚の計算ノート 7さつめ 悪魔とポタージュスープ/青柳碧人
  • ◆本の内容シリーズ8作目です。マイナスにマイナスを掛けた話「深度マイナス1」不可能を可能にする話「不可能彫刻の森」ついに、あの人が……「プレゼントにリボンをつけて」今、物語が動き出す!「数学手本忠臣蔵」の四編が収録されています。◆感想 おぉ、物語が動き出した感がありますね。 日常回っぽいのも嫌いではありませんが、 やはり物語の核心に近づいていく話の方が面白いです。 ぶっちゃけ、数学ネタは難易度が高く [続きを読む]
  • マンガでわかる! かならず伝わる説明の技術/鶴野充茂
  • ◆本の内容説明下手な新人OLさんが説明スペシャリストなおっさんから指導を受けながら仕事を頑張るマンガを通して「上手な説明って、どんなのよ?」を学ぼう!な内容です。◆感想 説明の「技術」について書いてあります。 文章による説明も意外と多く、 マンガで〜の割には読み応えがありました。 「おまえの話、分かりにくいんだけど」や 「結局、何が言いたいの?」と言われがちな人は 読んでみると良いと思います。 多分 [続きを読む]
  • 探偵伯爵と僕 His name is Earl/森博嗣
  • ◆本の内容小学生の新太が公園で探偵伯爵と友達にる。夏祭りの日に新太の友だちが行方不明になる。新太と探偵伯爵で捜査する。な流れの子供向けだけど大人が読んでも楽しめるミステリーです。◆感想 読んでいる途中で「ミステリーランドっぽいなぁ」と思ったら ミステリーランドの文庫化作品だったのですね。 ミステリーランドは子供向けミステリーなので 本作も子供が楽しめるような工夫がされています。 そのため、大人目線 [続きを読む]
  • バジリスク 寄生生物/椙本孝思
  • ◆本の内容虫に寄生されると人が食べたくなる。ある日の放課後、女子高生の優奈を生物教師の伊賀野が呼び止めた。伊賀野は優奈を部屋に連れ込み、屈辱的な身体検査を行う。その夜から優奈の身には異変が起こり……。ミステリ風味のホラーな連作短編です。◆感想 長編だと思ったら短編……だと思ったら連作短編でした。 それぞれの話の中では「徘徊老人」がダントツで好みでした。 ……と思ったのですが、最後まで読み通して、  [続きを読む]
  • おかんメール5/おかんメール制作委員会
  • ◆本の内容おかんから届いた打ち間違いメールや誤変換メールの特集です。「メール」と言いつつLINEが中心ですけどね。おかんからの個性豊かなメールが紹介されています。◆感想 「あるある」な誤変換からぶっ飛び過ぎな打ち間違いまで、 いろいろあって笑わせていただきました。 ネタとしては玉石混交ですが、一生懸命メールを打っている おかんの姿が想像できて、全体的にほっこりします。 暇つぶし以上の役には立ちませんが [続きを読む]
  • 退職刑事 (4)/都筑道夫
  • ◆本の内容安楽椅子探偵もののミステリー短編集です。現職刑事の息子やその他の人が持ち込む謎を退職刑事の父親が解きます。◆感想 登場人物が増えましたね。 伝聞調なので、事件に対する登場人物は以前から多かったのですが、 実際の登場人物(事件の語り手とか)も1巻に比べたら増えました。 このシリーズを読んだことがない人は、 『退職刑事 (1)』から読んだ方が良いと思います。 1巻はシンプルに退職刑事と現職刑事しか [続きを読む]
  • 人形はこたつで推理する/我孫子武丸
  • ◆本の内容タイトル通り、探偵役は人形です。腹話術師の朝永嘉夫と彼が操る人形の鞠小路鞠夫、そして語り手でもある妹尾睦月(通称・おむつ)の周りで起こる事件を人形の鞠小路鞠夫が解決します。人形を操っているのは朝永さんですけどね。事件を解決するのは人形の鞠夫なのです。具体的なことは読んでのお楽しみってことで。安楽椅子探偵もののミステリー短編集です。◆感想 短編のせいか、しっかりミステリーしている割には読み [続きを読む]
  • リラックマ ここにいます/コンドウアキ
  • ◆本の内容Ehon de リラックマ。◆感想 『リラックマ いつもいます』に癒されたので、こっちも読んでみました。 ほっこり(*´ェ`*) 絵が大きくて文字も少ないので、 コストパフォーマンスを考えたら 割高な気がしなくもありません。 でも、なぜか手に取ってしまいます。 疲れた心に染みわたりますね、ハイ。 ほっこり(*´ェ`*)◆お気に入り度 星5つ:★★★★★◆日記とか雑談とか さて、今日は書くことが思い浮かび [続きを読む]