ササキマコト さん プロフィール

  •  
ササキマコトさん: マコトの書庫 〜読書2000冊やってみる〜
ハンドル名ササキマコト さん
ブログタイトルマコトの書庫 〜読書2000冊やってみる〜
ブログURLhttp://i-3-i.seesaa.net/
サイト紹介文自分の今まで読んだ本をメモってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供183回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2008/10/08 22:25

ササキマコト さんのブログ記事

  • 掟上今日子の婚姻届/西尾維新
  • ◆本の内容忘却探偵シリーズ第六弾です。今回は、あの人が結婚の「危機」に陥ります。◆感想 タイトルと表紙を見て「今日子さんが結婚?!Σ( ̄◇ ̄;」と思ったら 全然そんなことはありませんでした。 またかよ(−。−) 『掟上今日子の退職願』に続けて2度目の肩透かしを喰らいました。 今回は厄介君を中心に(?)話が進みます。 厄介君、冤罪体質に拍車が……と言っていいのか分かりませんが、 変な人を惹きつける能 [続きを読む]
  • まんがでわかる 伝え方が9割/佐々木圭一
  • ◆本の内容『伝え方が9割』のマンガ版です。◆感想 活字版を読んだ……つもりだったのですが読んでいませんでした。 活字とマンガだったらマンガだな!と思ったのでマンガ版を読んでみました。 ふむふむ(−−) ぷっ( ̄w ̄) マンガとしても結構面白かったです。 ビジネス書としてはテクニック的な話が多かったように感じます。 「なかなか相手に伝わらないよ〜」な人は読んでみても良いと思います。◆お気に入り度 星3 [続きを読む]
  • 給料戦争/竹内謙礼、青木寿幸
  • ◆本の内容お人よしの会社員・浅野は、出張先のラオスで、終戦間際の時代からタイムスリップしてきた日本兵・花沢を拾った。放っておくわけにもいかず、花沢と一緒に暮らすことにした浅野だったが……。浅野が会社員生活に悩み、恋人の由美子がアドバイスし、花沢が意外と鋭い疑問を差し挟む、そんな物語を通して人事や給与体系、転職などの基礎が学べるビジネス戦略ノベルです。◆感想 位置付けはビジネスノベルですが、 普通に [続きを読む]
  • JC科学捜査官 雛菊こまりと "ひとりかくれんぼ"殺人事件/上甲宣之
  • ◆本の内容科学捜査官見習いとして兵庫県警にやってきた天才女子中学生が先輩たちと協力して?オカルト事件の謎に迫る物語です。ミステリー風味のライトノベル風味の刑事ものといったところでしょうか。◆感想 あれ? 上甲さん、筆力が上がった(−−? 過去作の良くも悪くもぶっ飛んだB級路線(褒め言葉)と比べると 大分まとも……と言っちゃ失礼ですね、こなれた印象を受けました。 ミステリー……としては、あの犯人は反 [続きを読む]
  • たるしば/アタモト
  • ◆本の内容ゆるふわ柴犬マンガ。◆感想 同じ作者の『タヌキとキツネ』がツボったので読んでみました。 うん、こちらもほっこり癒し系ですね(*´ェ`*) 犬派の人は楽しめると思います。 ただ、個人的には『タヌキとキツネ』の方が好みでした。 やっぱり、ツンデレキツネさんがサイコーです。◆お気に入り度 星3つ:★★★◆日記とか雑談とか さて、なんか身体がダルいので寝まくっています。 昨日は20時くらいに寝たのです [続きを読む]
  • 美森まんじゃしろのサオリさん/小川一水
  • ◆本の内容過疎化が進む街・美森町で、岩室猛志と貫行詐織は町立探偵「竿竹室士」を営んでいた。町役場からの依頼を受けて住民たちの問題を解決する2人だが、どうやら詐織には猛志にも明かさぬ思惑があるようで……。◆感想 この作家さんは登場人物の心情を表現するのが上手いですね。 ミステリー風味……というか立派にミステリーなのですが、 あまりミステリーっぽい雰囲気は感じませんでした。 猛志君と詐織さんを中心とし [続きを読む]
  • タヌキとキツネ/アタモト
  • ◆本の内容ちょっぴり抜けてるタヌキとイジワルだけど優しいキツネのほっこりほのぼの系日常マンガです。◆感想 疲れた心が癒されますね。 読んでいて「ぷぷっ(^m^)」ってなったり 「ふふっ(*´ェ`*)」ってなったりしました。 キツネが何だかんだでツンデレなんですよ。 イジワルはイジワルなんだけど「おまえ!タヌキのこと大好きだろ!」と ツッコミを入れたくなるイジワルさです。 心がお疲れ気味の人にオススメ [続きを読む]
  • 鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン! 2/鴻池剛
  • ◆本の内容ニャアアアン!2(笑)◆感想 『鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!』と一緒に買っていました。 第2巻です(−−)v 読んでいて「ぷぷっ(^m^)」ってなりました。 ニャン様は最強ですね。 子猫のアルフが加わったことにより、 全体的な破壊力が増しています。 飼い主との関係性もさることながら、 ぽんたとアルフの関係性も中々でした。◆お気に入り度 星3つ:★★★◆日記とか雑談とか さて、雨が降っており [続きを読む]
  • 鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!/鴻池剛
  • ◆本の内容ニャアアアン!(笑)◆感想 ブサカワイイぽんたと飼い主の愛のある(?)やり取りが微笑ましかったです。 文字通り「ニャアアアン!」な一冊でした(ノ∀`) とはいえ、個人的には飼い主の表情がツボです。 目の下のクマ?のせいか、基本の表情が病んでるように見えて仕方ありません。 猫の無表情さ加減との対比で、何故か笑えてきました。◆お気に入り度 星4つ:★★★★◆日記とか雑談とか さて、今週末は基本的 [続きを読む]
  • 掟上今日子の退職願/西尾維新
  • ◆本の内容忘却探偵シリーズ第五弾です。「掟上今日子のバラバラ死体」「掟上今日子の飛び降り死体」「掟上今日子の絞殺死体」「掟上今日子の水死体」の四編が収録されています。◆感想 タイトルを見て「今日子さん、探偵廃業?!Σ( ̄◇ ̄;」っと思ったら 全然そんなことはありませんでした。 ほっ(−。−) 今回は女性刑事が相棒役?な短編集で厄介君の出番はなし。 思ったより厄介君、出てこないのですね。 面白かった [続きを読む]
  • ブラックスワン/山田正紀
  • ◆本の内容テニスクラブで焼死したのは18年前に失踪した女だった。彼女は何故失踪したのか。何故焼死したのか。その謎は過去と現在が交わることによって紐解かれる。……とか煽っておけば、いいですかね。◆感想 序盤は「ふ〜ん(−−)」って感じでしたが、 クライマックスで「うひょ〜!Σ( ̄◇ ̄;」ってなりました。 気付いても良さそうなものなのに全然気づきませんでしたよ。 ミステリーらしいミステリーです。 一応、 [続きを読む]
  • 水中眼鏡(ゴーグル)の女/逢坂剛
  • ◆本の内容ミステリー短編集です。真っ黒に塗りつぶされた水中眼鏡をかけて精神科を訪れた女性の話「水中眼鏡の女」ある夫婦から立ち上がれず喋れない妻の介護人として雇われた女性の話「ペンテジレアの叫び」昔、捕まえた精神疾患を持つ男が出所してきたと知った刑事の話「悪魔の耳」の三編が収録されています。◆感想 「水中眼鏡の女」は三編の中では一番完成度が高かったように思えます。 アレがアレでアレとアレがアレしてい [続きを読む]
  • 掟上今日子の遺言書/西尾維新
  • ◆本の内容忘却探偵シリーズ第四弾です。厄介君、ふたたび!◆感想 久しぶりに登場した厄介君が厄介君で安心しました。 名前に恥じない不遇っぷりですな。 いーよ、いーよ。 やっぱり今日子さんと厄介君のコンビが一番しっくりきますね。 読んでいて何となく安心感がありました。 あとは、セーラー服ですね! 表紙にも登場していますが、いーよ、いーよ。◆お気に入り度 星3つ:★★★◆日記とか雑談とか さて、なんかもう [続きを読む]
  • 掟上今日子の挑戦状/西尾維新
  • ◆本の内容忘却探偵シリーズ第三弾です。「掟上今日子のアリバイ証言」「掟上今日子の密室講義」「掟上今日子の暗号表」の三編収録されています。◆感想 今回は読み切り的な短編?中編?が3本でした。 何となくですが、今日子さんが本性を現し始めたように感じます。 この人は、お金大好き過ぎだ(−−; この人は、敵に回しちゃダメだ(−−; しみじみ、そう感じた一冊でした。 話の本筋とは関係ない無駄話も?多いので、 [続きを読む]
  • プログラマのための文字コード技術入門/矢野啓介
  • ◆本の内容文字コードのお話です。◆感想 文字コードについて体系だって勉強しておきたかったので読んでみました。 ごちゃごちゃしがちな内容が上手くまとめられていて分かりやすかったです。 技術者向けの内容なので、専門外の人には少し難易度が高いかもしれません。 ある程度、技術書を読み慣れている人にとっては、 分かりやすい部類に入る本だと思います。 文字コードはプログラミングをしていれば必ず出てきますからね [続きを読む]
  • 退職刑事 (5)/都筑道夫
  • ◆本の内容安楽椅子探偵もののミステリー短編集です。現職刑事の息子やその他の人が持ち込む謎を退職刑事の父親が解きます。◆感想 退職刑事シリーズの最終巻です。 作者の方が亡くなっているので仕方ないですね(´・ω・`) 古き良き安楽椅子探偵として楽しませていただきました。 言い回しが古くて読みにくい部分もありますが、 出版年が出版年ですからね。 仕方がない……というか、それはそれで趣きがあって良かったで [続きを読む]
  • シナオシ/田代裕彦
  • ◆本の内容"僕"は死んだ。後悔と共に。死後の世界で"僕"は案内人にあった。案内人は"僕"を生き返らせてくれた。別人として。時を遡って。すべては"僕"が犯した罪を無かったことにするために。"僕"は"私"になった。"僕"は為直すもの"シナオシ"になった。◆感想 『キリサキ』という作品と世界観がつながっているけど続編ではないみたいです。 機会があったら『キリサキ』も読んでみようと思うくらいには面白かったです。 ただし、 [続きを読む]
  • 秘密結社Ladybirdと僕の6日間/喜多川泰
  • ◆本の内容勉強も部活も恋愛も中途半端、ダラダラ生きていた高校生3年生の颯汰君が、とあるきっかけで、カッコいい生き方をしている大人たち・秘密結社「Ladybird」の面々と出会い、彼らの生きざまを知って、自分の人生を考え直す物語です。◆感想 なんか、いろいろと考えさせられました(´−ω−`) たま〜に、あるのですよね。 自分の現在の状況とピッタリ合って「この本は、まるで自分のために書かれたようだ」と感じる本が [続きを読む]
  • 掟上今日子の推薦文/西尾維新
  • ◆本の内容忘却探偵シリーズ第二弾です。今回は美術館の警備員・親切守君が、とある謎の解明を今日子さんに依頼します。長編?ミステリーです。◆感想 ネタバレです。 厄介君、リストラ\(−−)/ まぁ、そのうち、また出てきますけどね。 月刊少年マガジンでやってるマンガ版を読んでいるのでネタは割れているのですが 図書館でまとめ借りしちゃったので読んでみました。 個人的にはマンガ版の方が読みやすかったです…… [続きを読む]
  • 掟上今日子の備忘録/西尾維新
  • ◆本の内容身のまわりで事件が起こると、なぜか犯人扱いされてしまう冤罪体質の隠館厄介君が、1日毎に記憶がリセットされる忘却探偵の掟上今日子さんに自分の無実を証明してもらうように依頼する……から話が始まる連作短編ミステリーです。◆感想 マンガにもなったしドラマにもなった西尾維新さんのシリーズ物ミステリーです。 実は私、月刊少年マガジンでやってるマンガ版を毎月読んでいましてね。 そのため原作の方は後回し [続きを読む]
  • ちびギャラ ろくっ/ボンボヤージュ
  • ◆本の内容ちびギャラリー◆感想 うぉお!懐かしいな!おまえ! その節は大変お世話になりましたm(__)m ということで、いろいろとテンパり気味だった時期に 心の癒しとなってくれていたちびギャラリーシリーズです。 ぶっちゃけ、その気になればWeb上でも……ごほごほ(−q−)ですが、 本で読むとまた違った味わいがあります(*´ェ`*) いや〜……何と言いますか……(*;´ェ`*) 当時を思い出して懐かしくなりま [続きを読む]