ササキマコト さん プロフィール

  •  
ササキマコトさん: マコトの書庫 〜読書2000冊やってみる〜
ハンドル名ササキマコト さん
ブログタイトルマコトの書庫 〜読書2000冊やってみる〜
ブログURLhttp://i-3-i.seesaa.net/
サイト紹介文自分の今まで読んだ本をメモってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供181回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2008/10/08 22:25

ササキマコト さんのブログ記事

  • 帰ってきた腕貫探偵/西澤保彦
  • ◆本の内容「市民サーヴィス課臨時出張所」の職員にして腕貫はめた名探偵、本名はいまだ謎、そんなカレが市民の悩みをたちどころに解決する短編ミステリーです。相談者の悩みを解決する形で事件を解く安楽椅子探偵ものです。◆感想 「帰ってきた」って、どこかに行っていたのでしょうか。 久しぶりに読んだ腕貫探偵シリーズです。 今回は短編集でした。4編収録されています。 個人的なお気に入りはダントツで「毒薬の輪廻」で [続きを読む]
  • 西原理恵子の人生画力対決 6/西原理恵子
  • ◆本の内容さぁ、今回も黄金の右腕が火を噴きます。西原さんと著名な漫画家先生たちの画力対決、ついに6冊目です。◆感想 しばらくご無沙汰していましたが、このシリーズも息が長いですね。 1冊目を読んだときに感じた「何やってんだ(ノ∀`)」感は流石に減りましたが 相変わらず面白かったです。 ……というのが、当たり障りのない感想です。 マンネリ気味なのか私が飽き気味なのか分かりませんが 少しパワーダウンしてい [続きを読む]
  • 時砂の王/小川一水
  • ◆本の内容邪馬台国の女王・卑弥呼が物の怪に襲われた。間一髪で助けてくれた男は未来から来たらしい。物の怪は人類を滅ぼそうとしている悪い機械なのだそうな。助けてくれた男"使いの王"と共に卑弥呼は物の怪との戦を始める。タイムリープ物のSF長編です。◆感想 タイムリープで、放浪の旅で、悲恋で……。 設定は少しだけややこしいですが、ストーリー自体は結構単純です。 登場人物たちの心の機微が楽しみどころでしょう。  [続きを読む]
  • ドラッカー 365の金言/P.F.ドラッカー、上田惇生
  • ◆本の内容ドラッカーさんの名言が1日1個で1年分、365個載っています。◆感想 いわゆる名言集的な内容なので、お手軽に読めます。 「ドラッカーさんの本、興味はあるけど読むのが面倒くさい」な人は 読んでみても良いと思います。 そこで興味が湧いたら『マネジメント』の原典を読めば 良いのではないでしょうか。 ドラッカーさんが気軽につまみ食いできて 何となくタメになったような気分にもなれました。◆お気に入り度  [続きを読む]
  • 掟上今日子の旅行記/西尾維新
  • ◆本の内容今日子さんと厄介君がラブラブ旅行?怪盗淑女の罠にかかり今日子さんが怪盗としてエッフェル塔を盗もうとする話です。忘却探偵シリーズ第八弾です。◆感想 今日子さんが怪盗?! エッフェル塔を盗む?! とハテナマークいっぱいで読み始めましたが、なるほど、なるほど。 そうなって、そうなるわけですね。 ふむふむ。 強引といえば強引ですが、上手くオチをつけたと思います。 さすが西尾維新さんですね! とは [続きを読む]
  • 医師が教える幸せな人がやめている36の習慣/西多昌規
  • ◆本の内容こんなことを「やらない」と幸せになれますよ!な本です。◆感想 ふ〜ん(−−) ……という感じでした。 良くも悪くも普通のビジネス書といった印象です。 お医者さんがどうこうは、あまり関係ない気がしました。 この手の本が好きな人なら楽しめるとは思いますが、 あまり印象に残ってないというのが正直なところです。◆お気に入り度 星2つ:★★◆日記とか雑談とか さて、月曜日ですね。 今日は久しぶりに早 [続きを読む]
  • 人形はライブハウスで推理する/我孫子武丸
  • ◆本の内容腹話術師の持つ人形が探偵役のシリーズ物ミステリーです。今回は短編です。◆感想 シリーズ物です。 本作単体でも読めますが、できれば1作目から順番に読んであげてください。 シリーズの中心人物2人が……な展開なので、 前作までを読んでキャラに愛着が湧いてからの方が 本作は楽しめると思います。 ミステリーとしては可もなく不可もなくな印象でしたが キャラ物として楽しめました。 まだ読んでいない作品が [続きを読む]
  • マンガでわかる! 計算力の鍛え方/桜井進、松下マイ
  • ◆本の内容暗算のコツや検算のコツなど、日常で役立つ計算のコツがマンガを通して学べる本です。◆感想 上司のおねーさんが可愛かったです(*´ェ`*) ……というのは、どうでもいいですね。 飲み会のワリカンなど、日常の計算で役立ちそうな内容です。 数字クイズとかインド式計算に近い印象を受けました。 教科書で教えてくれるような計算の仕方とは違います。 「なるほど!( ̄∀ ̄)」と思えるのもありましたし 「余計 [続きを読む]
  • 初恋ロスタイム/仁科裕貴
  • ◆本の内容時間の止まった世界で少年は少女に出会った。ある日、突然、午後1時35分から1時間ほど時間が止まるようになった。その静止した世界で動けるのは自分だけ。最初は戸惑った相場孝司であったが、そこは男子高校生、自分の素直な欲求を叶えるべく近くにある共学の学校へ乗り込むのだが……。同じように静止した世界を動ける少女・篠宮時音に出会い、彼の青春は始まった。みたいな話です。泣ける青春ラブストリーです。◆感想 [続きを読む]
  • 演葬会/藤ダリオ
  • ◆本の内容死霊の姿が見えて会話もできるボーカル、予知夢を見るギター、死霊の死んだ瞬間が見えてしまうベース、霊感はないが憑依されやすい体質のドラム、そんなメンバーのバンドが霊的な問題に巻き込まれたりバンド活動をやったりする連作短編です。◆感想 タイトルと作者からデスゲーム物だと予想していたのですが、 全然そんなことはありませんでした。 確かにホラーはホラーですが、爽やかな青春ものです。 最後の方はお [続きを読む]
  • まんがでわかる超一流の雑談力/安田正、前山三都里
  • ◆本の内容『超一流の雑談力』のエッセンスを詰め込んだマンガです。◆感想 マンガなので手軽に読めました。 以上(−−)ノ ……で終わるのもアレですかね。 書いてあるのは基本的といえば基本的な内容です。 雑談に苦手意識を感じている人は読んでみても良いと思います。 とはいえ、実際に雑談をするときに 「このときの表情は〜」とか考えながら話すのも、 個人的には「どうなのよ?」という気がします。 もちろん最低 [続きを読む]
  • タヌキとキツネ 2/アタモト
  • ◆本の内容ちょっぴり抜けてるタヌキとイジワルだけど優しいキツネのほっこりほのぼの系日常マンガです。今回は新キャラも登場します。◆感想 やっぱり、疲れた心が癒されますね。 読んでいて「ぷぷっ(^m^)」ってなったり 「ふふっ(*´ェ`*)」ってなったりしました。 新キャラたちも良かったですが、やはりキツネですよ、キツネ。 私は断然キツネ推しです。 イジワルはイジワルなんだけど「おまえ!タヌキのこと大好 [続きを読む]
  • 三ツ星商事グルメ課のおいしい仕事/百波秋丸
  • ◆本の内容経理部の新入社員・山崎ひなのは、夜な夜な会社の経費を使って飲み歩いているグループリソースメンテナンス課・通称「グルメ課」の浪費実態を探るべく、スパイとして送り込まれた。グルメ課では個性豊かな面々が、確かに夜な夜な会社の経費を使って飲み歩いていた。だが、それには理由があって……。痛快お仕事小説です。◆感想 まさしくライトノベル!といった風情で、 するする読めて面白かったです。 現実と照らし [続きを読む]
  • 日本一楽しい漢字ドリル うんこ漢字ドリル 小学6年生/文響社
  • ◆本の内容うんこ◆感想 「読んだ」というよりは「眺めた」と言った方が正しいですけどね。 何となくパラパラと見てみました。 世間では賛否両論あるようですが、個人的には良いと思います。 楽しく取り組めるなら、それに越したことはないのではないでしょうか。 子どもは好きなネタですしね(ノ∀`) 実際に勉強になるかは、私は小学生ではないので分かりません。 とはいえ「嫌な」勉強には、ならなそうな内容だとは感じ [続きを読む]
  • どこかでベートーヴェン/中山七里
  • ◆本の内容『さよならドビュッシー』から始まるシリーズの中心人物、あの岬洋介の学生時代の話です。◆感想 ミステリーはミステリーですが、 キャラクター小説としての色合いが濃い作品です。 いわゆる「あの人の若い頃」的な物語です。 できればシリーズの他の作品を読んでから読んであげてください。 スピンオフではありませんが、スピンオフに近い性質があります。 大人になったあの人を知っていてこそ、楽しめる作品です [続きを読む]
  • 透明カメレオン/道尾秀介
  • ◆本の内容見た目はちんちくりん、声は美声、ラジオパーソナリティの恭太郎は今夜もいきつけのバー「if」で仲間と飲んでいた。そこに、ずぶ濡れの美少女が飛び込んできたのが日常の終わり。ひょんなきっかけで美少女から脅迫されることになった恭太郎と仲間たちは、彼女の言われるままに「とある計画」を手伝わされる。その計画とは、ある人物の殺害計画だったのだが……。みたいな話です。◆感想 最初はボーイ・ミーツ・ガールっ [続きを読む]
  • 化石少女/麻耶雄嵩
  • ◆本の内容学校で殺人事件が起こり、古生物部の女部長が素人探偵バンザイな感じでトンチンカンな?推理を披露し、お守り役の後輩がそれに振り回される話です。◆感想 (良い意味で)性格の悪い麻耶さんだからと期待し過ぎたようです。 「いつ面白くなるかな〜?」と思いながら我慢しながら読み続けたら そのまんま読み終わってしまいました(´・ω・`) エピローグで申し訳程度に、ごにょごにょしていましたけどね。 麻耶さ [続きを読む]
  • ヒポクラテスの誓い/中山七里
  • ◆本の内容有能ながら愛想のない教授、死体大好き外国人准教授、単位のためにしぶしぶ通っている研修医、やる気があるのかないのか分からない若手刑事、個性豊かな面々が活躍します。一見すると事件性のない遺体を解剖する教授ですが、それには実は理由があって……。法医学教室が舞台の連作短編ミステリーです。◆感想 どうやら中山さんの文体は私の好みに合うようです。 ぶっちゃけ警察ものって好きではありませんし 医療もの [続きを読む]
  • JC科学捜査官 雛菊こまりと“くねくね”殺人事件/上甲宣之
  • ◆本の内容科学捜査官見習いとして兵庫県警にやってきた天才女子中学生が先輩たちと協力して?オカルト事件の謎に迫る物語です。ミステリー風味のライトノベル風味の刑事ものといったところでしょうか。今回は短編です。◆感想 上甲さん、初期の作品に比べて、いろいろ上手くなったと思います(´・ω・`) 文章力とか展開の仕方とか設定の詰め込み方とか こなれた印象を受けました(´・ω・`) だが、しかし(ノ−−)ノ だ [続きを読む]
  • モップの精は旅に出る/近藤史恵
  • ◆本の内容お掃除おねーさんのキリコが彼女の職場(といっても毎回変わるわけですが)で起きるちょっとした事件を事件の当事者と共に華麗に解決する安楽椅子探偵物の短編小説です。基本的には、当事者の周りで事件が起こる→当事者悩む→キリコと遭遇し何故か仲良しになる→キリコ推理する、な流れで話が進みます。◆感想 おっ!このシリーズ、まだ続いていたんだ。 ……と思ったら、シリーズ最終巻ですか(´・ω・`) シリー [続きを読む]
  • クララ殺し/小林泰三
  • ◆本の内容『アリス殺し』の続編?です。地球と別世界がリンクしていて、別世界で起きた事件の影響が地球にも表れるような世界観です。別世界で起きた事件の捜査を別世界と地球で行います。◆感想 読む順番を間違えたっぽいです。。 先に『アリス殺し』を読んでおくべきでした。 『アリス殺し』を読んでいなくても本作を読むのに支障はありませんが、 どうやら本作には『アリス殺し』のネタバレ要素が含まれているようです。  [続きを読む]
  • 失われた過去と未来の犯罪/小林泰三
  • ◆本の内容もしも物事を覚えられなくなったら。ある日、全人類は長期記憶を失なった。10分前後しか記憶が続かなくなったのだ。しかし、人類は諦めなかった。出来事を機械的な記憶装置(メモリ)に記憶させることによって疑似的に記憶を再現することで生活を続けた。そんな世界で起こる、ちょっと異常で、それ以上に当たり前な出来事の物語です。◆感想 ジャンルはSFですね。 全人類が某・忘却探偵になってしまった世界観です。  [続きを読む]
  • スパイダー・ウェブ/椙本孝思
  • ◆本の内容見習い板前の和泉淳は殺人未遂犯として逮捕された。しかし、それは誰かに仕組まれた冤罪事件だった。幸い冤罪だと分かり釈放されたものの逮捕時の映像がサイグラス(インターネットみたいなもの)で拡散されたことにより、一躍時の人へなっていた。悪い意味で。無責任な大衆は無責任な根拠で無責任に煽る。職を失くし、身近な人にも危険が迫り、和泉は追い詰められた。そんな中で和泉が打った起死回生の一手とは……。み [続きを読む]
  • 林先生が驚く初耳学! (1)
  • ◆本の内容雑学・トリビア本。◆感想 身も蓋もない言い方をすれば、ただの雑学本です。 林先生要素は、ほとんどありません。 雑学本として読めば、それなりに面白かったです。 何かの役に立つ気はしませんが、楽しめました。 軽く読めるので、ヒマつぶしや気分転換には良いのではないでしょうか。◆お気に入り度 星3つ:★★★◆日記とか雑談とか さて、2日に1回更新している本ブログですが、 8日まで更新をストップいたし [続きを読む]