ラスベガス日本人教会 ブログ制作チーム さん プロフィール

  •  
ラスベガス日本人教会 ブログ制作チームさん: LVJCC Blog
ハンドル名ラスベガス日本人教会 ブログ制作チーム さん
ブログタイトルLVJCC Blog
ブログURLhttp://lvjcc0822.blog60.fc2.com/
サイト紹介文ラスベガス日本人教会。砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供157回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2008/10/09 06:38

ラスベガス日本人教会 ブログ制作チーム さんのブログ記事

  • 牧師室より#344「互いに愛し合う」
  • 今日は、"互いに愛し合う"ということについて考えてみました。イエス・キリストは十字架にかかる前夜、弟子たちに告別の説教(お別れの説教)を語られましたが、その中で、こう命じられました。 「わたしは、新しい戒めをあなたがたに与える、互に愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互に愛し合いなさい。互に愛し合うならば、それによって、あなたがたがわたしの弟子であることを、すべての者が認め [続きを読む]
  • 2017年夏 RV生活
  • 私たち夫婦は、2007年にアイダホからラスベガスに引っ越しして以来、毎年仕事のあるアイダホ、及び家族の居るオレゴンで夏の3-4カ月を過ごしています。その間、ここ4-5年はRV(Recreational Vehicle)で生活しています。この様な生活は、アメリカでは特に珍しいことでもなく、実際夫は、高速道路の工事夫であった彼の父親、電線工事夫だった自身の都合で幼少の頃そして自身の子供が学校に入る前までの各5-6年程RV生活をしていたよ [続きを読む]
  • 牧師室より#343「あなたの価値はどれくらい?」
  • 今日は、"人間の価値"について考えてみました。あなたは、ご自分の価値をどれ位だと思いますか? あなたの財産のことではありません。あなたご自身の価値のことです。あなたの持ち物とあなた自身の人間としての価値を混同しないで下さい。あなたは金持ちかも知れないし貧乏かも知れません。しかし、あなたの人間としての価値はそれとは何の関係もないのです。では何が人の価値を決定するのでしょうか? 物の価値は二つのものによ [続きを読む]
  • Mt. Charlestonハイキング / 神の癒しの業
  • あの暑い独立記念日の7月4日、友達と一緒に久しぶりにMt. Charleston (マウント・チャールストン) のトレイルを歩きました。今回は初めて、Cathedral Rock Trail(カテドラルロック・トレイル)に行ってみました。 ラスベガスの街から、Mt. Charlestonの車で行ける高さまでの標高差は約1600メートルあるそうです。そのため、山の気温は街と比べて10度ぐらい低いといわれています。この日、街では独立記念日のパレードが行われ、 [続きを読む]
  • 日本旅行記:神のなさることは、すべて時にかなって美しい
  • 今年は4年ぶりに息子と一緒に日本に帰る機会が与えられました。アメリカでの忙しい毎日からちょとだけ離れ、今回は両親が移り住んでいる新潟を訪れました。都心で数日過ごしてから新幹線で移動したということもあり、越後湯沢の駅に到着した瞬間、人口や速度の違いに、ホッとする自分がいました。あたかも時間が過ぎる速度が急激に減速したかのように、瞬時に自分もその環境に順応できていることに気がつきました。都会の訪問 [続きを読む]
  • 牧師室より#342「敵への愛」
  • 今日は、『敵への愛』ということを考えてみました。自分の子供にはたっぷりの愛情を注ぐけれど、他人の子供にはそうすることを惜しむお母さんがいます。なぜなら、その愛は注げば注ぐほど減るからです。だから他人の子供には使えないのです。しかし、本当の愛は使えば使うほど、その人の中で育って増えていくものです。たとえば素敵な人が現れたら、自分はその人を愛することができる、と考えている人がいます。それはちょうど素 [続きを読む]
  • 花火
  • 2017年も半年が過ぎ、夏の大きなイベント「4th of July 独立記念日」も終わり、2017年後半が始まった!という感じですね。皆さまの、4th of Julyはいかがでしたか?私はこの4th of Julyの花火を見る度に日本が恋しくなります。正確に言うと、あの日本の綺麗な繊細な花火が恋しくなります。1990年代学生としてカリフォルニアで過ごした5年間、この日に必ず「あぁ〜日本に帰りたいなぁ〜。日本の花火見たいなぁ〜」とホームシック [続きを読む]
  • Q & A 聖書の記述にはたくさんの矛盾があるのではありませんか?
  •   私はノンクリスチャンの方から時々この質問をされることがあります。そのとき、私はその方に、「たとえば聖書のどの部分ですか?」と尋ねます。するとほとんどの方が、「具体的には思い出せませんが・・・」と言われます。人は神を信じたくないとき、誰かから聞いた不確かな情報すらも、その理由として用いるものです。  実際、聖書の中には、矛盾や食い違いと思えるような記述がないわけではありません。しかし、だからと言 [続きを読む]
  • 牧師室より#341「試練は本物の人生を見出すための機会」
  • 今日は、'試練は本物の人生を見出すための機会'ということを考えてみました。『病床は人間最大の学校である』という言葉を聞いたことがあります。また、『寒さに震えた者ほど、太陽の暖かさを知る。人生の悩みをくぐった者ほど、生命の尊さを知る』とは、アメリカの詩人ホイットマンの言葉です。辛い病床生活の背後に神様の摂理があるということは確かですが、だからと言って、その状況を受け入れるというのは簡単ではありません [続きを読む]
  •  十字架から溢れ流れる泉
  •      「父の涙」という曲が初めて教会の賛美で歌われたのは、いつのことだったのだろう。とても印象的で衝撃的だった、という記憶だけが残っています。静かなしみじみとした曲に、ひとり子を亡くした父親の、言い尽くせない悲しみが込められている歌。実はそのひとり子が死んだ理由、それは、人間を救うために身代わりになって死んでくださったイエス様の愛だった、というものです。涙がとめどなく流れ、教会中が涙しながら歌 [続きを読む]
  • 手を上げて祈る
  • 「ですから、 私は願うのです。 男は、 怒ったり言い争ったりすることなく、 どこででもきよい手を上げて祈るようにしなさい。」(1テモテ 2:8)上記の御言葉の中の「手を上げて祈る」という行為について「おーーー」と納得したお話があります。世界の多くの人達の間で、手を上げる行為について3つの共通点がある。それは1. 嬉しい時、何かに勝利した時2. 降参、負けました。という表現をする時3. 子供が大きな人に抱え [続きを読む]
  • 幸せな人生の秘訣
  • 今日は、「幸せな人生の秘訣」について考えてみました。幸田露伴は、幸せには三つのコツがあると言いました。その三つのコツとは、「惜福」、「分福」、「植福」です。「惜福」とは、福を惜しむということで、言い換えれば節約をすることです。どんなに順調で豊かでも、自分に与えられたものを無駄遣いせず、祝福を使い切らない、そんな節約が幸せな人生のコツだという意味でしょう。「分福」とは、幸福を人に分けるということで [続きを読む]
  • 砂漠に川を流れさせた神 〜教会設立15周年を前に〜
  • LVJCC初の集合写真2002年9月28日 砂漠の街ラスベガスに、今年も厳しい夏がやって来ました。今日の最高気温は摂氏47度、明日の予想最高気温も47度、湿度は10%前後なのでカラッとしていますが、強烈な直射日光がチクチク肌に刺さるように痛く感じます。 そんなラスベガスの暑い夏が来ると、教会の設立記念日が近いことを思い出します。LVJCC/ラスベガス日本人教会が正式に誕生したのは2002年8月22日ですから、今年2017年は15周年に [続きを読む]
  • 言い訳が通じなくなる時
  • ある日、夫と二人でレストランで食事をしていると、小さな子供二人を連れた若い女性が入ってきました。その数分後、男性が入ってきてその親子の席に着きました。その直後から私たちがレストランを出るまでの約15分間、ノンストップの言い訳話が始まったのです。その間女性は、3-4度程口をはさみましたが、それ以外は男性が話し続けていました。最初の数分で聞くのも嫌になるくらいどうしようもない言い訳でしたが、男性の声が大き [続きを読む]
  • 人生で最も後悔していること
  • あなたにとって、「人生で最も後悔していること」は何ですか?アメリカでのとても興味深いデータがあります。それは80歳以上の老人を対象としたアンケート調査で、その質問は、「人生で最も後悔していること」は何ですか?というものでした。皆さんはどんな回答が多かったと思われますか?面白いことに、70%の人が全く同じ回答をしていました。それは、「チャレンジをしなかった」というものでした。70%の人が、「チャレ [続きを読む]
  • ただで与えなさい
  •     ある日、小学校に通うピーターは、お母さんにこう言いました。「お母さん、僕は髪を伸ばすことにしたよ。長ーく伸びたら、ガンの治療をしている人たちのウイッグを作っているところに寄付するんだ。そしたら一人か二人は、僕の髪の毛で作ったウイッグを使えるでしょ?いいアイディアだと思わない?」お母さんは微笑んで、「いいアイディアだと思うけど、伸びるまで長くかかるわよ、できるの? 第一、何でそんな事思いついた [続きを読む]
  • In ? N ? Out Burger (2)
  • Lynsiが語る生きた証し先週のIn ? N ? Burger (1)に続き、35歳で億万長者となった In-N-Outバーガーのオーナー社長Lynsi Snyder (Lynsi Torres)の生活が、主によってどのように変えられたかご紹介させていただきます。クリスチャンファミリーに生まれたLynsiは、自身もクリスチャンハイスクールを卒業しています。そんな彼女の最初の大きな困難は12歳の時に訪れました。両親が離婚したのです。それ以来、人からの注目や愛情、特 [続きを読む]
  • 神からの夢を見よう
  • 今日は、神は夢を与えることであなたの信仰を成長させて下さるということを思わされました。「・・・わたしたちのうちに働く力によって、わたしたちが求めまた思うところのいっさいを、はるかに越えてかなえて下さることができるかたに、・・・・栄光が世々限りなくあるように、・・・」(エペソ3:20−21)信仰は筋肉に例えることができます。それは強めることができ、どれだけ使うかによって、強くなったり、弱まったりす [続きを読む]
  •  ゴリアテと戦ったダビデの快挙を思う出来事
  •      メキシコ中部プエブラ州の山岳地帯を走る50kmの過酷なマラソン大会「UltraTrail Cerro Rojo(山岳ウルトラマラソン)」が4月29日に開催され、チワワ州の先住民で22歳のMaría Lorena Ramírezさんが女性部門でエントリーし、ぶっちぎりで堂々の1位を獲得し、話題をさらいました。 マリアさんは他のアスリート達がスポーツウエアに専用シューズ、またエネルギーを補う食品やドリンク等を持つ中、水だけを携えて、T [続きを読む]
  • In-N-Out Burger (1)
  • 35歳で億万長者、米「ハンバーガー姫」の素顔と言うタイトルのニュースをYahooで見つけ「誰だ誰だ?」と興味津々で記事を読みはじめました。記事には、「ハンバーガー姫」とは、あのIn-N-Outバーガーの社長でありオーナーである、Lynsi Snyder (Lynsi Torres)のことであり、In-N-Outバーガーとはどのようなバーガーショップなのか? その創設、現在の店舗数や市場価値、創業者とその後の経営者等の情報に続き、本題であるLy [続きを読む]
  • 牧師室より#337「小さな愚かさが人生を台無しにする」
  • 今日は、伝道の書10章を瞑想し、色んな思いを主から頂きました。こうして祈りと御言葉を通して主の無尽蔵の知恵に触れられるということは何という幸いであり特権でしょうか。「死んだはえは、香料を造る者のあぶらを臭くし、少しの愚痴は知恵と誉よりも重い。」(伝道の書10:1)ここでは、少しの愚かさが死んだはえに例えられています。もし一匹のハエが調合した香油の中に落ちて死ねば、悪臭を放ち香油全体を損ねて [続きを読む]
  • 6歳の霊の誕生日?!ペンテコステ礼拝を前に。。。
  • 先日ある姉妹から、本ブログに6年前に搭載した、ある記事(こちらから)を共有してもらいました。息子の洗礼式からちょうど6年が経とうとしており、霊の6歳の誕生日祝いのお言葉をいただきました。以前の記事のことをすっかり忘れていた私にとって、改めて重要なことにハッと気づかされた瞬間でもありました。思い起こせば、息子が信仰告白をして、ペンテコステ礼拝で5歳の歳にして洗礼の恵みに預かってから、早6 [続きを読む]
  • ペンテコステ(聖霊降臨日)
  • 先日イエス様の復活をお祝いしたばかりのような気がするのですが、早いものでイエス様が弟子たちと過ごされた40日間も過ぎ、来週日曜日6月4日がペンテコステ(聖霊降臨日)ですね。今まで、ペンテコステのことについて、そしてその日のことについて真剣に向き合ったことが無かったことに気づき、聖書を読んでみました。イエス様は十字架にかかられる前に、もうひとりの助け主、聖霊の事について弟子たちに話をされました。わ [続きを読む]
  • 牧師室より#336「収穫の原則」
  • 今日は、”収穫の原則”ということついて考えてみました。  「蒔く人に種と食べるパンを備えてくださる方は、あなたがたにも蒔く種を備え、それをふやし、あなたがたの義の実を増し加えてくださいます」(IIコリント9:10) あなたは、自分の必要の供給源として、神だけに頼る決断をすることの大切さを考えたことがありますか? 私たちクリスチャンは、自分の必要を満たすために、神だけを頼りにし、他の [続きを読む]