麻生英之 さん プロフィール

  •  
麻生英之さん: 麻生英之建築設計事務所
ハンドル名麻生英之 さん
ブログタイトル麻生英之建築設計事務所
ブログURLhttp://asoar.exblog.jp/
サイト紹介文千葉県で住宅の設計活動を行っています。建築のこと、私生活のこと、日々の感じたことを記載します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2008/10/09 10:33

麻生英之 さんのブログ記事

  • 構造検査
  • 新田の家新田の家C邸は順調に工事が進み構造材の取付がほぼ終了し、構造検査を行いました。一箇所一箇所の金物の取付状況、釘及びビスの数等を見ていき、朝から午前中いっぱいかけ終了しました。いくつかの是正事項がありましたが、その部分は再度検査行います。写真はキッチンから見たリビングです。左側上部は吹抜けで、天井は無垢材の梁が連続して見える形となります。 [続きを読む]
  • 新緑
  • 週末に鹿沼市にある夕日岳に登ってきました。当日、スタート地点の古峰神社は曇りでしたが、登り始めてすぐに霧雨が降り始め、結局戻って来るまでずっと降っていました。夕日岳は約1500mの高さで、晴れていれば眺望もあるのだと思いますが、山頂はまったくなにも見えない状況でした。それでも、新緑やニリンソウ、アカヤシオ等の花も見る事が出来、頂上の宴会も楽しいものでした。写真は途中の新緑です。圧倒的な緑の量と美しさは [続きを読む]
  • 新緑
  • 新緑の季節になりました。連休中に北国分の家のお施主さんからご自宅の新緑の写真を送って頂きました。玄関から庭を撮った様子で外部デッキと鮮やかな新緑の先に可憐な黄色のモッコウバラが見えています。素敵な写真で、お言葉に甘えてお邪魔したくなりました。連休も明日までですが、素敵な休日をお過ごしください。 [続きを読む]
  • 永代橋
  • 先日江東区の佐賀という場所に仕事で行きました。場所は仕事で通った箱崎の隅田川の反対側です。事務所から武蔵野線で八丁堀の駅に向かい、永代橋を渡る経路で行ってみました。永代橋は車で渡った事がありましが、徒歩で渡るのは初めてです。渡るところに碑があり、それによると1926年に架けられたとの事でした。徒歩でゆっくり渡りながら眺めると、ごつさの中に曲線を使用した柔らかさがありなかなか見ごたえがありました。特に端 [続きを読む]
  • 上棟-1
  • 新田の家新田の家C邸上棟しました。当日雨が心配でしたが、朝にはやみいい天気になりました。毎朝、施主のCさんご家族は通勤時に現場の前を通るとの事です。朝の時点で基礎しかなかったのが、帰宅時には家の形が現れるのはやはり感動するのではないでしょうか。私も今後空間を実感しながらの打ち合わせが楽しみです。 [続きを読む]
  • 外壁の色
  • 新田の家C邸は4月中に上棟、Y邸も数週間遅れて上棟予定です。先日、工務店にて設備機器、サッシ、屋根等の色決めを行いました。外壁の色はまだ先ですが、屋根やサッシを決めるのにはある程度の方向性をだす為に候補の確認を行いました。今回使用する外壁材は白州そとん壁です。工務店の駐車場にかなり大きな見本があり、それでみんなで選びました。外壁の色は日が当たるかどうかでも微妙に変化します。時間をかけて最終的に候補 [続きを読む]
  • 配筋検査-1
  • 新田の家地盤改良工事が終了し、敷地奥側のC邸から基礎工事が始まりました。今年の春は温度もそうですが、天気も不安定でした。住宅の現場は屋根が出来るまでは天気に左右されながら進んでいきます。予定よりも少し時間がかかりましたが、本日配筋検査を行いました。ほとんど指摘事項もなく、無事に検査は終了し次の段階に進みました。写真はきれいに組まれた耐圧盤の様子です。コンクリート打設後見えなくなってしまう好きな現場 [続きを読む]
  • ストーブ
  • 事務所のクリーンヒーターが昨日から調子悪くなりました。本日は自宅から電気ファンヒーターを1台持参し、事務所にある2台の電気ストーブと合計3台を椅子の周りに配置し、仕事しています。4月の半ばでこんな寒い日があるとは思いませんでした。上着のダウンも1度も脱げません。皆様暖かくしてお過ごしください。 [続きを読む]
  • 4月の風景
  • 3月は年度末で多くの提出物があり、あっという間に過ぎました。4月になりこの何日かは桜の話題がニュースでも盛んに取り上げられています。今朝、事務所に行く前に毎年楽しみにしている近くの桜並木を見てきました。ここは農道に植えられた桜並木で、工事中の外観道路の近くです。この道は工事の影響で行き止まり状況になっていて通り抜ける事は出来ません。ほとんど人も通らなくなっても、桜は見事に咲いていました。桜は並木と言 [続きを読む]
  • 堀部安嗣展
  • 先日の日曜日までギャラリー間で開催されていた堀部安嗣展見てきました。堀部安嗣は住宅を主に手掛ける建築家です。住宅の空間は雑誌では見る事が出来ますが、なかなか内部まで見る事は出来ません。私も堀部氏の作品は外観からしか見たことがありませんでした。展示で圧巻だったのは30分の短編ドキュメンタリー映画です。お施主さんのインタビューを交えながら、空間の使い方や人の流れ、音等が実感出来ました。現在住宅は省エネ等 [続きを読む]
  • 地盤改良工事
  • 新田の家3月も半ばになると、暖かい日が多くなり春が近い事が実感できます。現場に行くときもモクレンやこぶしの白い花がきれいに見る事が出来ます。新田の家は先行したブロック塀の工事が終了し、地盤改良工事が始まりました。工事日当日、位置の確認を行いました。その時点で、位置の相違があり、是正後午後からのスタートとなりました。今回の改良工事はハイスピード工法という砕石を使用した工法です。来週半ばで工事が終了し [続きを読む]
  • 地鎮祭
  • 新田の家先日新田の家の地鎮祭を行いました。昨年の3月に初めて施主のYさん、Cさんが事務所に来られてほぼ1年経過しました。その間ずっとご家族と家の話をしてきました。家の事を考える事は、5年、10年先の事も想像する事です。解答は無限にあり、その中から自分達らしいスタイルを考える事は時間がかかります。試行錯誤しながら基本設計、実施設計、見積調整、契約と進みました。そして既存解体が終了し、この日を迎える事が出 [続きを読む]
  • 山口
  • 少し前に山口を旅する機会がありました。宇部山口空港から車で萩、下関、門司までぐるっと廻ってきました。旅をして一番興味深いのが、訪れる場所や建物に関係する人々の思いや考え方に触れる事です。今回10件近い古民家を見る事が出来ました。どこがというよりもその街並みや立地に関心を持ちました。また、たまたま寄った東光寺の灯篭と、長門市の元乃隅稲成神社の海からの連続した鳥居等の外部空間がもつパワーが印象に残りまし [続きを読む]
  • 津森山
  • 週末に房総の津森山に登ってきました。津森山は房総の鋸南町付近にある低山で標高は336mです。年末にお子さんを含む家族と房総の大福山に登り、ほぼ同じメンバーでのハイキングでした。佐久間ダムに車を置き、そこからのんびり歩きました。この地域はスイセンの産地でコースの両脇にちょうど見頃の花を見る事が出来ました。また、河津桜(この地域では頼朝桜といっています)や梅の花も咲き始めていました。津森山までは房総の里 [続きを読む]
  • 東京スクエアガーデン
  • 京橋で中央通りを車で走ると圧倒的に緑を配置した東京ガーデンスクエアが目に留まります。山用品のモンベルが入っているビルです。本日、近くで打ち合わせがあり、寄ってみました。ビルの緑化は最近の傾向ですが、ここはエントランス廻りだけでなく3層付近まで多彩な植栽が施されています。3階には庭園があり、気持ちいい外部空間がありました。庭園の端にエレベーターがあり、1階に行く動線としても使われているようでした。写 [続きを読む]
  • 今年もよろしくお願いします
  • あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。今年の仕事始めは、5日からでした。お正月は家族が一緒にいる時間が出来、その距離も近く感じながらのんびり過ごしました。家族の変化があっても昨年と同じように過ごせる事がうれしく思いました。写真は今年の事務所の年賀状です。昨年完成した東船橋の家を使わせて頂きました。施主のUさんご夫婦は引越し後に家族が増えにぎやかなお正月を迎えられていると思いま [続きを読む]
  • 今年1年ありがとうございました
  • 本日で今年の仕事は終了です。今日は少し掃除と整理をする予定です。来年はいくつかの現場がスタートし、形になります。また今年完成した東船橋の家はHPに掲載させて頂きました。時間がありましたら見て下さい。東船橋の家今年1年ありがとうございました。皆さんに感謝し来年いい年になるように願っています。仕事始めは1月5日からです。来年もよろしくお願いします。 写真はホコリを払い少しきれいになった模型棚です。 [続きを読む]
  • すみだ北斎美術館
  • 11月に両国駅近くにオープンしました。設計は妹島和世さんです。なんの知識もなく行くと思ったよりずっと小さい美術館でした。3面道路、1面が公園に隣接してどこも正面の印象です。行った日は土曜で出来たばかりの事もあり混んでいました。それほど広くない事、展示室までエレベーターだという事もあり、この美術館は少し経って人がいない時に行くほうが良さそうです。北斎はじっくに見たのは初めてでしたが、想像以上に面白かっ [続きを読む]
  • 撮影
  • 東船橋の家週末に撮影をさせて頂く為に久しぶりにお邪魔しました。4か月以上経った家の中はすっかりUさんご家族らしいすてきな空間になっていました。この時期なので、ツリーやリースもありました。今回初めてUさんの家の男の子から「あそうさん」と呼ばれ少し遊ぶ事も出来ました。写真は子供室の様子です。おもちゃがたくさんあり、楽しさがあふれていました。 [続きを読む]
  • 金時山
  • 週末に箱根の金時山登ってきました。数日前の降雪でスタートから雪山登山のような状態でしたが、天気も良く気持ちよく登れました。富士山が見える事を期待していましたが、途中から雲がでて頂上からは見る事が出来ませんでした。頂上の天気は、雲の流れが速く、刻々と変化しました。一瞬の青空や仙石原、御殿場の街並みが見える部分もありました。ちょっと粘れば富士山も見れる可能性もありましたが、この日は明神ヶ岳まで縦走する [続きを読む]
  • ブルーノタウト
  • 熱海の家こと旧日向別邸は1936年に建てられ、現在熱海市が管理し、予約制で見学する事が出来ます。設計はブルーノタウトというドイツの建築家です。私の知識ではタウトは初めて海外に桂離宮を紹介した研究者のイメージでしたが、ドイツでは評価された多くの作品を残した建築家で、日本にいた3年半の間に残した唯一現存する作品が日向邸です。場所は熱海の駅からすぐの高台で、本宅の設計は渡辺仁、そこの崖のすぐ下にRCで地下室 [続きを読む]
  • ホリの金物
  • 少し前になりますが、堀商店の人が事務所に来てくれました。堀商店は扉に使用するレバーハンドルや鍵のメーカーです。私も良く使用させて頂いていてHPでも紹介しています。最近はマンション、メーカーの住宅とも既製品のドアを使用する事が多くその場合レバーハンドルも付属品となり、ホリのような特殊なハンドルを見る機会は少なくなっているかもしれません。いくつかの特注の商品や新商品を見せて頂き、改めてホリの良さを実感 [続きを読む]
  • 貴重な体験
  • 先日、ある建築家のご自宅を見せて頂く機会がありました。住宅雑誌では内部を見たことがありましたが、居心地が良く素晴らしい空間でした。なかなか施主の家では試せないような挑戦的な事も多々あり、時間はあっという間に過ぎていきました。その後本人が設計された目白にある「ぎんきょう」というフランス料理の店でランチを頂きました。この店にはミュシャの作品が多くありました。(美術館でしか見たことがありませんでした)絵 [続きを読む]
  • 学校さま
  • 所属している建築士会の見学会で足利市に行ってきました。足利市に行くのは初めてでしたが、私の住んでいる市川市からバスで2時間半とわりと近く感じました。足利学校、及び隣接した鑁阿寺(ばんなじと読みます)を見学した後、栗田美術館というコースでした。足利学校は日本最古の学校といわれ、諸説あるようですが、室町時代には学校となっていたようです。隣接した鑁阿寺も室町文化をつくった足利家の氏寺で、当時の繁栄が想像 [続きを読む]