ひろろろろ さん プロフィール

  •  
ひろろろろさん: 千葉県発!温泉・スパ銭・湯〜ライフ
ハンドル名ひろろろろ さん
ブログタイトル千葉県発!温泉・スパ銭・湯〜ライフ
ブログURLhttp://hirorororo000.blog96.fc2.com/
サイト紹介文温泉大好き!千葉県在住の管理人がエコノミーな温泉・スパ銭紹介を中心に旅行や日常を綴るブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供121回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2008/10/10 12:12

ひろろろろ さんのブログ記事

  • 那須温泉元湯 鹿の湯
  •  かつて鹿が傷を癒したという伝説の残る名湯。 聖武天皇の時代(738年)の正倉院文書にも記録があるこちらの温泉を訪ねました。 那須温泉元湯 鹿の湯   那須の名勝、殺生石のすぐ近くに、源泉があります。  目の前の川はすべて酸性硫黄泉が流れ、硫黄の香りがプンプンと立ち込めます。  湯小屋の中には、鹿の骨のオブジェが。  さてお風呂ですが、入口付近にかぶり湯槽があり、48℃の熱湯を頭から200回かける習わ [続きを読む]
  • 古町温泉 もみじの湯
  •  古町温泉は塩原十一湯のひとつ。 ここに湧く公共野天風呂を訪問。 古町温泉 もみじの湯 観光情報館の塩原もの語館の前には箒川の清流。   ここに架かる紅の吊橋を渡り対岸にもみじの湯があります。   板塀を入ると、簡易的な脱衣所。  浴槽は、Rのついたコンクリート枠の中浴槽が1つ。  浴槽は2つに仕切られ、湯口側が温湯、そのとなりが適温です。  湯口から注がれる温泉はほぼ無色透明で黒い湯の花混。   [続きを読む]
  • 塩原温泉 光雲荘
  •  那須塩原でまっとうな温泉を使い無料で入浴させていただきました。 塩原温泉 光雲荘  入口には、たくさんの見事なユリがお出迎え。  建物は、結構古いのですが、中に入るとしっかり改装されていてとても奇麗です。 こちらは、創設者の胸像。  大浴場入口前には、ちょっとした休憩スペース。   大浴場は、宿名にひっかけた幸運の湯。 暖簾をくぐり脱衣所へ。  本日、一番乗りなので脱衣所は清掃が施され整然として [続きを読む]
  • 正嗣 氏家店
  •  喜連川温泉での湯浴みを楽しんだらちょうど昼時。 正嗣 氏家店  宇都宮餃子の名店で氏家にも店舗がありました。 さすがに人気で行列ができていました。 それでもメニューは餃子のみなので回転が早く10分で店内へ。 焼餃子と水餃子を注文! まずは焼餃子  カリッと焼きあげた皮とジューシーな餡。 流石、餃子の人気店。 美味いです。 続いて水餃子。  宇都宮流の食べ方は、餃子のタレとラー油を入れてスープのよう [続きを読む]
  • 喜連川早乙女温泉
  •  泉質が良いと評判で前から気になっていたこちらを訪ねました。 喜連川早乙女温泉   東北自動車宇都宮ICから30分程度でさくら市。 R293をニッカウイスキー工場の方に向かい、何もない山の中に建っています。 入口の周りは木が伸びまくり。  建物はかなりの年季を感じます。  玄関前では、ネコがお昼寝中。   館内は、スマホNG。 受付で料金1050円(高っ!)を払い、無料の貴重品ボックスに財布やらを預け、浴場へ。 [続きを読む]
  • 沖縄旅行記 11(お食事処 三笠 久米店)
  •  沖縄最終日。 本日は、9:50分発のバニラに乗って帰るだけ。 しかし、1つ心残りが。 それはお店で沖縄そばを食べていないこと。 ということで朝食に沖縄そばを食べよう! お食事処 三笠 久米店  24時間営業なので、朝の7時半でも沖縄そばを食べられます。  沖縄そば 650円  かまぼこ、ラフテーがのったオーソドックなスタイル。 かつおと豚だしがベースのスープといい、麺といいすべてオーソドックス。 [続きを読む]
  • 沖縄旅行記 10(Mr.KINJO ヴィオレット東町)
  •  沖縄最後の宿はこちら。 Mr.KINJO ヴィオレット東町  普通のワンルームマンション中心のコンドミニアムスタイルの宿。 こじんまりとしたフロントには、デスクスペースとフリードリンクサーバー。    一応の心遣い。  ツインベッドは、マットレスが柔らかく私にはフィットしませんでした。   バストイレ別。   洗濯機、乾燥機付きで長期滞在も可能です。  窓からの眺めは雑居ビルビュー。  調理道具は、有料 [続きを読む]
  • 沖縄旅行記 9(阿嘉島 慶留間島編)
  •  一旦、フェリー乗り場に戻り、阿嘉大橋を渡ると慶留間島に到着。   こちらは、岩礁に囲まれ有名なビーチがあるわけではなく素朴な島です。 一本道を突き進むと最後は、堤防のある浜にたどり着きます。  サンゴの有無はわかりませんが、穏やかできれいなビーチなのでここで遊ぶのもいいですね。 すぐ隣には幼稚園と小学校の合同施設。  こちらは沖縄県重要文化財の高良家  鬱蒼とした森は、ケラマジカ生息地。  気が [続きを読む]
  • 沖縄旅行記 8(阿嘉島 ニシバマビーチ編)
  •  阿嘉島に到着!  フェリー乗り場前には、マリリンに逢いたいのモデルとなったシロの像が。  目的のニシバマビーチまでの交通手段として、レンタサイクルを竜登城という民宿で調達。  4時間800円なり。 チャリで10分強走るとニシバマビーチです。  手前から3段階に変わる海の色。   これが本物のケラマブルー!  感動ものです! ゴーグルをつけてシュノーケリング開始。 すぐに、サンゴ群が表れ青い熱帯魚 [続きを読む]
  • 沖縄旅行記 7(阿嘉島 就航編)
  •  沖縄旅行3日目は、離島へ! 阿嘉島  那覇から離島に行く場合、とまりんからフェリーに乗ります。   チケット売り場  島でのお弁当はとまりんのマーミヤかまぼこで調達。   ゴーヤチャンプルーのお弁当をゲット!  港の風景。  いよいよ、フェリーざまみに乗船です。  船内には、様々なタイプの客席がありますが、1時間半の旅なので、どこに陣取っても大差はないかな?   私はこちらの席をゲット!  出航 [続きを読む]
  • ホテルルートイン那覇泊港
  •  ルートインは、全国展開するビジネスホテルで、全国均一の安定したサービスが魅力。 特に大浴場を備えていることが、風呂好きにとってはメリットです。 ホテルルートイン那覇泊港  あまり広くないロビーにもしっかりとソファーが備えつけられています。  お風呂は、旅人の湯と銘打った大浴場を備えます。 脱衣所は、意外とゆったりサイズ。  お風呂は中浴槽が1つ。   お湯は、入浴剤を使った人工ラジウム鉱泉。   [続きを読む]
  • 沖縄旅行記 6(ホテルルートイン那覇泊港)
  •  沖縄2日目の宿は、ここっ! ホテルルートイン那覇泊港 明日、離島に行くのでとまりんに近いホテルにしました。 全国にチェーン展開しているルートイン。 部屋は、どこに泊まってもほぼ一緒。 手狭なシングルルームですが、清潔感も含め全く問題なし。    朝食は、オーソドックスなバイキング。 和食はこんな感じ。  焼きたてパンは、ホテル自慢の一品。  沖縄らしくサーターアンダギーも。  品数、味ともビジネ [続きを読む]
  • 沖縄旅行記 5(ハイウエイ食堂)
  •  ゆいレール美栄橋から6、7分。 派手な電飾の24時間営業の食堂でディナータイム。 ハイウエイ食堂  こちらでいただくのはサーロインステーキ(200g 1,100円) テーブルの上には、麦茶がドン。  まずは、サラダとスープ(マッシュルーム味?)  しばらくすると、鉄板がジュージューいいながらこの状態で運ばれてきます。  なかなかのボリューム感でビジュアルもいい感じ。  A1ソースをかけ、ナイフを入れると・ [続きを読む]
  • 中乃湯
  •  沖縄にも温泉施設ができつつある中、昔ながらの温泉銭湯もあるんですね。 中乃湯  コザの路地裏にあり、ちょっとわかりにくい立地。 年期の入った建物の前では、地元のおじい、おばあ達がゆんたく中。 本来は、こちらでお金をはらうところ、ゆんたく中のおばあの1人がどうやら店の人だったようで、このおばあに370円を払い入館。  脱衣所には、木製ロッカーがあり、浴室との仕切り扉はありません。  中央に楕円形の [続きを読む]
  • 沖縄旅行記 4(仲原遺跡)
  •  伊計島温泉のすぐ近くで、遺跡の案内を発見し、立ち寄りました。 仲原遺跡  こちらは、縄文時代の村の跡で竪穴住居が見つかった他、土器の鉢や壷、石斧類、骨製の針、錐、貝殻類が出土しています。 現地には復元した竪穴住居が。   サトウキビ畑の中にひっそりと保存されているこの場所で、遠い過去におもいを馳せてみるのも一興です。 ●住所 沖縄県うるま市与那城字伊計FC2ブログランキングに参加しました!今日も一 [続きを読む]
  • 伊計島温泉 黒潮の湯
  •  沖縄本島から海中道路を経て伊計島へ。 島の東端に建つホテル、AJリゾートアイランド伊計島に新しい温泉がオープンしました。   AJリゾートアイランド伊計島  ホテルの入口にはシーサーが鎮座。  ちょっと無機質なロビーとショップ。   フロントで1200円(タオルセット付)を払い、暖簾をくぐります。  脱衣所は、オープンしたてなのでとても綺麗です。  ちょとした休憩スペースも。  お風呂は、内湯と露天で構 [続きを読む]
  • 沖縄旅行記 3(コマカ島)
  •  沖縄2日目は、シュノーケリングに行きます。 コマカ島 知念海洋レジャーセンターからボートで数分で着く無人島てす。   ボート代2500円(レンタカーの地図についているクーポンで500円引)とライフジャケット代500円を払い、コマカ島へ。    白い砂とちょっとした岩場、人工のものは桟橋とトイレだけなので、滞在時間に合わせて食べ物や飲み物は持参します。   海の透明度はよく、餌付けしている魚がウヨウヨいます [続きを読む]
  • ユインチホテル南城 猿人の湯
  •  沖縄南部、南城市に湧く極上の湯のレポです。 ユインチホテル南城 猿人の湯  ホテル併設で日帰り利用も広く受け入れる好施設。  猿人の目は夜光ります。  シンボルカラーは琉球王朝をイメージさせる紅色。  紅型や人力車のオブジェ。   猿人のコーナーもあります。   それでは暖簾をくぐりましょう。  浴場は、こんな配置。  一段高い所に楕円の中浴槽。    その下に大浴槽を配置。  注がれるのは、塩 [続きを読む]
  • ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年 200ml当選♪
  •  お試しサイトのモラタメからお届け物! ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年 200ml アルコール系の当選は大歓迎! 200mlと微妙なサイズですが、普段は角瓶なので、スコッチはうれしいですね! 今回はレモンフレーバーの炭酸水で割ったハイボールでいただきました。  アテは、沖縄で調達したおつまみ。 スコッチのビター&スモーク感は、水割りかロックの方がいいですね!FC2ブログランキングに参加しました!今日も一 [続きを読む]
  • 浦添の湯
  •  浦添にあるスポーツクラブ、ジスタス浦添の3階にある施設、浦添の湯のレポです。   沖縄は、潮風に台風など過酷な自然環境なのかコンクリートの外観はかなり傷んでいます。 17時までのサービスタイム620円を狙って、入浴券を購入。  脱衣所は、ロッカーはきれいですが、垢抜けません。   お風呂は、内湯中心。 八角形の浴槽に注がれるのは古代海水温泉  約800万年前の地殻変動によりとじこめられた海水を1500mから [続きを読む]
  • 沖縄旅行記 1(出発)
  •  ANAマイルの使用期限が迫ってきたのでバニラエアの特典航空券をとり、少し早い夏休みを楽しんでしました。 目的地は、沖縄! シュノーケリングと温泉巡りが目的です。 今回は、京成電鉄で空港に行くことに。 バニラは2回目の搭乗ですが、新第3ターミナルは初めて。  フードコートやこんな寿司屋までできたんですね〜   ウロウロしてたらあっという間に搭乗時間。   約2時間半のフライトで那覇空港! しかしメインタ [続きを読む]
  • 高湯温泉 安達屋(再訪)
  •  今年も白濁した硫黄泉を求めて福島県高湯温泉の常宿に宿泊。 高湯温泉 安達屋   和の雰囲気が漂う外観は、いつもながら落ち着いています。 玄関周りの設えは湧き水をイメージ。  小さなフロントと囲炉裏のロビー。   フリードリンクコーナーも充実しています。  民芸家具が置かれた廊下を通って暖簾をくぐり、お風呂へ。   本日は貸切なので、女性用の姫の湯に。   脱衣所は籐の脱衣籠と焼物の洗面台が洒落て [続きを読む]
  • 湯けむり 天然秘湯 龍泉の湯
  •  成田市、北総線スカイアクセス成田湯川駅の近くに平成29年6月にニューオープンした温泉を訪問。 湯けむり 天然秘湯 龍泉の湯   秘湯というだけあって、成田ニュータウン方面からは非常に行き辛い立地。 というのも成田湯川駅から線路を跨ぐ道路が2本通行止状態で迂回しなければならないからです。 ネーミングの由来は、この地に纏る龍の伝説から。  券売機で入浴券を購入し、暖簾をくぐります。  脱衣所は、100円リ [続きを読む]
  • うどん紬麦
  •  京成バラ園の向かいにある新築一軒家の1Fを店舗にしたうどん屋さん。 うどん紬麦  そう広くない店内は、八分の客入り。 メニューを見て、うどんと天丼を少しずつ楽しめるセットを注文。  うどんのダシは関西風で、昆布、煮干、鰹、サバなど数種類の天然素材が効いた上品な薄味。 希望で関東風にもできるみたい。 麺は、やや細めで讃岐うどんのようなコシはありませんが、つるりとのど越しのよい一品。  かき揚げは、 [続きを読む]