東岳証券スタッフ さん プロフィール

  •  
東岳証券スタッフさん: 東岳証券情報局
ハンドル名東岳証券スタッフ さん
ブログタイトル東岳証券情報局
ブログURLhttp://ameblo.jp/easthill-fx-cfd/
サイト紹介文東岳証券スタッフによるブログ☆タイムリーな金融関連記事と面白情報満載のコラムをお届けします!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2014回 / 365日(平均38.6回/週) - 参加 2008/10/13 22:07

東岳証券スタッフ さんのブログ記事

  • 原油相場は大幅に上昇
  • 3月29日の金相場は小幅に上昇した。トランプ政権への不透明感から金は上昇したが、ドルが反発したこともあり上値は限定的だった。市場筋からは、「金の割高感が意識されている」との声もある。現在、金相場は1252.45で推移している。(8:44) 3月29日の原油相場は大幅に上昇した。米国の週次統計で石油在庫とガソリン在庫が予想以上に減少したことを受けて、原油買いが進んだとみられている。市場筋からは「今後米国の原油増産が [続きを読む]
  • 前日のニューヨーク市場
  • 3月29日のニューヨーク市場でドル円は反発した。米国経済指標が市場予想よりも強い内容だったことを受けて、ドル買いが進んだとみられている。本日は、米国新規失業保険申請件数が予定されており、その結果に注目が集まっている。市場筋からは、「111円付近でのもみ合いが続く」との声もある。現在、ドル円は111.057で推移している。(8:28) 3月29日のニューヨーク市場でユーロドルは下落した。ECB当局者がハト派的なメッセージ [続きを読む]
  • 米国第4四半期GDP・確定値発表
  • 時間 国名 国内/海外主要経済指標等 前回 予想 重要度18:00ユーロ圏3月消費者信頼感・確定値 -5.0 -5.0△21:00ドイツ3月消費者物価指数・速報値(前月比)0.6%0.4%〇21:30米国第4四半期GDP・確定値(前期比年率)1.9%2.0% ◎21:30米国新規失業保険申請件数(万件)25.824.5 ◎21:30米国USDA・週間穀物輸出成約高-大豆(万トン)73.82-◎21:30米国USDA・週間穀物輸出成約高-小麦(万トン)41.85-◎21:30米国US [続きを読む]
  • 3月29日FX・CFD主要銘柄の動き
  • FXEURUSD終値 1.07633必要証拠金47,796変動幅-0.402% USDJPY終値 111.015必要証拠金44,406変動幅-0.142% GBPUSD終値1.24337必要証拠金55,213変動幅-0.081% 商品CFDXAUUSD(スポット金)終値 1252.8必要証拠金69,540変動幅0.136% CL_(WTI原油)終値49.56必要証拠金27,510変動幅2.397% 証券CFDDJ_(米国工業30)終値 20602必要証拠金228,713変動幅-0.1 [続きを読む]
  • ドル円 111円を挟んでの展開
  • 東京外国為替市場のドル円相場は1ドル111円台前半で推移。米消費者信頼感指数が約16年ぶりの水準に上昇したことや、フィッシャー米連邦準備制度理事会副議長の利上げを巡る発言などが支えとなった。 午前に一時111.301と3営業日ぶりの水準まで円安ドル高が進んだ後は伸び悩む展開となった。オバマケア代替法案の採決断念を受けて、ドル円は27日に一時110.108と昨年11月18日以来の水準まで下落していた。 【本日発表予定の主な経済 [続きを読む]
  • 金相場は小幅に下落
  • 3月28日の金相場は小幅に下落した。ドルが反発したことや良好な米国経済指標を受けて、安全資産としての金の需要が減少したとみられている。市場筋からは、「トランプ政権の動向に注目したい」との声もある。現在、金相場は1250.00で推移している。(9:50)3月28日の原油相場は上昇した。トランプ政権の経済政策への期待から、原油の需要増加の思惑が強まったとみられている。市場筋からは「OPECによる協調減産が下支えとなってい [続きを読む]
  • 前日のニューヨーク市場
  • 3月28日のニューヨーク市場でドル円は反発した。ダウが大幅に上昇したことや、FRBの関係者が相次いで追加利上げについて示唆したことを受けて、ドル買いが進んだとみられている。本日は、米国MBA住宅ローン申請件数が予定されており、その結果に注目が集まっている。市場筋からは、「トランプ政権に対する不安は緩和されてきている」との声もある。現在、ドル円は111.198で推移している。(9:25)3月28日のニューヨーク市場でポン [続きを読む]
  • 本日米国MBA住宅ローン申請指数発表
  • 時間 国名 国内/海外主要経済指標等 前回 予想 重要度17:30英国2月消費者信用残高(億GBP)14-〇20:00米国MBA住宅ローン申請指数(前週比)-2.7%-〇23:00米国2月中古住宅販売保留件数(前月比)-2.8%2.8%△23:30米国EIA・週間石油統計-ガソリン在庫(万バレル)-281.1-◎23:30米国EIA・週間石油統計-留出油在庫(万バレル)-191-◎23:30米国EIA・週間石油統計-原油在庫(万バレル)495.4-◎ (重要度は◎が最も高く、以下〇、 [続きを読む]
  • 3月28日FX・CFD主要銘柄の動き
  • FXEURUSD終値 1.08068必要証拠金48,057変動幅-0.525% USDJPY終値 111.173必要証拠金44,469変動幅0.491% GBPUSD終値1.24438必要証拠金55,337変動幅-0.923% 商品CFDXAUUSD(スポット金)終値 1251.1必要証拠金69,544変動幅-0.231% CL_(WTI原油)終値48.4必要証拠金26,904変動幅1.254% 証券CFDDJ_(米国工業30)終値 20623必要証拠金229,272変動幅0.643 [続きを読む]
  • 円高一服、ドル円は110円半ばで推移
  •  28日の東京外為市場で円高進行の流れに一服感が出て、ドル円は110円半ばで推移した。  この日の日経平均株価は大幅反発し、「低リスク通貨」とされる円は売られた。一方、米トランプ大統領の経済政策を慎重に見極めようとするムードは根強く、積極的なドル買いは続かなかった。  ユーロドルは小幅反落し、1.08500ドルを中心とした狭いレンジで推移した。ポンドドルは2日続伸したが、昨日付けた2月2日以来の高値(1.26140ドル) [続きを読む]
  • 原油相場は反落
  • 3月27日の金相場は小幅に上昇した。トランプ政権への不透明感を背景に安全資産としての金の需要が高まったとみられている。市場筋からは、「ドルが下落していることで金に割安感が出てきている」との声もある。現在、金相場は1252.90で推移している。(8:50) 3月27日の原油相場は反落した。米国石油リグの稼働数が2015年以来の高水準になったと報道されたことを受けて、原油売りが進んだとみられている。市場筋からは「26日の会 [続きを読む]
  • 前日のニューヨーク市場
  • 3月27日のニューヨーク市場でドル円は反発した。しかし、依然として市場ではトランプ政権の政策実行能力に懐疑的な見方が強まっており、積極的なドル買いは控えてれているとみられている。本日は、米国3月消費者信頼感指数が予定されており、その結果に注目が集まっている。市場筋からは、「ドルは伸び悩むかもしれない」との声もある。現在、ドル円は110.771で推移している。(8:43) 3月27日のニューヨーク市場でユーロドルは上 [続きを読む]
  • SPDRゴールドの金保有残高
  • 3月24日時点でのSPDRゴールドの金保有残高は、3月17日から1.48064トン減の832.61968トンです。 金相場は先週高値1253.00、安値は1226.70ドル、終値は1247.50ドルでした。 週間ベースでは2週連続の上昇となりました。トランプ米大統領の政策をめぐる不透明感が強いほか、年内の利上げ見通しに関するFOMC当局者の発言も材料視されました。 現在は1237.00ドル付近で取引されています。 ※スポット金 日足チャート*当社の提供 [続きを読む]
  • ドル円111円割れ、昨年11月以来の安値に
  •  27日の東京外為市場でドル円は下落、早朝から111円台を割り込み、110.535円から取引を始め、欧州時間で一時昨年11月18日以来の安値となる110.116円を付けた。 先週末に米下院で医療保険制度改革法(オバマケア)代替案の採決が見送られ、トランプ政権による政策運営に対して懐疑的な見方が広がり、リスク回避の円買い(ドル売り)が活発した。 ユーロドルは大幅に続伸、一時昨年11月11日以来の高値1.08710ドルを付けた。ポンド [続きを読む]
  • 金相場は反発
  • 3月24日の金相場は反発した。トランプ政権への不透明感が意識されたことから、安全資産としての金の需要が高まったとみられている。市場筋からは、「金の底値は堅い」との声もある。現在、金相場は1253.60で推移している。(8:53) 3月24日の原油相場は反発した。サウジアラビアから米国に向けた原油の輸出が前月比で30万バレルほど減少するとの見通しが報じられたことから原油買いが進んだとみられている。市場筋からは「依然と [続きを読む]
  • 先週の外国為替市場
  • 先週の外国為替市場でドル円は軟調に推移した。トランプ大統領がオバマケアの代替法案の採決を撤回し、税制改革やインフラ投資計画を優先すると述べたことで、米国議会との関係が悪化しているとの見方が強まっていることが、リスク回避の動きにつながっているとみられている。市場筋からは「トランプ大統領の政策実行能力が問われる」との声もある。現在、ドル円は110.520で推移している。(8:50) 先週の外国為替市場でユーロド [続きを読む]
  • 原油は反発
  • 金は小反発、銀は続伸。金は、ドル高やアジア株・米株価指数先物の上昇で前日安値を下回ったが、ドル反落や、オバマケア代替法案に対する米議会の表決を控えた買い戻しで切り返した。銀は、ドル高や金の下落が圧迫したが、前日安値を維持したあとは、ドルの急反落や米国株の上昇、金の反発を好感、テクニカル買いを誘って前日高値を突破した。原油は反発。週末にクウェートで行われる減産順守監視委員会の閣僚会議を控え、引き続 [続きを読む]
  • 本日USDA・週間穀物輸出検証高発表
  • 時間 国名 国内/海外主要経済指標等 前回 予想重要度17:00ドイツ3月Ifo景況感指数111.0-〇00:00米国USDA・週間穀物輸出検証高-大豆(万トン)73.72-◎00:00米国USDA・週間穀物輸出検証高-小麦(万トン)62.43-◎00:00米国USDA・週間穀物輸出検証高ートーモロコシ(万トン)133.30-◎ (重要度は◎が最も高く、以下〇、△の順となっています。)>>>結果はこちら。 [続きを読む]
  • 本日のアジア市場
  • 3月24日のアジア市場でドル円は上値が重く推移している。日経平均が下落していることやトランプ政権の主要政策の実行が遅れるとの懸念が生じていることが、リスク回避の動きを強めているとみられている。市場筋からは、「110円台が心理的な節目となっている」との声もある。現在、ドル円は111.005で推移している。(19:29)3月24日のアジア市場でユーロドルは堅調に推移している。発表されたユーロ圏指標が市場予想よりも強い内容 [続きを読む]
  • FRBとトランプ大統領、衝突は必至?
  • 米連邦準備制度理事会(FRB)はホワイトハウスとの衝突が避けられない状況にあるのだろうか。FRBのジャネット・イエレン議長の答えは「ノー」だ。少なくともまだそこまでには至っていないようだ。  議長は15日、連邦公開市場委員会(FOMC)後の記者会見で、ドナルド・トランプ米政権の経済成長てこ入れ策が景気過熱を防ごうとしているFRBの取り組みとぶつかる可能性があるかについて慎重な評価を示し、「衝突が起きるとは思わない [続きを読む]
  • WTI先物が続落
  • 23日のスポット金相場は反落。XAUUSDの終値は1245.20ドル。この日発表された米新規失業保険申請件数が予想外に増加したことを受けて、一時ドルは下げ、金が上昇した。ただ、その後発表された2月の米新築一戸建て住宅販売件数が7か月ぶりの高水準となったことで、ドルは上昇に転じた。 23日のニューヨーク原油先物市場ではWTI先物が続落。CL_の終値は47.65ドル。先週の米国の原油在庫が過去最高に達したことが引き続き意識されてい [続きを読む]
  • FXレポート
  • 23日のニューヨーク外国為替市場では、ドル指数が上げ下げを繰り返す展開となった。市場では共和党のヘルスケア法案の見通し関心が集まっている。 米ドルは豪ドルに対して最も上昇した。市場が注目していた米下院のオバマケア代替法案の採決は延期となった。オバマケアの見直しはトランプ米大統領の掲げる主要政策の一つだが、同法案に懐疑的な共和党議員を十分に説得できなかった。 【本日発表予定の主な経済指標】17:30ドイツ3月 [続きを読む]
  • 本日米国2月耐久財受注発表
  • 時間 国名 国内/海外主要経済指標等 前回 予想 重要度14:00日本1月景気先行指数・改定値105.5- △14:00日本1月景気一致指数・改定値114.9- △17:30ドイツ3月製造業PMI・速報値56.856.5 〇17:30ドイツ3月サービス業PMI・速報値54.454.5 〇18:00ユーロ圏3月製造業PMI・速報値55.455.3 〇18:00ユーロ圏3月サービス業PMI・速報値55.555.3 〇21:30カナダ2月消費者物価指数(前月比)0.9%0.2% 〇21:30 [続きを読む]