栄子 さん プロフィール

  •  
栄子さん: しあたー☆時間の旅 (仮)
ハンドル名栄子 さん
ブログタイトルしあたー☆時間の旅 (仮)
ブログURLhttps://ameblo.jp/chemani/
サイト紹介文映画の感想や好きなバンドの話&わんこの話
自由文収集したDVDをブクログさんで登録中。
http://booklog.jp/users/nininini

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2008/10/16 15:47

栄子 さんのブログ記事

  • ノンフィクション2作品見ました。
  • テレビは朝と夕方くらいしか見ないことが多いのだけど今月はたまたまやっていたドキュメンタリーを2作品を見た。最初はNHK Eテレ「満蒙開拓団の女たち」戦前、岐阜県の山間地から、旧満州(中国東北部)・陶頼昭に入植した650人の黒川開拓団。終戦直後、現地の住民からの襲撃に遭い、集団自決寸前まで追い込まれた。その時、開拓団が頼ったのは、侵攻してきたソビエト兵。彼らに護衛してもらうかわりに、15人の未婚女性がソ [続きを読む]
  • 映画「孤狼の血」とお料理と。
  • ここ半年ほど、ほぼ毎週のように通っている食堂がある。野菜ソムリエでアスリートフードマイスターの店長さんが一汁四菜の定食を提供するお店。 今日は二週間ぶりで食べに行った。凱はしばしのお留守番。 日替わり定食はこんな感じ。 サラダとか和えものとかのソースまで全て手作りで味噌汁にも練りゴマが入っていたりとひとつひとつが丁寧で凝っているんですよ! これで800円ですよ!わたしはいつもひとりの食事でなので食材 [続きを読む]
  • 國民の創生
  • 昔の名作とか有名な映画ってあまり観ていなくて。いつかは観ておきたいと思いつつ、モノクロでサイレントの南北戦争もの、しかも152分というので躊躇していた「國民の創生」、えいやっと観てみた。(ウィキペデアでは165分とあったので観たのは短縮版だったのかも) 「國民の創生」  (1915年)キネノート映画情報 画質も悪く、誰がどこの家の誰なのか、おぼえられないが字幕の説明で何となくわかる。ちょっと退屈だけれど全編音 [続きを読む]
  • 凱3歳になる
  • 凱は今日で3歳。同胎犬の のの♪ちゃん、妓蓮ちゃんもお誕生日おめでとうございます! 4ヶ月で我が家にやって来た日。 すでに飼い主から映画「トラック野郎」洗脳を受けている凱(笑) 1歳の誕生日。早朝トレーニングする凱。 2歳頃。ドッグカフェで写真撮影。 はじめての一番星デビュー。 先月、一番星ダボシャツで朝霧オフ会へ行く途中。暑くてハァハァ。 誕生日の今日はお墓参りに行ったぜぃ。心がけがいいだろう。日本犬だか [続きを読む]
  • 原節子主演を2作品
  • そろそろわんこブログをと思っていた。でも先日のわんこオフ会でも載せられるほどの写真が撮れず。写真のないわんこブログはつまらないものね。でも可愛いパピーちゃんの写真を一枚。 肝心の凱の写真は一枚も撮れなかった。とほほ。 ということで、結局、少し前に観た映画の感想を。 「女囚と共に」キネノート作品情報 原節子さん、30代半ばの作品。女子刑務所の保安課長。やっぱ、女囚役ではなかった。しかも「天使」と呼ばれるほ [続きを読む]
  • タイトルで想像していたのと違っていた作品ニ本。
  • タイトル見て想像していたのと違った作品を2連続観ました。録画の ハードディスクがいっぱいだし、あまりダビングも増やしたくない。一度観ればじゅうぶん、ダビングする必要なし、と思われる作品をチョイスしたわけですよ。それが意外にも良かった、という2作品。 まずは東映の「ポルノの女王 にっぽんSEX旅行」キネノート作品情報 これ、タイトルと全く違うではないか。爆弾作りオタクの冴えないダメ男、荒木一郎。中島貞夫監 [続きを読む]
  • ボッカチオ’70 「仕事中」
  • イタリア文学者ジョバンニ・ボッカチオ(1313〜1375)の著書「デカメロン」。もし彼が今の時代に生きていたなら「デカメロン」に加えるであろう風流話を作ろう。そんな趣旨のもとに4人の監督がそれぞれ物語を作ったオムニバス映画。 ボッカチオ’70 HDマスター版4,104円Amazonキネノート作品情報 第一話「レンツォとルチアーナ」 マリオ・モニチェッリ監督 若い夫婦が将来のためにと試行錯誤する日常。 第2話「アントニオ博士 [続きを読む]
  • 救いのないラストの作品二連発
  • 別に意図してたわけではないのだけど先月末に救いのない映画を続けて観てしまった。で、これがどちらも印象的だった。 「陸軍残虐物語」キネノート映画情報 補充兵として召集された犬丸弥七(三國連太郎)。グズで人が良いもんだからイジメのやり玉に挙げられちゃう。特に理不尽な制裁をする班長の西村晃。ピッタリです。三國連太郎の理解者となる中村嘉津雄。西村晃に取り入ろうとする大学出のお坊ちゃん江原真二郎。とてもリアル [続きを読む]
  • 凱☆夏の一番星
  • 凱の夏用、ダボシャツ一番星の洋服のことでは皆さまにいろいろお知恵を頂きありがとうございました。 アドバイスどおり、暑いので濃い色は辞め。白地に星のプリントというアドバイスがあってトラック野郎DVDで確認してみたら可愛い!でもクール素材で柄物生地は少ないようで断念。 そして黄色、水色というアドバイスが多かったので黄色のダボシャツに水色の腹巻きに決定! 黄色×水色ってふなっしーになっちゃう?とちょこっと心配 [続きを読む]
  • ベル&セバスチャン
  • 最近、身内の入院、その他で慌ただしい毎日を送っている。そのため今週からボランティア等を2つしばらく休むことにした。そしたら、ここ数日いつもよりゆとりが出てきたわ〜。この間に仕事を一気に片付けよう!と思ったのに資料が来ない。てことで今日はブログの更新。 ワンコ映画。児童文学「アルプスの村の犬と少年」が原作。日本では「名犬ジョリイ」としてアニメ化さたていたようだけど見ていなかったな。映画の方は原作とは [続きを読む]
  • 「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソティ)」
  • いつも行く公園でノーリードにしている飼い主さんをよく見かけるのね。そのわんこ達はどの子も大人しくてお利口さんなのだけど。公園には「ノーリードはやめましょう」と立て札があるのだから。犬の苦手な人も公園にくるわけだしなー。どんなお利口なわんこでも絶対という保証はないし。マナー違反だよな。糞をそのままにしていく人と同等に思える。(これも多くてムカッ!)昨日の夕散歩では4頭もノーリードの子がいたのでなーん [続きを読む]
  • セメント・ガーデン
  • 「ヨーロッパ名画コレクションDVD-BOX」の中から「セメント・ガーデン 〈ルナティック・ラブ/禁断の姉弟〉」を鑑賞。 キネノート作品情報 うーん、何という事でしょう。このエロ邦題は。たしかに近親相姦とか、その他、尋常ではないことがあるにはあるのだけど。それ目当てで観るような作品じゃない。原作のイアン・マキューアンは変態作家との呼び名もあるらしいが映画の方はそうでもない。大人になりきれない姉弟のイノセントな [続きを読む]
  • ひつじ村の兄弟
  • 一昨日、録画予約しておいた「シルクハットの大親分 ちょび髭の熊」。すごく楽しみにしてたのに後から被され40分しか録れていなくて凹んでいるところです。次はいつ放送されるでしょうか‥‥。 さて気をとり直して先日wowowで観た「ひつじ村の兄弟」キネノート作品情報 この兄弟、羊が大好き。というより愛しきっている。羊のいない人生なんて考えられないくらい。兄のキディー、ちょっと曲者。弟のグミ―は見た目がラモス瑠偉。 [続きを読む]
  • 「任侠野郎」「処刑の部屋」
  • 最近観た個人的に残念だった映画。 「任侠野郎」キネノート作品情報 蛭子能収がヤクザ。それだけで笑える。冒頭のヤクザ蛭子さんの顔のアップですでに大笑い。あ、でもそこで可笑しさはすでに終了。チャンチャン。ストーリーは王道の任侠映画。至って真面目。福田雄一脚本なのに真面目。そこがすでに間違いの元かもしれない。善人の親分さんにトリンドル玲奈。切ない恋愛中で蛭子さんを慕う若者に中尾明慶。トリンドルちゃんの恋人 [続きを読む]
  • リップヴァンウィンクルの花嫁
  • 「リップヴァンウィンクルの花嫁」 キネノート作品情報 期待もせず3時間はキツイなと思って観たこの作品。それがそれほど時間を感じこともなく、なかなか良かった。自分に自信が持てず優柔不断な主人公を黒木華。自称俳優の胡散臭い便利屋を綾野剛。破天荒な女優をCOCCO。この3人以外に配役を考えられぬほどのはまり役。 岩井監督らしい柔らかな雰囲気の音楽と映像。それに黒木華演ずる七海が妙にマッチング。この雰囲気に胡散臭 [続きを読む]
  • 「シャイニング」「ミザリー」
  • 最近、家にある怖い系映画のDVDをちょこちょこ観ている。先ず観たのがとりあえず視界に入った「エルゾンビ 死霊騎士団の誕生」キネノート作品情報中盤までそれほど怖くなかったけれどラストに一気に押し寄せる結末が上手いなぁ。 次に一番取りやすいところにあった「シャイニング」キネノート作品情報 これは昔々に映画館で観た。途中まで立ち見だった気がする。けどもうジャックニコルソンの怖い顔と妻の恐怖におののく顔しか覚 [続きを読む]
  • 凱、和田サイクル営業部長に会いに行く
  • 自転車好きには言わずと知れた小径車の聖地「和田サイクル」の営業部長サリーちゃんに会いに行ってきた。サリーちゃんの弟分、ショウちゃんも一緒に待っていてくれた。ふたりの熱い歓迎にビビって唸っていた凱もすぐにサリーちゃんのオモチャを盗み、我がもののように遊ぶ。サリーちゃんショウちゃんの案内で原っぱ公園へ。「もう原っぱ公園は飽きたでしゅ」とへたりこむサリー営業部長。その後、善福寺公園へなお、このブログの半 [続きを読む]
  • 4月いちごオフ会@マルヨシ農園
  • 半年ぶりにこすず荘オフ会へ行ってきた!今シーズン最後のいちごオフ。駐車場からチップくんと一緒に5ヶ月でオフ会初参加の空太くんをドッグランに案内。なのに、新しいドッグランがわからず、空太くんをたくさん歩かせてしまいました。空太くんごめんね。ドッグランで大人気だった苗子ちゃん。まだ小さいのに凱がストーカーして怖がらせてしまいました。苗子ちゃんごめんね。苗子ちゃんの次はあずきちゃんにアタック!これもしっ [続きを読む]
  • スワンの恋
  • 高校生の頃アラン・ドロンが好きだった。ほんの数本しか出演作品観てなかったが好きだった。その当時の雑誌「ロードショー」のアランドロン特集号によるとドロンの好きな小説はマルセル・プルースト「失われた時を求めて」らしい。さっそく自分も読もう、と思ったが長くて難解と知ってビビって手を出せなくてそれっきり。まだ持ってる。10年くらい前に「ヨーロッパ名画コレクションDVD-BOX」というのが販売されその中に「失われ [続きを読む]
  • 美女と野獣
  • 先日は凱の一番星の洋服のアドバイスをありがとうございました。その中で白地に星のダボシャツという提案を2件頂き確認したところ、これは犬服にしたら可愛いかも!と思ったのだけれどそもそもクール素材は柄モノが少ないので難しい。星はワッペンで。と工房さんからのお返事。やはり濃い色は暑いという皆さまのアドバイスどおり涼しげな色というのは決定。黄色、水色という提案が多かったのでその2色にしようかなと。もしかしたら [続きを読む]
  • 「花と凱」、そして お知恵拝借
  • タイトルの「花と凱」が何だか日本侠客伝っぽいな、と、そんなことでひとりニヤついてるオババでございます(笑)春になり、凱の通常散歩コースも次々に花が咲きとても気持ちが良い。花を見るとついつい凱と一緒に写真を撮りたくなる。ガールフレンドのゆりちゃんと一緒に撮りたい。でもなかなか一緒に撮れない。ゆりちゃんは凱と一緒だと大きく見えるけど豆柴。スタンダードの柴ちゃんに比べると小さいのよ。凱は極小豆柴。その小 [続きを読む]
  • 愛川欽也三回忌チャリティーイベント
  • 日曜日は愛川欽也さん三回忌チャリティーイベントに車で凱の散歩がてらに寄ってみた。一番星の服を着せ、わたしはトラック野郎のトートバックを持ち馳せ参じようと思っていたのに。凱の一番星の服、言わなくてもわかってくれそうなのはこのチャンスしかないと思っていたのに。着せるの忘れた。凱、裸で参加(笑)午前中は雨で午後も雨がパラつく中もたっくさんのデコトラ集結してたよ、圧巻。ジョナサン号一番星号ああ、服を着せて [続きを読む]
  • 凱と行く電車とバスの旅
  • 日曜日は凱を連れてはじめての電車とバスに乗せての旅。少し早い、花見日帰りの旅。「凱、はじめて電車に乗るね〜」なんて声をかけたけれどよくよく考えてみると凱はこすず荘さんが熊本から連れてくる時に既に新幹線に乗っていたのだわ。のの♪ちゃん、妓蓮ちゃんと一緒に!(と、帰宅後になって気がついた)「あずさ7号」に乗り山梨へ。乗車まではキャリーのフタ閉じてたけれど乗ってからはそっと開けておきました。貸切バスに乗っ [続きを読む]
  • 渡瀬恒彦さんを偲んで
  • 渡瀬恒彦さん追悼でいくつか未見の渡瀬さん出演作品を鑑賞。まずは賞を取ったものをと「事件」キネノート作品情報渡瀬さん、日本アカデミー賞、キネマ旬報賞、ブルーリボン賞で助演男優賞の受賞作品。渡瀬さんの役柄としては既に東映作品にて見慣れてきたものだったので特段、凄い、という感じは受けなかったなぁ。いや、上手くないってわけじゃなくてね。以前から、ああいう粗暴な男を演じさせたらほんとにお上手だから。大竹しの [続きを読む]