ulala さん プロフィール

  •  
ulalaさん: フランス++
ハンドル名ulala さん
ブログタイトルフランス++
ブログURLhttp://www.franceplusplus.com/
サイト紹介文フランスの日常をベースに、プラス日本、プラスその他の国の「なるほど」がいっぱい
自由文フランスの日常をベースに、プラス日本、プラスその他の国の「なるほど」がいっぱい。海外から見た日本や、海外事情など視野を広げたい人のためのブログです♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2008/10/18 06:50

ulala さんのブログ記事

  • 【動画】オランド仏大統領の演説中に発砲音!
  • 2月28日に、フランスのオランド大統領がヴィローニョンで高速鉄道の開通を祝う演説を行っていたところ、誤って銃弾が発射される出来事がありました。警備を支援していた地元の警察官が誤って発砲したそうです。この警官は狙撃手で建物の屋上に配備されていました。この結果一人負傷。発砲音が聞こえた時のオランド大統領の様子テロなども起こり得る状況での発砲音。オランド大統領、3回頭をあげて状況確認している様子が生なま [続きを読む]
  • フランス空軍の「新兵器」!不審ドローンに「鷹」でアタック
  • フランスの南西部、モン=ド=マルサンMont-de-Marsanの空軍が、画期的なアイデアを実践し始めました!というのも、現在フランスはテロの脅威に包まれていますが、テロにも使われるあろうドローンを、フランスならでわの方法で確保しようと言う計画。その「新兵器」は、なんと「鷹」!フランスでは身近な存在の鷹で、テロ対策!フランスでは鷹匠と呼ばれる人がフランス中にいて、そこら中でショーが開かれ、子供の頃からとても身近 [続きを読む]
  • もうフランスに行かなくていい?プロヴァンスが日本に存在する?!
  • フランスと言えばプロヴァンス。広大なラベンダー畑やヒマワリ畑、雄大な自然、おいしい食べもの、のんびりとした暮らし、そして、美しい景色。フランスでも南仏は、特に大人気で、多くの観光客であふれていて、一度は訪れてみたい憧れの場所。でも、、日本からフランスは遠いんですよね。2泊3日でいけるような場所でもないし、お金もかかるし、言葉の壁もある。よくわかりますよ。。。そう、プロヴァンスは簡単に手が届く場所では [続きを読む]
  • 「谷口ジロー」がフランスで愛された理由
  • 日本よりもフランスの方が人気があったのではないか?とも言われる漫画家 谷口ジロー氏の訃報を受けて、谷口さんの作品をいろいろ見直したりしたので、まとめてみようと思います。谷口ジローさんは、フランスで『遥かな町へ』が発表されて以来、フランスでは高く評価され続けてきました。アングレームで最優秀シナリオ賞(『遥かな町へ』、2003年)、最優秀デッサン賞(『神々の山嶺』、2005年)などの賞も受賞。平成23年にはフ [続きを読む]
  • フランス冷凍食品で話題のピカールの「カツオのたたき」食べてみた!
  • 1月に入ると、フランスのいろんなお店でアジアンフェアーが始まります。フランスのスーパーでは、いつもある定番の商品が通常より安くなっていたり、普段はあまりお目にかからないさまざまなアジアの食品などが販売されていて、それはそれで楽しみなもの。今年は、日清食品が力を入れだしたのか、焼きそばを始めとする日清製品の棚の幅も広くなり、日清のプロモーターが「みんなこの会社の名前知らないのよ」と言いながらパンフレ [続きを読む]
  • フランスで波紋をよんだ「エイズ予防キャンペーンのポスター」
  • フランスで、張り出された↑この「エイズ予防キャンペーンのポスター」が、描写が生々しすぎると、波紋を呼んでいます。生々しい描写が不評だったキャンペーンポスターエイズ予防キャンペーンのために、男性の同性愛者が写し出された写真がずらりと並んだポスターがフランス全国に張られました。デザイン的にも悪くないポスターです。しかし、それを見た市民たちが怒りだしたのです。その理由は、「このポスターは品行にかける、挑 [続きを読む]
  • フランスの離婚家族を映し出したIKEAのコマーシャル
  • IKEAのコマーシャルが、とてもフランスの家族をうまく表現していてなかなか面白いのですが、これ、日本でも流れているのでしょうか?内容は、こんな感じです。IKEAのキッチンのコマーシャルまず、フランスでは子供が居ても、日本よりも離婚したり、別れることが多いことは知ってますか?そういった離婚家族でも、フランスは親権が両親が持つことになり、お子さんは両親に別々に会うために、1週間おきや週末ごとなどに母親の家と父 [続きを読む]
  • 海外に住む日本人と複数国籍についての会見レポート
  • 重国籍を認めない日本の国籍法が、父母の国籍が違う家庭にどのような問題をもたらしているのか?2016年10月27日に行われた記者会見の動画です。なかなか興味深い内容ですので、重国籍のお子さんを持っている方、長年外国に暮らしている方はぜひご覧ください海外に住む日本人と複数国籍会見の内容現在、先進国では、長く住むなら国籍を取りなさいと言う方向に進んでいます。しかに、日本が重国籍を認めていないため、住んでいる国の [続きを読む]
  • どうすればフランス人に受け入れられますか?
  • 先日、フランスに語学を習いに来た日本人女性の学生さんお会いして、おっしゃっていたことについて思ったことをtwitterで呟いたら、思いかけず大きな反響を呼び、そこに投げかけれるコメントも大変興味深かったのでまとめてみました♪きっかけのつぶやきふと、つぶやいたつぶやきはこちらです。この前フランスに来た日本の学生さん「私はフランス人に受け入れられたいんです。将来はフランス人として生活したいんです」と言ってい [続きを読む]
  • どうすればフランス人に受け入れられますか?
  • 先日、フランスに語学を習いに来た日本人女性の学生さんお会いして、おっしゃっていたことについて思ったことをtwitterで呟いたら、思いかけず大きな反響を呼び、そこに投げかけれるコメントも大変興味深かったのでまとめてみました♪きっかけのつぶやきふと、つぶやいたつぶやきはこちらです。この前フランスに来た日本の学生さん「私はフランス人に受け入れられたいんです。将来はフランス人として生活したいんです」と言ってい [続きを読む]
  • フランスに来るなら準備しておきたい「テロ警報アプリSAIP」
  • フランスに旅行に来たり、滞在するならばぜひダウンロードしておきたいアプリがあります。それが、「SAIP(警報・情報通知システム)」テロや、地震や津波などの自然災害、または原子力施設や化学プラントの事故が近くで起こったら、警告してくれるアプリなのです。無料でダウンロードして、身を守る!フランスでは、近年、テロが多発しています。だからこそ、身を守るためにもテロや災害が起こった地点から遠ざかったり、適切な指 [続きを読む]
  • パリのメトロのキャンペーン画像が笑えると話題♪
  • パリに行けば、地下鉄にお世話になることは間違えありません。フランス語で地下鉄はメトロ。その他にも公共交通機関は、RER、路線バス網、3路線のトラム、モンマルトルのケーブルカーなどがあって、それ全部を運営しているのが、RATPパリ交通公団です。そのRATPが、メトロやRERで安全な使用方を紹介するキャンぺーンを行っています。それが、そこに使われている画像や動画が面白いのでちょっと話題になっています♪おもしろい、キ [続きを読む]
  • 絶対に非を認めないフランス人〜篠原とドュイエの柔道〜
  • フランスには「間違えても人のせいにする」店員さんがいると↓こちらに書いたけれども、フランスの店員にびっくりすること4パターン 「頑固に非を認めない」「他人のせいにする」ってのは、店員さんだけではないんです。それは、、、フランス全体に見られる風潮というか、反対に、「すぐ自分が悪いと言う」「深々と謝罪する」っていうのは、すごい日本的と言えるかもしれません。“世紀の誤審”と言われ日本中を騒がせた、2000年 [続きを読む]
  • フランスの店員にびっくりすること4パターン
  • フランスに来ると、日本と違い、お店の店員さんの対応の悪さにびっくりすることがある。フランスの店員と日本人のあの親切な店員の差にすっかり慣れて、最近は腹立つことも少なくなりもなく冷静に対応するようになてきたulala。あまりにも頻繁に同じ様な対応されるので、本当にあたりまえの日常だ。しかし、この最近短期間で頻発していろんな事が起こったので、今回はその新鮮な(?)びっくりしてしまうフランス人の店員について [続きを読む]
  • ユーロサッカー2016観戦中に起こった男の悲劇
  • 現在フランスでは、UEFA EURO 2016 サッカー欧州選手権が開催されています。イギリス-ロシア戦では、サポーターがマルセイユやニースなどで暴動化し、重傷者はでるは、逮捕者がでるわの大騒動になりました。ロシアのサポーターの一部には強制送還された人達も。その後も、リールでも暴動が起きたり、それはそれはとても大興奮の波に包まれています。まあ、外に行って人込みの中にいるから、興奮も倍増されてしまうっていうのもある [続きを読む]
  • フランスの学校で娘が骨折した時の実録
  • 先日、娘が学校で骨折して一日入院して、とても大変な時間を過ごしました。がしかし、その時間を過ごした後は、親子共々ヘトヘトな状態で帰って来たのですが、一日経って娘も笑顔が出るようになると、別にたいして大変なことでもなかったなと思うようになりました。大変だと感じたのは、要するに「思ってもみないこと」「日常ではないこと」「経験がない」という要素が大きいかと思います。それプラス、子供が痛がっていたり、弱っ [続きを読む]
  • お知らせ
  • お知らせ「フランスの家庭内暴力で苦しむ女性のためのアソシエーション」の方および「外国人の女性の問題に取り組む専門家」と取材で会う予定ができました。もし、フランスに住んでいる日本人で家庭内暴力でお困りの方がいて、何か質問したい人がいらっしゃればご連絡ください。次回、会うときに質問します。5月19日まで質問お受けします。↓こちらからどうぞ♪ 注:メールアドレスは正確に書いてくださいね。[contact-form-7] [続きを読む]
  • お知らせ
  • お知らせ「フランスの家庭内暴力で苦しむ女性のためのアソシエーション」の方および「外国人の女性の問題に取り組む専門家」と取材で会う予定ができました。もし、フランスに住んでいる日本人で家庭内暴力でお困りの方がいて、何か質問したい人がいらっしゃればご連絡ください。次回、会うときに質問します。5月19日まで質問お受けします。また、こんなこともあったよなんて言う目撃情報なども、お話し聞かせて頂けたらありがた [続きを読む]
  • フランスのユーチューバ―「スクイズィ―」が日本に行く
  • フランスの7歳から14歳に大人気のユーチューバ―はNormanノルマンとCyprienシプリアンと言う2人だとフランスの新聞に載ってました。ちょっとした小ネタを面白おかしく動画にしているところが、子供達も大好きです。でも、この二人の他にも人気のユーチューバ―がいます。その名もsqueezieスクイズィ―シプリアンともよく絡んでますが、ノルマンと違ってどちらかと言うとゲームの実況が多くてこれまでもよく日本のゲームも実況して [続きを読む]
  • 【動画】難民に対するフランス人の本音は?
  • 欧州連合(EU)とトルコの首脳が3月7日の今日、ブリュッセルに集まり、緊急首脳会議を開かれています。ヨーロッパの結束や根底を脅かす大きな問題となっている難民問題。昨年、EU域内での難民申請者は計132万1560人。冬になってもこの難民は途切れることがなく、これからも人々は欧州を目指してやってきます。どのぐらいの数に増えるのかも見当もつきません。 ヨーロッパでは各国難民の受け入れが分担されており、フランスでは3万 [続きを読む]
  • 【動画】「進撃の巨人」で表現「フランスの労働法改革」が面白い♪
  • 現在、フランスでは、労働法の改正に対する議論が行われています。現在の、低迷したフランス経済を立て直すには、労働者が優遇される制度からもう少し企業家の方に考慮した内容にし、国力を上げて行くべき方向に動いており、今回ミリアム・エル・コムリ労働大臣が提出したした労働法の改正法案を、バルス首相は23日、議会で修正を加える余地はあるとしつつも成立を目指す考えを示しました。他の国と比べて特質すべき「週35H制」 [続きを読む]