ハル さん プロフィール

  •  
ハルさん: ラーメンDの1日
ハンドル名ハル さん
ブログタイトルラーメンDの1日
ブログURLhttp://sky911.exblog.jp
サイト紹介文ラーメンを愛するテレビディレクターの1日
自由文食ベルものは主にラーメン、見るものは映画、聞くものはクラシックとZARD、残り少ない(?)人生を謳歌するテレビディレクターの1日
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2008/10/18 20:33

ハル さんのブログ記事

  • パッセンジャー
  • 久しぶりに封切り映画を見る。映画は「パッセンジャー」監督が「イミテーション・ゲーム」のモルティン・ティルダムなので期待して見たのだが・・これってSF映画の名を借りた、要するにラブストーリーだ。コンピューターの反乱がテーマなのだが、それも原因は分からずじまい。美術は本当に素晴らしいが、内容が薄い。それにジェニファー・ローレンスがどうもミスキャストのような気がする。採点 65点 [続きを読む]
  • タダより高いものはない!
  • 先だって渋谷であるネットビジネスの無料講習会に行ったのだが色々とためになる情報を教えてもらったのだが最後に「実は私たちはネットビジネススクールをやってます。」 その内容の話が色々あって 最後に「その代金は59万〜円、しかし、今日に限り20万マイナスの 39万〜円です」結局それかい!うすうす想像はしていたが・・・実際に学校に通って 39万だったら まだ考えるけどネットだ... [続きを読む]
  • 雪国で滑って圧迫骨折
  • 「君の名は」で有名となった飛騨古川でロケをしていたら天気は雪ではないと聞いていたのになぜか雪が降ってきて、しょうがないので歩いていたらつるっと滑って腰を打ってしまった!ここがその現場の近くだ。あとで医者に見せたら、見事なほどに圧迫骨折と骨にヒビが入っていた。地元の人に言わせると頭を打たなかっただけでも不幸中の幸いだったとか。ものは考えようだ。なので今月いっぱい自宅安静を余儀な... [続きを読む]
  • 軽い脳梗塞
  • 最近仕事中に軽いめまいに襲われることがあるため心配になって近くの脳神経外科を訪問。すると意外な事実が発見された!それは軽い脳梗塞!初めてMRIを体験したが、これがうるさいうるさい。その後、脳の末端の血管に梗塞が発見されたのだ。これも一つの加齢現象の一つだからそれほど心配はないのだが1年前に−18歳と言われた俺が1年後には軽い脳梗塞。なんとか1年で元に戻そう!... [続きを読む]
  • テレビ朝日
  • この前仕事で六本木ヒルズのテレビ朝日に行ったら、正面玄関前には様々なテレビ朝日のキャラクターが!こちらは言わずと知れた「クレヨンしんちゃん」。子供は楽しいだろうなあ。こちらは日本のテレビ界の長寿番組「徹子の部屋」のスタジオ模型。右に座っているのは本人ではありません。しかし、左のソファーに見学者が座ると・・・面白い仕掛けが。なんと黒柳徹子の模型が喋り出すのだ!「あら、いらっしゃい... [続きを読む]
  • ローグワン2回目
  • トーホーシネマ日本橋の3D上映が昨日までだったので、早速3Dで見る。しかし、最近封切りしたのにもう終映とは3Dに関してはよほどヒットしてないんだな。そりゃそうだよな、この映画、日本人が誰でも知っているスターが出てないもんな〜興行的には厳しいのかもしれない。しかし、2回見てよかった。前半は相変わらず退屈だが後半は3Dで見ると圧倒的な迫力で観れる。これはかなりオススメ。音楽も2回目はそ... [続きを読む]
  • これってスターウォーズ?
  • 待ちに待ったローグワンを仕事の時間が空いたのでなんと封切り日に見に行った!でも、これって本当にスターウォーズ?あの有名なテーマ曲はほとんど聞けない、フォースを使う人はいない、ダース・ベイダーはラストにやっと出てくる。はっきり言って、まるで、戦争映画だよ、これは。最初の1時間は話がわかりにくくて、退屈。最後の最後にあの○○○姫が出てくるのは驚いた。でも、なんかつじつま合わせの感がなき... [続きを読む]
  • 過労老人
  • 今朝、朝の番組で「過労老人」についてやっていたが親会社がやばい状況になりつつある今、将来的に全然他人事じゃないなあ〜過労老人とは65歳以上でも過酷な労働をせざるを得ない人々のこと。こういう人々が今急激に増えているとかこれも明らかに国の責任。 [続きを読む]
  • 過労老人
  • 今朝、朝の番組で「過労老人」についてやっていたが親会社がやばい状況になりつつある今、将来的に全然他人事じゃないなあ〜過労老人とは65歳以上でも過酷な労働をせざるを得ない人々のこと。こういう人々が今急激に増えているとかこれも明らかに国の責任。 [続きを読む]
  • 怪談
  • 今、wowowで特集をやっている東宝の小林正樹監督の怪談を見た。小泉八雲の有名な怪談話を映画化したもの。当時のカンヌで審査員特別賞を取った有名な映画。一言で言うと、すごい映像美だ。お金もかなりかけてる。今見ても全く見劣りしない。まさに日本映画の良き時代の醍醐味を見ている感じ。さらに新珠三千代と雪女役の岸恵子の美しいこと!採点 80点 [続きを読む]
  • 希代の名作アニメ登場!
  • まさに希代の名作と言ってもいいほどの名作アニメに出会った。「この世界の片隅に」である。見る前は全く期待してなかったのだが、見てみたらすごい映画だった。この映画は戦争当時の日本人の庶民の生活に焦点を当てているのが今までない視点だ。そんな辛い時代でも日本人はその中で楽しみを見つけ生活を楽しんでいるのがまざまざと描かれている。それも明るく描かれているところがすごい。さらに主役の「のん」が... [続きを読む]
  • ニャンコ
  • 最近お気に入りのパン屋さんに行った時に見つけた育ちの良さそうなニャンコ。パン屋さんに聞いたら、ビルのオーナーが飼っているとか。通りで育ちがいいわけだ(笑)まさにビルの門番猫? [続きを読む]
  • 錦糸町
  • 錦糸町にロケハンに行ったら、結構ユニークな店を発見!お店の外壁にでっかい真鯛!麺魚という店らしい。さらにフランス人なのになぜか明日のジョー?え〜?最悪の中華そば?お客来るの?その下には比内地鶏?わけがわからん。 [続きを読む]
  • ミルピス
  • 思えば遠くに来たもんだ。ここは北海道・利尻島。稚内よりは日中は結構暖かいが、夜は風が吹き荒れ、体感温度は結構寒い!こちらは有名な利尻富士。一応活火山とか。およそ1700メートル。もちろん、今回は仕事で来ているのが、合間に知人に土地の観光案内をしてもらったらとてもユニークな飲み物を味わった。それはカルピスならぬミルピス!お店の人が開発したものらしいが、味はカルピスに牛乳を足したよ... [続きを読む]
  • 手紙は憶えている
  • 久しぶりに映画を見た。作品は「手紙は憶えている」ナチスが絡むサスペンスミステリー。ラストにあっと驚く展開があり、そこは確かに見応え十分。クリストファー・プラマーも認知症気味のお父さんをよく演じている。この映画は本当に脚本がよくできている。ロードムービーとナチス問題をよく絡めている。監督はこの方エジプト出身のカナダ人監督、アトム・エゴヤン。現在56歳、多分。重厚な演出で哀しい人生を... [続きを読む]
  • 利尻へ
  • 先週は仕事で日本の最北端・利尻島へ行った。生まれて初めてだ。まずは稚内へ飛行機で。飛行機のチェックインシステムも知らない間にかなりシンプルになっていた。羽田から稚内まではおよそ2時間半。そして、着いたら寒いこと、寒いこと。およそ3度!雪もチラホラ降っていた。まず稚内で食ったのはもちろんラーメン!「ラーメンたからや」の塩ラーメン。確か750円だったと思う。美味しかったのだが、スー... [続きを読む]
  • 芸は身を助く!
  • 懐が寂しくなってきた今日この頃、副業として最近またヤフオクを始めた。実は私、ガキの頃から映画が好きでチラシも集めていた。こちらはおよそ40年前田舎(九州)の映画館で配られていたチラシ。昔は今のようなチラシ文化がなく、地方の映画館などは自前のチラシを作っていたのだ。そんなチラシを私はたくさん持っていたので、その中の一つをヤフオクに出した。元手は0円である。それがなんと3490円の値が... [続きを読む]
  • 映画看板の街・青梅
  • この前、取材で中央線の終点、青梅に着いたら街のいたるところにこんな看板やこんな看板が。街の人に聞いてみると、青梅では市の方針として、昭和レトロの街として様々な昭和の名作映画の看板を置いているのだとか。青梅と昭和レトロ看板、いまいちイメージが結びつかないがこういう風に街にも個性をつけることはいいことだ。 [続きを読む]
  • 毛むくじゃらの家
  • 先だってうちの近くで、すごい家を見つけた。題して「毛むくじゃらの家」いったいどんな人が住んでいるんだろう?中は暑いんだか涼しいんだか良く分からないな〜 [続きを読む]
  • これはデジャビュの映画や!
  • 今年はなぜかタイトルだけを見ると古臭いタイトルが流行る。「ゴジラ」に「君の名は」。もちろん、今の若い人は岸恵子の「君の名は」なんて知らないだろうけど・・・と言っても私もオンタイムで見たわけではないが・・・しかし、これは紛れもなく私が好きなデジャビュがテーマの映画だ。アニメのテイストはなんとなく中高生向きだが、タイムパラドックスは明らかに大人向きだ。最近は本当に洋の東西を問わず、タ... [続きを読む]
  • ピティちゃん
  • 2年ほど前に当ブログで紹介したニャンコを飼っている事務所に久しぶりに行ってみると新顔が現れていた。その名はピティちゃん!まるでぬいぐるみのような可愛さ。なんと今人気ナンバーワンのスコティッシュホールド!生まれてまだ55日!値段を聞いてビックリ!なんと30万円以上!ちなみにスコティッシュホールドについて調べてみるとその名の通りスコットランドに突然変異で生まれた猫らしい。いわゆる「折... [続きを読む]
  • 役者があまりにも・・・
  • 今、話題の映画「怒り」この映画は役者の演技で見せてくれる類い稀な映画かもしれない。それはあの名優・渡辺謙が影が薄くなるほど。宮崎あおい・・・ちょっと頭が足りない女性を見事に演じている綾野剛・・・こんな役もできるんだという驚き。森山未來・・とにかくすごい演技、見るものを圧倒するほど。千葉すず・・どっちかというと今まで大根だった彼女が変身!松山ケンイチ・・・この映画のキーになる役をうまく... [続きを読む]
  • アンドロイド
  • 台場のアクアシティに行ったら、変わった人がいた。その人というべきか、それはいうべきか・・アンドロイド。日本人なら、どっかにいそうな顔立ち。その名は地平じゅんこさん。「ちへい」と読むのではなく、「ちひら」と読むそうです。ロボットとかアンドロイドとか、手塚治虫の世界が現実のものとなってきたなあ [続きを読む]
  • 三つまとめて映評
  • 最近3連チャンで映画を鑑賞したので3つまとめて6月くらいから封切りして評論家にも絶賛だった「フェイク」。言わずと知れた佐村河内守のドキュメント。ストーリーはともかくカメラワークがひどい!何これ?これでもプロの映画?何撮ってんのかわからないようなアングルが多い。さらに暗い!これはスクリーンのせいか?よくわからんがとにかく薄暗い。これはTVで十分!映画に期待しすぎは禁物。採点 55点... [続きを読む]